カテゴリー別アーカイブ: 秋田洋徳

トレーダーの必須知識「手数料」

2018.07.18
prof_akita

From:秋田洋徳
名古屋の自宅より、、、

皆さんこんにちは。
秋田洋徳です。

以前の記事で
FXの手数料は「スプレッド」と言い、

エントリーした瞬間にその手数料分
取られるということを書きました。

今日は、その手数料が
具体的にいくらかかっているのか、

考え方と計算方法を
お話ししたいと思います。

この知識を疎かにしていると、
思わぬ高額の支払いにより
運用資金がなくなって

退場せざるを得ないなどの
ケースもありますので、

私達FXトレーダーにとって、
このコストを折り込んで
売買することが重要です。

先ず、スプレッドについて
おさらいです。

スプレッドとは、
トレードする際の売りの価格と、
買いの価格の差の数値
です。

私は普段ポンド円の取引
しかしないのですが、

このポンド円の取引手数料が安くて
よく利用するDMMFXという証券会社では、
スプレッドが1pipsとなっております。

1pipsとはクロス円の場合、
基本的に1銭(0.01円)と
同じ意味だと考えていただいて問題ありません。

クロス円とは、
通貨ペアの内、米ドル以外の通貨と、
日本円のペアのことを言います。

つまりポンド円の取引をする際の手数料は
1銭であるということになります。

ここで間違えないようにしていただきたいのは、
この1銭と言う手数料は「1ポンド」の取引に
対してかかる手数料だということです。

FXでは基本的に取引の単位として、
「Lot(ロット)」と呼ばれる単位があります。

例えば、DMMFXでは「1Lot=1万通貨」と言う
取引の単位が定められているのですが、

これは1Lotの取引をするとき、
その通貨を1万分の取引をする
ということになります。

つまりこの証券会社で、
ポンドを1Lot買うということは、
1万ポンド買うという意味になります。

ここで手数料の話に戻りますが、
DMMFXでポンドを1Lot分取引する場合、
ポンドを1万分取引することになり、

手数料は1ポンドに対して
1銭かかるわけですから、

1万ポンドの取引に対しては
1銭×10,000=100円なので、

100円の手数料がかかることになります。

同様の考え方で、
例えば、15Lotの取引をするのであれば、
1銭×150,000=1500円の手数料がかかりますし、

50Lotの取引をするのであれば、
1銭×500,000=5000円の手数料がかかります。

この様に手数料は、
その証券会社が定めるスプレッドと、
取引量によって決まる
のです。

スプレッドの数値はどの証券会社でも
同じという訳ではありません。

私はポンド円の取引手数料が安い
証券会社を使用しているので
1pipsで済んでいますが、

1.3pipsや1.8pips、
中には3pipsなどと言う
スプレッドの証券会社もあります。

取引数量が大きくなればなるほど、
0.1pipsの差でも手数料に
大きな違いが生まれますので、

必ず取引する証券会社を選ぶ際は
スプレッドの数値を確認するように
してくださいね。

本日はここまでです。
ありがとうございました。

秋田洋徳

追伸:
今日のお話で出てきた
手数料が安い証券口座の開き方や、

FXのやり方を
さらに知りたい方のために、

7/25(水)名古屋限定で
無料セミナーを開催いたします。

ぜひ、初心者の方も今のうちに
正しい知識を身につけてください。
http://akita-fx.info/akita-fx/seminar_nagoya_h/


絶対覚えておきたい証拠金知識

2018.07.11
prof_akita

From:秋田洋徳
名古屋の自宅より、、、

皆さんこんにちは。
秋田洋徳です。

私は普段のルールの中で、
証拠金に対して何ロットで取引するか
の比率を決めて
おり、

そのルールを破るような取引数量で
トレードを行うことはありません。

ただ、このルールをお伝えすると、

「同じ証拠金額でもっと大きなロットの
取引はできないか」
と聞かれることもありますが、

FXの仕組み上、僅かな証拠金で
何十、何百ロットの取引は
行うことができません。

そこで、今回はFXの取引をする際、
取引数量に対してどのくらいの証拠金
が必要になるのか、

というお話をしたいと思います。

例えば、1ロット=1万通貨の証券会社で、
1ポンド=150円のレートの時に、
ポンドを1ロット買おうとしたとします。

この場合、
ポンドを1ロット買うということは、
1万ポンド買うことになります。

今1ポンドの価格は150円ですので、
1ロット(1万ポンド)買うためには

本来は150万円を用意しないと
1ロットの取引は出来ません。

ただ、FXにはレバレッジと
呼ばれるものがあり、

日本の証券会社ではレバレッジを
最大25倍までかけられますので、

自分の証拠金の25倍までの取引であれば、
行うことが可能です。

つまり、本来は150万円必要な取引でも、
その25分の1である「6万円」の証拠金さえあれば、
ギリギリ取引を行うことができるのです。

その為、上記の条件で1ロットの
トレードをするのであれば、
6万円が必要最低額ということになります。

当然この額を下回れば証拠金が足らないという
通知が来てトレードはできません
し、

また、トレード中に含み損が膨らみ、
自身の証拠金が必要最低額を下回ってしまうと、

強制ロスカット(証券会社が強制的に
決済してしまうこと)の対象
になります。

取引の必要最低額はその時の通貨のレートや、
何ロットで取引するかが関わってきますので、

FXのトレードをする際にはその点も考えた上で、
取り組んでいただければと思います。

ちなみに、必要最低額はその取引が行える
ギリギリの額のことで、

少しでもマイナスが出れば強制ロスカットの
対象になりますので、

トレードする際はもう少し余裕を持った
証拠金を用意してくださいね。

本日はここまでです。
ありがとうございました。

秋田洋徳

追伸:
今日はFXそのものの仕組みに関する
お話となり、これからFXを始める方は

このシステムを理解しておくと
今後非常に役に立つでしょう。

こういった基礎的な知識を
一から学びたいという方は、
7/25に私のセミナーへぜひお越しください。

無料でお伝えするので、
この機会に正しいFXを学んでください。
http://akita-fx.info/akita-fx/seminar_nagoya_h/


無謀なトレードをしていませんか?

2018.07.04
prof_akita

From:秋田洋徳
名古屋の自宅より、、、

皆さんこんにちは
秋田洋徳です。

7月に入り夏本番といった
気候になってきました。

さてFXの話に入りますが、
私が生徒さんに手法をお伝えする際に
必ず言うことがある
のですが、

それは
「先ずは、デモ口座を使って
トレードの練習を行うこと」
です。

手法の内容をお伝えすると、
「じゃあ早速リアルマネーでトレードを」
と言う方をたまに見かけますが、

そのようなすぐに熱くなってしまう人ほど、
先ずはデモ口座でしっかりと練習して
欲しいと思っております。

どんなに頭の良い人でも、
たった1回手法の内容を聞いただけで
完璧にできるようになる人はいないと思います。

例えば、車の運転でも初めて乗ったその日に
乗りこなせるようになる人はいません。

英語の勉強を始めて3日でペラペラになった
人の話など聞いたこともないでしょう。

それと同じように、
手法も一瞬で覚え、いきなり運用するのは
無理があると思います。

ただ、なぜかトレードに限っては曖昧な状態、
場合によっては注文の仕方さえわからない状態で
いきなりリアルトレードを始めてしまう方もいます。

リアルトレードの方が緊張感があって、
真剣に取り組めるから良い。

と言う方もいますが、

そうはいっても
仮免許すら持っていないのに
高速道路を走るのは無理があるように、

FXでもいきなり現金でのトレードは
控えるべきだと思います。

どんな人もFXをやり出したうちは、
注文の数字を間違えたり、

逆指値を入れ忘れたりと
様々なミスをします。

ミスは悪いことではありません。

同じミスを繰り返さないよう、
次から気を付ければいいだけのことです。

ただ、そのミスが起こった時、
自分のお金が減ってしまったらどうでしょうか。

その悔しさをバネにできる人は良いですが、
損が出てやる気がなくなってしまう方も
多いのではないでしょうか。

そんなことでFXをやめてしまうのは
もったいないので、

ミスをしても実害がないデモ口座で、
まずは取り組むことをお勧めします。

これからFXを始めようと考えている方も、

「現金を使ってのリアルトレードは、
デモでしっかりと結果が出せるようになってから。」

この言葉は必ず肝に銘じておいてください。

本日はここまです。
ありがとうございました。

秋田洋徳

<編集部のおすすめ>
もう銘柄選びに迷いがなくなります。

急騰株の仕組み、そして攻略法を
専門講師が徹底解説。

無料でこの情報を手に入れる
チャンスはまもなく終了します。
お急ぎください↓
http://japan-i-school.jp/jim/seminar1807067/


覚えておくべきFXの「夏」と「冬」

2018.06.27
prof_akita

From:秋田洋徳
名古屋の自宅より、、、

皆さんこんにちは
秋田洋徳です。

もうすぐ6月も終わりですが、
梅雨明けはまだですので
しばらくはこのジメジメした
感じが続きそうですね。

さて、日本に四季があるように、
FXには「夏時間」・「冬時間」
と呼ばれる時期があります。

ざっくりと言いますと、
3月上旬~11月上旬が夏時間
11月上旬~3月上旬が冬時間

時期になります。

ちなみに今は6月ですので、
夏時間に分類されますね。

この夏時間と冬時間何が違うか
と言いますと、

「取引できる時間帯」と、
「経済指標発表時間」が変わります。

まず夏時間の場合は、
月曜日の朝6時~土曜の朝6時まで
FXの市場が開いており、

逆に冬時間の場合は、
月曜日の朝7時~土曜の朝7時まで
FXの市場が開いているので、
その間は取引が可能です。

つまり、1週間の市場が開く時間と、
閉まる時間が1時間ずれているということになります。

また、指標発表時間も、
例えば重要度が非常に高い
アメリカの雇用統計の発表時間などは、

夏時間では21:30に発表されますが、
冬時間では22:30に発表されると言う様に、
指標発表時間にも1時間ずれが発生します。

この様にFXでは時期によって
取引時間や経済指標の発表時間に
違いがありますので、

これはFXに取り組む上での
最低限の知識として覚えておいていただき、
実際に切り替わった際に時間のズレで
慌てないようにしてくださいね。

本日はここまでです。
ありがとうございました。

秋田洋徳

<編集部のおすすめ>
どの業界にも成功法則はありますが、
どの業界にも共通に必要となるのが
「本質をつかむこと」

では相場の本質とは、、、

こちらで期間限定公開します↓
http://japan-i-school.jp/jim/okuribito180712/


成功する人としない人の違い

2018.06.20
prof_akita

From:秋田洋徳
名古屋の自宅より、、、

皆さんこんにちは。

秋田洋徳です。

さて突然ですが、皆さんは
ナポレオン・ヒルという方を
ご存知でしょうか。

「思考は現実化する」
などの成功哲学に関する、
本の著者として有名な方ですね。

彼の本を読んだことのある方も
多いのではないでしょうか。

そんな彼の行った調査の中で、
面白いものがあります。

それは
「人は何かに挑戦したとき、
何回目の挫折で諦めるか」

というものです。

3万人の男女に対して行った
調査らしいのですが、

平均何回だったと思いますか?
また、ご自身では何回と答えますか?

3回? 7回?
10回以上と答えられた方は、
相当忍耐力がある方かもしれませんね。

素晴らしいと思います。
さて正解は、、、

「0.8回」だそうです。

もう一度言います「0.8回」です。

回数が1回以下と聞くと
意味が分からないと思いますが、
ほとんどの人は挑戦する前から諦めてしまう。

つまり、何か目標を立てて
取り組もうとしても、

行動をする前に頭の中であれこれ理由を付けて、
結局何もしない人が大勢いるということです。

人間は失敗することを恐れる生き物ですが、
失敗を恐れるがあまり、
挑戦自体をしない人がいます。

確かに何もしなければ
「失敗」はありません。

ただ、何もしないのであれば
成功も100%ありえません。

これはFXでも同じかと思いますが、
FXで絶対に成功して利益を
上げてやろうと思っていても、

仕事が忙しい、とか、時間がないという
理由をつけて結局何もしないのであれば、
利益を得ることなど不可能です。

また、いざ取り組んでみても、
3日や1週間くらいで、結果が出ない
からと言って諦めてしまう人もいますが、

結果を出すにはそれ相応の
時間や努力が必要不可欠です。

そんなに短期間で思った通りの結果が
出ることなど稀なことです。

難しいことかもしれませんが、
何かを成し遂げるには行動力と
忍耐力が必ず必要になってきます。

もちろんこれらの力は1日、2日で
身に着くものではありません。

ただ、積極的に行動すること、
習慣化することを心掛けていけば、
きちんと得られる力だと思います。

皆さんも行動力と忍耐力を身に着けて、
何かに挑戦するときは、

「0.8回」のグループに入らないように
気を付けてくださいね。

本日はここまでです。
ありがとうございました。

秋田洋徳

追伸:
FXでも他のことでも、
何かを新しく始めるのは
期待と当然不安も出てきます。

ではデモトレードを体験して、
不安を解消してみませんか?

基礎的なところから
分かりやすくこのセミナーで
お伝えするので、

まずは挑戦してみしようと
意思をもって、
ぜひご参加ください。

それが成功への第一歩です↓
http://japan-i-school.jp/jim/akita_180706/


つまらない作業が成功への近道

2018.06.13
prof_akita

From:秋田洋徳
名古屋の自宅より、、、

皆さんこんにちは、
秋田洋徳です。

普段は仕事で各地を飛び回っている私ですが、
たまの休みには、唯一の趣味である釣りによく出かけます。

私の場合は仲間と共同で買った船に乗って、
沖まで出る「ジギング」をやっています。

釣った魚を自分で捌いて食べますが、
やっぱり自分で釣って、
自分で捌いた魚の味は格別です。

さて、ここからは真面目な話に入るのですが…

以前、とても感銘を受けた言葉があったので
皆さんにもお伝えさせていただきます。

「1年後の成功を想像すると、
日々の地味な作業に取り組むことができる。
僕はその味をしめてしまったんですよ。」

これは誰の言葉かご存知ですか?

これはサッカーの本田圭佑選手の言葉なのですが、
いかにも本田選手らしい言い回しですよね。

本田選手のような
一流のスポーツ選手だけではなく、

それぞれの道で成功している人たちは
みんな「地味な作業」を繰り返しています。

スポーツ選手であれば、毎日の厳しい練習に加え、
身体のケアも必要なので、

食事での栄養管理や質の良い睡眠時間などで、
しっかりと体調管理もしていかなければなりません。

これは、一般的な仕事でも同じです。

長期にわたって
確実に成果を出し続けるためには、

やるべきことを毎日の作業として
続ける必要があります。

そして、責任を持って、
与えられた仕事をこなしていくためには
体調管理も重要ですよね。

成功している人を外から見ていると、
楽をして優雅な生活を送っているように
見えるかもしれませんが、

そういう人たちこそ、
毎日の生活では地味な同じ作業を
繰り返していることが多いのです。

そして、その積み重ねが
結果的に優雅な生活に
結びつくのだと思います。

毎日のコツコツとした
地味な作業の繰り返しが
結局、成功にたどり着く堅固な道を
作っていくんですね。

これはトレードでも同じだといえるでしょう。

私の知っている勝ち組トレーダーの方々の多くは
毎日チャート分析やトレード結果の検証など、
地道なルーティンを持っています。

一見、地味な作業の繰り返しであっても
その一連の作業と習慣こそが

FXトレードで
利益を生み出し続けるための
源になっているのです。

要するに、しっかりとした
「結果」を得るためには、
毎日のコツコツとした
作業の積み重ねが大切だといえます。

勝ち組トレーダーになれるかなれないかは、
この地味で退屈な作業を継続できるか否かです。

きっと「こんな作業みたいなトレードつまらないな…」
と思っている人も多いかもしれません。

でも、それを続けていくことで、
良い結果に繋がっていくということは
覚えていてほしいと思っています。

皆さんは投資を始めようを決めたとき、
「絶対に利益を出せるようになろう!」
という目標を持っていたはずです。

そのときの「強い気持ち」
「地味な作業を繰り返す努力」
の大切さを忘れないでください。

本日はここまでです。
ありがとうございました。

秋田洋徳

追伸:
本日は、トレードにおける心構えを
お話しましたが、

もし、トレード自体に自信が持てない、
結果の出せる方法が明確でない、という方は
是非、体験セミナーへお越しください。

FX初心者の方向けですが、
勝てない方にも役に立つ内容をお伝えしております。

http://akita-fx.info/akita-fx/seminar_tokyo_h/