カテゴリー別アーカイブ: 谷口洋章

「気分屋」にどう対応?!オプション取引の特性

2017.02.21
prof_taniguchi

From:谷口洋章
自宅の書斎より、、、

こんにちは、谷口です。

オプション取引は、
人間が考えた取引方法の中では
とても特殊な取引と言えます。

本来なら、株式取引も為替や、
債権なども地合いに合った、
人間の感情が価格を決めるものですが

目に見えない感情のゆがみや正当性を
数式によって計算された相場なのです。

株価でも理論株価と言うものを
基準として考えることがありますが、

その考え方を基準にしていると思うと
分かりやすいでしょう。

本来ならこの価格そのものは
欲しがる人が興奮状態になると
一時的に大きくプレミアムがついて
上昇します。

しかし、興奮はいつまでも続きませんので
行き過ぎた価格は適正価格まで下がります。

逆に暴落などは、一時的な恐怖心から
大きく値を下げるのですが

これも売られすぎ、すなわち過度の恐怖心で
大きく下げた価格は、恐怖心が落ち着くと
適正価格まで戻ります。

この適正価格を計算し
価格の買われすぎ、売られすぎ
から適正価格に戻るところを利益とする
「売り」戦略

全く興奮状態がなく、冷め切った状態から
興奮状態になる価格を取りに行く
「買い」戦略

相場はこの「興奮」と「冷静」を繰り返しています。

この相反する感情の価格と戦うのですから大変です。

感情の起伏の激しい
「気分屋」と付き合う方法は
振り回されないように、

いつも冷静に「気分屋」を観察して
利用する必要があります。

だからヘッジ取引がオプション取引の本質となるのですね。

友達にもいませんか?
「気分屋」で「身勝手」で「横暴」な人

生活上、嫌いなら付き合わなければ良いのですが
身内や、上司にいたら何とか
上手く付き合わなければいけませんよね。

調子の良いときは、予想通りに動いてくれますが
いざ不機嫌になると大暴落します。

「気分屋」ですから突然来ますので読めないんですね~。

それが相場と付き合うことかな~
と思う今日この頃です。

谷口洋章


トランプ大統領の戦略と相場感

2017.02.14
prof_taniguchi

From:谷口洋章
自宅の書斎より、、、

こんにちは、谷口です。

安倍さんはがんばりましたね。

トランプ大統領のゴルフ好きなことを材料に
「ゴルフ接待」

しかもトランプ大統領所有のゴルフ場
我々庶民は馬鹿馬鹿しい限りですが
トランプにとっては最高の接待だったのでしょう。

北朝鮮のミサイル発射の威嚇が
トランプ大統領と安倍さんの絆を深めるきっかけと
なってくれた事は良かったです。

為替に対しての暴言がなくなったことは
今後の日本株にとっては好材料となります。

ですが、まだまだ慎重な感じの展開です。

首脳会談によってトランプ大統領と阿部さんの
関係は極めて良好になったのは良いですが

日米FTAを控え楽観視とまでは
出来ないのが現在の日経です。

ただ、今までの動きを見ていると
トランプ大統領はゲームが大好きと見えます。

ですので、必要以上のハッタリや
パフォーマンスを演じているのが見え見えです。

そろそろ、あのやり方も通じなくなるのでは?
と思うのですが、どうなることでしょう、、、

楽観的に見れば今後の日米の経済は、
日米FTAに友好的に盛り込まれ
両国の経済は共に上昇と考えられます。

トランプ大統領が本当のアメリカ主義なら
日本を守ることが、
アメリカの経済にとって
主力として考えることは当然と思うのですが、

いかがでしょうか?

仮に戦略家でも、単純でも、
このことは勉強すればわかるでしょう。

首脳会談後の安倍さんに対する顔つき、
目つきから想像すると
何かが変わった印象をうけました。

トランプ大統領の戦略が天才的なら
新大統領就任の経済効果を
過熱感を抑えながら使っている感じがします。

2万ドルの大台を超えたダウ平均を

失速させる事もなく
急上昇させる事もなく

しっかりと上に持っていかないと急落しますからね。

ビジネスマンなら経験則で分かっているはずです。

今後はドル高の効果が来る出しょうから
”じっくり上昇”の戦略をとって行けば良いと思います。

谷口洋章

<本日のオススメ>
不動産が節税に良いってホント?
実際、みんなはどうやっているの?

投資の勉強をしているなら、
改めて資産形成を考えてみませんか。

将来のために必要なことが
いまいち分からないという方は
こちらをクリック↓↓↓
http://life-planning-seminar.com/jis/


稼ぎたい!と思うなら・・・

2017.02.07
prof_taniguchi

From:谷口洋章
自宅の書斎より、、、

こんにちは、谷口です。

トレードを開始するに当たって
まずは目標を決めましょう!

とは、言われてもどのように考えたらよいでしょう?

僕は、始めて投資を始めた時
「稼げるだけ稼ぎたい」
何百万も何千万も稼ぎたい!

と考えていました。

この考え、どう思いますか?

この考え方は、
何も結果が出せない人間の
考え方だったんですね。

当時の僕は、稼げるだけ稼ぎたかったので
大きく儲けが出た後も

ずっと利益を追いかけた結果
大きな損失を出してしまいました。

いくら良いトレード方法があっても
これでは駄目です。

業界で言う「コツコツドカン」タイプ
コツコツ儲けて、ドカンと損するの略です。

僕も始めはこんな感じでした。

ここで目標設定が何かを確認すると
「明確な計画表」として作ります。

月に5万円儲けたい
月に100万円儲けたい
月に1000万円儲けたい

これを決めてもモチベーションにはなりませんね。

目標に押しつぶされるだけです。

どうするかと言うと、
ここに「いつまでに」と言う
時間を付けてあげます。

「出来るだけ早く」では駄目です。

2018年3月に毎月100万円を稼ぐ
2017年9月には毎月50万円稼ぐ
2017年6月には10万円稼ぐ

2017年3月には仕組みを完全に頭に入れる
だから今日はビデオを2本見ると具体的にします。

そして、今日1日その計画通りに出来たら
2018年3月に100万円稼ぐ計画を
進めたことになります。

大きな目標も、今日の30分の行動が大切です。

2018年3月に100万円を稼いでいる自分は
今日ビデオを1本見ていたんです。

物語はエンディングから書けば良いんですね。
今日も1つだけがんばりましょう!

谷口洋章

<本日のオススメ>
相場をつかむに検証と
トレーニングが必要です。

ですが、本質をつかめないまま
闇雲にやっても時間と損失ばかりが重なります。

勉強する価値のある
本物の投資戦略を知りたい方は
こちらをクリック↓↓↓
http://j-i-s.info/j-i-s/170215_seminar/


オプション取引の気になる『必要資金』

2017.01.31
prof_taniguchi

From:谷口洋章
自宅の書斎より、、、

早く春になると良いですね。

こんにちは

谷口です。

まれな大雪
まれなトランプ

歴史的に今回の大統領は騒がせすぎですが

海の向こうの事なので、
テレビ番組か映画を観ているように感じます。

それほどドラマチックなんですね。

トランプのパフォーマンスに世界中が大騒ぎです。

アメリカでは新大統領の
「最初の100日(First Hundred Days)」
と言うものがあり注目度が高いのです。

フランクリン・ルーズベルトが
たった100日間で
ニューディール政策などを
成立させたことが由来となっています。

TPP離脱
メキシコの壁
石油パイプライン
テロ対策としての移民規制

などなど

世界経済の中心、アメリカ大統領が
世界を無視して自国の保護だけに走っています。

ビジネスマンでパフォーマー

大統領の顔はその影に潜めているのでしょう。

今日はオプション取引に必要な資金について

日経の先物取引は、
「ある期日にいくらで取引する」と言う
約束をした取引ですので

その約束の保障のために、
証拠になるお金を差し入れて行います。

始めて聞く人もいると思いますが、FXも証拠金取引となります。

現物の株式取引は現金で株券を買い、
株券を売却することで損益が確定します。

証拠金取引は売買したときに発生する損益だけを
その証拠金から差し引きします。

日経オプション取引の場合は、
予想チケットの売買をしますが
チケットの購入者は、
そのチケット代金だけの支払いになります。

しかし、チケットを売る側になるときに証拠金が必要となります。

その理由は、日経平均が予想する金額よりも上がらないと予想し
そのときのチケット金額を先にもらっていしまうので、
予想以上に上がった場合に追い銭をしなければいけません。

その金額はそのときにならないと分からないので
その支払いの可能性に対して、
拘束金が必要になります。

これは保険の販売会社と、
保険の加入者との関係に似ています。

例えば火災保険、
保険の購入者は安い金額を払うことで
万が一の時に備えます。

火災保険の会社は火事にならなければ、
保険料をもらい続けることが出来ます。

火事になる確率は低いので、
火災保険の会社は儲かります。

しかし、火事になった場合は
保険会社は大金を支払う義務が出てきます。

そのため、支払えるだけのお金がないと
保険を売ることはできませんね。

これと同じ考え方で、
オプションのチケットの買う側は
小さな資金で大きな資金を狙うことができ

オプションのチケットを売る側は
予想を外したときに支払えるだけの
お金が必要になります。

ですので売り側にだけ証拠金が要求されるんです。

この証拠金は、権利行使価格やそのときの
日経平均の変動率によって変わってきます。

どちらの取引も、
メリット、デメリットがあるので
うまく利用する必要がありますね。

谷口洋章


知って得する『オプション取引』とは?

2017.01.24
prof_taniguchi

From:谷口洋章
自宅の書斎より、、、

こんにちは。
谷口です。

大雪で大変な方にお見舞い申し上げます。

僕の住んでいる金沢はあまり降っていませんが
ニュースで鳥取県などが大変なようですね。

北陸金沢は雪深い地域と思っている方も多いと思いますが
最近は温暖化の現象なのか、地軸が傾いたのか昔ほどは降りません。

ぼくが覚えている豪雪は、昭和56年の通称”56豪雪”です。
朝起きたら町が消えていたほどに雪が降っていました。

”56豪雪”で検索してみてください。
そのときの写真が出てきます。

今では考えられない量ですね。

大変でしたが、風情もありました。

さて、オプション取引の取引方法などをお話しているのですが、

そもそもオプション取引自体が分からないという方の為に

分かるような分からない話を、
分かりやすく話してみますが、

やっぱり分からないかも知れませんので、
分かったら若かった頃を思い出して下さい。

と言うわけの分からないお話からスタートします。

日本のオプション取引は
日経平均株価を原資産として作られているので、
より分かりにくいです。

ちなみに、FXのバイナリーオプションとは全く違います。

話を分かりやすくする為に、まずは商品先物の話からします。

お米や原油、金やコーンなどが商品にあたります。

これらの商品は生産者と、購入者が売買して取引します。

その時々の時価で取引をすると、野菜などと同じで、
たくさん採れると安くなり、あまり採れないと高くなります。

お米で考えてみましょう。

生産者にとって販売価格が下がれば、
儲からなくなります。

安定した生活を送りたいと考えますから、
毎年同じかそれ以上の売上が欲しいわけです。

購入者の立場では、出来るだけ安く買いたいですが、
不作になって高くなるくらいなら
毎年同じような値段で買いたいと思うわけです。

ここで、生産者が現在はまだ収穫されていないお米を
今年の秋口に昨年と同じ金額(1万円)で売る約束をします。

今年と同じ金額(1万円)なら良いと思う
購入者がその金額で契約します。

こうすることで、生産者の生活は守られ、
なおかつ購入者の購入価格の安定も保たれるわけです。

これが、商品先物取引といいます。

とても便利な取引ですが、ひとつ欠点があります。

先物取引はお互いに安定は保てますが、
利益が取れるときでも約束は守らなければいけません。

どう言うことかと言うと、
生産者は若干の不作なら
プレミアを付けて高く売って儲けを増やす
ことが出来ます。

購入者は、もし今年が豊作なら
お米の価格は下がるので得をすること
が出来ます。

『安定的な保険や儲けも欲しいけど、損はしたくない、、、』

そんな思いを叶えてくれるのがオプション取引です。

先物取引は、将来売買する価格を決めて契約したら、
その金額で売買しなければいけません。

オプション取引は、秋口に1万円で取引できる
「予約チケット」を100円で売買する取引を言います。

分かりやすく言えば、CDの予約券に値段を付けて取引している感じです。

こうすることで、購入者は
予約チケットの代金100円を支払って
秋口にお米を1万円で買う権利を持ちます。

約束した1万円より秋口の金額が
高く12000円で販売するのであれば

100円のチケットを渡して
10,000円で買えば得をします。

もし安くなって7,000円で販売するのであれば

100円のチケットを捨てて
7,000円で買えば得をします。

どちらに転んでも得をする考え方です。

生産者はどうでしょうか?

秋口にお米が豊作で7000円と安くなってしまうと、
10,000円では売れませんが
先に売った「予約チケット」の100円は儲かります。

逆に12000円になったとしても、
10,000円で売る約束をしているので
儲けは減りますが、
安定的な10000円の利益が入ります。

あまり聞きなれない売買方法ですが、
CDの予約権も売れ残りが出ない工夫であったりと
売買に「保険」をかけているんですね。

このほうほう、実はギリシャ時代に発案されたそうです。

人間は儲けたいけど、
儲けられなかったときの保険も欲しいと思います。

この調子の良いところをかなえるのが
オプション取引の考え方なんです。

覚えると面白いんですよね~

谷口洋章


どちらにいくかわからない時の投資戦略

2017.01.17
prof_taniguchi

From:谷口洋章
自宅の書斎より、、、

こんにちは。
谷口です。

大統領就任式を控え、
相場は膠着状態となっていますね。

大統領選挙当選から株式市場の上昇は始まりましたが、
就任するとこの上昇は終わる事を言っている人もいますね。

個人的には、就任から本格的上昇が始まると思っています。
いろんな意見がありますが、答えは来週出ます

現在の相場は”どちらに行くか分からない”状態です。
ここで上昇にかければ、安い株を買っておけばよいですし、
下落にかければ、上昇しすぎた株を売っておけばよいです。

ですが相場は分からない状態です。
そんな時に上か下かにかけるのは得策とは言えませんね。

ポジションを持たずにいることも良いと思います。

こんな時、オプション取引はどうするのかと言うと、
特殊なポジションを取ることで、
どちらに行っても利益になる戦略をとります。

それが”ロング・ストラングル戦略”です。

この戦略は、日経平均が大きく動くと思ってときに
コールを買うと同時にプットも買います。

株式取引で用いる両建てやサヤ取りとは違う方法で
大きくどちらに動いても、利益が出ます。

これもオプション取引の優位性の持つ取引方法のひとつで
現在のような相場に最適と言えます。

しかし、、、

コールを買うと言う事は、日経平均が上昇しないと利益になりません。

プットを買うと言う事は、日経平均が下がらないと利益になりません。

それを同時に保有してどうして利益になるのでしょうか?

分かりやすいように少し形を換えて説明します。

下記のようなオプション価格表があります。

Call | 日経 | Put
8  | 19750 | 730
28  | 19500 | 485
75  | 19250 | 315
170☆| 19000 |☆150
345 | 18750 | 60
540 | 18500 | 28
600 | 18250 | 14
  | 18000 |  7

日経平均が19,000円の時(☆マーク)

コールオプション170円を買い
プットオプション150円を買い

コール+プット=320円の出費です。

日経平均が次の日に500円下落して18500円になったとします。
すると価格表は下記のようになります。

Call | 日経 | Put
8 | 19250 | 730
28 | 19000 | 485
75 | 18750 | 315
170☆| 18500 |☆150
345 | 18250 | 60
540 | 18000 | 28
600 | 17750 | 14
| 17500 | 7

上記の表から分かるように

19,000円のコールオプションの価格と
19,000円のプットオプションの価格を見てください。

コールオプションが28円
プットオプションが485円になっています。

コール+プット=513円になっています。

この状態で売却すると購入価格を差し引いた金額が残ります。

513円(現在値)-320円(購入価格)=293円

相場が下落すると293円の利益が出ます。

では上昇した場合はどうなるでしょう。
日経平均が次の日に500円上昇して19500円になったとします。

Call | 日経 | Put
8 | 20250 | 730
28 | 20000 | 485
75 | 19750 | 315
170☆| 19500 |☆150
345 | 19250 | 60
540 | 19000 | 28
600 | 18750 | 14
| 18500 | 7

今度も19,000円のコールとプットの価格を見てください。

コール540円
プット28円

540円+28円=568円
この金額で売却すると

568円ー320円=248円

この場合も利益になります。

オプション取引の買い戦略は時間をかけてしまうと
時間価値が下がるので長くは持てません。

しかし短期間で、どちらかに動くか分からないときでも
大きく動く状況なら、上でも下でも利益に出来ます。

こんな取引方法もオプション取引の魅力です。

この戦略を成功させるためにはいくつかのポイントがありますが、

こんな優位性がある取引が出来るものもありませんね。

来週も引き続き、オプション取引のお話しを進めていきますので、
楽しみにお待ちください。

最後までお読みくださりありがとうございました。

<大好評!>
視聴者900名超!
こちらの特別企画が好評です。

プロが実際に使っている、
「勝率8割超のトレードルール」を
知りたい方はいませんか?

http://japan-i-school.jp/jim/op2/
※いまなら無料でご覧いただけます。