カテゴリー別アーカイブ: 秋田洋徳

私がやってる資金管理術

2017.03.22
prof_akita

From:秋田洋徳
名古屋の自宅より、、、

おはようございます。
秋田洋徳です。

最近、周囲ではかなり
風邪が流行り出しています。

花粉症かな?と思って
身体を労らずに過ごしていたら
発熱してしまった、なんてことが
あるようです。

私は幸い元気なまま
多忙な日々を過ごしていますが、
職業上体調を崩すことは出来ないので
体調管理にはかなり気をつけています。

そして、
多忙な日々を乗り越えるためには、
体調管理だけでなく、
スケジュール管理も大切です。

スケジュール管理できないほどに
忙しいのでは…?!^^;
と突っ込まれそうですが、

多忙なのはもちろん大前提!
自分で選んで忙しくしています。

ただ、多忙は多忙でも、
その「多忙さ」を調整することで
効率の良い仕事が出来るのです。

同じ仕事量を同じ期間でこなすなら、
徹夜して一気に片付けてしまって
休みをつくるよりも、

期間いっぱいでコツコツと
こなすほうが、
生活リズムと体調の安定感を
守ることができます。

安定性を見出せるほうが、
継続的な目で見れば
仕事の効率は良いはずですよね。

夏休みの宿題も同じですね(^^)笑

仕事でも宿題でも、

何事も、管理のしかたで
差が付くのではないでしょうか。

FXで安定したトレードを行うためには
メンタルのコントロールだけでなく、
資金管理も重要です。

私は、1日のトレードの損益の合計が
ある一定のpips内で収まるように
心がけています。

トレードの±を一定範囲に収めることで
安定した資金管理を行っているため、

勝ちすぎる、または負けすぎる前に
1日のトレードをストップするのです。

その一定に収める数値を
いくつに設定するのかによって、
トレードの質が大きく変わるわけですが、

私のスクールでは、
私が長年のトレード経験から
最も安定性を保つことができる数値を
お伝えしているので、

生徒さんたちはその数値を目安に
安心してトレードに励んでいただけています。

利益と損失それぞれの大小に
一喜一憂するのではなく、

トータルで勝てれば良いということは
以前もお伝えしたことがありますが、

資金管理を安定させるという点からも
理解していただけるかと思います。

トレードに安定性を取り入れられるよう
資金管理にも気を配ってみてくださいね。

秋田洋徳


チャンスを掴むためには

2017.03.15
prof_akita

From:秋田洋徳
名古屋の自宅より、、、

まだまだ寒い日もありますが、

3月も半ばに入り、いよいよ春を
実感することが多くなりました。

春は出会いと別れの季節と言いますが、

大きな環境の変化によって
得られる機会も多いので
チャンスの季節とも言えるのでは
ないでしょうか。

ただ、チャンスが訪れても、
しっかりと掴むことができるかは
自分次第です。

皆さんは、チャンスを逃さず
掴める自信はありますか?

叶えたい夢はあるけれど、

そんなお金がないから…
そんな能力はないから…

と思って、諦めてしまったり、
チャンスを逃してしまっていませんか?

私も、金銭的に恵まれた環境で
育ったわけではないので

若い頃からやりたいことがあったら、
1から自分自身で何とかしなければ
ならないことが多かったです。

でも、社会において、
自分一人でなんとかできることって、
僅かに限られてしまいます。

いくら頑張っても
周囲の助けが必要になることは
必ずやってくるんです。

そういう時に
一歩前進できるかどうかは、

周囲の人との信頼関係を
築けているかどうかで変わります。

私も、当時は事業を始めたくても
土地も資産もなかったため、

そのためのお金を借りることすら
簡単ではありませんでしたが、

その時に諦めずに夢を叶えられたのは
互いに信頼し合える人たちの
ご支援をいただけたからです

そのおかげで今の自分がいますし、
その方々とは20年以上経った今でも
互いに助け合うことができる関係です。

お金を貯めてからチャンスを待つよりも、
チャンスが来てから資金を調達できれば
チャンスを逃すことは少ないはずです。

だからこそ、

相手が助けを求めているときは、
自分のできる限りで精一杯応える。

そして今まで力を貸してくれた人を
絶対に裏切らない。

こうして築く信頼関係を
常に大切にしながら
日々努力を重ねることで、

お金がなくても、能力がなくても、
夢に近づくことはできると思います。

今回は投資の内容ではありませんでしたが、
皆さまに、この春も良き出会いが
訪れることを祈っております(^^)

秋田洋徳


経済指標の扱い方とルール作り

2017.03.08
prof_akita

From:秋田洋徳
名古屋の自宅より、、、

3月に入り、一週間が経過しましたが
まだ時折寒い日もありますね。

季節感を感じることも
生活に潤いをもたらすものですが、

FXについてはどちらかと言うと
季節より世界の経済指標等が
気になるところです。

例えば、先週末にはFRBのイエレン議長が
発言をするということで話題になっていました。

こういった時には、多くのトレーダーが
大きな値動きを狙ってトレードが闊達になったり、

逆に発表前には、取引を手仕舞うことにより
市場全体の動きが鈍くなったりと

通常の売買判断とは違う対応を
求められます。

私のトレードスタイルとしては
こういった時はトレードを控え、
勝率が高まる、通常の動きに戻るまで
待った方が良いかと思います。

トレードには様々な利益の取り方がありますので、
もちろんこのようなタイミングを上手に
生かすことも人によってはできるでしょう。

しかし、そこには必ずリスクがあります。

そのリスクをどう取るか?
どれくらいの価値のあるリスクなのか?

それをしっかりと考え、
検証を重ねることは
必ずやらなくてはいけません。

しかし、
イレギュラーな動きを追うためには
イレギュラーなタイミングでの検証を
意識してやる必要があります。

そうなると今度は
検証の回数が限られてきてしまいます。

私がなぜ、重要指標を避けた売買を
心がけるようになったかと言うと、
その点が大きい気もします。

トレーダーにとって検証を
効率的に行えるかも
成果に影響を及ぼす問題点となります。

経済指標で動くタイミングを狙うより、
経済指標がない期間の方が
圧倒的に多いですよね。

私が自分の手法を生み出す時に
考えたことは、
いかに効率的に安定して稼ぐかです。

それが叶えば、
副業としてFXをやり続けることができますから。

みなさんも投資手法の構築を考えるなら、
そのために必要なプロセスをしっかりと
考えてみましょう。

ルールを作って売買していくことは
とても大切なことです。

ですが、そのルールが良いものでなくては
いくら守っても意味がないですよね。

だからこそ、ルール作りの検証は
あらゆるタイミング、
あらゆる条件で考える必要があります。

その一つが経済指標ということです。

ぜひ、これからのトレードの参考にしてみてください。

秋田洋徳

<編集部のおすすめ>
大阪開催決定!

少人数限定でお伝えする
非常に秘匿性の高い内容です。

相場の裏側を知りたい方は是非お越しください。
⇒ http://japan-i-school.jp/jim/seminar_170318/
※残席あと3名となりました。


FXで利益を出して、改めて感じること

2017.03.01
prof_akita

From:秋田洋徳
名古屋の自宅より、、、

前回のブログにて、
FXの年齢制限についてお話をして
改めて感じたことがあります。

FXって、良い!

ということです。(笑)

前回もお話した通り、
FXトレードをするにあたっては

証券会社の口座開設が
必要となりますが、

口座開設の審査を通るには
端的に言えば

「きちんと投資資金のある大人」

ということが分かれば
基本的には大丈夫です。

これはつまり、FXトレードは

会社勤めのように

年齢、経歴、健康状態、
髪型、服装・・・など、

働くためのあらゆる条件を
クリアしていなくても

為替、FX証券会社、ネット環境が
存在する限りは

いつでもどこでも
お金を生み出せるチャンスを
得られるということです。

そのため、多くの学生の方が
髪型やおしゃれを自由に楽みながら
FXに励まれていますし、

療養中や妊娠中で、
なかなか決まった場所・時間で
働けないことがキッカケとなり

FXを始めたという方も
沢山いらっしゃいます。

もちろん、始めてすぐに
FXだけで生活できるほどの
利益を生み出すことは難しいですが、

FXを始めて、

少しづつ利益を生み出せる
ノウハウをものにしておけば、

もし、今後自分の環境が
変わることがあった際に
FXが大活躍するかもしれませんよね。

こうして考えてみると、

FXトレードのノウハウは
一生の財産になるといっても
過言ではないと思いませんか?

だからやっぱり、

FXって、超良い!!

というわけです(^^)

もちろん、そんな自由度のあるFXですから
安定的に勝っていくことが難しいのも
当たり前なのかもしれません。

始めたばかりで、
まだなかなか利益を生み出す
ことができていない方も、

ここで諦めてしまわずに、
「一生もののノウハウを
身につけるんだ!」

という思いで、
コツコツと地道に継続してみて
いただきたいと思います。

それでは、本日も
みなさんの健闘を祈っております!

秋田洋徳


FXの年齢制限?

2017.02.20
prof_akita

From:秋田洋徳
名古屋の自宅より、、、

先日、スクールに入校希望の方から
問い合わせがありました。

自分は今、80歳なんですが
FXはできますか?

というものでした。

いくつになっても新しいことに
チャレンジし、
新しい学びに向き合い、
自分を向上させていくのは
素晴らしいことですよね。

もちろん、トレードはいくつになっても
出来ますし、多くの方に
挑戦していただきたいと思います。

しかし、ポイントとなる点が
1点だけあります。

それは証券会社の口座開設です。

口座の開設には、
実はほとんどの証券会社で
年齢制限があります。

下限・上限どちらのパターンもありますが、
下限は大体20歳以上というところが多いです。

中には18歳から口座開設可能な
証券会社もありますので、

早いうちから資産形成に興味のある方は、
未成年でもFXを始めることが可能です。

そして、上限は75歳以上、
80歳以上という制限が多いようですが、

中には85歳まで開設可能なところも
あります。

今回の方は現在80歳ということですので、
いくつか選ぶことが可能でした。

FXは若い人がやるというイメージが
強い方も多いかもしれません。

しかし、落ち着いた判断や
じっくり粘り強くルール通りの
トレードを実践していくためには

ある程度、人生経験をつんだ方の方が
有利になる場合があります。

また、資金管理についても
余裕が出てきていたり、

突発的な出費に備える必要が
少なくなっている分、

ある程度自由に投資へ回せるという点も
利益を伸ばすポイントとなります。

もちろん、いくつになっても
学ぶことへの謙虚さは忘れず、

始めはデモトレードから、
そして少額の取引へステップアップしてください。

数か月練習し、そこから実践に移しても
十分に利益を積み上げることが可能です。

中には、ボケ防止にも良い!
なんて言っていただく方も多いです。

生徒さんのお話を聞きながら、
私自身もそうありたいと感じたことですが、

FXだけでなく、何ごとにも、
「もう年だからできないだろう…」と
はじめから諦めないで、

いくつになっても、是非、新しいことへ
挑戦し続けていきたいと思います。

みなさんも年のせいにして
挑戦できていいないことがあるのなら
諦めずにまずはチャレンジしてみてくださいね。

秋田洋徳


FXに不安を感じているなら〇〇を使え!

2017.02.15
prof_akita

From:秋田洋徳
名古屋の自宅より、、、

毎月、多くのスクール生から
トレード結果のご報告をいただきます。

今回も、いい結果が出なくてもめげずに
トライし、ようやく順調なプラスになった

という報告をいただけてとても嬉しく、
やりがいを感じました。

今後もトレードに励む皆さんを応援して
参りますのでよろしくお願いします(^^)

ところで、
以前より私はFXトレードでは

ルールを守ることが成功の秘訣だということを
お伝えしています。

1つの手法ルールを守り続ければ
ブレないトレードができて
安定して利益を生むことができるからです。

しかし、
「ルールを守れ」と言われても、
ルールを正確に守れているかは
実際にやってみないと分かりませんよね。

しかも初心者で資金にも余裕がないから
なかなか実際のトレードに踏み込めない、
という声をスクール生からよく伺います。

いくら意欲があっても、
初心者で資金も少なければ

実際のトレードが不安で
自信がないのは当たり前ですよね。

これはFXを始める上で最初に葛藤する
難関ポイントのひとつかもしれません。

しかしこんな時、とても便利で
役立つアイテムがあります。

FX「デモ」トレード用のアプリです!

バーチャル資金と
実際の相場を利用するため、
損得を気にすることなく

ルールに沿ったトレードを
徹底することができるので
とても便利でオススメです。

実際に、私のスクールでも
積極的に活用しているのですが

生徒さんからも
デモトレードを使ってコツコツと
ルールを定着させていったら、
勝ち越しを初めて経験できた!

と好評です。

例えデモトレードでも
真剣に取り組んだなかで勝てれば

大きな成功体験になりますし、
実際のトレードも落ち着いてできるでしょう。

逆に、デモトレードでも
ルールを守らず一喜一憂してしまうのは

シュミレーションではなく、
ただのゲームになってしまうので
注意が必要です。

これからFXを始めようか迷っている方、
ルールを勉強中だけどなかなか
投資の一歩を踏み出せていない方は

是非デモトレードアプリを活用して、
ルールを定着してみてくださいね。

それでは本日も健闘を祈っています。

秋田洋徳