カテゴリー別アーカイブ: パリティ

プロが考える勝ち負けの考え方

2018.01.15
prof_pari

From:パリティ
大阪のトレーディングルームより、、、

JIS読者の皆様

こんにちは。パリティです。

今回は成功するために理解しておくべき、
勝ち負けに対する、プロの考え方を
お話ししていこうと思います。

これからトレーダーになる方が
どのようなことを考えながらトレードすべきか、
方向性を見極める手助けになればと思います。

あらゆる投資において必要な考え方は、
目先のトレード一回一回に対して、
いちいち一喜一憂しないということです。

どうしても初心者の方は、
プロは勝率100%近い成績を取っていると
勘違いされている場合が多いですが、

投資において、勝率100%を実現することは
絶対に不可能ですし、
それを目指すことも間違っています。

トレーディングのプロであればあるほど、
勝率は全く重要な要素ではないことを知っています。

トレードしていれば、場合によっては
3連敗や5連敗することだって普通に発生するのです。

このような事態が起きた時にこそ、
トレーダーとしての資質が試されます。

投資を始めたばかりの方はこのような連敗を経験すると、
今までの自分のトレーディングスタイルに自信がなくなり、

徐々にトレードの調子を崩し、
自滅してしまう方が大半かと思います。

「トレードは常に勝つもの」という感覚が頭にあると、
少し負けただけで動揺し、
このような局面でさらなるトレードの悪化を招いてしまいます。

一方でプロはというと、
あらかじめ膨大な過去データを使い、
勝率を計算した上で、判断を下します。

自分のトレーディングスタイルの場合、
実現するであろう勝率や勝ち金額等を
あらかじめ計算したうえで、実際のトレードに取り組みます。

最初から負けを織り込んだうえで計算しているのです。

勝率が1/3のじゃんけんであっても、
時には3連敗や5連敗することもあるように、

時には調子が悪い期間が発生することも
事前に織り込んでおきます。

そうすると、実際に負けた時にも全く動じることなく
トレードができるのです。

これは勝った時も同様で、
大勝利した時であっても、いちいち感情的にならずに、
淡々と作業としてこなしていくのです。

トレーダーにとって実際の売買は
あらかじめ決められたことを実施するだけの「作業」であり、
エキサイティングを求めるアトラクションではありません。

ビジネスとしてトレーディングをとらえるのであれば、
このような、ある意味では冷めた考え方を貫くことが
成功するためには必要な要素であるように思います。

皆さんも、直前の勝ち負けに心奪われることなく、
全体の流れや、勝率をあらかじめ計算に入れておき、

冷静にトレードに向き合っていきましょう。

パリティ

<編集部のおすすめ>
初心者でもスマホだけでのトレードで
毎日コツコツ利益を積み上げたい!

そんな安定思考のあなたにおすすめの
FX体験セミナーがあります。

FXで副収入を得る手堅いやり方を
知りたい方はコチラをクリック


龍虎相まみえる!!

2018.01.08
prof_pari

From:パリティ
大阪のトレーディングルームより、、、

よく「FXはファンダメンタルズ分析と
テクニカル分析のどちらが重要なのか」

と聞かれることがあります。

ファンダメンタルズ分析とは
ざっくり言えば、
政治・経済情勢を鑑みて売買の判断をしていく手法であり、

テクニカル分析とは
移動平均線やボリンジャーバンド等、
値動きから得られる情報をもとに
売買の判断を行う手法を指します。

ファンダメンタル派のトレーダーは
「テクニカル分析なんて
ただの星占いと一緒で何の根拠もない」と言い、

テクニカル分析派のトレーダーは
「現在想定される政治的、経済的な思惑は
すべて値動きに織り込まれているのだから、

値動きを分析すれば、それはファンダメンタルの
要素を含んでいることになる」と、

双方否定し合うという構図がよく見られます。

これに対して
「分析する時間軸によって使い分ける」
というのが私の考えです。

例えば、
「今から15分間の値動きをファンダメンタルで
分析して取引して利益を上げろ」と言われても
ファンダメンタルトレーダーは困ってしまうかと思います。

ファンダメンタル派が分析に使う材料は、日々の
政治家や金融規制当局の発言内容や月次で発表される指標、
および日次で発表されるLIBORの金利や国債の利回りだったりと、

ほとんどの情報が日次や月次でとれる情報になります。

そのため15分間といった超短期間の値動きを
分析する手段を持ち合わせておらず、
結果「分析不能」となってしまいます。

一方でテクニカル分析では
そのような短期間であっても、値動きさえあれば
それを元にテクニカル指標を当てはめて分析し、
売買することができます。

結果として短期売買はテクニカル分析に
軍配が挙がるかと思います。

では逆に、テクニカル分析は長期間で通用するのか?
というと、

「通用しないとは言いきれないが、
ファンダメンタルの方が精度が高い」
というのが率直な感想です。

そもそも、
ファンダメンタルズ分析の本質は
為替レートの本来あるべき理論値を導き出すのに対して、

テクニカル分析は、
あるべき為替レートに関係なく
上昇/下落するプロセスで作られる波形を
導き出すものだと思います。

そのため、
ファンダメンタルズ分析では
上昇や下落のプロセスを分析する能力に乏しく、

テクニカル分析ではあるべき為替レートを
予測する能力に乏しいという点で、

一長一短なのです。

言い換えれば、

為替相場において、
値動きの大きな方向性を決めるのは
常にファンダメンタルであり、

その方向性に価格が推移する過程で
波形分析をするものが
テクニカル分析とも言えます。

結果として役割が異なるので、
ファンダメンタルとテクニカル、
両方分析した方が精度が上がるものの、

時間軸で分けて考えると

短期トレードだけを目指すトレーダーには
テクニカル分析だけで十分戦えますし、

長期トレードをする場合には
ファンダメンタルに分析の力点を置くのが

重要かと思います。

ご自身の目指すトレーディングの時間軸を確認し、
勉強する方向を間違えないようにしていきましょう。

パリティ

PS.
時間軸を複数使い、
より多くのトレーダーの視点を
集約する手法をお伝えしています。

様々な理論でトレードしている
世界中のトレーダーの視点を
透かし見ることができるので、

高い利益率を発揮することができます。

1月13日に開催いたしますので、
ご自身の目指す方向性を考えるためにも、
まずここから学んでみてください。
時間軸を操る方法


新年の王道

2018.01.01
prof_pari

From:パリティ
大阪のトレーディングルームより、、、

明けましておめでとうございます。

ついに2018年になりましたね。

やはり新年といえば
今年の抱負を述べるのが
王道かと思いますので、
私も本記事にて、
宣言をしていきたいと思います。

私は、「新しい分野にチャレンジする」
ということを
今年の抱負にしたいと考えています。

やはり、いちトレーダーとしては、
色々な分野にトレーディングの
可能性を見出していきたいという
精神があります。

これまでFXを中心にトレーディングしてきましたが、
今年は株の長期投資にも
チャレンジしていきたいと思っています。

また、不動産投資の方にも
興味を持ち始めていますが、
これは6月以降にできれば始めていきたいですね。

他にも、
2017年に焼肉屋をオープンしましたので、
店舗経営や新店舗のオープンの方も
少し力を入れていきたいと考えています。

最後に、
2017年からJISと共同でスクールを
運営させていただいておりますが、

よりパワーアップしたコンテンツを
生徒さんに提供できるよう、
相場分析やトレーディングを
頑張っていきたいと思っています。

毎年毎年チャレンジを繰り返し、
その度に違った景色を見てきました。

2018年も、さらに違った景色が見られる
ように、可能性を否定せず、チャレンジ
していきたいと思います。

今年もよろしくお願いいたします。

パリティ

PS.
独力で、安定して勝てる
トレーダーになりたい方へ。

こちらで案内する
パリティ式FXトレードを実践すると、
大きく負けることなく
勝ちを伸ばせるようになります。

2018年1月13日に開催しますので、
まだご覧になっていない方は、
こちらからご確認下さい。
損益が安定する方法


生徒さんが「月利200%」達成しました

2017.12.25
prof_pari

From:パリティ
大阪のトレーディングルームより、、、

JIS読者の皆様

こんにちは。パリティです。

今年も残すところわずかとなりましたね。

クリスマスで賑わう世間と違い、
相場では例年、
クリスマスの時期は売買高が減り、
トレードしにくい相場になってしまいます。

こういう時期はパソコンをシャットダウンし、
素直にクリスマスを楽しむ方が得策かもしれませんね。

そんな中、現時点での今月の利益が
1000pipsを達成された生徒さんが出ました。

これは金額で言えば、投資資金100万円の場合、
一か月で200万円の利益を出しているということになります。

月利が200%ということになりますね。
非常に素晴らしい結果となり、
講師としても非常にうれしく思います。

週足ベースでレンジ相場が続き、
トレンドフォローのパリティ式では
トレードしにくい相場での1000pipsなので、
より大きく相場が動くときであれば
その倍の結果は出るかと思います。

いかにしてルール通り売買していくか、
ご自身の生活をトレード中心に
持っていくかという部分は、

やはり生徒さんご自身の
本気度合いで変わってきます。

一方で、一緒に受講する仲間が
このような結果を出していることを知ることで、
他の生徒さんにも勇気を与える結果になるかと
思います。

生徒さん同士での相乗効果が起こることを
楽しみにしています。

一人でトレードしていると、相談する相手もおらず、
勝っていくことは非常に難しいように思います。

そんな方々を手厚くサポートできるような
スクールを、今後も運営していきたいと
考えておりますので、

トレードについて悩んでいる方はぜひ、
こういったスクールを活用してみてください。

パリティ


PS.
年明け1月13日は、
パリティ式のノウハウをお伝えするセミナーも
開催いたします。

今日お話しした生徒さんが実践ししている
トレードノウハウを全てお伝えしますので、
興味のある方はまずはここから学んでみてください。
パリティ式アウトブレイク攻略セミナー


「いざ!本番」で負る人の特徴

2017.12.18
prof_pari

From:パリティ
大阪のトレーディングルームより、、、

JIS読者の皆様

こんにちは。パリティです。

今回は投資における心の持ち方について
お伝えしようと思います。

テクニカル分析を勉強し、手法も身につけ、
いざトレードすると全然勝てない、
という方は非常に多いのではないでしょうか。

勝てない理由はいくつか考えられますが、
割と見落としがちな理由が

「精神的にルール通り売買できない」

という点が挙げられます。

自分では売買ルールを守っているつもりが、
2、3回連続で負け続けると自信がなくなり、

いつの間にかルールではない場所で
エントリーしてしまったり、
逆に本来エントリーしなければいけない場所で
エントリーできなくなってしまったりします。

そしていつの間にか手法のルールを忘れ去り、
感情的に売買しはじめ、
さらに負け続けてしまうのです。

こういったメンタルの克服方法は
人によって違うので、

一概にはいえませんが、

私は、

「直近5回10回のトレード結果はどうでもよく、
 100回分のトレード結果がプラスであれば問題ない」

という形で考えるようになってから、
このようにメンタルが原因でトレードの
調子を崩すようなことはなくなりました。

毎回勝ちたいと強く思うほどに、負けた時に
冷静に対応できなくなってしまうのが
人間の性かと思います。

損失は避けるものではなく、
受け入れて乗り越えていくものという
認識を持って取り組んでいくことが
大切なように思います。

ぜひ、投資におけるメンタルについて、
一度考えてみてはいかがでしょうか。

パリティ


<編集部のオススメ>
あなたはルール作りをできていますか?

トレードルールのないまま、
勘だけの博打をしてしまっている方は、
今すぐこちらのセミナーで
ルール作りのポイントを学んでください。
初心者からのFX体験セミナー


【FXと株】複数の投資商品で成功する方法

2017.12.11
prof_pari

From:パリティ
大阪のトレーディングルームより、、、

JIS読者の皆様

こんにちは。パリティです。

今回は為替相場の可能性について
書いていこうと思います。

多くの投資家は、株、為替、コモディティ、
ビットコイン等、一つの商品に限定して
トレードを始めるようになるかと思います。

それは入り口としては正しいと思いますし、
私も最初はそうでした。

しかしトレーディングを続けていく
うちに、あまり商品を限定する意味が
ないことに気が付きました。

例えば、
多くのトレーダーが米国株を売買した場合、
通貨としてはドルが買われるので
ドルの通貨ペアも同じように上昇しますし、

不況時に株から債券に資金が流れる場合、
円やスイスフランなどの通貨が買われ、
これらの通貨ペアの値動きに影響を与えます。

結局のところ、我々トレーダーは資金の
移動を先読みして、売買を仕掛けるという
意味では、どの商品においても同じ
ような方法で分析することになります。

FXの手法を作っているつもりで分析していたら、
株の手法を発見してしまったり
ということはよくあることなのです。

これは私が行っているトレード手法に
汎用性があったり、広い視点で
考えているというのもあります。

そういった手法の方が、
可能性が広がると思いますし、
突き詰めていっても市場の全体像が
つかめない手法には
の方がいいですね。

なので初心者の方は、まずは一つの商品を
通じて相場のことを学び、

徐々に投資対象を広げていけるというのが
理想的な方法かと思いますので、

ぜひこれを念頭に手法の習得と
実践をしてみてください。

パリティ


PS.
今週末にはパリティ式のノウハウを
お伝えするセミナーを開催します。

今日もお話ししたように、
FXだけでなく株や先物にも十二分に
応用できる内容です。

今後、投資の可能性を広げたいという方は
この基本さえ知っていればどの市場でも
かなりの強みにしてもらえると思いますよ。
パリティ式FX攻略セミナー