カテゴリー別アーカイブ: パリティ

そろそろこの通過ペアでトレード開始します

2018.09.17
prof_pari

From:パリティ
大阪のトレーディングルームより、、、

おはようございます。
パリティです。

最近ずっと続いていた猛暑が、
ようやく落ち着いてきましたね。

季節の変わり目は体調を崩
しやすいので、皆さんもぜひ、
気を付けながらトレード生活を
続けていきましょう。

先週は多くの通貨が売られる一方で、
ポンドが買われる相場となりました。

しかしポンドはなかなか
トレードしにくい通貨でもあるので、
全般的に利益は取りにくい相場で
あったように思います。

一方でドル円が緩やかに上昇してきました。

このトレンドにのるだけで
30pips程度の利益が
狙える値動きとなりました。

ドル円はそろそろトレード開始しても
良いかと思っていますので、
このまま上昇し続けるようであれば
積極的に買いエントリーしていこうと思います。

チャート分析でトレードするのであれば、
利益の取りやすいペアをいち早く判断する
選定能力も必要になります。

このブログの読者の中には
手法の研究をしている最中…という方も
いらっしゃるとは思いますが、

複数のトレード方法を検証しながら、
さらにその手法毎に狙い目のペアを選定するのは
限られた時間の中で至難の技となると思います。

生徒さんにもお伝えしていますが、
手法は限りなくシンプルにすることが
重要となります。

多くの知識や情報、
トレード手法を学ぶことは
もちろん大切なことですが、

全部やることが
トレードを向上させるわけではありません。

私自身はパリティ式トレードという
独自のトレード手法を持っていますが、

初心者の方ならこの中の基礎的な考え方だけ
ひたすらにやっていても十分な利益がでます。

ただ、習い始めたばかりの
生徒さんを見ていると

自分の直感を裏付ける都合の良い言い訳として、
様々な要素を取り入れてしまいます。

これはトレードの持つゲーム性、
トレードしたいという欲求によるものかもしれません。

習いにきていてもそうなのですから、
自分で手法開発をしていれば、
さらにこの傾向は強まるはずです。

もちろんそれらの工夫から
得られる成果もあるとは思いますが、

都合の良い要素をその時々で入れ込んでしまえば、
失敗も成功も次へ活かしようがなくなってしまいます。

そして、それを繰り返していると、
手法自体が複雑化して、
安定したトレードができなくなります。

何か要素を加えるなら、
理論分析と検証を十分に踏まえたうえで、
本当に使えるものだけを絞り込み、
手法自体は極限までシンプルにしてみてください。

もし、今取り組んでいるトレードが
複雑で成果を出しにくいと感じている方は、
この考え方を念頭においておくと、
ペアの選定も楽になり、チャンスを逃しにくくなるはずです。

今日はトレードというより、
手法作りための考え方というところでしたが、
是非、参考にしてみてください。

パリティ

PS.
パリティ式の手法に興味のある方は、
是非月末開催のセミナーにご参加ください。

すぐに取り組めるかたちで
トレード手法を公開しているので、
初心者の方であれば手法開発の労力と時間を
大幅に短縮できるはずです。

http://japan-i-school.jp/jim/kujira_180929/


災害時のポジション対策

2018.09.10
prof_pari

From:パリティ
大阪のトレーディングルームより、、、

おはようございます。
パリティです。

さてさて、最近は巨大な台風や
北海道では震度6の地震発生等、
天変地異が増えてますね。

被災された皆様には
一日も早い復興をお祈りいたします。

災害に遭遇した際一番大切なものは
もちろん自分やご家族の命ですので、
安全を確保することが最優先なのは
言うまでもないことですが、

そのような災害時に忘れてしまいがちなのが
持ちっぱなしのポジションの決済です。

お仕事中や外出中であっても、
ポジションを保有している方が
いらっしゃるかと思いますが、

この時に被災してしまうと、
多くの方がポジション保有中という事実を
忘れてしまう可能性があります。

たまたま利益が出る方向に
相場が動いていればラッキーですが、

そのような時は総じて
損する方向に動くのが相場です。

逆指値注文や指値注文を使って、
常に損切や利食いの注文は
出しておくようにしましょう。

パリティ式のトレードでは、
見るべきチャートの時間軸の調整で
ある程度先まで決済ポイントの見通しが立ちます。

トレードには裁量トレードと呼ばれる
いわゆる「自分の判断で利確する」
というやり方があります。

逆に言えば、システムトレードなどは、
裁量ではなく数字やチャートの動きを
一律に判断するものですので、
チャンスを逃さず、安定したトレードが行なえますが、
欠点としては利益が限定されます。

これは、ルールを完全に数字化して
トレードしている方にも当てはまります。

そうなると、指値・逆指値は使いやすく、
日頃から自然とできていることかもしれません。

パリティ式は完全に裁量トレードなので
基本的にはデイトレで、ルールに則り、
一番利益の出るタイミングで
決済していくことで利益率を伸ばします。

このやり方であれば、
月利20%以上もそんなに難しくはないはずですが、

先ほどからお伝えするように
チャートを見て最終判断するため、
つい、この「指値・逆指値」を怠りがちです。

私はモニターに張り付いている時であっても
相場の急変で反応が遅れてしまうのが嫌なので
少なくとも損切注文は必ず入れるようにしています。

ご自身のトレード方式により、
こういった注文を入れづらい方も
いらっしゃるとは思いますが、

普段このような注文を使われない方は
この機会にぜひ、
有効活用するよう心掛けるようにしてみてください。

パリティ

<編集部のおすすめ>
FXも株も相場が良くないないな…

そんな時には、
もう一つ別の選択肢を持ちませんか?

多くのトレーダーが食わず嫌いで避けていた
ある金融商品の初心者講習です。

http://japan-i-school.jp/jim/takako_1809/


「〇〇」を手に入れるだけで利益は伸びる

2018.09.03
prof_pari

From:パリティ
大阪のトレーディングルームより、、、

おはようございます。
パリティです。

最近は台風に伴う豪雨、かと思えば
40度近くまで上昇する日もあり、
非常に不安定な気象状況が続きますね。

ここまで不安定だと、国内旅行などは
出かける予定も立てづらいですね。

私も先日千葉の方にゴルフに出かけた
のですが、40度の気温と強風に襲撃され、
ほとんどまともなゲームになりませんでした。

早くこのような状況は落ち着いてほしいものですが、
こればかりは誰にもコントロールできないので、
気象状況に左右されないような
室内でのスポーツを楽しもうと思います。

相場の世界も似ているかもしれません。

相場を自分の望む方向に動かそうとしても、
決してその通りにいかず、

むしろ、
そのような傲慢な考えを持つトレーダーの
全ての富をさらっていく厳しい世界です。

我々トレーダーが生き残るために
必要なことは、

相場の流れを見極めながら
大きな流れについていくことだけです。

パリティ式トレードも
この点を分析し手法化したものですが、

学ばれる方によっては、
この流れを掴むことでそれまでの負けを
短期間で全て取り返せるくらい
大きな損益の変化があります。

トレードには向き不向きがあるでしょうし、
メンタル面などどうしても個々人で克服しなければ
ならない部分もあります。

ですが大抵の方は、
「トレンドをつかみ、それに乗る」という
技術を手に入れることだけで利益が伸びます。

逆に考えると、
それ以外の部分(トレーダーとしての資質)は
ほとんどの方が元々持っているわけです。

さらに、ここから導き出される重要な点は、
負けているトレーダーのほとんど全てが、

相場の方向性に合わせるという
基本的な考え方が、できてきない。
またはそれを手法化・ルール化できていない。

ということです。

相場の方向性に合わせるというのは、
意外に難しいもので、

ただ単に「そんな感じに見えるから」とか、
「このインジケーターがそうなっているから」など、

感覚や単一的な視点では、
継続的に安定した利益を出すことはできません。

相場の方向性を掴めるか、否か。

この違いだけで、
同じ人でも全く違う結果になる理由は、

結局、相場の方向性を正確に掴むという
単純に感じるトレード戦略ですら、
相場を研究し尽くし、理論をルール化しなければ
実現できない難解さがあるということです。

相場で勝ち続けると、ついつい
このような基本的な考え方を忘れてしまい、
傲慢になってしまいがちなので、

私も今一度心に刻み、
謙虚な気持ちでトレードして
行こうと思います。

パリティ

<編集部のおすすめ>
トレードってなんだか難しい…
自分にはできそうもない…

そんな風に思っている方こそ、
この初心者セミナーにご参加ください。

こんなにシンプルなトレード方法があるのかと
驚きと希望を感じられるはずです。

http://japan-i-school.jp/jim/takako_1809/


トレードすべき通貨を見抜く視点

2018.08.27
prof_pari

From:パリティ
大阪のトレーディングルームより、、、

おはようございます。
パリティです。

直近の為替相場では、ドルと円が売られ、
ユーロとフランが買われていますね。

この流れが月曜日以降も継続するようであれば、
ユーロ円ユーロドル
買いエントリーチャンスが生まれるかと思います。

通貨ペアごとのクセなどもありますので、
見極めができないうちからコロコロと
ペアを変えることはおすすめしませんが、

トレードの学習を進める中で、
通貨ペアを選んでいくことは
大きく利益を生み出すコツでもあります。

勢いのあるペアであれば、
トレンド発生時には
月1000pips以上も決して難しくはありません。

パリティ式のトレードがより生きてきますので、
徐々に通貨を選ぶ視点も身につけていただきたいと思います。

ただ、初心者の方にとって
たくさんの通貨ペアの中から
狙い目のペアを見つけ出すのは
難解に感じる方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、常にどの通貨が買われていて、
どの通貨が売られているのかを把握しておくと、
今、どの通貨ペアでトレードすべきかが
見えてくるようになります。

基本的なところですが、
通貨ペアの表記は
USD/JPY や EUR/USD と
なっていますよね。

どの通貨とどの通貨の取引かということを
表す表記ですが、

単純に、この表記の
左側の通貨が買われるとチャートは上昇し、
右側の通貨が買われるとチャートは下落します。

このことを基本知識としてしっかりと抑えておくと、
今相場でどの通貨からどの通貨に
お金が移動しているのか
が把握できるようになり、

自然とトレードすべき通貨ペアを
導き出せるようになるんですね。

普段は何気なく見ている表示ですが、
通貨ペアごとの関係性を理解するためには
現在どの通貨が中心的役割を果たしているのか
しっかり把握していくことが大切です。

ぜひ、このような観点も加えて
相場を見るようにしてみましょう。

パリティ

<編集部のオススメ>
ここだけの話ですが…

実はたったの4万円から、
コツコツ稼げる投資法があります。
開発年数は40年。

超ベテラン講師があなただけに教える
その投資法の詳細はコチラから↓
http://japan-i-school.jp/jim/seminar180911/


今こそ、絶好の収益チャンス

2018.08.20
prof_pari

From:パリティ
大阪のトレーディングルームより、、、

おはようございます。
パリティです。

先週の相場は
トルコ制裁に端を発した
大きなトレンドが発生していますね。

世界的にも各所に影響の出そうな
今回の流れですが、

直近のトレードについて言えば、
ドル円相場は大変動きづらくなってます。

ドルと円が大きく買われる一方、
それ以外の通貨が全面的に売られる
相場が続いているからですね。

普段生徒さんへはドル円相場を
メインに指導していますが、
このペアに限ってしまうと
あまりもしろい展開とは言えません。

一方でユーロドルやポンドドル等の
ドル円以外の通貨ペアは非常に大きな
トレンドが出ており、

収益チャンスが無限大に
広がっている相場となっています。

むしろ、前項の収益チャンスの時期と言えます。

通貨ペアについては
何度かこのブログでも触れていますが、
世界的にその通貨の果たす役割というものがあり

親和性が高いか低いかで
どの通貨ペアがトレードに有利になるかの
見極めもすることができます。

今回ドル円は互いに
引き合うような感じになっていますから、
ヨーロッパ圏との通貨ペアの方が
格段に利益が出しやすいわけです。

そして、
一度方向性の決まったチャートには
しっかりとついてき、

下手に利確しないようルールを守った
トレードが重要となります。

普段の丁寧なロスカットが
ここで生きてきて、
結果「損小利大」を実現できるわけです。

ですから、こういう相場の時こそ、
トレンドフォローの手法で
バンバン利益を取っていきましょう。

今後の相場の方向性を決めるのは
各国の経済動向や政策動向に左右されますが、

テクニカル分析を使って市場の流れを占い、
大きな波に乗っていくのが、
我々テクニカルトレーダーになりますので、

今回のような分かりやすい相場では
確実に利益を取れるようになって
おくべきかと思います。

パリティ

PS.
わかりやすい相場と感じられるかは
ルールあってこそ、という部分もあります。

今回のブログを読んで初めて
今がチャンスだと気づいた…というような方は
まずはチャートの見方を学んでください。

初心者向けのセミナーも開催しておりますので、
ぜひご参加ください。

http://japan-i-school.jp/jim/180825_kujira/


エントリーチャンスの広げ方

2018.08.13
prof_pari

From:パリティ
大阪のトレーディングルームより、、、

おはようございます。
パリティです。

まだまだ炎天下が続きますね。

体調管理に気をつけつつ
暑さに負けずにトレードして
いきましょう!

最近はドル円相場が調整局面
ということもあり、

ユーロドル等の通貨ペアでトレードした方が
良い結果となるようなかたちでした。

通貨ペアの選び方については
以前いくつか注意点をお話しましたが、

こういった状況であれば、
複数の通貨ペアから
今一番トレード向きなものを探し出せる人が
多くの利益を得られることになります。

単純な話に思えますが、
私自身ははじめから複数の通貨ペアを
監視することはおすすめしていません。

弊社のスクールでも、普段、
生徒さんからいただく添削やその解説などは
ドル円を中心に行っています。

これは、多くの通貨ペアを監視しすぎると、
逆に一つの通貨ペアに対する
分析がおろそかになる…という点を懸念しています。

もちろん、徐々に分析の精度が保てるようになれば、
複数通貨ぺアを監視していることでチャンスが広がります。

しかし、まずは一つの通貨ペアに対しての
分析力を身に着けることが先決です。

1つの通貨ペアに集中しても
結果を出せないのであれば、
複数の通貨ペアに選択範囲をひろげるだけでは
チャンスが広がったとは言えません。

むしろ、どの通貨ペアも中途半端という
逆効果が発生します。

だからこそ最初の段階でしっかりと
通貨ペアを分析する力を培い、
それを応用する気持ちで
他の通貨ペアを見ていくことがポイントです。

そして、一つ一つに確信が持てるようになったら、
ぜひ他通貨ペアにもチャレンジしていくようにしましょう。

これができるようになったら、
次は他時間軸でのトレードです。

全てはステップバイステップで
精度を上げることが前提となります。

他通貨、他時間軸でのトレードを身に着けられたら、
いくらでもトレードチャンスを広げられますので

これまで1つの通貨に集中してきた方は
ぜひチャレンジしてみてください。

パリティ

PS.
トレードの道標として
まずはルールを確定させたいという方は
是非パリティ式のノウハウを学んでみてください。

少人数セミナーも開催しているので、
将来的に大きく利益を上げるためにも
是非こちらにも参加してくださいね。

http://japan-i-school.jp/jim/180825_kujira/