カテゴリー別アーカイブ: 重要指標

塩漬けの2大リスクとは?

2018.11.14
prof_akita

From:秋田洋徳
名古屋の自宅より、、、

皆さんこんにちは
秋田洋徳です。

投資で「塩漬け」という言葉を、
皆さんは聞いたことがありませんか?

「塩漬け」とは、ポジションを持った後、
含み損が発生しても損切りせず、

ずっとポジションを持ち続けて
しまう
ことを指します。

FXでは決済(損切り)を行わない限り、
基本的に損失として確定されることはありません。

このシステムにより、
たとえ含み損が発生しても

「いつかは値段が戻ってきて、
含み損がなくなるのではないか」

という考えを持ってしまい、
損切りぜずに放置して、
塩漬けにしてしまう方が多いのです。

この塩漬けには、2つのリスクがあります。

1つは、価格が結局戻って来ず、
含み損が大きくなり過ぎて
強制ロスカットになる可能性です。

自分で決済して損失を確定しない限り、
損が確定することはないと言いましたが、
それにも限界があるのです。

損があまりにも増えすぎると、
証券会社側がトレーダーの資産を守る目的で
(資金がマイナスにならないように)

強制的に損を確定してしまう、
強制ロスカットという現象が起こります。

強制ロスカットになってしまう状況というのは、
今持っている資金ではポジションを維持できない程、
含み損が発生してしまったこと
を意味します。

そのため強制ロスカット後は、
資産が大幅に減少します。

FX初心者が市場から退場する理由としては、
これが大きな原因となります。

2つめのリスクは、
塩漬けのポジションを保持し続ける限り、

塩漬け分の証拠金を他の取引に
使えない
ということです。

例えば、あなたに10万円の証拠金があったとして、
1ポンド=150円の時に1ロットの取引をしたとします。
(1ロット=1万通貨とする)

この時1ロットのポジションを保持し続けるためには、
150円 × 1万通貨 ÷ 25 = 6万円の証拠金が必要になります。

ということは、証拠金10万のうち、
6万円はこの1ロットの取引の担保として
確保しておかなければなりません。

つまり、この取引が終わるまで6万円分は、
他の取引に回せないのです。

もし、このポジションを塩漬けにしてしまうと、
この取引が終わるまでずっと動かせないので
非常に資金効率が悪くなってしまいます。

上記の理由から、私はポジションの
塩漬けをお勧めしていません。

皆さんも価格が戻ると確信したうえでの
塩漬けならまだしも、

損切りができずに塩漬けにしてしまう、
という状況にならないよう気を付けましょう。

本日はここまでです。

ありがとうございました。

秋田洋徳

PS.
今回お話したとおり、
利益を求めてFXをはじめたにも関わらず、
損失を膨らませて退場してしまう。

というFX初心者が多い現状です。

そうならないために、
私のセミナーで賢く資産形成するための
技術を今すぐ知ってください。

http://japan-i-school.jp/jim/seminar181202/


大損失を避けるためには?

2018.11.07
prof_akita

From:秋田洋徳
名古屋の自宅より、、、

皆さんこんにちは。
秋田洋徳です。

FXでは取引をする際の単位として
LOT(ロット)という単位があります。

証券会社によって、この単位は
1LOT=1000通貨だったり、
1LOT=10000通貨だったりと異なります
ので、

自分の使っている証券会社のLOTの単位は
必ず確認する必要があります。

私が使っている証券会社では、ほとんど
1LOT=10000通貨ですが、

これは、例えばポンド円を1LOT取引をする場合、
10000ポンドの取引をするという意味になります。

FXでの損益というのはLOT数に比例して
大きくなりますので、
同じ10pipsの利益が出たとしても、

1LOTで取引している人と、
50LOTで取引をしている人とでは、
損益額に50倍の差が生まれます。

さて、ここで一つ質問です。

例えば今自分が、1LOTで取引をしていたとして、
30pipsの損失が出てしまいました。

この時、次のどちらの対応を取りますか?

1.同じく1LOTで取引をし、30pips取り戻す。
2.取引数量を3倍の3LOTに変更し、
 10pipsで損失分を取り戻す。

………………………………
………………………
………………

さて、あなたはどちらを選びましたか?

この質問の正解は1になります。

2は非常に危険な考え方で、
確かにLOT数をあげれば少ないpipsで
大きな利益を得ることも可能ですので、

1LOTで負けた分を取り戻すのに
3LOTで取引した際「利益が出れば」
すぐに負け分を取り戻すことが出来ますが、

ただ、3LOTに変えたとき、そこでも
損失になってしまった場合、
さらに傷口を大きく広げる結果になります。

FXで大きな損失を出して取引を
止めてしまう人の中には、

このように、負けたら取引量を増やして
一気に取り戻そうと考え、そこでも負けてしまい、
さらに取引量を増やして……..

ということを繰り返し、いつの間にか
取り返しのつかない状態になってしまう方もいるのです。

LOT数を上げれば利益が出たときは
もちろん利益額が大きくなりますが、

当然損失が出たときは、LOT数に比例して
損失額も増えてしまいます。

取引をする際はいきなりLOTを大幅に
変えたりするのではなく、

自分の資金に合わせて少しずつ
取引量を増やしていくとよいでしょう。

本日はここまでです。

ありがとうございました。

秋田洋徳

PS.
FXをこれから始めたいとお考えの初心者の方に

短時間・少資金で、リスクを最小限に抑えつつ
結果を出すトレード手法をお教えします。

シンプルな手法で資産を増やしたい人は
是非ご参加ください。

11月11日(日)までのお申し込みで受講料が無料!
残席あとわずかの為、お早めにお申し込みください。

http://japan-i-school.jp/jim/seminar181202/


スプレッドと実際の手数料の額

2018.10.31
prof_akita

From:秋田洋徳
名古屋の自宅より、、、

皆さんこんにちは。
秋田洋徳です。

FXのトレード画面を見ると、
売値と買値の数値がそれぞれ表記されており、
その数値は微妙にずれています。

この数値の差をスプレッドと言い、
証券会社の手数料のようなものになります。

取引をする際はこの差額分マイナスの状態から
スタートしますので、取引を開始した瞬間に
手数料を取られている

と考えていただけると
わかりやすいかと思います。

スプレッドは取引通貨によって異なり、
例えば私がよく使うDMMFXでは、

ドル円は0.3pips、ユーロ円は0.5pips、
ポンド円は1pips
などのように数値が違います。

さて、このスプレッドですが、
表記上はpipsで表されていますが、
実際はいくら(何円)かかるかご存知でしょうか。

ポンド円を例に考えてみましょう。

「1pipsは1銭(0.01円)と同じ価値だから、
手数料は1銭だ!」

と考える方もいらっしゃるかと思いますが、
これは惜しいですが微妙に違います。

流石にどれだけ大きな取引をしても毎回
手数料が1銭になる訳ではありません。

考え方としては、ポンド円の取引で
スプレッドが1pipsの場合、

「1ポンドの取引に対して、
1pips(1銭)の手数料がかかる」

と考えてください。

たった1ポンドの取引をするのであれば、
手数料は1pips(1銭)ですが、

普段のトレードでは
そんな小さな取引数量で
トレードしませんよね。

例えば、DMMFXでは取引の最小単位が1Lotですが、
この1Lotとは(証券会社によっても
単位が違う場合もありますが、)

基本的には1Lot=1万通貨となっており、
ポンド円を1Lot取引する場合は、
1万ポンドの取引をするという意味になります。

ここで、スプレッドが1pipsだった場合、
手数料の額は、
1pips(1銭)×10000=100円

上記の計算式より、100円の手数料が
かかるということになります。

当然取引数量であるLot数が大きくなれば、
その分手数料も大きくなりますので、

安易にスプレッドが1pipsだから
手数料も1銭で済むという考え方は
しないように気をつけてくださいね。

本日はここまでです。

ありがとうございました。

秋田洋徳

PS.
少ない資金と短い時間の中で効率的に
資産を増やす方法を初心者でも理解できるよう、
基本的なところからお伝えします。

不安を感じている人こそ
是非一度セミナーにご参加ください。

週末には横浜でも開催を予定しております!

http://akita-fx.info/akita-fx/yokohama_hl/


レバレッジ=危険は本当?

2018.10.24
prof_akita

From:秋田洋徳
名古屋の自宅より、、、

皆さんこんにちは。
秋田洋徳です。

「レバレッジは少ない方が良い」
「安全のためにできる限り低レバで」

と言う考え方はやはり、
広く浸透しているようです。

セミナーでは
「私はレバレッジ1倍で取引したいと
思いますが、いいですか?」

というご質問をよくいただきます。

私はもちろん限界ギリギリの
レバレッジで取引をしたい。

とは思いませんが、

しっかり利益を出していくためには、
ある程度レバレッジをかけることが必要
思っています。

例えば、今現在1ポンド=150円だとします。

この時、レバレッジ1倍で
1ロット(1万通貨)の取引をするために、
証拠金はいくら必要になるでしょうか?

正解は、「150万円」です。

取引の際はレバレッジを
自由に決められるものではなく、

取引量と証拠金額の
比率によって決まります。

最小単位1ロットの取引をするのに、
いきなり150万も必要となったら
敷居があまりにも高いですよね。

ところが、日本では最大25倍まで
レバレッジをかけることができますので、
ここでレバレッジ25倍をかけたとすると、

150万 × 1/25 = 6万円

上記の計算により、最低6万円あれば、
1ロットの取引が可能になります。

流石に6万でギリギリのトレードは
お勧めしませんが、

私は証拠金10万に対して1ロットで
取引をしていますので、レバレッジ15倍程度
で取引をしていることになります。

(その時のレートによってレバレッジは変わります。)

ちなみに、
「レバレッジ15倍で1ロットの取引をする私と、
レバレッジ1倍で1ロットの取引をする人」

という2パターンの2人がいた場合、

もし、2人とも20pipsの利益を得たとすると、
利益額は2人とも2,000円です。

レバレッジはあくまで
取引量と証拠金額との比率なので、

利益や損失が倍増する仕組み
ではないということです。

なので、1回の取引に
どれだけの利益が出るのか、
または損失が出るのか、

予めきちんと把握しておけば、
レバレッジが何倍かどうかは
そこまで重要ではありません。

確かにレバレッジをかけすぎることは
危険なことかもしれません。

しかし、リスクをきちんと管理した上で
レバレッジをかけるのであれば、

レバレッジは資金を
効率よく増やしていくための
大きな助け
となります。

皆さんも単純に「レバレッジ=危険」と
考えるのではなく、

「上手く付き合って
利用すれば便利なものだ」
という考えを持っていただければと思います。

本日はここまでです。

ありがとうございました。

秋田洋徳

<編集部のオススメ>
株式投資で資産形成したい…
という目標がある方へ

最短距離で実現させる「急騰株」の
攻略法をこちらで手に入れることができます。

無料なのでまずはお席の確保を。

http://japan-i-school.jp/jim/181026_27seminar/


【初心者向け】スプレッドの怖さを知る

2018.10.17
prof_akita

From:秋田洋徳
名古屋の自宅より、、、

皆さんこんにちは
秋田洋徳です。

私は普段トレードをする際、
日本で一番スプレッドの小さい、
証券会社を選んで使用しております。

スプレッドの大きい海外の証券会社は
全く使っていません。

なぜスプレッドにこだわるのか?

その理由を説明したいと思います。

まず、スプレッドというのは
売値と買値の価格差
のことを言います。

例えば、ポンド円のスプレッドが
1pipsの証券会社を利用している場合、

1ポンドの買値が145.000であれば、
その瞬間の売値は144.990となります。
(必ず、売値<買値、になります。)

最初からスプレッド分(1pips分)
マイナスからのスタートということです。

予約注文の場合で見ると、
例えば145.000で買いの注文をして、

指値(利確の位置)を145.100、
逆指値(損切りの位置)を144.900
に設定したとします。

ということは、売値が145.100
又は144.900に到達すると、
決済が行われます。

その結果、指値・逆指値を
同じ幅で入れたものの、

実際は144.990からスタートして、
145.100又は144.900に到達したら決済される。

つまり、9pips下がると損切りされ、11pips上がらないと
利益確定されないということになります。

今回はスプレッドが一番小さい証券会社に
合わせてスプレッドが1pipsの場合で話していますが、

もしこれが海外の証券会社などでスプレッドが
3~4pipsある証券会社の場合だともっと大変です。

最初から3~4pips分のマイナスを背負って
スタートする訳ですから
かなり不利になってしまいます。

長期投資を考えていて、
トレード開始時の数pipsの損失が痛くないのであれば、
スプレッドはそこまで意識する必要はありませんが、

私のように小さな値幅で
短期売買を繰り返すやり方の場合、
スプレッドは絶対に蔑ろにできない数値です。

上記の理由で、私はとにかく
スプレッドの小さい証券会社を利用しているのです。

皆さんもFXを始める際は、
スプレッドもしっかり確認してから
証券会社を決めてくださいね。

本日はここまでです。
ありがとうございました。

秋田洋徳

<編集部のオススメ>
地道にトレードしているつもりなのに、
なぜか損失ばかりが膨らんでいく。

それはあなたが根本的な
間違いをしているからではありませんか?

多くの一般投資家を
勝てなくさせている
たった「2つの間違い」とは…

http://japan-i-school.jp/jim/takako_1811/


「コツコツドカン」って知っていますか?

2018.10.10
prof_akita

From:秋田洋徳
名古屋の自宅より、、、

皆さんこんにちは。
秋田洋徳です。

皆さんは「コツコツドカン」と言う
言葉を聞いたことはありますでしょうか。

これはFXで負けてしまう取引の
やり方なのですが、

略さずに言うと
「コツコツ勝って、ドカンと負ける」
という言葉になります。

つまり、勝つときは小刻みに利益確定をし、
負けるときは一気に大損してトータルで
マイナスになってしまうという意味
です。

このようなトレードをしてしまう原因として、
恐怖心と欲望が大きく関わってきます。

例えば、利益を確定しようとする時に、
初めは1回の取引で10pips利益を
取ろうと考えていたのに、

6~7pips位の含み益が出た辺りから、
「もしかしたら10pipsまで行かずに逆行して、
今ある含み益がなくなってしまうかもしれない」と、

恐怖心に駆られて、目標の10pipsまで到達して
いないのに途中で小さく利益確定させ、
満足してしまう方が多いのです。

逆に損が発生している時は、
例えば、初めは15pipsの損失がでたら
損切りしようと考えていたのに、

いざ15pipsの損失が出そうになると、
「今損切りをすると、15pipsの損で確定してしまう。

だが、ここで損切りをしなければ、
もしかしたら価格がエントリーした位置まで戻ってきて、
今ある含み損がなくなるかもしれない」と、

損切りしたくないと言う欲望に駆られて、
損切りを入れずに結果大損し、
損切りをしなかったことに後悔する方が多いのです。

このように利益を大きく伸ばさず、
損切りによるリスク管理をしない。

これこそがコツコツドカンの正体です。

しかし、人間である以上、恐怖心や欲望は必ず存在し、
完全にこの感情をゼロにすることはできません。

ただ、このような感情が生まれる
ということを予め理解しておき、

その上で少しでも感情を抑えながら、
トレードに取り組むよう努めて
いただければと思います。

本日はここまでです。
ありがとうございました。

秋田洋徳

<編集部のオススメ>
急騰株探しに疲れたあなたへ

ピンポイントで急騰株を
見つけるスキルが、
ここで手に入ります。

ただ、10名しか手に入れることができないので、
今のうちにお席を確保してください。

http://japan-i-school.jp/jim/181026_27seminar/