カテゴリー別アーカイブ: りゅうじじ

素早く逃げる(ヒント:アリとゾウ)

2018.01.19
prof_ryujiji

From:りゅうじじ
自宅の書斎より、、、

おはようございます。
昨日のデイトレ結果です。

短期調整が終わったのでしょうか、
昨日はとても取引しやすかったです。

1回目 24115円買い-20円高値買い
2回目 24075円売り+10円
3回目 24070円売り+10円
4回目 24045円売り+20円
5回目 23940円買い+10円
6回目 23995円買い+20円
7回目 24005円売り+10円
合計+60円

本日も様子を見ながら頑張りたいと思います。

ちなみに上記の取引時間は
昨日の寄りから13時51分までです。

いつもなら10時前には終わることもあります。

人によっては、私の取引回数の多さと、
勝率の高さに驚く方もいるでしょう。

実際、かなりの短時間で
手仕舞っているせいもありますが、
利益が期待できる場面だけ、
隙間を狙うようなイメージで入っています。

相場には実に様々な参加者がいますが、
分かりやすく大別すると、

機関投資家のような、
いわゆる「大口投資家」、
そして、私達個人投資家の2つです。

同じ参加者でありながらも、
主導権はやはり大口投資家が持っており、

資金規模でいうと、
アリ(=個人投資家)とゾウ(=大口)が
戦っているようなものです。

まともにやっていたら
破産してしまいますので、

利益を獲れる部分だけかじって
素早く逃げるトレード方針を続けています。

確かに個人投資家でも
投機保有で大きな資金運用を
実現できる方もいますが、

長く相場に残り続けるには、
サッと入って早く手仕舞う方が良いと思います。
思惑と違ったときの
ダメージも小さいです。

そして、長く相場に残り続けるうえで
欠かせないのが「検証」。

私もノート1つで40年以上続けています。

あなたも十分承知だと思いますが、
証券会社や雑誌から提供されるような情報に
頼りきりではいけません。

しかも、上手く行っていた手法が
相場の変化で、ある時
パタッと通用しなくなる時があります。

ですから、最終的には
自分の頭で考えるしかありません。

そうすると、頼りになるのがチャート分析。
これに関しては相当やってきた自負があります。

たとえば三ヶ月間、9時から15時まで
毎日ひたすらチャートを眺め、

10分足ならずっと10分足を見て
時間や値段、他の足の状況、チャートの形
それに為替やニューヨーク市場など
海外も全て見ます。

365日、寝ても覚めても、
思い付けばノートに書き留め
半分ノイローゼになることもありました。

それでも自分を追い込んで
検証したおかげで、勝率の高い
トレードが出来ています。

ですが、決して満足はしません。
相場も日々変化していますので、
「もっと良くできないか?」検証を続けています。

実際に、今教えている手法も
2年前とは比べ物にならないほど
進化しました。

講師として人に教えている以上は、
トレードで勝つこともそうですが、
最前線で改良を重ねていきたいですね。

今日はもう金曜日。
無理せず頑張っていきましょう。

りゅうじじ

追伸:
体験ではありません。
1つの手法が公開されました。

使う証券会社から
細かい注意点も漏れなく伝えます。

あなたのスタイルに
当てはまるか試してみて下さい。

http://japan-i-school.jp/jim/180122_seminar/


致命的な3つの失敗

2018.01.12
prof_ryujiji

From:りゅうじじ
自宅の書斎より、、、

おはようございます。

昨日も相場は大きく下げてきました。
新高値更新と思った途端に、大きく下落…

これでは投資家の皆さんも読みが
むずかしくて読めません。

一昨日なんかはチャートを見ながらの
エントリーでしたが、
自分の手法にあてはまらず
苦労の連続でした。

たまにこのような場面に遭遇しますが、
そんな時は気持ちを切り替えて、
早めの手仕舞い、そして後は見ているだけです。

相場の世界では何回も同じ負けを
繰り返す事が有り、いつも反省の連続でした。

気がつくと、同じところで
同じように負けている事を
私は数え切れないほど経験してきました。

そして結果的には大きく負けるのは
自分の性格が大きな原因になっている事に
気がつきました。

その後チャートをしっかりと勉強をして、
チヤートに道案内をしてもらい、
同じような所での負けを繰り返さなくなりました。

「また同じ失敗をしてしまった」
「失敗を繰り返す自分が嫌になる」

といった経験は、
私もなるべく避けたいですしね。

皆さんのトレードでも、
きっと失敗はつきものでしょうが、
「致命的な失敗」だけは避けてください。

今日は、自分のトレード研究、
そして投資家育成に力を注いできた
経験をもとに

トレードでの致命的な失敗例3つを紹介します。

1.トレード記録をつけていない

トレードを記録せずに、
長期的に利益を上げていくのはまず不可能でしょう。
なぜなら、膨大な回数のトレードを行うにもかかわらず、
トレードの具体的な検証や改善を
自分の記憶を頼りにしているからです。

今のトレードの何が良かったか分からないまま、
いずれは感情に揺さぶられた
トレードになってしまうでしょう。。

2.あらかじめ決まっている経済指標の発表を知らない

経済指標の発表といった重要イベントは、
チャートにも甚大な影響を与えます。
しかも、発表された直後はどんな手法も
機能しなくなることが多いです。

思わぬ値動き目の当たりにし、
欲にかられて買ったり、損切を躊躇してしまうなど
市場から退場しかねないダメージを
負ってしまう恐れがあります。

3.早くに多くのお金を稼ごうとする。

つまりは、身の丈に合わない
資金量でのトレードです。

含み益を早く決済しがちになる一方、
塩漬け株は価格が元に戻ることを祈り、
結果的に損切が遅れます。

ここで紹介したものは
私自身も経験していますが、

数多くの失敗の中でも、
市場から退場を宣告されない内容です。
大げさではありません。。。

もし一つでも該当するものがありましたら、
この機会に勉強して、改善してみてください。

逆にこの3つをやらなくなれば、
あなたもプロトレーダーの
仲間入りができるでしょう。

本日の動きですが、
寄り付きはしばらく様子見。
その後方向性が決まったら、
仕掛けていきます。

それでは。

りゅうじじ

追伸:
残り2名となったようです。

本業を真面目にしながら
帰宅後も稼げるトレード手法を
そのままお伝えします。
「やって見せること」にフォーカス:


ロスカットで落ち込んでしまう人へ

2018.01.05
prof_ryujiji

From:りゅうじじ
都内の自宅より、、、

読者の皆さま

新年明けましておめでとう御座います。
本年もよろしくお願いいたします。
 
これまでと変わらず「勝つこと」にこだわって
自分も皆さまも成長できる1年に
出来ると良いですね。

では、実際に勝っている優秀な投資家、
プロトレーダ―の共通点は何なのか?考えてみると、

意外にもトレード手法を磨くのではなく、
損失リスクをコントロールすることを最重要視しています。

私の主戦場である日経225先物も、
安定的に儲けを出すためには、
負けたときの損失を最少限に抑え、
収益を最大化することが必須です。

私には何人もプロトレーダーの知り合いがいますが、
彼らの言う「損失リスク」というのは、
利益を得るための「コスト」を意味しています。

長期的にトレードで勝っていくためには、
この考え方は非常に重要です。

ところが、長期的どころか
月単位でもプラスにならない個人投資家は、
目の前の1トレードの結果ばかり気にしていて、

トータル損益がどうなるのか、
という考えができていません。

毎回きちんと損切り注文を入れておけば
大丈夫かと思ったらそれも違います。
 
 
そうではなく、
1回のトレード結果より、

あなたの手持ちの資金に対して、
いくらまで損失を許容できるか?
どうコントロールするべきか?
考えなければいけません。

ここで損失リスクのコントロールについて
考えるときに理解しておくべき重要なことがあります。

今日はその中の1つをお伝えしたいと思います。

勝てない個人投資家に良くみられる現象として、
1回の負けトレードで、積み重ねてきた収益を
吹っ飛ばしてしまうことがあります。

ご存知、「コツコツ・ドカン」ですね。

そもそも、私たち投資家は、
市場はいつ何が起きてもおかしくないことを
常に意識しなければなりません。

そして、
1回1回のトレード結果を気にするのではなく、
・大負けしないような損失額
・現実的に期待できる利益額
・勝率

この3つを導き出して想定トレードをし、
トータルでプラスになるのであれば、
それを徹底して続けることです。

ちなみに、一般的な話かもしれませんが、
1回のトレードで損切りできる額は
全投資資金の2%が限界といわれています。

それ以上の損切りを続けていると
連敗した時に取り戻すのが困難なうえ、
退場のリスクもグンと高まります。

いつまでも勝てない人の多くは、
間違った手法やダメなシステムを使っているのが
問題だと考えがちですが、

負けトレードのほとんどの原因は、
あなた自身が損切りのルールに100%従わなかった、
もしくは適切な損切り額を決めていなかった
ことから起きるのです。

初心者の方は特に、最初は「稼ぎ方」を覚えたがります。

しかし、
長期的にあなたの成功を左右するのは
リスクコントロールであり、

長年結果を残している人は
このことをよく理解しています。

そして、リスクコントロールは
長期間続けられる、簡単でシンプルな
ルールで行うのが良いでしょう。

長期的にトレードで勝ち続け、
安定して資産を増やしていくためにも、

まずはあなた自身のリスクコントロールを
考え直してみてはいかがでしょうか。

それでは、
本日も頑張りましょう。

りゅうじじ

追伸:
教えた弟子が2年間、
月単位で22勝2敗という成績を記録した
トレード手法をお伝えし、
目の前で実際にトレードもします。

ズルも裏情報もゼロ、
チャートだけで勝つ方法を知って下さい。

勝ちにフォーカス


やっぱり投資は○○してこそ

2017.12.29
prof_ryujiji

From:りゅうじじ
都内の喫茶店より、、、

おはようございます。

昨日が最後の取引でした。

クリスマス前からほとんどの
大口投資家の皆さんは、正月明けまで長期休みに
入っているのでしょう。

下げてきた所の買いで狙って行きましたが、
昨日も出来高が少なかったので、
強さを感じないない動きでした。

それにしても、
おかげ様で今年も一年間
相場に関わってこられました。

皆さんに感謝しております。
ありがたいことです。

今年も先物の指導を通して
多くの方のお役に立てたのかなと
満足しています。

もともとジッとしていられない
性格なのもあるのですが、

同世代の方の中でも
私ほど動きまわっている人は
なかなかいないのかなと思います。

私の主義はとにかく
徹底して教えて勝てるように
なってもらうことです。

先日も銀座の会議室を借りて
遅くまで指導してきました。

今の時代は便利で、
クリック一つでトレードが出来てしまいます。

しかし、中にはパソコン操作に
慣れていない方もいらっしゃるので、

先物を教える前に
その周辺からも丁寧に教えていきます。

また、私のトレード手法を教えても
不調だったり中々結果の出ない方には
個別にお話を聞いて軌道修正することもあります。

(私自身、相当な経験をしてきているので、
話を聞けば躓いているポイントがすぐ分かります。)

やっぱり投資は【学ぶ】のではなく
【勝つ】ことが目的ですので、
本当に何よりも嬉しい事です。

※もし上手くいっていないという人がいましたら、
 年明けにでもお話を聞きに行きます

クレームを恐れている訳ではないのですが、
頂いた対価以上のものは絶対に提供したいと
いつも思っています。

私も数々の商売をしてきましたが、
感謝されてじしですからね。

年末年始はゆっくり過ごして
来たる2018年も、
感謝を沢山頂けるような、
良い年にしたいと思います。

それでは良いお年をお迎えください

有難うございました。

りゅうじじ

追伸:

わたしが未だ素人トレーダーだった頃、
多額の損失に悩まされました。

その時は知らなかったのですが
実は損失の原因は
ある認識のズレにあったのです。

それ以来、いろいろな勉強をして
“あるメソッド”を開発しました。

http://japan-i-school.jp/jim/180122_seminar/


稼ぎ続ける人の思考習慣

2017.12.22
prof_ryujiji

From:りゅうじじ
都内の自宅より、、、

おはようございます。

日経225先物の動きの方は
なんとか上げ方向にあります。

しかし、強さの感じない動きを繰り返しています。

調整に入っているような動きですが、
まだ買い方向にありますので、
チヤートを見て買い目線で見ていきます。

個別銘柄は少しずつですが全体的に、
値を伸ばしてきている感じがします。
こちらも下げてきた所の買い目線ですね。

トレードの世界というのは、
スポーツとの共通点がいくつもあります。

トレードもスポーツも
自分のパフォーマンスがすべてであり、

常に良いパフォーマンスを発揮できる人が
勝利=利益を手に入れることができます。

そして、
相場の世界もスポーツの世界も
勝つ人がいれば負けてしまう人もいます。

勝つ人と負ける人の特徴的な違いは何か?

私は2つあると考えています。

・徹底的に準備すること
・負けを受け入れ、トータルで勝つこと

具体的にお話していきたいと思います。

まず何より、どんな世界でも
一流と呼ばれる人というのは
準備、トレーニングを怠りません。

トッププレーヤーになるためには
ある程度の才能は必要かもしれませんが、
才能だけでトップになることはできません。

もともとの才能に加え、
そこからさらに長年にわたって
技を磨くことによって
トッププレーヤーになれるのでしょう。

自分の長所を伸ばすためのトレーニング、
自分の短所、課題を克服するための
トレーニングを行うことで、

よりレベルアップするために
常に考え、改善し続けるのです。

このプロセスは、
相場の世界でも全く一緒だと、私は思います。

自分自身のトレードにおいて
知識やスキルで足りない短所を補う。

逆に長所は理解して、
安定して利益を出し続けるために、

今、自分には何が必要なのか、
何をするべきなのかを理解することは
とても重要なことです。

そしてもう一つ、
トレードとスポーツで似ているのは、

どんなに強いチーム(※トレードでいえば手法)であっても
勝率100%、全試合で勝ちは無いという事です。

プロ野球のチームは
年間140試合以上の試合をこなしますが、

一流の選手をズラッと揃えていても、
せいぜい勝率6割が良い所です。

もちろん、
彼らは毎試合勝つつもりで
試合をしていると思いますが、
それでも負けることはあります。

しかし、
かつて中日ドラゴンズの監督だった
落合博満さんが言っていたように

大事なことはシーズンが終わったときに
トータルで勝っていればいいのであり、

シーズンを通して、
最大の勝ち点を手にしたチームが
チャンピオンになれるのです。

つまり、長期間にわたって
安定したパフォーマンスを続けることこそが
最大のポイントなのです。

負けたとしても、
次のゲームまでにしっかりと立て直し、

できるだけ大型連敗を防いで、
トータルで安定した成績を残した
チームが勝てるのです。

トレードも勝率100%で
毎回勝つのは不可能です。

負けたときに、その反省をし
次のトレードまでに改善することで
安定的に収益を増やすことができます。

私も常に先読みをして、
ことあるごとに考えて、進歩してきたからこその
今があります。

今日もコツコツを忘れず頑張りましょう!

りゅうじじ

<編集部のオススメ>
初心者・小資金の方大歓迎!

約2時間という限られた時間の中で、
デイトレードで利益獲得するために
重要な部分のみフォーカスしてお伝えします。

限定8名の募集です


同じ手法でも結果が異なる理由

2017.12.15
prof_ryujiji

From:りゅうじじ
自宅の書斎より、、、

おはようございます。

物凄い寒波が来ていますね。

ここ数日は今年一番の寒さを感じました。
風邪を引かずに健康が第一です。

今年も相場の営業日は
後15日以内で年末に向かっています。
残りわずかとなってきましたが、
気を引き締めていきましょう。

個別銘柄の方は少しずつですが、
値を伸ばしてきています。

さて、12月は先週8日(金)に雇用統計、
昨日はFOMCと重要指標の発表が続きました。

振り返ると、やはりその時間は
チャートの流れなど全く無視して
激しく動いていました。

普段、トレードをする前には
必ず経済カレンダーで、
時間をチェックしているので、

私は様子見していました。
そのような日は、
生徒さんに必ずアナウンスしています。

重要指標発表の時間は、
ガシガシ値が動き、不規則な動きで
途中入りたくなる場面もあるのですが、

生徒の皆さんもよくぞ耐えたと思っています。
我慢の瞬間でしたね。

ただ、もっと高い目線で視ると、
重要指標の発表の後に大きく動けば、
一定期間は大きく動いた方向へ
トレンドが発生することがあります。

だからこそ、重要イベント時のトレードは避け、
方向性が出てからの方がリスクを少なくして、
大きなリターンを得られます。

目先の利益や欲を我慢して我慢して
後から大きく獲ることがトレードの秘訣です。

このように、
相場の世界は
我慢と自己コントロールが必要です。

私は、先物の指導以外にも、
株式投資やFXでなかなか勝てない
という人の相談も受けるのですが、

彼らの話を聞くと、

やっている手法は正しいのに、
「入ってはいけないと言われている」タイミングで
入ってしまっているケースが最も多いです。

そこにまず気付いてもらい、
ちょっと工夫の仕方を私がお伝えすると、
驚くほどすんなりとトレードの悩みは解決出来ます。

私もそうですが、人間である以上完璧にはなれません。

ですが、自己コントロールの力は常に忘れずに、
磨き続けて行きたいと思います。

今日も様子を見ながら流れに乗っていきますが、
方向的にはまだ上げ方向にありますので、
下げてきた所の買いで見ていきます。

コツコツと頑張りましょう。

りゅうじじ

P.S.
あと2名参加枠があるそうです。
実際にザラ場中のチャートを出して
安全に小資金で出来る手法を
全てお見せします。

※残り2名で締め切ります