伝説のファンドLTCMの戦略

2017.01.10
prof_taniguchi

From:谷口洋章
自宅の書斎より、、、

こんにちは。
谷口です。

2017年も始まって早くも10日が過ぎました。

歳を取ると時間の経つのが早くなると言いますが、
本当にそうなんだなぁと感じます。

時間の感覚は若い頃と、
年を取ったときとは変わってくるのですが、

知らないことを見たり覚えたりするときは
時間の流れは遅くなり、

知っていることの繰り返しは
時間の流れが速くなります。

ドライブに行くとき、往路はゆっくりと時間を感じ、
帰り道は意外と速く感じますよね。

若い頃は知らないことが沢山あるので
毎日がゆっくりと過ぎていきます。

歳を取って時間が速く感じると言うことは
それだけ沢山の経験を積んだということでしょう。

オプション取引は、
この時間の流れを取引するものです。

毎月第2金曜日までに予想した金額になるか、ならないか。
どれくらいの速度で上がるのか、下がるのか。

その将来を予測して取引します。

予測ですから、外れることを織り込んでトレードします。

オプション取引の初心者がトレードし易い戦略で
「ショート・ストラングル」と言う売りを中心にした方法があります。

戦略はとても簡単です。

来月の第2金曜日までに日経平均が
これ以上は上がらないだろう
これ以上は下がらないだろう
の金額をざっくり予想します。

たとえば、1匹の魚の値段を予想してください。
ピンポイントで予想することは難しいので、
有る程度“幅”を持って予想してください。

300円の前後50円と予測すると
250円~350円の間に値段が入っていれば正解です。

正解させたければもっと幅を持たせれば良いですよね

たとえば、10円から1000円の間で予想したら
ほぼ、絶対当たります。

「ショートストラングル」戦略はこの方法を使います。

来月第2金曜日までに、日経平均の上下をざっくりと予想します。
トランプ相場で荒れる可能性がありますので、
値幅を大きく考えて見ましょう

上限を21500円
下限を16500円

の間に収まれば、来月の第2金曜日に
35000円が利益となります。

オプション取引の優位性、期日までに値段が下がり続ける方法を
使った典型的な戦略で、初心者でもほとんど利益とすることが出来ます。

伝説のファンドLTCMはこの戦略が中心です。

ほとんどの相場は、
相場が上下に動かないと利益が出ませんが、
この方法は相場が動かなくても利益が出ます。

オプション取引が”錬金術”といわれた戦略です。

ところが、LTCMがとったこの方法は、
1回の暴落で全てを失います。

ですが、初心者にとってとても簡単なので、
この方法に1手間かけてあげることで

暴落でも安全にすることが出来ます。

この1手間かける方法を取ってから
本当の負けない錬金術となったんです。

この方法を沢山の人に教えてあげたいと考え
オプション取引の講座を作っています。

本日も最後までお読みくださり、
ありがとうございました。


講師へのメッセージはこちらから

お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
題名:
メッセージ本文: