カテゴリー別アーカイブ: 谷口洋章

[IPO投資]ビーブレイク・システムは初値高騰4.6倍!

2017.06.21
prof_taniguchi

From:谷口洋章
自宅の書斎より、、、

こんにちは、谷口です。

IPO銘柄はいつも人気があるとは言え、
今回のビーブレイクシステム
今年最高の上昇率でした。

3倍以上の初値になることは
予想していましたが
市場の盛り上がりが
上昇力を強めました。

公募価格1,650円で、初値が7,700円。

165,000で買った株が1週間後に
770,000円に大化けしたと言う形になります。

たった100株で60万円の利益です。

この銘柄の強かったところは
7,700円で初値をつけた後、

終値で8,200円まで上がったところでしょう。

なんと4.6倍に上った後に初値から
6.5%も上昇したことになります。

現在は値を下げておりますが、
人気のクラウド系でもあり、
セカンダリーに向いてますので、
今後の展開をみて行きたいと思います。

日経平均も2万円をしっかり
超えてきました。

市場の投資意欲がますます高まる中
IPO投資に掛ける投資家心理は
ますます、強くなっていくでしょう。

IPO投資の面白いところは

投資をまったくやったことがない
初心者の方からでも
やり方を間違えなければ
しっかりと利益を出せますし。

中級、上級の人はその特性を利用して
利益を上げることが出来ます。

デイトレーダーも参戦してきますから
値動きは大きく、利益率が高いのです。

反面、適当にトレードをすると痛い目に
合うのでご注意くださいね。

トレードは何でもそうですが

ちょっとしたコツを覚えるだけで
損失を止めて、利益に変えることが出来ます。

「勉強したくないけど、儲けたい」

とか
「努力したくないけど、儲けたい」
では儲かりません。

当たり前ですけど、、、、

「働かないけど、給料をくれ」
と、言っていることと同じですね。

でも、その考え方は間違っていません。

みんなその考え方を持っています。

ですから、市場の90%以上は負け組みになるんです。

と、言うことは

普段、やっていることをすれば
ちゃんと答えが返ってきますよ。

そうです。

「働いたから、給料をもらう」
この考え方で投資の世界に望めば良いだけですね。

明日からもがんばりましょう!

谷口洋章


<編集部のオススメ>
相場の本質は、その裏側の
「ある動き」によるものでした。

あなたのトレードをガラリと変える
新たな境地へたどり着きたいなら
このセミナーへご参加ください。

http://j-i-s.info/j-i-s/nikkei225_170623/
※残席1名となっています


トレード方に合わせた○○が重要!

2017.06.13
prof_taniguchi

From:谷口洋章
自宅の書斎より、、、

こんにちは
谷口です。

先週の木曜日に仕込んだ
アセンテックが金曜日に爆上げしました。

セカンダリー投資法Bパターンです。

セカンダリーのトレード方法はいろいろありますが
僕が好んでやっている方法のひとつで
勝手にBパターンと名付けています。

IPO投資にしても、ほかの投資方法にしても
トレーダーによって10人10色と言われています。

ファンダメンタル派といわれる人もいますし
テクニカル派といわれる人もいますね。

僕はどちらも大事だと思っているので
ファンダメンタルは大波
テクニカルは小波

と、考えています。

僕は、中期のトレードが好きなので
この考え方ですが、長期が好きなら

ファンダメンタルを中心にテクニカルを使い
短期トレードが好きなら、

テクニカルを中心にファンダメンタルを
使う感じでしょう。

ですから、僕のスタイルはテクニカルに
ファンダメンタルを足す感じです。

今回のアセンテックも、テクニカルに
ファンダメンタルを足して判断したわけです。

長期トレーダーなら、
持ち続けるかも知れませんし

短期トレーダーなら
金曜の寄付きで決済かも知れません。

僕は中期なので本日の動向を
見てからの決済でした。

利回りは12%程度でしたが
充分なトレードが出来たと思っています。

トレードで大事なのは、人によって
長期、中期、短期と時間的な好みが違うので

その好みのトレード方法に合わせた
資金管理だと思っています。

この資金管理が出来ないので、
失敗する人が多いんですね。

テクニカルだけ勉強しても
ファンダメンタルだけ勉強しても
勝ち続けるには必要不可欠な
資金管理方法を勉強すると良いと思います。

それでは今日はこの辺で失礼します。

谷口洋章


<編集部のオススメ>
日経225先物は怖いと思っていませんか?
銘柄選定なしで、
大きな暴落もなく、
個別株のベンチマークとしても役立つ
日経225先物。

ある戦略を使えば、
実は安定的に利益を積み上げられます。
詳しくはこちらから↓↓↓
http://j-i-s.info/j-i-s/nikkei225_170616/


7社決定!IPOラッシュは来週スタート

2017.06.06
prof_taniguchi

From:谷口洋章
自宅の書斎より、、、

こんにちは谷口です。

日経平均も再び2万円台を取り戻し、
本格的に上昇へ戻り始めたようですね。

こうなってくると、
当然今月予定されているIPOの
注目度が高まることでしょう。

今月上場が決まっている銘柄は
下記の7社となっています。

ビーブレイク
DMソリュ
エコモット
フリンジ81
SYSHD
ツナグS
ゲームウィズ

上場日は

6月15日
6月20日
6月21日
6月27日
6月30日
6月30日
6月30日

と後半に集中しています。

IPO投資の第1歩は
この銘柄を申し込むところから始まります。

年間100社ほど出てくる
新規上場銘柄の勝率は80%前後と
非常に高いものとなっています。

ですので非常に人気が高いわけですが

この100社全部買えたとしたら
それは大儲けですよね。

ですが、最初に発行する株の数には
限りがありますので基本的に抽選となっています。

つまり抽選から外れれば、当然買えないわけです。

買えなかった人たちは、
上場初日に買いに行くのですが、
ほとんどの人は大きく損失を出しています。

人気が高い銘柄は抽選でもらえない。

ハズれても上昇して大きく儲かると思っているので、
初値買いをして大損している人や

何でもかんでも申し込んで、
損を出している人の多いこと

適当にやって儲かる方法なんてないのですが、
みんな楽して儲けたいので勉強なんてしないんです。

ですが、僕も座右の銘は「楽して儲ける」なんですが

その為には、まずはしっかり
勉強しなければ「楽」なんて
出来るはずが無いことは
トレードの世界に入ってわかったことです。

トレードはちょっとした「コツ」で大きく変わります。

IPO投資で言えば

1、上昇するIPO銘柄だけ申し込むこと
2、抽選の確立を上げること
3、上場後に利益が出る方法だけを繰り返すこと

9日金曜日に横浜で開催しますから、
興味のある方は来てみてください。

それでは今日はこの辺で失礼します。

谷口洋章


PS.
横浜のセミナーは少人数ですので、
気になることがある方は
質問もご用意して参加してください。

IPOが初めての方から
セカンダリーに注目している方まで、
皆さんご参加ください。
http://j-i-s.info/j-i-s/ipo/


専業トレーダー誕生

2017.05.30
prof_taniguchi

From:谷口洋章
自宅の書斎より、、、

先日の授業の時、うれしい報告を受けました。

お一人は先月から既に専業レベルまで
力をつけていたのですが、
今回はふたりめの専業トレーダーが誕生しました!

今日は彼らについてのご紹介をさせてください。

彼らは僕が以前から講師を勤めている
スクールの生徒さんです。

先月から専業レベルまでに達したお一人の方は、
習い始めてちょうど1年ほどになる方ですが、
去年の9月あたりからメキメキと力をつけて来ました。

副業コースのカリキュラムも
そこそこにすぐに専業トレーダーの
コースに入られたのですが、

当時から
「今年の3月には専業になりたい、
 そのためにどうするか」

と言う課題で目標を立てていました。

仕事も大変忙しい彼でしたが、
その合間を縫って目標を達成されたのです。

彼のトレードスタイルは基本に忠実に、
かつ大胆に、習ったことを
最大限に活かしています。

先日の講習の時に報告を受けたもう1人の方は、
既に先月仕事を辞めトレード1本で
生計を立てているとの事でした。

彼も習い始めて1年ほどになるのですが、
副業トレーダーのカリキュラムもそこそこに
やはり専業トレーダーのカリキュラムに進まれました。

専業トレーダーのカリキュラムを始めて
間もなくデイトレードのカリキュラムも受講され、
彼の勉強意欲の強さを感じていました。

その後も定期的に経過を報告いただきましたが、
基本を忠実に利益を出されていました。

現在のスタイルはファンダメンタルを取り入れ、
新興株を中心にトレードしているとの事でした。

こちらでIPOの講座をさせて頂いておりますが、
IPO系の株のことを新興株といます。

利益率が高い新興株ですが、
初心者がいきなりやり始めて
大火傷おっている市場でもあります。

彼も、最初から専業になることを
目標にしていましたので、

あっという間にテクニックを身につけ、
ファンダメンタルを組み合わせることで
大きな利益を上げ始めています。

2人の勉強法は、
まさにお手本になるのでご紹介しておきます。

当然ですがお二人とも授業までに
ビデオや教科書を元に何度も勉強されてきました。

講習の時はわからないことを
どんどん質問してきましたし、
メールでもたくさんの質問をいただきました。

初めから本業になることを目的として
習われる方の特徴です。

できたら良いなぁと言うようなやり方ではなく、
そうなるためにしか動いていません。

細かな勉強の内容をご紹介すると、
そんなに努力しなければいけないのかと
思われるかもしれません。

ですが、得られるものの価値がわかっている人は
それを努力とは思わないんです。

お二人ともいつも楽しそうに頑張っていました。

お一人は専業となられましたが、
もう1人の方は未だに仕事を続けながら
トレードをしています。

先月から専業になった方が専業になって、
1つだけ悩みが出たそうです。

その悩みとは、、、

「暇」

トレードのコツがしっかりわかると、
結構「ひま」になります。

その暇を使ってこれから好きなことをしながら
人生を楽しんでいける訳です。

これからも彼らのような専業トレーダになって
人生を自分のものにできる人を
たくさん育てていきたいと思っております。

谷口洋章


<編集部のオススメ>
FXをやり始めたけど、
どうも成果が上がらない、
もっと上を目指したい…と思うなら、

こちらのセミナーでもう一度
基礎から学んでみませんか?
http://japan-i-school.jp/jim/kujira_170604/


【新銘柄】IPOは6月から!

2017.05.23
prof_taniguchi

From:谷口洋章
自宅の書斎より、、、

おはようございます、谷口です。

5月のIPOは無かったですが
6月は3件決まりました。

ビーブレイク、
DMソリューション、
エコモット
です。

4月以来の新規上場とあって、上昇力は大きそうです。

いろんな投資がありますが、
個人投資家が運用できる資金は限りがあります。

時間も限られた中で、本格的に投資の勉強は
なかなか出来ないのが現実でしょう。

僕も投資を始めたころは、
朝から晩まで仕事をしていましたから、
基本的な勉強もままならないといった感じでした。

ですから、できるだけ効率の良い方法を探したものです。

IPO投資は、新規上場特有の
値動きをするため分析は簡単でした。

出回っている情報が本当か嘘なのかは
データを集めて分析すればわかります。

トレードで成功している人たちは、
このような分析が得意なんですね。

独り占めしてもいいような
こんな情報をなぜ人に話すのかと言えば、
独り占めがあまり好きじゃないからです。

喜びは分かち合うと、
もっと楽しくなるでしょう。

読者のみなさんも投資が上手くなったら
人に教えてあげてください、
そうすることで投資する喜びがもっと増えますよ。

では今日はこの辺で。

谷口洋章


PS.
そんな教えるの好きの私ですが
6月9日にセミナーを
横浜にて開催したいと思います。

タイムリーに話題のIPOを
取り上げられると思いますので
お楽しみしていてください!
http://j-i-s.info/j-i-s/ipo/


IPOの第二のチャンス!セカンダリー投資の魅力

2017.05.16
prof_taniguchi

From:谷口洋章
自宅の書斎より、、、

おはようございます、谷口です。

5月は新規上場株が、今のところ1件も出てきません。
申し込みたくても申し込めない、寂しい時期です。

こんなときはセカンダリーで遊びましょう。

セカンダリーは話題性の高いIPO銘柄を
上場後にトレードすることを言います。

上場してから数年たっても、注目されてますので
何かのきっかけで大きく動くことが良くあります。

先週仕込んだジャパンシステムは
チャート形状が良かったからです。

決算発表が良いことも見込まれていましたが
内容は233%増で着地
月曜日からストップ高となっています。

今日当たりで売ろうかと考えていまいしたが、
今日もまだまだ上昇しそうです。

もう一つ仕込んでいたのが、シンシアです。

これも典型的なチャート形状でした。

昨日の決算発表はたいした結果ではありませんでしたが
本日急上昇です。

僕は基本チャート形状でトレードしていますが
IPOの場合決算発表で大きく売買されます。

始まったばかりの会社が多かったりしますから
当然売り上げがよければ成長率に
直結していると考えて買いが入りやすいですよね。

ボラティリティが大きい分上昇も大きいですが
失望売りも大きめです。

ですが最近上場したような銘柄で
ストップ高はあっても
ストップ安はおきにくい印象です。

基本大口が入りにくい銘柄であったりするせいでしょう。

さてシンシアは今後どうなるか期待したいところです。

谷口洋章


<編集部のオススメ>
一般投資家が相場で
勝ち続けられないのには
ある理由があります。

市場に潜む大きな動きを読み解き、
カモにされる日々から
脱却したいと思いませんか?
http://j-i-s.info/j-i-s/okuribito_tokyo/
※残席残りわずかとなりました!