カテゴリー別アーカイブ: りゅうじじ

大損する人の共通点

2018.11.09
prof_ryujiji

From:りゅうじじ
自宅の書斎より、、、

こんにちは。

日経225先物は乱高下を繰り返しながら、
徐々に値を上げてきています。

皆さんは巻き込まれて事故に
あっていませんか?

40年相場を見てきた私も、
今の相場は非常にやりづらく感じます。

予測をすることも
非常に困難ではありますが、

本日9日の日経225先物の展望を、
私なりに予測したのでお話しします。

さて、米中間選挙が過ぎ、
日経平均も大幅続伸しましたので、

本日までは上げてくると
予測しています。

ここのところ、
上げた次の日は下げを
繰り返しているので、

短期的な値動きと
見ているからです。

なので、私は本日買い方向で見ています。

しかし、皆さんも先走った売買は禁物です。

昔からこういった相場の波に、
多くの個人投資家が退場してきました。

大損をする人に共通しているのは、
チャートを見ずにトレードしていることです。

安易な予測から、
感情的なトレードをしてしまっている。

つまり、勉強不足なんですね。

私も昔はそうでした。

大損して初めて、
どうすれば挽回できるのかを
必死に考えた末、

自分でチャートの見方をもっと
勉強するしかないと思ったわけですね。

何千人にひとりしか
生き残らないといわれる相場で、

長期的に利益を出すには
自分が変わらなければなりません。

今チャートを勉強中の方も、
大切な資金を投資するのだから、
無駄に浪費しないことが重要です。

このような相場でも
トレードするのであれば、
無理のない資金でチャレンジしてください。

長く投資を続けるには、
チャートの勉強と、
資金管理は必須です。

本日もしっかりチャートの流れに乗って、
トレードしましょう。

りゅうじじ

追伸:
どうすれば今の相場でも
生き残ることができるのか?

具体的に私が利益を
出している方法を全て
お話します。

非常にシンプルで習得しやすいので、
安心してお越しくださいね。

http://japan-i-school.jp/jim/seminar181106_26/


今の相場で生き残るための知恵

2018.11.02
prof_ryujiji

From:りゅうじじ
自宅の書斎より、、、

こんにちは。

先日、ある歌手のコンサートに
出かけてきました。

その歌手はジャズやポップなど
様々なジャンルを歌うのですが、

なかでも演歌が非常にお上手で、
その演歌目当てに1200人が
集まるほどの人気です。

私も演歌が聴きたくて
コンサートに赴いたのですが、

ジャズやポップしか
歌ってくれません。

ついに最後まで演歌は聴けず、
コンサートは終了。

客席を見渡せば、
演歌目当てと思しき客は
居眠りをしていました。

帰り道、私は裏切られた気持ちで
非常にストレスを感じていましたが、

こんな経験は初めてだったので、
これも勉強だと感じました。

さて、直近の相場も
非常に勉強になる動きをしています。

ご存知の通り、連日不安定な値動きですね。

昨日は本格的に上げてきそうだ
と思ったのも束の間、
また売り優勢の展開に戻りました。

このような相場でこそ、
個人投資家は常に
「冷静さ」を忘れないようにしていただきたいです。

先日、私の知り合いから、
この暴落で莫大な損害を出してしまい、
退場する旨を聞きました。

私の知り合いに限らず、
多くの投資家もこの暴落で
退場したことでしょう。

一時期はかなり稼いでいた方でも、
なぜこの暴落で負けてしまうのか?

それは、地合いが良いときに稼いでいた方は、
自分自身を過大評価してしまいがちです。

地合いの良い相場では、
利益を出すことはある程度容易でした。

その考えのまま今の相場に
踏み込めば、損失に繋がる
原因になります。

相場は常に変化しているのです。

生き残るためには、
その変化に我々もついていかなくては
いけません。

トレードにおいて一番の敵は
相場でもなく、他人でもなく、
常に自分自身です。

肝心なのは、
自己分析と冷静さ。

それに、努力を惜しまないこと。

以上を踏まえ、気を引き締めて、
頑張ってまいりましょう。

りゅうじじ

追伸:
今の相場でも負けないために、
私は40年かけて独自のデイトレ手法を
開発しました。

この手法を余すことなくお伝えする場を
設けましたので、ぜひ受け取ってください。

一緒にしっかりと勉強して
資産を増やしましょう!

http://japan-i-school.jp/jim/seminar181106_26/


あなたは「だろうトレード」していませんか?

2018.10.26
prof_ryujiji

From:りゅうじじ
自宅の書斎より、、、

こんにちは。

直近の日経225先物は
方向感のない値動きですね。

下げ方向にあるとは思いますが、
私はスイングで入らず、
様子見状態が続いています。

デイトレも見送る場面が多い状況です。

この下落相場を受けて
市場関係者からは

「そろそろ買い戻しも入るだろう」

との予想を見ますが、
皆さんはこういった情報を頼りに

「そろそろ上がるだろう」

と安易な判断で
売買してはいませんよね?

もし、このように市場関係者や
証券会社からの情報を頼りにしている方が
いらっしゃるなら、

今すぐその方法はやめたほうが
賢明かと思います。

もちろん、たまたま上昇して
当たる可能性もあるでしょうが、

私の長い経験から申し上げると、
「だろう」トレードは
いつか大きな損失を招きます。

度々このブログでもお伝えしますが、

「下がったから上がるだろう」
「上がったから下がるだろう」

という単純な予想通りに
値動きをする相場であれば、
誰も負けたりしません。

かく言う私も過去に「だろう」トレードで
大きな損失を出した経験があり、

多くの個人投資家も「だろう」トレードによって、
相場から去っていくのを見てきました。

曖昧な情報だと本人は気づかず、
しっかり調べたつもりになりがちですが、

これはギャンブルと変わらない
トレードなのです。

この「だろう」をやめるには、
やはりしっかり勉強する必要があります。

かといって、投資の本を1000冊読み、
勉強したところで
勝てるわけでもありません。

本当に使える有益な情報が
限られているためです。

では、どうすれば勝てるのか?

その答えは、実に単純なんです。

しかも、たった5分で
1000冊の本を読むより
有益な情報を得る方法があります。

それは、勝っている人から
勝ち方を聞くことです。

具体的に言うと、
勝っている人のやり方を
そのまま利用すればいいのです。

勝っている人なら、
例えば今の下落相場をどう見るか、

そしてどう仕掛けていくのかを
聞いていると、自然と自分もできるようになります。

なので、今勝っている人から
勝ち方を教わっている幸運な人は、

分からないところがあれば、
遠慮なくどんどん質問して
いくべきだと思います。

今日も勉強をがんばっていきましょう。

りゅうじじ

<編集部のオススメ>
「FXでそろそろ結果を出したい!」
という方は必見です。

億トレーダーが
喉から手が出るほど貴重なノウハウを、
3時間に凝縮してお伝えします。

http://japan-i-school.jp/jim/kujira_181027/
※ご参加できるのはあと1名のみ


デイトレのメリットを活かすには?

2018.10.19
prof_ryujiji

From:りゅうじじ
自宅の書斎より、、、

こんにちは。

先物相場は15日、16日と力強く戻しました。

前回のブログでは
「17日ごろまで下げ方向」
という予測を書きましたが、

17日も少しずつ調整をしながら
上げてきています。

ですが、完全に「買い方向へ転換した」と
決めつけるのはまだ早いかと思います。

今後買い方向が
有利な相場となってくるか、
警戒しながらトレードする必要があります。

なので、私の場合は
下げた所の買い目線で見ていきます。

ちなみに、
10/18のデイトレ結果です。

1回目 22185円売り -15円

2回目 22845円売り +10円

3回目 22815円売り +10円

4回目 22835円売り +10円

5回目 22770円売り +10円

6回目 22845円売り +10円

合計 +35円でした。

読みにくい相場のなかでも、
おかげさまでプラスにできています。

「予測ができるなら、
もっと大きな値幅を狙わないの?」
と思うかもしれませんが、

私は普段デイトレをするうえで、
利益か損失どちらかに50円動いた時点で
トレードを終了します。

確かにもっと長時間ポジションを持っていれば、
さらに値幅が取れるかも知れません。

ですが、その反対も当然あり得えます。

もし、-50円になってしまったら、
取り戻したい気持ちをぐっと堪えて
明日のトレードに備えます。

なぜなら「それ以上の損失を出さない」
ということに注意していないと、
長期的な投資を続けることができません。

資金管理は非常に大切です。

もちろん、短期的なスイングトレード
であればもっと大きな値幅を狙っています。

9月は500円の値幅を2回取れたり、
10月も400円の値幅が取れました。

一方、その日に手仕舞うデイトレであれば、
トレードしていない時間に
損失を増やす心配がありませんので、

デイトレのメリットを活かして
メリハリのある売買をすべきです。

「もっと値幅を取れるかも…」
「損切りするのは嫌だ」

と感情や欲を出さず、
ルールに沿って淡々としたトレードを
心がけてください。

焦りは禁物です。

今日も冷静にトレードしていきましょう。

りゅうじじ

<編集部のオススメ>
上がるかどうか分からない銘柄探しに
飽き飽きしていませんか?

このセミナーへご参加いただくと…

もう迷いのない判断で
急騰株を見つけることができるので、
銘柄探しが楽しくなるでしょう。

http://japan-i-school.jp/jim/181026_27seminar/
※参加費無料


私の相場展望を公開

2018.10.12
prof_ryujiji

From:りゅうじじ
自宅の書斎より、、、

こんにちは。

今週の日経225先物は
下落の勢いが止まりませんね。

昨日はついに2万3000円を切り、
安値2万2745円まで下げてきました。

この急落を受けて
信用買いで入った一般投資家の方たちは、
たまらず投げ売りをしたことでしょう。

ここまで下げた要因のひとつに、
売り方による恒例の「売り浴びせ」が
開始されたようにみえます。

もうひとつは投げ売りによって
さらに株価が下がった、
と私はみています。

買いで入っていた方は、
さぞ落胆されていることと思いますが、

私はこの下落を
あらかじめ予測していました。

今月5日に生徒の皆さんへ
私の予測を発信しており、

「下げ方向でみていきましょう」
とお伝えしていたのです。

結果、生徒の皆さんから
続々と喜びのメッセージを頂いています。

「短時間トレードで80円の値幅を取れました!」
「昨日だけで70円以上取れた!」

などなど、私も嬉しい限りです。

私がこのような予測ができるのも、
すべてはチャートが教えてくれるからです。

今は難しい相場と言われていますが、
決して難しい場面ばかりではありません。

私は今週だけで400円以上の値幅を取れたりと、
チャンスは必ず存在します。

しっかりと勉強していれば、
昨日のような大幅下落も
たちまちチャンスに変わるのです。

では、今勉強に励んでいるであろう
読者の皆さまに、りゅうじじ独自の計算による
今後の予測をお話しします。

ご自身の分析結果と
ぜひ比較してみてください。

私は今月5日、遅くとも17日までに
2万3330円まで下がると予測しました。

今週水曜日に早くも2万3320円を
付けていますが、まだ調整をしながら
下落するとみています。

そのため、上げ方向に転換するまでは
売り方向でのトレードです。

相場の流れに逆らわず、
チャートの動きに注意を
払っていきましょう。

以上の予測が参考になればと思います。

今日も勉強を頑張っていきましょう。

りゅうじじ

追伸:
今回お話したような大きな値幅を
取るポイントですが、
実は明確にあるんですね。

もし、そのポイントを
知りたいという方は、

10/23(火)に行う私のセミナーで
包み隠さず全てをお見せしますので、
しっかりとここで手に入れて下さい。

http://japan-i-school.jp/jim/seminar181009_23/


大変ショックな出来事でした。

2018.10.05
prof_ryujiji

From:りゅうじじ
自宅の書斎より、、、

こんにちは。

10月に入りましたね。

週初めの台風24号は
とても強い雨風でしたが、
皆さんは大丈夫でしたでしょうか。

ひどく吹き荒れていたため、
我が家はかなりのダメージを受けました。

家の周りで大切に育てていた
菊イモも、すべて折れてしまいました。

ですので今週はトレードの傍ら
我が家の大工仕事で大忙し。

台風の被害でショックが大きいですが、
残っている家の修理を進めながら
いつもの日常を取り戻すのみです。

嘆いたり、焦ったりしても
仕方ありません。

相場の世界でも感情に任せず、
チャートの流れに乗って
トレードすることが要となります。

ところで今週の相場ですが、
もうじき上昇終了とは思っていましたが、

案外調整が長引き、昨日から
下落方向になったというところです。

デイトレの方は
下げたところの買い目線で
流れに身を任せていきましょう。

しかしその一方で
スウィングで売りで持っている方は、

正直言って相場なんか見ていられない
という方もいらっしゃるかもしれません。

スウィングトレードだと、
今の相場は様子見ですので、

決して感情的にならず、
虎視眈々ときっかけを待つのみです。

待ち続けることは、
ときに辛抱を伴いますが、

辛いからといって
チャートの動きに逆らえば
相場の罠に嵌り、

さらに辛くなり、また逆らい、
またやられるという
悪循環から抜け出せなくなります。

冷静さを忘れず、方向感を意識して
来週も励んで参りましょう。

りゅうじじ

追伸:
相場を始めた40年前から
私がやらかした大失敗は数知れず。

その原因は、本日お伝えしたような
チャートの流れに逆らったということだけで
はありませんでした。

そのすべての原因を踏まえ、
私が長年の歳月をかけて生み出した手法を
こちらでお伝えします。

http://japan-i-school.jp/jim/seminar181009_23/