カテゴリー別アーカイブ: オプション取引

私がずっと続けてきたもの

2017.12.01
prof_ryujiji

From:りゅうじじ
自宅の書斎より、、、

おはようございます。

相場の方は少し動いて
後は横ばい状態が、
しばらく続いていますね。

昨日は比較的大きく動きましたが、
どちらの方向に行くのか
早く見定めたいものです。

このような時は無理は禁物です。
チャンスは必ずやってきます。

寄り付きは様子見、その後は流れに乗って
行きたいと思っています。

今日は、トレードをしないときの
振り返りの重要性について
お話ししますね。

あなたはトレードをする時に、
記録はつけていますか・・・?

もしかして、つけておられませんか?

トレード記録をつけるというのは、
もの凄く重要です。

なぜかというと、
トレード中には気づかない
自分のクセに気づいたり、

無意識に湧き上がってくる感情などに気づいて、
自分で自分のことを
コントロールすることが
できるようになるからです。

しかし、これがまた非常に
面倒臭く感じられるんですね。

私が株式取引を始めた頃がまさにそうでした。

今では、弟子に

「トレード記録は絶対に付けて」
「振り返りはかなり重要」

と、口すっぱく言っています。

投資を始めたての頃は、
利益金額などの数字だけ記録していたのですが、
全く続きませんでした。

しかし、ある時億単位で資金を
溶かしたの時に取引記録を見ながら、

「なんでこのタイミングで買ったのか?」
「取引した根拠は何だったのか?」

とふいに問いが浮かび、
答えられない自分がいました。

トレード記録は確かにつけるのが
面倒かもしれませんが、

記録に残しておかないと自分の行動のクセや
感情を知るのには、とても時間がかかってしまいます。

しかもその間に負けが続いて
資金が無くなって、もう諦めてしまうかもしれません。

そうならないように、
もちろん今でもずっと記録を付けています。

このトレード記録を毎日、漏れなく埋めて行くと、

・どんな相場の状態の時が得意なのか?
・逆に苦手な相場はどんな時か?
・予期せぬ出来事が起きた時に、
 どんな間違いを冒してしまうのか?

などが明確にわかるようになります。

そして、トレード記録を付けていると、
みるみるトレードの腕が上達していきます。

上達というより、
NGを回避するという見方が正しいかもしれません。

今、トレード記録をつける習慣がない方は、
今日からぜひ付けて見ると良いと思います。

今日はもう週末。
無理せず頑張りましょう。

りゅうじじ

P.S.
先日のデイトレセミナー、
実際に私のトレードをお見せできたことで
皆さんに大変満足いただけました。

次回開催は12月18日(月)になりますが、
詳細が決まり次第、ブログでお知らせします。


Q.勝てているのに教える理由

2017.11.10
prof_ryujiji

From:りゅうじじ
自宅の書斎より、、、

おはようございます。

相場の方は益々値幅が激しく、
昨日の後場、早読みで売りを仕掛けて
大きく資金を減らしている方と、
片方では大きく稼いでいる方もいます。

これが相場の世界です。

でもあきらめたら、その時点で
負けが確定してしまいます。
どんなことがあっても、あきらめない事です。

昨日、数名の方からメールが届いていました。

毎週この記事をJISさんに配信してもらって
皆さん勝てるようになっているのか?
気になっていたので、
メールいただいた方に感謝しています。

元々は、限られた人にしか
投資を教えたことがないので、

このような形で伝えることは
すごく難しいというのは承知していました。

しかも、この業界は教える(=勝たせる)よりも
商材を売りたいという人たちが存在しています。

そんな現状もあってか、

「りゅうじじさんはなんで、
 JISさんで記事を書いているのですか?
 私はお金がないので、手法を売りつけようと思っても
 買いませんよ」

このようなメールが届いていました。

そう思われるのも無理ないでしょう。
私も承知しています。

ネットでは商材を売らないと儲けにならない。
確かにそうです。売ることが目的なら。

しかし、私は人を何百人も集め、
数万円で手法を売り切るつもりはありません。

私の目標は、もっと複数の人と
大きな運用を行っていきたいので、
1人でも多く任せられるトレーダーを育成することです。

実際に今、私は
弟子の育成にも力を入れています。

そして、私以外にも手法を
使いこなす人が何人もいれば、
大きな金額で運用ができるようになります。

実際、たくさんの方から
運用の話をいただいていますし、
システムトレードも考えています。

そうなると、私自身で
大きなお金は運用できるのですが、

そうはいっても、人の力を借りないと
達成できない状況になってしまいます。

なので、本気で稼ぎたい、
そして、大きなお金を運用して
コツコツ利益を出したいと思う方に
教えたいという考えがあります。

お金を持っている人は
意外と身近に多くいらっしゃいます。

そして、「この人は確かだ」と思えば
簡単に数百万ですとか、数億という
お金を出してくれます。

だって毎月10%でも20%でも
安全にプラスを出せるのなら
大切な資産を預けたいですよね。

なので、今は証拠金が少なくても、
関係ありません。

5万円からでも毎月1万円
稼げるようになれば世界は変わります。

その先には、たくさんの利益と共に
全く違う世界が待っているでしょう。

ただ、この20%をいかにリスクなく
淡々と取れるようになるか?
これを追求することだけです。

投資での収入額も、どん底の時に
比べて何十倍にもなりました。

そして、本気で構想してくださる人には
これからも手法を教えていこうと思います。

私も昔、株でズタズタに負けた
事もありましたが、再び這い上がりました。

最終的には精神力と資金力です。
相場の世界には、拾いきれないほどの
お金が落ちています。

それを簡単に拾いにきて、
沢山落としてこの相場の世界から
去っていくのが現実で、
ほとんどの個人投資家が負けています。

見ていますと、いつも同じような
手法を繰り返しながら、
資金を減らしていますね。

もう少し考えようがあると思います。

まだまだ相場は強い動きですので、
今日も流れに乗ってチャートを
しっかりと見て、エントリーしていきます。

りゅうじじ

<編集部のおすすめ>
クジラ講師の秘密のアプローチが
わずか4時間で公開されています。

トップ0.01%の世界で生み出された
至高のテクニックですが、
もう後戻りできないのでそのまま載せます。

大事なノウハウがポロリ:

http://japan-i-school.jp/jim/kujira_171118/


恐怖の”利食い”

2017.11.03
prof_ryujiji

From:りゅうじじ
自宅の書斎より、、、

おはようございます。

相場は相変わらず強い動きで
新高値更新が続いています。

調整期間もたった3日間で
再度上昇してきそうですね。

ここ数日の取引も殆どが
買いの上げ方向でした。

逆に売りで持っている方々は
ストレスの溜まる毎日だと思います。

そんな心境でトレードをしていると、
得てして人というのは
感情を揺さぶられます。

「もう少しで下がるだろう(下がれ‼)」
「これ以上の含み損は耐えられないから切ろうか」
「もう入るのすら怖い」

こういった心理は、すべて感情が根本となっています。

トレードは常に
自分の感情との戦いでもありますが

今日はその中でも利確のときに
よく起こる感情についてお話したいと思います。

例えば、デイトレで含み益が
+50円(先物ミニ1枚で5,000円)になって

「そろそろ利食いしよう!」

と思っていた矢先
あれよあれよと逆行し含み損に。

そこからまた反転して、
+20円(先物ミニ1枚で2,000円)の含み益になったときに

「また含み損になるの嫌だし。。」

と思ってすぐに利確してしまう。

こんな経験はないですか??

こういった利食いのことを
恐怖の”利食い”と私は呼んでいます。

含み益を伸ばしきれず、
少しの利益で利確してしまう。

こういうトレードをしていると、
1回の大きな負けで「損大利小」となってしまい、
最終的にはプラスになりません。

かつての私も含め、
殆どの個人投資家がこの
負のスパイラルに陥っています。

では、どうすれば
この問題を解決できるのか?

その答えは2つ。

まずは、
「こうなったら必ず利確する」という
ルールをつくり、それを何があっても
絶対に守ること。

さきほど上げたような
迷いはそもそもルールが決まっていないこと
から生まれます。

そして、ルールを決めたら、
必ずエントリー時に利確の自動決済注文も
同時に入れましょう。

私のデイトレ手法は
これを徹底しているので
まず大損しません。

利食いした後上がろうが
下がろうが関係ないのです。

自動的に決済されるので、
迷うこともなくなり、
あなたがチャートを監視する(はずだった)
時間も節約できます。

(※もちろん、損切の自動注文も入れましょう
途中で決済注文を取り消すのはNGです)

もうひとつは
恐怖のあまり利食いしてしまった後に、、、

もし、そうしなかったら
どのような結果になったのか、
検証してみてください。

つまり、我慢して持っていれば
どれだけの利益が実現できていたか
を知ることです。

そうすることでいかに
恐怖で利食いするのが
勿体無いことかがよく分るでしょう。

この検証、特にポイントとなるのが、
1つ2つのトレードだけではなく
数を重ねたうえでトータルで結果を見て下さい。

トレードには偶然や
運の要素もありますし、
ある一定の試行回数が必要です。

利食いに自信がない時は
これら2つの対策をやってください。

今日は週末、無理をせず頑張りましょう。

りゅうじじ

P.S.1
私のデイトレ手法に
興味がある方はこちらにご参加ください。
手法はもちろんツールの使い方から
悩み相談までじっくりお伝えします。
http://japan-i-school.jp/jim/1711113_seminar/

P.S.2
31日に初めて先物を習った
生徒様から翌日午前中6分間で
+60円(元本比約20%)取れたと報告がありました。
有り難いことです。


専業トレーダー誕生

2017.05.30
prof_taniguchi

From:谷口洋章
自宅の書斎より、、、

先日の授業の時、うれしい報告を受けました。

お一人は先月から既に専業レベルまで
力をつけていたのですが、
今回はふたりめの専業トレーダーが誕生しました!

今日は彼らについてのご紹介をさせてください。

彼らは僕が以前から講師を勤めている
スクールの生徒さんです。

先月から専業レベルまでに達したお一人の方は、
習い始めてちょうど1年ほどになる方ですが、
去年の9月あたりからメキメキと力をつけて来ました。

副業コースのカリキュラムも
そこそこにすぐに専業トレーダーの
コースに入られたのですが、

当時から
「今年の3月には専業になりたい、
 そのためにどうするか」

と言う課題で目標を立てていました。

仕事も大変忙しい彼でしたが、
その合間を縫って目標を達成されたのです。

彼のトレードスタイルは基本に忠実に、
かつ大胆に、習ったことを
最大限に活かしています。

先日の講習の時に報告を受けたもう1人の方は、
既に先月仕事を辞めトレード1本で
生計を立てているとの事でした。

彼も習い始めて1年ほどになるのですが、
副業トレーダーのカリキュラムもそこそこに
やはり専業トレーダーのカリキュラムに進まれました。

専業トレーダーのカリキュラムを始めて
間もなくデイトレードのカリキュラムも受講され、
彼の勉強意欲の強さを感じていました。

その後も定期的に経過を報告いただきましたが、
基本を忠実に利益を出されていました。

現在のスタイルはファンダメンタルを取り入れ、
新興株を中心にトレードしているとの事でした。

こちらでIPOの講座をさせて頂いておりますが、
IPO系の株のことを新興株といます。

利益率が高い新興株ですが、
初心者がいきなりやり始めて
大火傷おっている市場でもあります。

彼も、最初から専業になることを
目標にしていましたので、

あっという間にテクニックを身につけ、
ファンダメンタルを組み合わせることで
大きな利益を上げ始めています。

2人の勉強法は、
まさにお手本になるのでご紹介しておきます。

当然ですがお二人とも授業までに
ビデオや教科書を元に何度も勉強されてきました。

講習の時はわからないことを
どんどん質問してきましたし、
メールでもたくさんの質問をいただきました。

初めから本業になることを目的として
習われる方の特徴です。

できたら良いなぁと言うようなやり方ではなく、
そうなるためにしか動いていません。

細かな勉強の内容をご紹介すると、
そんなに努力しなければいけないのかと
思われるかもしれません。

ですが、得られるものの価値がわかっている人は
それを努力とは思わないんです。

お二人ともいつも楽しそうに頑張っていました。

お一人は専業となられましたが、
もう1人の方は未だに仕事を続けながら
トレードをしています。

先月から専業になった方が専業になって、
1つだけ悩みが出たそうです。

その悩みとは、、、

「暇」

トレードのコツがしっかりわかると、
結構「ひま」になります。

その暇を使ってこれから好きなことをしながら
人生を楽しんでいける訳です。

これからも彼らのような専業トレーダになって
人生を自分のものにできる人を
たくさん育てていきたいと思っております。

谷口洋章


<編集部のオススメ>
FXをやり始めたけど、
どうも成果が上がらない、
もっと上を目指したい…と思うなら、

こちらのセミナーでもう一度
基礎から学んでみませんか?
http://japan-i-school.jp/jim/kujira_170604/


【新銘柄】IPOは6月から!

2017.05.23
prof_taniguchi

From:谷口洋章
自宅の書斎より、、、

おはようございます、谷口です。

5月のIPOは無かったですが
6月は3件決まりました。

ビーブレイク、
DMソリューション、
エコモット
です。

4月以来の新規上場とあって、上昇力は大きそうです。

いろんな投資がありますが、
個人投資家が運用できる資金は限りがあります。

時間も限られた中で、本格的に投資の勉強は
なかなか出来ないのが現実でしょう。

僕も投資を始めたころは、
朝から晩まで仕事をしていましたから、
基本的な勉強もままならないといった感じでした。

ですから、できるだけ効率の良い方法を探したものです。

IPO投資は、新規上場特有の
値動きをするため分析は簡単でした。

出回っている情報が本当か嘘なのかは
データを集めて分析すればわかります。

トレードで成功している人たちは、
このような分析が得意なんですね。

独り占めしてもいいような
こんな情報をなぜ人に話すのかと言えば、
独り占めがあまり好きじゃないからです。

喜びは分かち合うと、
もっと楽しくなるでしょう。

読者のみなさんも投資が上手くなったら
人に教えてあげてください、
そうすることで投資する喜びがもっと増えますよ。

では今日はこの辺で。

谷口洋章


PS.
そんな教えるの好きの私ですが
6月9日にセミナーを
横浜にて開催したいと思います。

タイムリーに話題のIPOを
取り上げられると思いますので
お楽しみしていてください!
http://j-i-s.info/j-i-s/ipo/


IPOの第二のチャンス!セカンダリー投資の魅力

2017.05.16
prof_taniguchi

From:谷口洋章
自宅の書斎より、、、

おはようございます、谷口です。

5月は新規上場株が、今のところ1件も出てきません。
申し込みたくても申し込めない、寂しい時期です。

こんなときはセカンダリーで遊びましょう。

セカンダリーは話題性の高いIPO銘柄を
上場後にトレードすることを言います。

上場してから数年たっても、注目されてますので
何かのきっかけで大きく動くことが良くあります。

先週仕込んだジャパンシステムは
チャート形状が良かったからです。

決算発表が良いことも見込まれていましたが
内容は233%増で着地
月曜日からストップ高となっています。

今日当たりで売ろうかと考えていまいしたが、
今日もまだまだ上昇しそうです。

もう一つ仕込んでいたのが、シンシアです。

これも典型的なチャート形状でした。

昨日の決算発表はたいした結果ではありませんでしたが
本日急上昇です。

僕は基本チャート形状でトレードしていますが
IPOの場合決算発表で大きく売買されます。

始まったばかりの会社が多かったりしますから
当然売り上げがよければ成長率に
直結していると考えて買いが入りやすいですよね。

ボラティリティが大きい分上昇も大きいですが
失望売りも大きめです。

ですが最近上場したような銘柄で
ストップ高はあっても
ストップ安はおきにくい印象です。

基本大口が入りにくい銘柄であったりするせいでしょう。

さてシンシアは今後どうなるか期待したいところです。

谷口洋章


<編集部のオススメ>
一般投資家が相場で
勝ち続けられないのには
ある理由があります。

市場に潜む大きな動きを読み解き、
カモにされる日々から
脱却したいと思いませんか?
http://j-i-s.info/j-i-s/okuribito_tokyo/
※残席残りわずかとなりました!