カテゴリー別アーカイブ: 高子

『だまし』を言い訳にしてませんか?

2018.11.11
j-i-s_70

From:高子
都内のMy Salonから、、、

みなさん、こんにちは。

高子です。

トレードに検証はつきものですが、
正しい検証作業について
指導してくれる人はあまりいません。

もしサンプリングを間違えると、
せっかくの検証データも
屑同然の「誤解」となって
導き出されてしまいます。
(ひどい言い方ですみません…)

もっと分かり易く言いますと、
偏った母集団を意図的に
作ってしまっていたとしたら、

検証(統計)データとしては
信頼に足るものとはなりません。

これではいくら努力しても水の泡。
資料的価値の低いものとなってしまいますよね。

相場の値動きに『だまし』という
フレーズがあります。

熱心に投資情報を集めている方なら
頻繁に耳にされたことがあるはずです。

生徒さんからも、これは『だまし』ですか?
とよく質問されたりもします。

私は、勉強熱心な方へは、

「それは騙されたのではなく、
 貴方が見誤っているのかも。」

と率直に伝えます。

多くのトレーダーの悪い癖は、
想定外の動きを見たときに、
単に『だまし』だったということで
片付けてしまっている点です。

『だまし』だったから、仕方ない…。

みたいな見解だと、
また同じことの繰り返しですよね。

難解な相場を見抜くために行う検証で、
このように何も疑問を感じず
スルーしてしまう癖がついているのは、
とても危険なことだと思います。

トレードでよい成績を残されてる方々は
自分にとってどんなに不可解な相場でも、

「何故こういった動きをしたのだろうか?」

という疑問に立ち返り、
徹底的に答えを追求してるのでは
ないでしょうか?

これは、私自身の
経験からもそう感じています。

例えば、ブレイクアウトを
エントリーの定義として取り入れようとすれば、

多数の人が高値(安値)に水平線を引き、
見た目重視でエントリーの基準としようと、
考えるはずです。

ほとんどの教科書にそう載ってますし、
自然の摂理のように感じて
疑わないのも致し方ありません。

でも、ほんとにそんなに
単純なことなのでしょうか?

そこには、ひねりもアイデアも
何一つ加わっていない、、、
良く言えば、「シンプル」笑

これで本当に相場を見抜くことが
できるのでしょうか?

実は、ブレイクアウトというのは、
トレーダーの問いのかけ方次第では
有意な手法の一つでもあります。

その有意さを引き出すためには
『偶然』を排除したデータが必要です。

そして、そのデータにおける
ブレイク前のモメンタムこそ
最重要サンプルになっているはずです。

※偶然を排除したデータとは、
一旦ブレイクしたにも関わらず、
戻って来た例。
(俗に言う、行って来いの状態)

※モメンタムとは、
ブレイクアウトするまでの
距離(運動量)によるもの

この、私の考える二つの要素と
そこから導き出されたデータが
真の検証結果(確率論)になり、
次回のトレードに生きるのです。

正しいデータが揃えば、
もちろん、『だまし』と言われる値動きも
高い確率で判断できるようになります。

『だまし』だから仕方ない…で、
終わらせるのではなく、

「何故こうなったのか」を
どこまでも検証してみてくださいね。

答えはチャートの中にあります。

今週はどんな値動きになるのでしょうか…
楽しみですね。

では、今週も良いトレードができますように。

高子

追伸:
本日はちょっと深い話をしましたが、
普段は初心者の方限定の
先物セミナーを開催しています!

シンプルなトレードと利益率の高さを
両立させたい方には
是非、知っておいてほしい内容となります。

私のトレードの核となる
ノウハウについてもお話しますよ♪

http://japan-i-school.jp/jim/takako_1811/


相場の流れを知る「参考材料」とは?

2018.11.04
j-i-s_70

From:高子
都内のMy Salonから、、、

みなさま、こんにちは。
高子です。

11月初旬、
米国での中間選挙を控える中、
日経相場は暫定的底値からの
戻し傾向にて推移していますね。

ただ、まだまだ不安定な値動きが続いています。

ここ最近のチャートみてるといつ何時、
急騰急落が起こっても不思議じゃありません。

さて、ここで直近最高値24480から
暫定底値20790の動きを
振り返ってみたいと思います。

前々回の記事にて、
「支配的値動き」というのは、
夜間のセッションに現れる事が多い
と述べました。

この通り、高値を形成したのも、
暫定安値も夜間での動きによるものでしたね。

トレーダーは千載一遇のチャンスを
常に監視の対象においてる訳ですが、
いつも就寝中に動かされるという始末。。

普通に生活していては、
これには流石について行きようがありませんし、
ピンポイントでポジションを作るということは
諦める他に仕方ありませんよね。

でも、大きな流れというものを把握していると、
ピンでなくも有利なポジションを作る事は出来ます。

その流れをある程度読むことが出来る指標に
『騰落レシオ』というものがあります。

※騰落レシオとは
市場の値上がり銘柄と値下がり銘柄の比率から、
過熱感をみるテクニカル指標の一つです。

これまで見たことがないという方は
参考にしてみてくださいね。

流れの読み方の前に、数値やチャートを
どう解釈すればよいのか?をご説明します。

折れ線グラフが120という数値を上回れば
明らかに買われ過ぎによる過熱感。

100の推移はほぼニュートラル(中立)。

売られ過ぎによる数値は70という
ゾーン帯で示されています。

では、下のチャートをご覧ください。

騰落レシオ参考1

明らかに、今回の高値付近(青丸)は
120を上回った過熱感を示しています。

一方、今回の暫定底値(赤丸)は
売られすぎたことによる70のゾーン帯付近。
従って、反発をしたということになります。

また、下の表の左端は、
詳細なレシオ数値が表示されています。

騰落レシオ参考2

10/26から反発するのではないか?
ということが、数値から読み取れますね。

ただし、どの指標にも言えますが、
レシオ数値も必ず100%機能するわけではありませんので、
その点はご理解くださいね。

あくまでも参考までです。

他にも、バルチック海運指数や、
VIX指数、ヒンデンブルクなどなどありますが、
またおいおいご紹介したいと思います。

とにかく日経と相関関係にあるものは、
知っておいて損はないと思います。

身近には原油価格やドル円相場ですよね。

不安定なときこそ、
判断材料を増やして無理をしないこと、
そして、チャンスの片鱗を見逃さないことです。

ということで、
先行きどう動くか、二番底模索に下がるのか、
不意な急変が現れる事の無いよう祈るばかりですが
しっかりと相場と向き合っていきましょう。

ではでは、今週も良いトレードができますように!

高子

追伸:
今後の相場状況については危険な面もありますが、
動いているという点では「稼ぎ時」でもあります(*^^*)

トレードについて不安点が多いという方は、
初心者対象のこちらのセミナーにご参加ください。

できるだけ丁寧に相場について
お話していきますので、
不安を解消して強気のトレードが
できるようになるはずです。

http://japan-i-school.jp/jim/takako_1811/


どうなる?日経暴落・・・

2018.10.28
j-i-s_70

From:高子
都内のMy Salonから、、、
皆様、こんにちは高子です。

前回の「テクニカルエッジの意味するもの」
「支配的な値動き」
の続編として、

「中東資金とバチカン市国」についてなどを、
書こうかなと思っていましたが…

たぶん長文になってしまいますし
投資ブログに政治色を書くのもどうかと思い、
今回は断念しました。笑

気になる方がいれば
またお話する機会を作りますが、、、

トレーダーの皆さんには
もっと気になる話題がありますよね。

それは…

「日経暴落」

ということで、本日は、

今回の日経の「ガラ」ともいうべき下落は、
いったい何がトリガー(原因)となって、
こうも大きな下げへと繋がったのか、
そして、今後どういった点に注意をすべきか。

この辺りをお伝えしようと思います。

前回、

「もうそろそろ底なのではないかな」
「いくら何でも売られ過ぎでしょ!」

などの

値ごろ感での売買
決してやらないように…

と、お伝えしました通り、
日経先物は金曜の時点で(10/26)、
21000をも割り込みそうな
後場展開を見せていましたね。

ここで少し余談です。

少しトレード歴のある皆さんは、
過去の暴落の何度かをリアルに
体験されていると思います。

その時、

・どのタイミングで
・何をトリガーとして
・結果、底打ちとなるまでに幾ら下がったのか

を、検証してみてはどうでしょう。

チャートパターンから導き出す背景
それとは別に、トリガー(原因)となった背景が
国内問題なのか、もっと大きな世界レベルのものなのか、

そういった点を加味し、
今回の日経崩落がどの程度まで
売り進むのかを究明してみるのも、
将来とても役に立つのではないでしょうか。

もちろん私も日々検証してますよ。

リーマンブラザーズの件やチャイナショックなど、
過去に下げのトリガーとなった
できごとを拾い出し、
チャートに照らし合わせて勉強すると、
見えてくるものが沢山あります。

一説にはヘッジファンドの
売りパターンとして、ワンクールが
おおよそ2500円~3000円と言われています。

諸説ありますが私は、
通常3000円規模に収まると考えています。

そう考えると、24480を頂点とした今回の
崩落の下げ幅は21480程度に収まる筈ですよね。

ですが、どうでしょう?

今回は、更に下値を更新するありさまです。

オーバーシュートを考慮したとしても、
これは通常規模の下げ幅をより拡大した動きになりますね。

10月初旬より考えていた
今までとは違ったトリガー(下げ要因)により、
妄想的下げ幅4500円は俄かに
現実味を帯びてきたような、、、

あくまで個人的な見立てですので、
このブログご覧の方は、
話半分に留めておいてくださいね。

ということで、

今回の要点は日経は残念ながら、
もう少し下値模索に動くのではないでしょうか?

ということになります。

これからの原油価格の動向も踏まえ、
より一層の注意を払いながらの
トレードになりますね。

今月でこの激しすぎる相場も
落ち着いてくれたらいいですね。

それでは今週も良い
トレードができますように。

高子

追伸1:
本日も書いたように不安定な相場が続くと、
皆さんあらゆる悩みが出てくると思います。

そんな時こそ正しい知識を身に着け
効率良くお金を稼いで行きましょう!

初心者の方は是非セミナーにご参加くださいね♪

上手くトレードが出来ない方や、未経験の方でも
良いトレードが出来るようにお手伝いしますよ(^^)

http://japan-i-school.jp/jim/takako_1811/

追伸2:
今週もトレードのご報告させていただきます!

これを見ていると、
一つ一つのトレードは大きくなくても、
コツコツ積み重ねることが大切…と改めて感じます。
151387 (1)
みなさんも参考にしてみてくださいね!


逆思考でいきましょう!

2018.10.21
j-i-s_70

From:高子
都内のMy Salonから、、、

皆様、こんにちは。

高子です。

今週の日経は三尊より
2500円程の下落を見せましたね。

この後の展開が気になるところですが、
長期金利が上昇してることに加え、
貿易関税や中東問題など踏まえると、
先行きに不安を感じているというのが正直なところです。

とにかく10月の相場はよく動いてますよね。

振り回されてる方も
少なくないのではないでしょうか?

大相場での先物の値動きの粗さ、
それに加えて売り相場での下落スピードは

トレード経験の浅い方は特に
エントリーに恐怖を感じると思います。

なにせ一本一本のローソク足が
とても大きいサイズですから、
落ちるときは一気に落ちていってしまいます。

そしてそういう時は底値もわからないので
途中からの成行でのエントリーもとても危険です。

時間足が長ければ長いほど
取引の執行は当然不利になります。

今回の下げに上手く乗れた方は
大局を読めて素晴らしいと思います。

残念にも今回は波に乗れなかった方は、
これまでのチャートの下げ方を
事細かに記憶にとどめておいてください。

私の見立てとしては、
いつも通りルールに従い忠実に下げています。

次回、この様な同じ流れが出た時は
記憶のフォルダを開くと
良いトレードが出来ると思います!

過去のブログで、
トレードでの勝敗の分かれ目は
記憶力の差によるものだと書きました。

今、こうしてブログを読まれている方の中には
「トレードは思ったより難しい」と感じている
中級者の方もいらっしゃるかと思います。

そう感じられるのはもっともなのですが、
実は、相場の値動きの本源は、
複雑な様に見えてとても単純な動きをしています。

「私が買ったら直ぐに下がる」
「私が売ったら直ぐに上がる」
「誰かが自分の後ろで見てるんじゃないか…」

トレードの勉強をされていると
そんな話を一度や二度、
お聞きになった事があるかと思いますし、
ご自身でも感じられたことがあるかもしれません。

要は、誰の目にも
明らか過ぎるトレードには手を出さない事です。

肝心なのは、

"昨日のルールで今日は戦えない"と同時に、
相場はあなたの思うようには
決して動かないといということです。

つまりは、逆思考を持つということです。

別の角度から何度も相場を見返していると
パターンに気づける方はもっと増えるはずです。

くれぐれも、
自分勝手な思い込みトレードはやめましょうね。

都合の良い考えや予測は駄目は捨てて、
チャートを俯瞰的に見る。

迷った時は頭の引き出しを全開にして、
記憶のチャートを真似てくださいね!

それでは、今週も良いトレードができますように。

高子

追伸1:
最近も定期的に私の手法をお見せする
実践会を開催しています。

興味ある方は是非お越しいただきたいのですが、
先物が全く初めてという方は
是非こちらの初心者セミナーをご活用ください!

先物をやるメリットは未経験の方が
思うよりもずっと大きいですよ♪

http://japan-i-school.jp/jim/takako_1811/

追伸2:
最近はトレード履歴を出してくれないんですね、
というお声をいただいたので、
さっそく先週金曜のものを載せさせていただきます!

181019

この日はちょうどセミナーがあって
夕方までで止めてしまったのですが、
夜までやってたらあと10万くらいは伸ばせました…

でも、いつもブログで
「欲張ってはダメ」とお伝えしている以上、
これはこれで良しとしています(笑)


売りが的中!相場の見方を解説します

2018.10.14
j-i-s_70

From:高子
都内のMy Salonから、、、

皆様こんにちは、高子です。

前回のテーマとして三尊チャートの
出現と解説をしましたが、
今週はまさにテクニカルの示唆する通り
ベクトルは下方向に傾きましたね。

後だしになるようで申し訳ないのですが、
三尊を形成するのでは?という予感は
ヘッドにあたる夜の値動きにありました。

ザラバの高値を
僅かなギャップで寄り付いた後の続伸に
私はとても違和感を感じました。

買いの騙しっぽいので、
注意した方がいいね。と、
対面でお会いできた数名の方には
アドバイスをしていました。

それからというもの、
先週は下落の一途でした。

周りでは、次の買い場は?
押し目は?等の質問が多かったです。

逆に私は売り中心の目線で
買いは頭にありませんでした。

ちょうど先日10日にセミナーがありましたが、
その時、23480割れは売りです‼️
と断言していました。

セミナー来ていただいた方々は、
その後のチャートをよく見ていて下さったと思います。

ガイダンスした通り、
そこから一気に下げに入ってました。

そして翌日の朝には1000円の下落、、
想像以上の下げという結果になりました。

以後の値動きは大変粗く、
ボラティリティの大きな相場となっています。

危機を煽るつもりはありませんが、
急激な下落で、投げが投げをよぶ
阿鼻叫喚の世界をガラと言います。

「もうそろそろ底値かな。」等の
値ごろ感など持たないように、

初心者の方はエントリーには
十分注意してトレードを行ってくださいね。

今回テーマとしてお伝えしたいのが、

相場の『支配的な値動き』についてですが、

何が支配的なのかというと

「夜の値動き」が、です!

ブログ記事等で詳細を記すことは
できないのですが、、

でも、このキーワードだけは
しっかりとお伝えしたくて書かせていただきました。

特に現物取引の方に
目立って多いのですが、

日足チャートから
夜間取引を省いてる方など、
相場の見方としては、論外なのです。。

日本人投資家の目が行き渡らない
深夜時間(ニューヨークランチ後)に
隙をついて仕掛けてくる
という行為は

蓋然性が極めて高いということを
是非知っておいてください。

これだけでは全く意味がわからないよ、
という方もまずは相場を
見ることから始めてみてくださいね。

時間の切り分けを上手く活用して
確実性の高いトレードに磨きをかけましょう!

それでは、今週も良いトレードができますように。

高子

<編集部のオススメ>
・これまで何をやっても上手く行かなかった…
・トレードなんて自分には無理なのかも…

一瞬でもそんな風に考えた方は、
実は、複雑なだけで勝てないトレードに
必死になっていたのかもしれません。

即日実践できるシンプルな手法を
プロから直接聞いてみたい方はこちら

http://japan-i-school.jp/jim/kujira_181027/


日経平均はこの後どうなる?

2018.10.07
j-i-s_70

From:高子
都内のMy Salonから、、、

皆様こんにちは、高子です。

今日は

『テクニカルエッジの意味するもの』

について、少し書きたいと思います。

先週はバブル以来の最高値となる24480円をつけました。
その後のチャートがヘッドアンドショルダーとなりました。

相場用語では、『三尊』といって、
頭と肩に例えた山形のチャートですが、
今後の下落を示唆すると言われています。

このローソク足のフォーメーションで
最も重要な部分が「右肩に位置する高値」、
今回の場合だと、24310円となります。

ヘッドアンドショルダーが
完成するまでのプライス順は、

24320円、24480円、
そして、右肩の山の高値24310円。

これは、
是非チャートでも振り返っておいてください。

なぜ右山の高値に注視が必要かというと、
テクニカルでいうところの
レジスタンス(抵抗線)が存在することになるからです。

未来を予測する上で、

25000円への道のりがあるのかどうなのか、、

といった見立てをする時などに、
この右山のプライスが
上昇を阻む強い要因となってきます。

すなわち戻り高値の上限となっているわけです。

また、逆に上へと抜き返す場合は注意が必要です!

では、
その方向性はいつ作られるのか?
という事になりますが、

詳細は少し端折りますが、
基本的にギャップアップやダウンで
方向性が出現することになります。

これがテクニカルエッジの意味するもので、
『明確な売り(または買い)圧力の存在』
ということになります。

先に説明しました三つの山の
チャートを見ていただくと、

『ギャップにより出現するエッジ』
どういった基準を持って動くのかということが
わかってくると思います。

皆さんにも是非
このエッジを探してもらいたいのですが、

実践的に活用される方への注意点としては、
エッジが下から上、または上から下へ動く場合、
ローソク足単体では判断しないことです。

上下に抜き返す場合のロジックは、
ローソク足だけでの判断は難しく、
それぞれ見るべきポイントがあります。

本日は抜き返しのロジックについては
割愛させていただきますが、

このエッジを捉えるスキルは
「そう簡単なものではない」ということだけ
心に留めておいてください。

高値抜け…いわゆるブレイクアウトでの
トレードでは余程の確信が持てる場合でない限り、

大きな損失を出さないためにも、
飛び付き買いや飛び付き売りなどの安易な
アクションは起こさない方が賢明だと思います。

特にブレイクアウトは
騙し討ちに合うケースが多いので
エントリーはよくよく注意してくださいね。

まだチャートに見慣れてないと
早い変化に対応できないという事があると思います。

さらに、本日解説したようなテクニカルを
複数組み合わせたり
オシレーターを見ていると
判断も遅れたり迷ったりきてしまいます。

そういった意味でも
やはり、シンプルなロジックに
越したことはありませんよね。

注意点も多い、
エッジにまつわる本日の記事となりましたが、
皆様もしっかりと意識して今後の相場で
たくさんの利益をあげてくださいね!

それでは、今週も良いトレードができますように。

高子

<編集部のオススメ>

3日間限定で特別申し込み受付中!

これからの相場の流れを掴むには、
投資家として知るべき指標がありました。

長期的に安定した利益を手に入れる、
正攻法の投資理論を学んでみませんか?

http://japan-i-school.jp/jim/ifl_181006/