カテゴリー別アーカイブ: 相場の仕組み

『米国選挙を稼ぎ時にする』は不正解

2018.11.13
prof_pari

From:パリティ
大阪のトレーディングルームより、、、

おはようございます。
パリティです。

いやーアメリカの中間選挙の
結果が出ましたね。

選挙前というのはどっちつかずの
状況で相場が膠着することも多く、
トレンドも見極めが難しくなります。

つまりは、トレードしにくい
環境になりがちです。

チャートだけでトレードできることが
パリティ式の手法の利点ですが、
さすがにこういった大きなイベントは
影響を考慮しての売買判断していきます。

早く結果が出てほしいと
思っていましたが、

これでようやくファンダメンタルを
あまり気にせずにトレードできる
状況になりました。

実際、選挙結果が出た後は、
緩やかに上昇トレンドが発生した
ので、

基本ルール通りのトレードで、
手堅く40pips程度の利益が
取れていたはずです。

大きなイベントだからこそ
ここで稼ごう、ここで狙おう、
という考えが湧いてくる方もいると思いますが、
この考え方はギャンブルになりがちです。

こういった一発逆転の発想の根源には、
「普段稼げていない分をここで…」
という、

自分のトレード戦績に対する
日頃の不満感があるのではないでしょうか。

わざわざ危険な戦場に
飛び込まなくても、

平常時のチャートで
満足いく利益を出せていれば、

不明瞭な時期をやり過ごすことも
全く苦痛ではなくなります。

もし、心当たりがあるな…と
感じられた方は、

自分が相場の賑わいに惑わされてしまう
本質的な原因に向き合い、

これからの落ち着いた相場でこそ
有効な手堅いスキル習得を目指しましょう。

相場は中期的にも上昇トレンドです。

トレンドフォローの私としては
ありがたい限りで、
今週も買いチャンスを逃さす
エントリーしていきたいと思います。

みなさんもしっかりと
利益を積み上げていってください。

パリティ

PS.
そもそもの話なのですが、、、

普段のトレードで稼げている感覚が
つかめない方にとっての
最優先事項は『ノウハウ構築』です。

ノウハウが無い方は、イベント関係なく
どんな相場状況でも勝てませんので、
まずはノウハウを学ぶ機会を作ってみてください。
http://japan-i-school.jp/jim/181124_kujira/


「未来の予測は不可能」と思っている方へ

2018.11.08
prof_akita

From:億り人
大阪のトレーディングルームより、、、

こんにちは。
億り人です。

今週の相場はいろいろとイベントが
多いですね。

このブログが配信される頃には
すでに終わったイベントもありますが、

米国の中間選挙、FOMC、オプションSQ
など…

中間選挙が終わるまでは
乱高下の激しい相場が予想されます。

このような相場で
アナリストが言っているような
売買をしていると…

取り返しのつかない
損失につながる可能性もあるでしょう。

それこそ、宝くじ感覚で
投資をしていることと変わりません。

彼らにとって、自分の予測は当たっていようが
外れていようが、責任は取ってくれません。

投資家として、継続的に資産を運用し、
増やすためには…

自分で予測をし、
計画的に準備していくことが重要
です。

私も毎日生徒さんへ向け、
自分の予測を発信しています。

もちろん100%当たるわけではありませんが…

私なりに自信を持っています。

それだけの根拠を揃えたうえで、
生徒さんへ発信しているからです。

今、読者の皆さんのなかにも少なからず
自分で予測をし、トレードしている方も
いらっしゃると思います。

もし「予測がなぜか当たらない」と
悩んでいる方がいれば、
別の視点を取り入れてみてください。

例えば、日経平均のチャートだけでなく、
為替や、他の市場とも比較して…

見るべきポイントはたくさんあります。

これらの相場には相互関係があり、
それぞれのチャートが、どのように
影響を与え合うのか。

しっかり理解したうえで分析すれば、
自分の推察力が飛躍的に伸びるでしょう。

このようなお話しをすると、

「思っていたより大変そうな労力だな…」
「自分には無理」

と思われた方もいらっしゃると思いますが、

では、あなたは、いったいいくら稼ぎたいのですか?

地道な分析作業ですが、
一般的に働いて稼ぐような額より
遥かに高給な作業です。

決して強制することではありませんので、
自分の給料より高い収入が
ほしくないなら、やる必要はないでしょう。

ただ、一人でやる限り、
予測をしなければ宝くじを買うことと
変わりません。

自分の目標資産まで
生き残るには、まずそのやり方を
考えるべきです。

現に株式市場ではここ数ヶ月の間に、
たくさんの追証が発生したようです。

おそらく巷では、この半年以内に
退場者は増えるのではないかとみています。

生半可なノウハウでは、
いつ自分にその時が来てもおかしくありません。

読書の皆さんは、
頑張って乗りきってくださいね。

それではまた木曜日にお会いしましょう!

億り人

PS.
未来の相場を予測するなら、
相場の本質を理解していなければ
到底できません。

相場の本質については、
11/22(木)のセミナーにてお話しします。

あなたも今の相場で
生き残りたいなら…
ぜひ知っておいた方がいいでしょう。

http://japan-i-school.jp/jim/okuribito1811/


「冬相場」でも稼げる条件

2018.11.05
prof_pari

From:パリティ
大阪のトレーディングルームより、、、

おはようございます。
パリティです。

最近一気に寒くなって
きましたね。

プロトレーダーという肩書を持っていると、
さも人とは違う生活をしているように
思われる方もいるかもしれませんが、
日常はみなさんと何ら変わりません。

冬になっていつも思うのは、
外が寒いからと厚着をして出て電車に乗り、

暖房が効きすぎていて、
いつの間にか汗だくに…

上着を脱ぐと荷物になりますし、
なぜか冬に暑さで苦戦してしまいます。

こんな小さな悩みはさておき、
市場もそろそろ「冬相場」となります。

ここからは米国を中心に
サンクスギビングやクリスマス休暇などで、
あまり値動きが出にくくなることが予想されます。

トランプ大統領が大暴れして
相場をかき乱してくれれば別ですが、
例年通りであれば時期的には
ややトレードしにくくなりそうです。

夏季のバケーション時期を「夏枯れ」といいますが、
こういった時期の相場はトレンドが出にくく
勢いがつかないケースが多くなります。

とはいえ、ドル円が115円を
上抜けてくるようなことがあれば、

話は別ですね。

長いレンジ相場をブレイクした場合は
大きく動くことが予想されるので、

私のようなトレンドフォロー型の
トレーダーにとっては
まさしく「ボーナスタイム」になります。

11月ともなると、
年末という文字も見え隠れする時期ですが、
まだまだ今年中にもチャンスはありそうです。

ということで、
今週からは基本的にはゆったり構えて、
相場がブレイクしてきたら本気モードに移行する…

メリハリを意識したスタンスで
トレードしていこうと思います。

みなさんも年末までの2ヶ月間で
今年のトレード戦績を少しでも伸ばせるよう
集中を切らさず頑張ってみてください!

パリティ

PS.
相場が動きにくいときこそ、
検証やトレード研究の絶好の機会でもあります。

特に、FXを勢いで始めた初心者の方は、
意外なところで基礎知識の不足が
仇になっていることがあります。

是非、この冬相場の時期に
FXの基本をおさらいしてみてください。
【書籍】プロが教える為替トレーディング入門


タイミングを待つ技術とは?

2018.11.01
prof_akita

From:億り人
大阪のトレーディングルームより、、、

こんにちは。
億り人です。

直近の日経平均は
不安定な値動きが続いていますね。

一時的な買い戻しと
売り叩きでせめぎ合っています。

相場が大きく崩れている際には、
中央銀行イベントが雰囲気を変える材料に
なることもありますが…

いつまた下振れしても
不思議ではない状況だと思っています。

また下がるのか、
もしくは上がるのか…

トレードしている方は
気が気じゃないでしょうね。

私の場合はまだ、
あるタイミングを待っています。

そのタイミングについて、
ここで詳しくは書けませんが…

相場状況を把握する技術を磨けば、
自然とタイミングは掴めてくるはずです。

気になる方に必要なのは、
まず「タイミングを待つ」技術を
身につけたほうがいいと思います。

その意味を説明します。

「タイミングを掴む」ことと、
「タイミングを待つ」ことは、
イコールのようで違います。

タイミングを待つとは、
野球で例えると、

バッターはすべての球を
打つ必要がないのと一緒です。

皆さんのなかにも
「投資は毎日やらなければならない」
と思っている方がいらっしゃるのではないでしょうか?

投資も野球も、
確実にヒットを狙えるような、
自分の得意なボールが来るまで
ただ待てばいいのです。

ストレートの球しか打てないバッターは、
無理やり変化球を打っても
大きなパフォーマンスが生まれにくいですよね。

それに、ストレートの絶好球が来て
見送ってしまったとしても、
何も問題はありません。

野球は、ストライクを3回見送ると
アウトですが、

投資の場合は、何回見送っても
アウトになりません。

チャンスは再び来ますから。

絶好球を打つより、
打ちづらい球を見送る技術のほうが、
圧倒的に大事なのです。

打ち辛い球を見送ることができない
人の傾向として…

勝率にこだわった手法、
もしくは考え方を持っていると、
いつかドカンと負ける可能性があります。

デイトレをしている方は特に、
こういった考え方をしている方が多いので、
注意したほうがいいでしょう。

勝率は70%以上あるのに資金が減っている…
という方も、ご自身の手法を
見直してみてはいかがでしょうか?

また、機会があれば解説したいと思います。

それでは、また木曜日にお会いしましょう!

億り人

PS.
今回お話しした
「タイミングを待つ」技術を磨くには、
ある根本的な事を知っておいたほうがいいです。

詳しくはこちらでお話ししますので、
投資で資産形成をしたい方だけお越しください。

http://japan-i-school.jp/jim/okuribito1811/


ロット数に隠された「罠」

2018.10.29
prof_pari

From:パリティ
大阪のトレーディングルームより、、、

おはようございます。
パリティです。

今回はロット数に潜む「罠」について
書いていこうと思います。

皆さんはトレードする際、
どのくらいのロット数で
取引していくか決めていますか?

100万円であれば
20ロット(20万通貨)程度で
トレードされている方も
いらっしゃるかもしれません。

これが多いか少ないか、
という点で見ると
どちらとも言えません。

多くの方がご自身がトレードで
利益を出しているかどうかに関わらず、
資金量に応じてロット数を決めている
ことが多いように思います。

資金量を基準にすることは
もちろん必要なことですが、

ロット数を決める大きな要素として
トレーダーが最も気にするべきは、
「ロット数に振り回されない」ということです。

私はロット数については
自分のメンタルがぶれない程度の
ロット数で勝負することが重要と考えています。

「このロット数では、
 手法の売買ルールを守った
 トレードができるか」

というのも、
ロット数が自分の許容量を超えてしまうと、
含み損や含み益の大きさに耐えられず、

本来のルールを無視した箇所で
エントリーや決済をしてしまうことになるからです。

せっかく検証したルールがあっても、
それが正確に行えないのであれば、
適当な売買をしているのと同じです。

ロット数を大きくすればするほど、
値幅に対して資金の増減が激しくなり、

少ないロット数の時には
耐えられたはずの損失に慄き、
不用意なロスカットでチャンスを逃したり、

損小利大の「利大」を取るべき場所で、
妥協した利確を行ってしまうなど、

必ずと言って良いほど、
トレードにブレが出てきます。

一つ一つのトレードを振り返り、
反省と改善を検討していく中で、

「小さい金額の時にはできていたのに…」

と感じることがあるのなら、
それはロット数を大きくしすぎている
考えて間違いありません。

10ロットを20ロットにすれば、
額面では2倍。

損益の感覚が狂い、
チャートの見え方まで変わってしまいます。

ここで恐怖心や警戒心が働くのは当たり前で、
普通の人なら利益率は下がります。

スクールでトレードの詳細を
見せてもらっている生徒さん方も
ほぼ100%近い方が経験されています。

ご自身が冷静にトレードできる
ロット数を見極め、
そこで結果を出してから
徐々にロット数を上げていく…

結果が安定したら、
また多少のブレを覚悟でロット数を上げる。

そして、上げたロット数で安定した
トレードができるようになったら、
またブレを覚悟で一段ロット数を上げてみる。

その繰り返しで、
上のロット数に自分を慣らしてみてください。

トレードはメンタル。

それが一番出やすいのが、
このロット数を上げていく段階です。

ストレスのかかるフェーズではありますが、
ここを乗り切ることでしか
大きな利益を安定的に出せる、
いわゆる勝ち組になる方法はありません。

資金があるからと、
少資金での練習から一気に最大値まで
ロット数をあげることは避け、

ご自身のトレードの質との関係を
しっかりと見極めることに注力してみましょう。

パリティ

PS.
本日はロット数についての考え方を
掘り下げましたが、

他にもトレードをするなら心得ておきたい
基盤となる考え方というものがあります。

これは株でも先物でもFXでも同じなので、
気になる方は私の書籍の「パート1」を参考にしてください。
【書籍】プロが教える為替トレーディング入門


トレード月収100万円までの近道

2018.10.25
prof_akita

From:億り人
大阪のトレーディングルームより、、、

こんにちは。
億り人です。

おかげさまで、
私のセミナーは少人数制ながら
たくさんの申込みがあり、

私の話に興味を持って
来てくださる方が増えてきたように思います。

ブログを読んでセミナーへ
来てくださる方もいらっしゃるので、

今回はセミナーへ来てくださる方へ
向けたお話をします。

さて、私の話に興味を持って
ご参加いただけることは
非常に喜ばしいことなのですが…

特に、投資を始めたばかりの方に
多い傾向として、
ひとつ気になることがあります。

それは…

「投資自体を安易なものとして捉えている」
ということです。

「プロから学べば、リスクもなく
簡単に大金を手に入れることができる」

と、捉えている方もいらっしゃるようですが、
はっきり言うと投資は
そんな単純なものではありません。

私にとって投資とは、
犠牲とリスクを取った末に
勝ち取るものだと思っています。

決して大金を賭けなければならない、
という意味ではありません。

ですが、投資を行う以上…

少なくない損失は往々にして起こるものだと
理解したうえで、
実践しなければリターンはありません。

例えば、普通に働いて
月100万円の収入を得ることが、
投資だとどれくらい大変だと思いますか?

「投資のほうが簡単なのではないか」

と考えた方もいらっしゃるかもしれませんが、
私は投資も同じくらい大変だと捉えています。

むしろ、投資は資金がゼロ、またはマイナスになる
可能性もある分、普通に働くより
難しいかもしれません。

前回のブログでも少し触れていましたが…

実際に私の生徒さんのひとりに、
先物取引を始めた3か月間は
成果が思うように出ず、

悩まれている方がいました。

しかし、その後1ヵ月間を
犠牲にして徹底的に過去の失敗を検証し、

克服して着実に
腕を上げてこられています。

先週の下降相場で沢山の方々から吉報を頂いた中で、
この方にもようやく芽が出てきました。

その際に生徒さんからご連絡いただいた、
売買履歴の中から1つ、ご紹介したいと思います。

1525907152381

1525907152381

私のコーチングを受けてからわずか4ヵ月半で、
まさにプロ顔負けのパフォーマンスだと言えますね。

先ほど月100万円の収入を得るのは
普通に働いて稼ぐのと同じくらい大変だと言いましたが、

月100万円に到達するまでの時間は、
圧倒的に投資の方が早いのではないかと思います。

セミナーへご参加くださる方は、
ぜひこの方のように、

上っ面だけのノウハウだけで
相場を知ったつもりになるより…

犠牲(時間)とリスク(勇気)を取る、
という気持ちで投資に臨んでほしいと思います。

そして、その中から相場の本質を学び取ってください。

また木曜日にお会いしましょう!

億り人

PS.
あなたも投資で月100万円を目指すなら…
日経225先物は最適な場だと、私は思います。

では、最短で目標資産へ到達するためには、
何を知らなければいけないのか?

このセミナーでお伝えします。

もし、興味があれば
参加をご希望の方も増えてきているので、
急いだ方がいいかもしれません。

http://japan-i-school.jp/jim/okuribito1811/