カテゴリー別アーカイブ: 億り人

〇〇の資金移動お気づきでしたか?

2017.05.25
prof_akita

From:億り人
大阪のトレーディングルームより、、、

こんにちは、億り人です。

そろそろメジャーSQが迫ってきて、
トランプ政権、北朝鮮問題の今後は…
といった話題も尽きませんね。

そんな中で、
セルインメイや地政学リスク等に
さらされてきた日経平均はというと…

暴落しましたでしょうか?

巷のアナリストや先生方は、
先週あたりから
空売りだの安値予想だのと
何を根拠に予想されてるのか…

まぁ、あくまで予想なので
いろんな意見があっていいのでしょうが…..

凄く違和感を感じますね。

今の相場状況で
外資が大きな資金を移動してるのを
皆さんはお気付きでしたでしょうか?

それにより
為替が動いて…

それが静かに向きを変えていく…

そのタイミングを待ってる訳です。

それは、
そのうち必ずやって来ます。

ボーっとしてると
大きな仕掛けに嵌め込まれ
知らないうちにカモられて、

そんな方も増えるのでしょうね。

先週あたりにも
下げる下げるの演出に
衝動的に空売りを入れさせられ…
先週木曜から踏み上げられて…

後悔先に立たずですね。


決して空売りが悪いと言ってるのではありません。

安易な投資判断が命取りなんです。

有名なアナリストや実績のある先生が
下がるでしょうと言ってたから……

もうそれ以上は何も言えませんね。

先月予想も『中長期的に買い目線』を続けて
周りの方々から不信に思われながらも
コツコツと19000円以下で集めて…..

さて、これからは
どこで売り抜けてやりましょうか?
といった感じです。

私のコーチングを受けて下さってる方々は
その一部始終をみてられるので
お分かりだと思いますが、

今後も当然、先読みしながら
強気の相場予想で挑みたいと思います。

読者の皆様も
信用のおける
先生の助言や鉄板トレード手法で

これから更に難しくなる相場を
乗り切ってください。

なお、
ブログでは、実際のトレード動画は
暫くお休みしてますが…

また何かの機会に発信できればと思います。

(※株価指数は、
上がる下がるという観点ではなく、
その中での資金フローを見てくださいね。
後は、先生にお尋ねください。)

また、木曜日にお会いしましょう!

億り人


<週末開催セミナー>
FXをプロ並みに極めないなら、
複数の〇〇を見てください。

運用のプロによる、
限定セミナーはもうすぐ締切です。

詳しくはこちら↓
http://japan-i-school.jp/jim/kujira_170527/
※無料招待は本日まで!


相場の本質を知るために…

2017.05.18
prof_akita

From:億り人
大阪のトレーディングルームより、、、

こんにちは、億り人です。

日経平均が2万円にタッチした後に、
カモを振るい落とすような展開が続いてますが…

皆さんの今後の展望はいかがでしょうか?

以前にも指摘させて頂きましたが…
『これから日経は上がりますか?』
こんな質問が未だに多いですね。

こういう質問をされる方々は、
値動きが視点になっており…

仕掛け側のワナに嵌まりやすい
傾向にあるのではないでしょうか?

では、
チャートから…
チャート以外から…
何を手がかりに…
何を探ると勝てるのでしょうか?

世の中には色んな手法が存在します。

全てが正解ではありませんし、
全てが間違いという訳でもありません。

昨年まで勝てた手法が…
通用しなくなることもあります。

そんな中で、
ある1つの手法をたくさんの人が使うと…
どうなるのでしょう?

相場では95%の人が負けてる現実があります。
そう、殆どの人が負けています。

そもそも相場というものは、
全体のバランスを必要以上に
大きく崩すことはありませんし、
相場全体の構図は変わらないのです。

それは、
この相場の本質を理解すれば簡単なことです。

では、どう対処すればいいの?
という声も聞こえてきますが…

やはり、大局を見極めないと
この相場で戦っていくのは困難です。

パソコンに張り付いてるだけでは、
資金は増えません。

だから、
ここを徹底的にトレーニングします。

私の仕事は、
全てのトレーダーを救うことではありませんし、
そんなことはできません。

賛否はあると思いますが…
ご賛同頂ける少数の方々に
私がやってきたことを身近に体験してもらう

そして、
この厳しい相場で生き残っていく
その為のお手伝いをしています。

また、
その中から○○を発掘していくことが、
私の目的の1つなのです。

その為に毎日真剣勝負をしています。

毎朝配信してます相場展望も、
適当なことは言えませんし、
後出しジャンケンは通用しません。

常に、見えていないチャートの右側を
会員さんにも見えるようにアドバイスしていますが…

私が人様に相場を語るからには、
チャートの右側が見えなくなれば…
相場から去ろうと決めてます。

それまでは、
妥協せずに頑張ろうと思いますので、
どうぞ宜しくお願いします。

※為替を主体にした資金フローに変化があり、
当初の予定を変更する可能性がありますので…

また何かの機会に発信できればと思います。

また、木曜日にお会いしましょう!

億り人

PS.
私の相場のトレーニングや
見方についてもっと詳しく
知りたいという方のために
対面セミナー開催予定です。

今、勝てていない理由が分からない方は
是非、ご参加ください。
http://j-i-s.info/j-i-s/okuribito_tokyo/


日経先物2万円達成、これからどう動く?

2017.05.11
prof_akita

From:億り人
大阪のトレーディングルームより、、、

こんにちは、億り人です。

以前より宣言してました
日経先物は2万円を早々に達成しましたね。

その予想については、
この相場の本質を
私なりに理解してるからです。

ただ、今後の展開については
以前の予想とは少し変更もあり、

チャート判断だけでは
嵌め込みにあう可能性大
注意が必要です。

では、どう対処するのか?
という声も聞こえてきますが…

『ロスカットを入れましょう』
と、裏付けのない投資判断で

安易に解説する先生方も
おられるようですが…

ただ、そういう人に限って
相場を張ってない、
実際に儲かってない、
相場の本質を理解してない、
正直、そう思います。

では、どうしたらいいのでしょう?

この質問がたくさん寄せられてますので、少し解説したいと思います。

まず、私のルールとしては
①中長期の方向性
②短期のスウィングの方向性
③デイトレの方向性

を見極めてからエントリーします。

そして、逆指値は入れません。
そう、ロスカットなしです。

今からエントリーする場合に
①と②の方向性、
②と③の方向性をみて
同一方向なら以下のように…

仮に、デイトレでミスしても
②の方向性が間違ってなければ
戻ってくる訳です。

また、スウィングでミスしても
③の方向性が間違ってなければ
戻ってくる訳です。

しかし、
一般的にエントリーでミスして
含み損を抱えてる場合に

『そのうち戻ってくるだろう』
というのは、裏付けが全くなく
願望でしかないのです。

その後は塩漬けとなり…
損切りするしかないのです。

損切り貧乏にならない為には
チャート判断も必要ですが、
○○○が必要になります。

ここを間違うと…
資金が増えないのは
間違いないですね。

だから、
ここを徹底的に練習します。

今回は、同一方向の例ですが、
機会があれば逆方向の解説も…
ですよね。

また、木曜日にお会いしましょう!

億り人

<本日のおすすめ>
空売りが出来れば、
上昇相場・下降相場関係なく常に
リスクヘッジが可能です。

信用取引は怖そうだし…という方こそ、
下降相場での怖さを転換できる
「空売り」を実践しませんか?

詳しくはコチラから
http://j-i-s.info/j-i-s/karauri_170528/


日経平均に惑わされていませんか?

2017.05.04
prof_akita

From:億り人
大阪のトレーディングルームより、、、

こんにちは、億り人です。

ゴールデンウィーク真っ只中で、
楽しい休日を満喫されてる方も
多いのではないかと思いますが….

昨日から東京市場も休みに入り、
日経平均はそのままの勢いで
更に上がっていくのでしょうか?

来週は、
フランスや韓国で選挙があり…
その結果いかんでは相場が
大きく動くことも考えられます。

私は、その結果を知ってる
ということではありませんが…

先週からの相場の流れや、
今後の向かうべき方向を考えると
巷の雰囲気とは少し違った
何かを想像しています。

よって、会員さんには注意すべきことを
予めお知らせしております。

また、お会いする方々に
こんな質問をよくします。

それは、
『日経平均の日足チャートを見て
何か違和感を感じませんか?』

『前日の動きと翌日の動きを見て
何も感じないのですか?』
 …と。

  《日経平均チャート》

数多くの株式トレーダーが
資金を減らしてる原因のひとつが…

これではないかと考えます。

おそらく、株だけをされてる方は
何を言ってるのか…
意味不明だと思いますが…..

株式トレードする時に、
ある視点で観察すると、
ザラ場中にチャートを一切見なくても
できるということです。

まだまだ難しい相場が続き…

今年は、特に
明暗がはっきりと分かれますから…
しっかり相場と向き合ってください。

また、木曜日にお会いしましょう!

億り人

<本日までの限定公開>
エントリーとイグジットだけ
わかれば儲かると思っている人は要注意!

限定で公開中の
“資産分配”についてのレポートは
手に入れましたか?

http://j-i-s.info/j-i-s/assetallocation/


こんな風にカモられてませんか?

2017.04.27
prof_akita

From:億り人
大阪のトレーディングルームより、、、

こんにちは、億り人です。

まだまだ地政学リスクにさらされて
難しい相場が続きますが…

今日は、
『こんな風にカモられてませんか?』
についてお話したいと思います。

先日、こんなことがありました。

北朝鮮によるXデー報道で、
ミサイルが飛んできて…
日経が暴落して…

その結果、
ポジションを解消させられたり…
空売りを入れさせられたり…

そうです…

『した』のではなく、

『させられた』のです。

テレビのニュースや噂に翻弄されて…
予定にない行動をとらされて、

その時は最善の対処をしたつもりが…

その行動が裏目に出てませんか?

空売りが踏み上げられたり…
売って逃げた後に上がっていった…

慌てて処分したポジションが、
異国の人に持って行かれてるのです。

こんな風にカモられてませんか?

そして、もう一つは…

市場の反応に振り回されることです。

貴方が、チャート等で
値動きを重視して売買してるなら…

どこで買って、どこで逆指値をするか… を、
仕掛け側がわかってるとしたら?

本に書いてある通りに…
テクニカル分析を頼りに…

正確にやればやるほど、
逆に動いて…
資金が減ってませんか?

気付かないうちに、
カモられてるのです。

そして、

困ったことに、

過去のチャート結果を見て
後付けの理論で納得するのです。

(そういうアナリストや株の先生がおられるようですが…)

これでは先が思いやられますね。

投資の世界では95%が負けており、
資産を減らし続けてます。

そう…

ほとんどの人が負けてるのです。

色んな考え方はありますが、

以上のようなことに気付けるか…

負けない人って
そんなことではないでしょうかね。

これからの日経平均は、
ある着地点を目指しています。

その為に、
通るべき道を避けては通れません。

チャンスは、これからです。

また、木曜日にお会いしましょう!

億り人

PS.
大阪にて私の対面セミナーを行います。

ブログではお話しできない
内容もお伝えしますので、
興味のある方は是非お越しください。

http://j-i-s.info/j-i-s/nikkei225_170505/


チャートの「右側」見れていますか?

2017.04.20
prof_akita

From:億り人
大阪のトレーディングルームより、、、

こんにちは、億り人です。

最近、生徒さんからよく言われるのですが…..

ブログでトレード動画を紹介すると
手の内がバレませんか?と。

おっしゃる通りですね。

ただ、決まったパターンの手法ではないので
真似されることはないでしょうね。

以前のブログでも紹介しましたが、

毎朝ザラ場が開く前に、
100人以上の方々に対して、

「今日、日経平均がどう動くか…
 その動きに対して、
 どう仕掛けるか…」

 お知らせしています。

先出し情報なので、
誤魔化せない真剣勝負なのです。

《生徒さんの売買履歴例》

(※毎朝のお知らせを元に、
 日経ミニ先物を今月から売買されてる生徒さんの履歴です。
 勝率は90%以上ですが、エントリーにムラがある為に
 値幅が10~100円となっています。)

トレードの鉄則は、
エントリーする前に ほぼ勝負が決まっており、
動きを見てから考えてるようでは
既に負けてると考えてます。

長年その視点で練習を続けていくと….
「チャートの右側(近未来)」が、
何とな~く見えてくるように感じます。

間違っても、チャートの左側(過去)だけで
この厳しい相場を渡り合うつもりはありませんし、
まして、左側(過去) の理屈だけを人に教えようとも思いません。

しかし、私自身も
右側(未来)が全く見えなくなった頃に、
相場からは去ろうと決めています。

今年の相場は、更に苛酷になります。

この夏までに、今以上に退場者が増えるはずです。

※今の地政学リスクの裏には、  
一体何があるのでしょうね(笑)

また、木曜日にお会いしましょう!

億り人

<編集部のおすすめ>
相場観を鍛えるための
方法を知っていますか?

無料ビデオで、
投資隙ののレベルアップが叶います。
期間限定ですので、お急ぎください。

http://j-i-s.info/j-i-s/okumura_lesson01/