カテゴリー別アーカイブ: パリティ

良い相場でも油断は大敵

2018.07.16
prof_pari

From:パリティ
大阪のトレーディングルームより、、、

おはようございます。
パリティです。

先週はドル円相場が
急上昇してきましたね。

非常に分かりやすい上昇サインが
いくつも出ていたので

パリティ式でトレードしていれば、
100pips以上の利益を出せた局面となりました。

私もブレイクアウト待ちの状態で、
やっと来たな!という感じでした。

これでいったん目線は完全に上昇
トレンドとなりましたので、
引き続き買い目線で相場に
立ち向かっていくつもりです。

先週末からの動きにも特徴がありますので、
今週も楽しみな相場状況です。

いくつか見るべき
ポイントがあるのですが、

最近の為替相場は、
主に貿易戦争に関するニュースやコメントに
反応して大きく動いていますね。

動く分には狙い所ができて良いのですが、
あまり頻繁に逆方向に動いてしまうと、
チャートが汚くなってしまいます。

私達のように数千万単位からの
トレードの場合は
些末な影響のないきれいなチャート状態に
大きく資金を入れるのが理想です。

動くなら同じ方向に動いてもらいたいものですが、
どんな状況であっても、
ルールに則った守りの姿勢が何より重要です。

トレードスキルが上がれば、
チャートの状態も見えてきますし、
攻守の判断もより深まります。

裁量トレードが
大きな利益を生み出す理由は
こういった柔軟性にあります。

絶対的なルールさえあれば、
こういった経験値の蓄積は効率よくできますし、
その時々のクセや異常事態も見抜きやすくなります。

慎重になる場面・大胆に責められる場面を
正確に捉え、思い通りの利益を上げていきましょう。

いずれにしても、
良い流れは間違いないので、
目先はしっかりと買い目線で
しっかり構えておきましょう。

パリティ


PS.
今月はパリティ式トレードの
ノウハウをお伝えする
速習セミナーの開催があります。

残り3席となりましたが、
直近の動きも含めて解説しますので、
トレードに自信の持てない方は是非ご参加ください。
http://japan-i-school.jp/jim/180728_kujira/


地震に備えた損切設定していますか?

2018.07.09
prof_pari

From:パリティ
大阪のトレーディングルームより、、、

おはようございます。
パリティです。

最近、全国各地で地震が増えてきましたね。

つい最近も東京でもそこそこ強い地震が発生
していました。

こういうことがあると、
いざ大地震が起きた時の動作を
確認した方が良いですね。

まずは自分と周囲の身の安全が第一ですが、
FXトレーダーとしては

ポジションの手じまい

も忘れてはいけないタスクですね。

というのも、
やはり巨大地震が発生した直後は
為替レートも乱高下するため、
大損してしまう可能性があるからです。

以下のチャートは東日本大震災発生直後の
ドル円のチャートです。

180709

一度、82円から76円まで(600pips)急降下し、
その後は逆に85円まで(900pips)急上昇しています。

しっかりと自動で損切をしていれば問題
ありませんが、何も設定していないと、
元金を全て吹き飛ばしてしまいかねません。

一方で大地震が起きてからでは、
FXの方に気が回す余裕がないのが
実際のところだと思います。

日ごろからしっかりと損切を入れておく
ことが大切ということで、ぜひ皆さんも
気を付けておくようにしましょう。

パリティ


PS.
とはいえ、
一体どこに損切設定をするべきか?
で、悩まれる方は多いと思います。

パリティ式のトレードでは損切を
常に早めにしていく、ある指標があります。

適正な基準を知りたい方はセミナーへお越しください。

有事に限ららず、
しっかりと損切をしていきましょう。
http://japan-i-school.jp/jim/180728_kujira/


いつまでも同じ手法で大丈夫ですか?

2018.07.02
prof_pari

From:パリティ
大阪のトレーディングルームより、、、

おはようございます。
パリティです。

ついに梅雨が明けてきましたね。

気温も急激に上昇し、日中帯はあまり
外に出たくないほどになってきました。

こういう時こそ家に引きこもって
トレードに励むのが良いですね。

よく、
「エントリーチャンスがない時に何してるんですか?」
と聞かれることがあるのですが、

私は基本的に、
常に新たな手法の開発に
時間を割いています。

相場は常に移り変わります。

その中でトレーダーとして
生き残り続けるには

常に最新の相場に合った手法
作り続ける必要があるのです。

手法を作る場合にはチャートを
見ながら経験値を元に作る場合もあれば、

社内のSEに依頼して
エクセルのマクロやMQLを使い、
検証プログラムを作ってもらったうえで、

過去チャートから現在の相場まで
システマチックに検証を行って、
相場の歪みを見つけ出し、

その歪みを素材として
作りあげたりもしています。

そんなことをやっていると、
エントリーチャンスが無い時期でも

案外やることが多く、
暇を持て余すようなことはないですね。

もちろん、私や、
私のトレーディングチームにも
主軸となる揺るがないノウハウはありますし、

生徒さんにお伝えしている内容について言えば、
常日頃のノウハウ開発の結果も踏まえつつ
できるだけシンプルにルール化しています。

これだけでも個人トレーダーであれば
十分に利益を出せますが、

弊社での運用のように
数千万・数億円を動かす取引方法では、
常に最新の情報を反映させていかなくては
リスクになりますし、

さらに効率よくトレードできる方法を
追い求めることはプロとしては
当たり前のことだと考えています。

こういう話をすると、
トレードに対して難しく感じたり
ハードルを高く感じる人も多いと思います。

ですが、みなさんが実際に
チャートの向こう側で相対する「敵」には、

弊社のような
プロの運用チームも含まれています。

手法づくりやノウハウ開発についても
決して他人事ではありません。

これからますます暑い日が続きますので、
部屋に引きこもる場合は、是非みなさんも、
検証や手法づくりに時間をかけてみてはいかがでしょうか。

パリティ

<編集部のオススメ>

「利益を取るならやっぱり先物!」

でも、

「先物なんて自分には無理…」

という方へ、
あなたが明日から自信を持ってトレードしてもらうための
先物トレードの基礎&究極のトレード法をお伝えします。
http://japan-i-school.jp/jim/takako_180711_17/


仮想通貨を「まだやらない」理由

2018.06.25
prof_pari

From:パリティ
大阪のトレーディングルームより、、、

おはようございます。
パリティです。

先週はドル円相場は
方向感のない週となりましたね。

ブレイクアウトの手法をベースとした
私としては、ほとんどエントリーチャンスがなく、
つまらない週となりました。

一応日足ベースでは
引き続き上昇トレンドが継続していますので、

中期的には上昇目線の方向感は
崩していませんが、

短期的にも上昇してくれると、
相場に勢いがついて
トレードしやすいと感じています。

とはいえ、
相場は思い通りには動いて
くれないものなので、
根気強く待つしかないですね。

さて、最近の話題としては、FXよりは
仮想通貨が取り上げられることが多いですね。

話題性があるのは良いことですが、
一方で手数料の高さや売買高の低さを考えると、
私はまだ手を出す気にはなれません。

売買高が低い市場でチャート分析を行うのは、
リスクが高く、理論通りにいかない場面が
格段に増えてしまいます。

以前、パリティ式の手法で株をやっている、
とお伝えしたことがありますが、

私の手法は、ある程度安定した市場で
チャートがあるものについては、
何にでも使用することができます。

ですので、もちろん、
仮想通貨にも使えるのですが、
仮想通貨は市場規模以外にも
税金面などいくつかの問題点があります。

もう少し市場が成熟し、
一つの市場としての地位を確立したうえで、
法整備も進んだ後かなーと考えたりしています。

投資はくれぐれも自己責任なので、
しっかりとリスクを把握してから
取り組むようにしましょう。

パリティ

<編集部のオススメ>
利益が大きいのはわかっているが、
「先物」はリスクが高く、
玄人ばかりででなんだか怖い…

自分にはまだまだ早いと思っている方に、

先物のメリットだけを抜き出せる
あるトレード法をお伝えいたします。
http://japan-i-school.jp/jim/takako_180711_17/


早く利益を出すためのパリティ式学習法

2018.06.18
prof_pari

From:パリティ
大阪のトレーディングルームより、、、

おはようございます。
パリティです。

さて、6月中旬に入り、全国的に
本格的な梅雨入りになってきましたね。

毎日雨が降っていて、せっかくの休日も
外出するのを躊躇してしまいますが、
梅雨が明けたら明けたで気温が急上昇し、
暑さで外出を躊躇してしまうんでしょうね。

私は日々、
散歩やジョギングをするようにしています。

というのも、
トレードで煮詰まった時は

運動している時にアイディアが
思い浮かぶことがある
ので、
そういったちょっとした運動を日々の生活に
取り入れるようにしているんですね。

しかし梅雨入りするとそのような運動も
しづらくなるので、困ってしまうわけです。

梅雨の時期は部屋の中でできる運動を
考える必要がありそうですね。

こうした思考法は皆さんそれぞれ
やり方があるかと思います。

トレードについてはまだまだ初心者で、
煮詰まるほど研究することはないですよ、
という方でも、

学生時代の勉強法などを思い出すと、
簡単にイメージできるかと思います。

自分に合った学習方法を見つけ出すことで
集中力も高まり、効率も良くなります。

それこそプラセボ効果ではないですが、
このやり方でやっていると上手くいく、
と感じているやり方を取ると

安心感からすんなり頭に入る
という効果もあるかと思います。

弊社のトレードスクールでは
継続受講の方には
添削指導をするんですが、
学生時代で言わば家庭教師や個別指導ですよね。

私としては、このかたちが
一番はやく習得できると思うので実施していますが、

教える側としてもこのやり方の方が
生徒さん一人ひとりの学習進度を把握しやすく
教えやすいと感じています。

これも学習方法の選択による効果で、
学校に行って基礎は教えてもらってあとは独学でやるか
予備校に行ってノウハウを教えてもらって効率的に勉強するか
さらに個別指導で無駄を省いて学習スピードを上げるか

自分の目的によってやり方も選ぶ必要がありますし
どこで学ぶかも選ぶ必要があります。

もちろん、みなさん、
利益は早いうちから出したいでしょうし、
無駄な回り道はしたくないと思います。

これは教える側も一緒です。
それが弊社で言えば「トレード添削」という
やり方に還元されているわけです。

トレードの勉強は深淵なものですので、
スキルアップはどこまでも追求できます。
(もちろんそこには利益が伴います)

初心者の方は先が長く感じるかもしれませんが、
ぜひ自分に合ったやり方を見つけ出し、
また、納得できる指導者から学んで、
是非効率的にスキルアップしていただければと思います。

パリティ

PS.
本日は添削指導の話をしましたが、
まずはノウハウを知りたいという方のための
速習セミナーがございます。

パリティ式のトレードが気になる方は
まずはこちらからご参加ください。
http://japan-i-school.jp/jim/180630_kujira/


あなたの利益を密かに奪う○○

2018.06.11
prof_pari

From:パリティ
大阪のトレーディングルームより、、、

おはようございます。
パリティです。

今回はトレードにおいて発生する
スプレッド(手数料)について
短く解説いたします。

初心者トレーダーの方は、
あまり気にされない場合も多いですが、
トレードにおいて
スプレッドは非常に重要な要素です。

特にトレードする期間が短ければ短い程、
収益に占めるスプレッドの割合が
非常に大きくなってきてしまいます。

これは、トレード一回あたりにかかる
スプレッドは常に一定(1pips程度)に対して

平均獲得pipsが、
15分足では20pips、5分足では10pips、1分足では5pips
といったかたちで、

短い時間軸ほど平均獲得pipsも
小さくなってくるからです。

手法によって
一つの時間軸しか選択できない場合は、
もうそれに限定されてしまうのですが、

パリティ式トレードのように
どの時間軸でも同じ手法を当てはめ、
数分単位・数時間単位・数日単位など
トレード期間が選べる場合、

あえて小さい時間軸でトレードしようとすると、
利益の中のスプレッドの割合が高くなります。

例えば、
15分足では1pips÷20pips=5%なのに対して、
1分足だと1pips÷5pips=20%になって
しまうのです。

しかも、
実際には負けトレードにも
スプレッドがかかってきますので、
収益に占めるスプレッドの割合は
さらに大きくなります。

このようなかたちで、
スプレッドがかかるゆえに
短期売買は非常に不利であると
言わざるをえません。

特に超短期売買として知られている
スキャルピング(数秒~数分のトレード)のような手法は、

FX会社を儲けさせる一方で
トレーダーにとっては手数料負けを
引き起こしやすくなります。

このようなやり方を取っている方が
勝率や利益率を単に取得単価や約定単価で見てしまうと、
実態とズレが出てしまいます。

スプレッドがかかるのは仕方ない…
と侮って、トレード戦略に組み込まないでいると、

意外なほど不利な条件で
トレードすることになりかねません。

要は、トレードをする際には
スプレッドを踏まえた上での
利益計算が重要ということになります。

スプレッドを踏まえたうえで
しっかりと時間軸を選び、
利益が残るかどうかを判断しましょう。

パリティ

PS.
パリティのトレード手法を人数限定で公開します。

今日のような基礎的な内容から
ノウハウの真髄まで1日でお伝えしますので、

トレードに行き詰まっている方や、
最初から正解だけを知りたいという初心者の方も
ぜひ、お気軽にご参加ください。
http://japan-i-school.jp/jim/180630_kujira/