カテゴリー別アーカイブ: 秋田洋徳

受験生から学ぶ勝ちトレード

2017.01.18
prof_akita

From:秋田洋徳
名古屋の自宅より、、、

おはようございます。

先日は今年最大の大寒波。
東京に出張だった私も
0.1℃という気温には参りました^^;

そんな中で行われた
大学入試センター試験。

寒さや大雪にも負けず、
会場に向かう受験生たちの姿
ニュースに取り上げられていました。

これまで、多くの受験生たちが
用語や英単語やを覚えたり、
問題が解けるようになったりと

毎日少しずつ、しかし確実に、
コツコツと努力してきたのだと思うと
胸が熱くなりますね。

受験生たちの合格を祈ります!

受験では、
このような毎日のコツコツが
合格への近道とよく言いますが、

トレードにおいても、同じ作業を
毎日コツコツと繰り返していくことが
安定した勝ちへの近道です。

トレードの手法に忠実に、
毎日コツコツと仕掛けてチャンスを掴む。

この作業を何ヶ月、何年も続けていくと
手法やパターンが身について
利益を取るコツも覚えます。

さらに毎日繰り返すことで
トレードに対するメンタル
ブレずに安定してくる
ので、

マイナスや損切りにも
冷静に対処できるようになるんです。

ストレスがかかるトレードというのも
世の中にはあります。

大きくリスクを取り、
大きくリターンを狙う。

確かにとれた時はうれしいですし、
一見この方法で成功する方が
成功への近道に思えるかもしれません。

しかし、ストレスを抱えながら
トレードをしていくと

次第に負担が大きくなり、
どこかで破たんすることが多いのです。

なぜ、こんな事が言えるかといえば
私もかつてそのようなトレード法を
していた時期があったからです。

稼ぎたいという思いから
必死になってトレードし、
毎日少しで利益をと、
がむしゃらにやっていました。

確かに利益もでましたが、
そのやり方では最終的に
大きな失敗をしてしまいました。

その時は気づきませんでしたが、
メンタル的にもかなりまいっていたと思います。

安定した勝ちには
安定した手法とメンタルが大切です。

安定した手法とメンタルの獲得法は
毎日コツコツとトレードに励むこと。


「コツコツがカツコツ」
というわけです!

私たちも受験生たちに負けず
勝ちに向けて頑張っていきましょう。

秋田洋徳

<編集部のおすすめ>
ジャパンインベストスクールFX講師が送る、
無料動画セミナーを開催中です。

本当に稼いでいるトレーダーが
何を考え、何をしているのか?

チャートを使った解説など、
動画ならではの充実した内容が
今なら全て無料でご覧いただけます。

気になる方はこちらをクリック
http://japan-i-school.jp/jim/op3/


人とは違う”景色”見たくありませんか?

2017.01.11
prof_akita

From:秋田洋徳
名古屋の自宅より、、、

2017年も始まってはや一週間が経ちましたが、
皆様いかがお過ごしでしょうか?

お正月といえば初日の出を見に行く方が
多いと思いますが、
なかでも富士山から眺める
初日の出は最高ですよね。

日本一の高さの富士山に登るのは
なかなか大変ではありますが。。

富士山でなくても山登りって結構
過酷な運動なんです。

この山登りは仕事や
自分の成長していく過程に
似たような部分があるんです。

例えば、
仕事を行う上で
限界を超越する努力をすると、
他の人が見たことのない、
努力をした人だけが見れる景色を見ることができます。

山登りも同様に、
頂上を目指して最後まで登りきった人にしか
山頂からの景色は見えませんよね。

ただ、
仕事も山登りも
山頂までの”道のり”、仕事における
”努力”が大変なんですよね。

登山をしたことがある人には
分かりきっていることかもしれませんが、
登山をしている人は、
何合目かを確認しながら登っていますよね?

◯合目というのは、
高さを十等分したものではなく、
登山の難易度を表したものらしいのですが、、、

何合目かを確認することで
「自分はここまで登ってきたんだ」
という自信や

「あともう少しだから頑張ろう!」
という活力を生み出すことができます。

こんな風に、
仕事や自分の成長にも
◯合目のような小さな目標
いくつか立てていくことで、
頂上(自分の最大の目標)
実現させることができるのではないでしょうか。

また、登山をする人は
ある程度時間を決めて登山しています。
「何時までには登りきろう、、」
のように。

このように自分の目標にも
期限を設定することで、
効率よく目標を達成することができます。

もちろん期限が延びてしまったり、
失敗してしまうこともあると思いますが、
その経験をすることで、
また違う景色がみえることもあります。

失敗もプラスに考えていきましょう!

新年を迎えて今年の目標をもう
立てた方、まだ立ててない方も、
今年は登山のように小さな目標を立てたり、
期限を決めてみてはいかがでしょうか?

少し投資とは離れた内容になってしまいましたが、、、

仕事や投資、日常生活も
気持ちのよいスタートをきっていきましょう。

秋田洋徳

<編集部のおすすめ>
「知ってるもの勝ち」の相場の真実を
お伝えする少人数セミナーが開催決定!

一般投資家が知らない相場の裏側を知れば、
株式・日経225先物問わず役立ちます。
http://j-i-s.info/j-i-s/seminar_170119/


2017年「初勝ち」までの道

2017.01.04
prof_akita

From:秋田洋徳
名古屋の自宅より、、、

あけましておめでとうございます。
2017年初のブログ更新となります。

今年もJIS-FX読者の皆さまに
より良いトレードに励んでいただけるよう
情報発信して参りますので
どうぞよろしくお願いいたします。

さて、
昨年からFXを始められた方にとっては、
一念発起した大切な年となったことと思います。

トレードには慣れたでしょうか。
まだまだ利益を上げられていないという方も、
焦らずじっくりと続けて
2017年の「初勝ち」を目指しましょう。

最初は間違っていても負けてしまっても、
どちらでも大丈夫です。

初めは覚えた手法で、
実際のトレードに「慣れる」ことが
とても重要です。

ご自身が覚えたルールが
合っているのか間違っているのかを
確認するためでもあるので、
積極的に実践してトレードチャンスを
掴めるようになっていただきたいところです。

トレードチャンスを掴むためには
まず、常にチャートを見る習慣をつけましょう。

そうです、つまり
トレードに「慣れる」ためには、
チャートを見ることに「慣れる」必要がある

ということです。

チャートを見ないことには始まりません。
利益にも損失にもなりませんからね・・・。

なので、
「朝起きたら」「通勤の間に」「ご飯を食べながら」
「テレビを見ながら」「寝る前に」など、
毎日のちょっとした時間があれば出来ることなので、
チャートをチラッと確認する習慣をつけましょう。

そうすればトレードチャンスを逃すことなく、
利益を上げることに繋がるはずです。

「習うより慣れろ」ということですね。

また、トレードをする際は
メンタルの維持も重要になってきます。

損切りをする場面とは
今後も付き合って行かなければなりません。
ここで一喜一憂せず、冷静にこなすためにも
慣れは必要となります。

チャートの確認、トレードの実践、メンタルの維持・・・
こうして次々に慣れてしまえば、
いずれは「勝つ」ことにも「慣れる」はずです。

チャレンジの年から勝ちの年となるよう
今年も継続して共に頑張っていきましょう。

秋田洋徳

<編集部のおすすめ>
トランプラリーでの株高は
いつまで続くかわかりません。

しかし、例え相場が下げへ転じても
急騰する新興株は必ずあります。

そんな相場状況に関係なく
急騰する株を狙える方法を
選考講師がお伝えします。

気になる方はこちらをクリック!

http://j-i-s.info/j-i-s/osaka_170107-08/
※残席わずかとなりました!


毎年5%の能力低下!あなたは〇〇できていますか?

2016.12.26
prof_akita

From:秋田洋徳
名古屋の自宅より、、

皆さん、こんにちは。

昨日はクリスマスでしたので、
楽しい時間を過ごされた方も多いかと思います。

徐々に年末ムードが漂い、
年始に向けてのイベントも盛りだくさんですね。

福袋なんかを楽しみにされる方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

毎年趣向を凝らした商品や
広告にはつい目を引かれます。

デパートや小売店、飲食店などのサービス業は、
全く販促をせずに前年と同じ営業をしていると、
毎年5%の売上が落ちると言われています。

どんなに大きな企業で、
たんさの常連がいたとしても
常に努力はしなくてはいけないんですね。

私は同じように人間の能力も、何も努力しない人は
毎年5%の能力が落ちると思っています。

これは投資についてもこれは言えることで、
努力せずに利益を継続するのは難しいことです。

私のスクールではルールに則った
トレードを推奨していますが、
このルールを作るためには大変な努力を要しました。

長い時間をトレードに費やし、
検証に検証を重ねました。

そして、これは今も同じです。

一定の成果の出るルールを確立でき、
生徒さんへもそれをご提供し、
みんなでこのルールを使い、
利益を着実にあげられる。

生徒さん側としては生みの苦しみ無しに
良いノウハウを学ぶという
「効率的な選択」をしていると思います。

ある意味、努力なしに成果を出せるわけですね。

ですが、私たちスクールを運営する側は違います。

このルールが常に相場で通用するか、
安定した成績を出せるかを検証し続けています。

そして、それを還元できるよう
考え続けています。

スクールに入るメリットはそこにあると言っても
過言ではないかもしれません。

しかし、だからといって自分で努力しなくなれば
少しづつ能力が落ちていくことに変わりはありません。

どんなに良い環境にあったとしても
自分でできる事、努力するべきことを常に探し、
「自分を進化させるのは自分である」ということを
忘れないでください。

私自身は、今年はこのブログに
参加させていただくことになり
私の考えを多くの方に知っていただく
場を持つことができました。

来年も常に新しいことにチャレンジし、
そこから得られたことを
みなさんへもお伝えできたらと思います。

次回のブログをお送りするのは
新年となります。

2016年も残すところ、あと6日。
寒さも一段と増してきましたので、
体調に気をつけ、どうぞ良いお年をお迎えください。

秋田洋徳


トレードが上手くいかない…疑うべき2つの原因

2016.12.21
prof_akita

From:秋田洋徳
名古屋のオフィスより、、

皆さん、こんにちは。

突然ではありますが、、
皆さんは目先の勝ち負けに一喜一憂せず
にルール通りのトレードを行っていますでしょうか?

最近行った講義に
ご参加いただいた方から、
こんなお話がありました。

「頭ではルールを理解できているけど、
実際のトレードではルールを守れない。」

このお話を聞いた時、
これはこの方だけではなく、
多くの方が実感されていることではないかと思いました。

皆さんはどう思いますか?

手法のルールを正しく覚えることはもちろんですが、
「ルールを覚えた=ルール通りのトレードが出来る」
とはならないのが現実です。。

これはトレード以外でも
当てはまりますよね、、

例えばスポーツで
「練習ではしないようなルール違反を試合でしてしまった」
なんてことは誰もが経験したことがあると思います。

このように、実践してみないとわからないこと
はたくさんあり、予期せぬハプニングが起きることも多いです。

だからこそ、
”実践”を重視してほしいです。

ルールを学ぶことも重要ですが、
ルールを実践することも必要なんです。

そして、実践するからこそ気づく
理解不足な点をまた見直す。

それを繰り返すことがルール習得の
一番確かで、一番近道ではないかと
私は考えています。

手法ルールを学んで覚える(インプット)
⇒覚えた手法ルールを100%実行する(アウトプット)

これができて初めて
安定した勝ちトレードができるようになるのです。

手法トレードをインプットしても、
実際のトレードでアウトプットしなければ
何も出来ていないことと同じです。

以前、「インプットマニア」の話をしました。

インプットマニアとは色んな手法に目移りをして、
たくさんの手法を知識として頭に詰め込むのですが、
それをトレードでは全く実践できていない人達です。

正しい知識、ノウハウをインプットすることは
大切ですしやはり第一歩はそこからです。

ですが、実践でのアウトプットが
伴わないインプットでは
目標にはたどり着けません。

もし、あなたがルール通り、
ノウハウ通りのトレードができていないと
感じているなら、

今やっているトレードは
インプット・アウトプットどちらに問題があるのか
そこに注目してみるのも良いかもしれません。

秋田洋徳

<編集部のオススメ>
大人気講師、ウルフ村田の
投資戦略をあなたも手に入れませんか?

急騰銘柄の「初動」を次々と当ててきた
ウルフ村田の秘密の手法を直接指導いたします!

詳しくはこちらをクリック
http://j-i-s.info/j-i-s/seminar_161223/


負けを恐れない「負けのマネージメント」

2016.12.14
prof_akita

From:秋田洋徳
名古屋のセミナー会場より、、

おはようございます。
秋田洋徳です。

いよいよ今年も残りわずかですね、、
年末に向けて最後に
「勝ちたい」と思っている
方も多いと思います。

今年を勝って締めくくれたら
とても気持ちよく終われますよね。
負けて終わったら
なんとなく後味が悪いような、、

ただ、私は最近”負け”を悪く捉えない
「負けのマネージメント」
というものを大切だと感じています。

これはどういうことかといいますと、
「上手に負ける」ということです。

トレードをされている多くの方が
勝ちたいと思っているかと思います。

これは当たり前だと感じるかと思いますが、
安定して勝てている方々は
「負けを小さく抑えよう!」
と考えながらトレードしています。

ここに
“勝っている人”
“負けている人”
の差が表れていると
感じています。

勝ちたいという気持ちだけの
トレードを行うと、
負けを凄く悪いものと認識したり、
負けることを認められなくなったり、、

「負けを取り返したい」
という気持が強くなってしまうのです。

この結果、
このような人は
大きく負けてしまう事が多いです。

大きく負けてしまうと
その負けを取り返すことは非常に困難です。

勝ちにこだわらずに
負けを最小限に抑えておけば、
翌日その負けを取り戻す可能性は
高くなります。

小さく負けておけば、
コツコツと勝ちを積み重ねることができ、
一ヶ月や一年間の
トータルでのパフォーマンスを
アップすることが出来るのです。

このようなことは”手法”などの問題ではなく、
すべて”メンタル面”の問題です。

やはり
メンタル面と、
トレードは深く関係しているんですよね。

「どうしたら勝てるのか」ではなく、

「どうしたら小さく負けられるか」

という風に頭を切り替えていただくと、
良い結果に結びつくのではないかと思います。

新年を迎えるにあたって
今までの自分自身の
トレードへの向き合い方を
改めて考えてみてはいかかでしょうか?

秋田洋徳

〈NEW!!〉
少人数限定募集のシークレットセミナーを開催します。

このセミナーにご参加いただくと、、、

相場のカラクリとあなたがなぜ思うように
利益を上げることができないのか?

その“本当の理由”をご理解いただけることでしょう。

毎回すぐに満席となる人気セミナーです。
お申込みはお早めにどうぞ。

お申込はコチラ