カテゴリー別アーカイブ: 谷口洋章

実践!オプション取引の予想の立て方

2017.03.21
prof_taniguchi

From:谷口洋章
自宅の書斎より、、、

こんにちは、谷口です。

オプション取引の概要はなんとなく分かってきましたか?

毎月、第2金曜日のSQ値を予想して取引するのですが
具体的な価格表を見てもらいましょう。

真中にある「権利行使価格」が4月の第2金曜日を予想するための、
プライスボード「権利行使価格」表です。

現在の日経平均が19,521円ですので、ATMは19,500円となり、オレンジ色で示されています。

先物の夜間取引で225先物が19320円まで下げているので、コールとプットの価格がずれています。

実際は19375円がATMとなります。

左がコール、右がプットです。

この表の中で説明すると、4月の第2金曜日までに日経平均がどれくらい動くかを予想してみましょう。

表の中で「権利行使価格」20250円を見て下さい。
権利行使価格のすぐ左に28.0の数字がありますね
これが4月限の20250円のコールの価格です。

次に「権利行使価格」18750円を見てください。
今度はその右側に100.0の数字があります。
これが4月限の18750円のプットの価格です。

この価格は1000倍で計算しますので、
・4月限20250円コールのプレミアム価格は28,000円
・4月限18750円プットのプレミアム価格は100,000円

予想レンジは現在の日経平均から上昇で875円
下降で625円、上下値幅で1500円です。

4月の第2金曜日は14日ですので、今日から21日あります。

仮に4月14日の日経平均が19800円で終わったとします。

そうすると、18750円から20250円の予想レンジの中で
終わったことになりますので、予想的中となります。

この時点で、このコールとプットの価格は予想価値がなくなる為
0円となります。

もしこれを売りでもっていたとしたら、合計金額の128,000円が利益となります。

「簡単」です!

ですが、そんなに上手くはいきません。

それは予想は外れるからです。

値幅の予想値をもう少し広げてみましょう。

下の表を見て下さい。

今度は上限の20625円
下限17625円

値幅は3000円です。

来月の14日までに日経平均がこの中で収まれば、あなたの勝ちです。
20625のコール、10,000円
17625のプット、12,000円
合計22,000円が4月14日に決定します。

実際には、その前にこのあたりの価格は1~2円になる可能性が高いので
SQ日を待たずに決済することが多いです。

オプション価格のチャートを見てください。

日経平均が予想価格に近づかなければ
ほとんどの権利行使価格は下降トレンドしか描きません。

初心者でも利益になりやすいのは、
この仕組みにあるんです。

とは言え、予想を外したときの対策は必須です。

まずは初心者でも出来る方法から覚えていき
手法を増やす中で経験していけばよいと思います。

谷口洋章

<編集部のオススメ>
「そろそろ、
 投資を体系的に学ばなくては…」
とお考えの方にピッタリの口座が無料公開中です!

専門性の高い複数の講師から
プロの技術を良いとこどりで学べます。

期間限定公開ですので、お早目にお申込みください!
↓↓
http://japan-i-school.jp/toshi-school/cc/opt01/


日本は遅れている?!オプション取引の歴史と現在

2017.03.14
prof_taniguchi

From:谷口洋章
自宅の書斎より、、、

こんにちは、谷口です。

今日はオプション取引の歴史などのお話をします。

先物取引や、オプション取引は

株や債券、為替などをそのまま取引するのではなく、
将来の取引を先取りすることで、
価格変動リスクを下げる金融商品で
金融派生商品(デリバディブ)と言います。

デリバティブ取引が始まったとされるのは
なんとギリシャ時代になります。

今から2600年ほど前の哲学者タレスが

オリーブの豊作と
それに伴う圧搾機の賃料の高騰を予測し、
圧搾機を定価で借りる権利を
予め所有者に権利料(プレミアム)を
払って押えておき、

実際に豊作になった時に
圧搾機を定価で借り上げて(権利行使)
需要者に高値で貸し付け、
差益を得たと言います。

なんと賢い取引でしょうか?

安い予約金を支払うことでリスクを
押さえる発想はさすが哲学者!

その後、オプション取引は17世紀中頃、
オランダではチューリップの球根を対象に
オプション取引が活発に行われていました。

日本のバブル経済のように
チューリップの球根が取引され、
後にチューリップ・バブルと呼ばれます。

1637年にオランダが経済不況に陥ったのは、
チューリップ価格の急騰で
コール・オプションを大量に売っていた業者が
支払不能となったことが発端だったと伝えられています。

その後、17世紀末にはロンドンで株式と商品のオプション
およそ100年後の18世紀末には
アメリカでオプション取引が始まる

日本では、1982年10月に
砂糖、金、財務省証券で
先物オプション取引がスタートし

現在では主要通貨から
債権、金利、株価指数、穀物、畜産、ソフト、石油製品、通貨など
取引対象は多岐に渡っています。

一般投資家は流動性の問題から
225先物オプションが
唯一といっていいほどの対象商品となります。

アメリカや韓国では、
株式や為替など多岐にわたって
一般投資家が参入できる流動性を
持った市場となっており、

日本の市場もオプション取引が、
もっと一般化することを願います。

谷口洋章

<編集部のオススメ>
「先物を始めてみたいけど、
 なんだか怖い、、、」
世間のイメージの根源となっている理由を
あなたはご存知ですか?

相場の裏側で何が起きているのか気になる方はコチラ
↓↓
http://japan-i-school.jp/jim/nikkei225_170324/


オプション取引の基本を押さえる!

2017.03.07
prof_taniguchi

From:谷口洋章
自宅の書斎より、、、

冬も終わり、春がやってきました。

天気の良い日が続いて、
どこかに出かけたい気分になりますね。

もう少しで桜の季節になりますが、
皆さんの地元ではどのように楽しまれますか?

ここ金沢では、
兼六園に桜が咲くと無料開放されるので、
優雅な庭園で桜を楽しむことができます。

絶景ですので一度見にこられると良いですよ。

さて、前回に引き続き
専門用語の基本的なところをお話します。

前回の後半に説明した内容が、
オプション取引において最大の特徴でもあるので、
少し深堀します。

オプションの価格は、
権利行使価格毎に違います。

その違いについてですが、普通の株取引などは、

「買った値段」から、

「いくら上がったか、
 いくら下がったか」の

価格差だけを取って行くのに対して、

オプション取引はSQ日(満期日)までに
その価格(権利行使価格)になる
「可能性を売買する」ので、

1、権利行使価格と原資産の価格差(本質的価値)
    +
2、SQ日までの残存日数で決定される予想値(時間的価値)
    =
オプション価格

と、なります。

1の本質的価値は価格差なので
株式取引と同じですが

2の時間的価値は予想値なので、
価格が決定されるSQ日(毎月第2金曜日)までに
なくなっていきます。

この、
最終的にSQ 日には0円になる時間的価値を
取引しているところが最大の特徴となるのですが…

必ず下がるものなら、売っていればいいんじゃない?

と考えられますよね。

実際その通りで、
買い方よりも売り方のほうが圧倒的に優勢です。

ですが、権利行使価格は
日経平均の値動きによって価値は変わってきます。

その要因となるのが日経平均のボラティリティ(値幅)です。

一般的に日経平均の値幅の
変動率に用いられる指標が

HV(ヒストリカル・ボラティリティ)と言い
過去の値動きに対して統計を取ります。

これに対して、
オプションのプレミアム価格では、
SQ日までの可能性を考慮して
未来に対しての変動幅を考えなくてはいけません。

そこで使われているのが
IV(インプライド・ボラティリティ)です。

これは予想変動率と呼ばれます。

市場参加者が、
今後オプションのプレミアムが
どのように変化するかを数値化したもので、

市場参加者における将来の予想
(人気や期待度など)が反映されています。

ですので、その原因となる日経平均がどれくらいの期間で
いくらくらい動いたのかが、大きく関係してきます。

日経平均が大きく動き始めると、
オプション価格はもともと予想値なので
日経平均よりも大きく興奮を持って動きます。

よくオプション取引は、
ボラティリティ(値幅の変動率)を
売買すると言われますが

こういった仕組みから
言われることもあるんですね。

時間とともに減り続ける予想値
原資産の変動に対して動く予想値

これをIVの数値を見て
取引するのがオプション取引と言います。

言葉では難しくなってしまいましたが

人間の予想や、興奮といった
あいまいなものを数値化している
ので
言葉では難しいものですね。

谷口洋章

<編集部のオススメ>
その努力、
もう必要ないかもしれません・・・

あなたのこれまでの投資方法を覆す
ここでしか明かされない
驚きの相場の真実をお伝えします。
⇒ http://japan-i-school.jp/jim/seminar_170318/


オプション取引の専門用語、わかりますか?

2017.02.28
prof_taniguchi

From:谷口洋章
自宅の書斎より、、、

こんにちは、谷口です。

オプション取引を行っていくときには
当然仕組みを覚える必要があるのですが
仕組みとともに専門用語を覚えていきます。

初めて聞く言葉が多いのですが
仕組みを覚えるために必要なので
少しづつ覚えていきましょう。

まずは

・「原資産」

株式取引などはそのものに価格があります。

オプション取引は何かの価格を元に取引をしますので
その元になっているものの価格の事を「原資産」と呼びます。

資産が株式であれば 株式オプション、
金利であれば 金利オプション、
通貨であれば 通貨オプション
日経オプション取引は、
その名の通り「日経平均」を元に計算されます。

・「コール・オプション」

原資産を買う権利

・「プットオプション」

原資産を売る権利

オプション取引とは、
このオプションという権利を売り・買いする取引のことです。

オプションの買い手はオプション料(プレミアム)を
オプションの売り手に支払い権利を得ます。

コールオプションを買った場合、
原資産の市場価格が上がるほど利益は
無制限に発生します。

一方で市場価格が下がって
買い手にとって不利となった場合は
原資産を買う権利の行使を放棄できるため、
リスク(損失)は常に支払うオプション料に限定されています。

オプションの売り手は
取引所が指定する証拠金を差し入れることで、

オプションを販売出来るようになり、
オプション料(プレミアム)を
買い手から受け取る事が出来ます。

売り手はプレミアム代金を約定後すぐに受け取ることができますが、
利益はこの受け取ったプレミアム限定されます。

一方、売り手は買い手の権利行使には必ず応じなければなりませんので、
損失は無制限に発生する可能性があります。

・「権利行使」

原資産を買う権利、売る権利を約束した日に実行すること

・「権利行使価格」

SQ日に日経平均がいくらになるかを予想するための価格表

・「SQ日」

毎月第2金曜日
最終取引は第2木曜日

この日までに日経があがるか下がるかを予想します。

・「アット・ザ・マネー (ATM) 」

原資産が権利行使価格付近にある状態

・「イン・ザ・マネー (ITM) 」

原資産が権利行使価格を上回っている状態。

・「アウト・オブ・ザ・マネー (OTM) 」

原資産が権利行使価格を下回っている状態。

・「本質的価値」

権利行使価格と原資産の価格差

・「時間的価値」(タイム・ディケイ)

SQ日までの残存日数で決定される予想値

・「プレミアム価格」(オプション価格)

「本質的価値」+「時間的価値」

専門用語が多いのでわかりにくく感じますが
まずはここを押さえておくと
具体的やっていくときの理解が早くなります。

雰囲気だけでも良いので、ある程度は
掴んでおきましょう!

谷口洋章


「気分屋」にどう対応?!オプション取引の特性

2017.02.21
prof_taniguchi

From:谷口洋章
自宅の書斎より、、、

こんにちは、谷口です。

オプション取引は、
人間が考えた取引方法の中では
とても特殊な取引と言えます。

本来なら、株式取引も為替や、
債権なども地合いに合った、
人間の感情が価格を決めるものですが

目に見えない感情のゆがみや正当性を
数式によって計算された相場なのです。

株価でも理論株価と言うものを
基準として考えることがありますが、

その考え方を基準にしていると思うと
分かりやすいでしょう。

本来ならこの価格そのものは
欲しがる人が興奮状態になると
一時的に大きくプレミアムがついて
上昇します。

しかし、興奮はいつまでも続きませんので
行き過ぎた価格は適正価格まで下がります。

逆に暴落などは、一時的な恐怖心から
大きく値を下げるのですが

これも売られすぎ、すなわち過度の恐怖心で
大きく下げた価格は、恐怖心が落ち着くと
適正価格まで戻ります。

この適正価格を計算し
価格の買われすぎ、売られすぎ
から適正価格に戻るところを利益とする
「売り」戦略

全く興奮状態がなく、冷め切った状態から
興奮状態になる価格を取りに行く
「買い」戦略

相場はこの「興奮」と「冷静」を繰り返しています。

この相反する感情の価格と戦うのですから大変です。

感情の起伏の激しい
「気分屋」と付き合う方法は
振り回されないように、

いつも冷静に「気分屋」を観察して
利用する必要があります。

だからヘッジ取引がオプション取引の本質となるのですね。

友達にもいませんか?
「気分屋」で「身勝手」で「横暴」な人

生活上、嫌いなら付き合わなければ良いのですが
身内や、上司にいたら何とか
上手く付き合わなければいけませんよね。

調子の良いときは、予想通りに動いてくれますが
いざ不機嫌になると大暴落します。

「気分屋」ですから突然来ますので読めないんですね~。

それが相場と付き合うことかな~
と思う今日この頃です。

谷口洋章


トランプ大統領の戦略と相場感

2017.02.14
prof_taniguchi

From:谷口洋章
自宅の書斎より、、、

こんにちは、谷口です。

安倍さんはがんばりましたね。

トランプ大統領のゴルフ好きなことを材料に
「ゴルフ接待」

しかもトランプ大統領所有のゴルフ場
我々庶民は馬鹿馬鹿しい限りですが
トランプにとっては最高の接待だったのでしょう。

北朝鮮のミサイル発射の威嚇が
トランプ大統領と安倍さんの絆を深めるきっかけと
なってくれた事は良かったです。

為替に対しての暴言がなくなったことは
今後の日本株にとっては好材料となります。

ですが、まだまだ慎重な感じの展開です。

首脳会談によってトランプ大統領と阿部さんの
関係は極めて良好になったのは良いですが

日米FTAを控え楽観視とまでは
出来ないのが現在の日経です。

ただ、今までの動きを見ていると
トランプ大統領はゲームが大好きと見えます。

ですので、必要以上のハッタリや
パフォーマンスを演じているのが見え見えです。

そろそろ、あのやり方も通じなくなるのでは?
と思うのですが、どうなることでしょう、、、

楽観的に見れば今後の日米の経済は、
日米FTAに友好的に盛り込まれ
両国の経済は共に上昇と考えられます。

トランプ大統領が本当のアメリカ主義なら
日本を守ることが、
アメリカの経済にとって
主力として考えることは当然と思うのですが、

いかがでしょうか?

仮に戦略家でも、単純でも、
このことは勉強すればわかるでしょう。

首脳会談後の安倍さんに対する顔つき、
目つきから想像すると
何かが変わった印象をうけました。

トランプ大統領の戦略が天才的なら
新大統領就任の経済効果を
過熱感を抑えながら使っている感じがします。

2万ドルの大台を超えたダウ平均を

失速させる事もなく
急上昇させる事もなく

しっかりと上に持っていかないと急落しますからね。

ビジネスマンなら経験則で分かっているはずです。

今後はドル高の効果が来る出しょうから
”じっくり上昇”の戦略をとって行けば良いと思います。

谷口洋章

<本日のオススメ>
不動産が節税に良いってホント?
実際、みんなはどうやっているの?

投資の勉強をしているなら、
改めて資産形成を考えてみませんか。

将来のために必要なことが
いまいち分からないという方は
こちらをクリック↓↓↓
http://life-planning-seminar.com/jis/