最近のブログ

相場観はコレで鍛える!

2018.09.23
j-i-s_70

From:高子
都内のMy Salonから、、、

皆様こんにちは、高子です。

先日のセミナーで、
相場観について、色々質問をいただきました。

これは多くのトレーダーの方が
興味のあるところだと思いますので
今日は私の考える相場観について
書いてみたいと思います。

さて、皆様は相場の値動きを先読みできますか?

日々のチャートを先読みできれば、
勝率の高いトレードプランを立てることが可能になるわけですが、

残念ながら多数の方が追っかけ売りや飛び乗り買いなど、
分かっていると言いながらも
ついつい思惑的執行をしてしまっていますよね。

ろうそく足ばかり見ているので、

急な転換に飛び乗り、失敗…

みたいなご経験は、
ほとんどの方があるかと思います。

“分かってはいるはず”は
実は何も分ってないのと一緒です。

真に分かっていれば
こういった感情に支配されたトレードは
決して行わないものですよね。

ほとんどの方はすでに気づいている

「きっと上がるだろう、下がるだろう」

という、
自分勝手な思い込みの根拠なき期待売買、、
これが実態かと思いますが、

こんなことをやり続けていれば
成長は望めないどころか、早晩、退場です。。

お金を増やしたいのなら、
まずは10分先の未来くらいは読めるシナリオを
トレードをやる前にプラン立てみましょう。

思惑が外れたり、
用意したシナリオの逆をいけばポジションを切り、
潔く仕切り直しすればよいのです。

その方が傷は浅く、その後のリベンジも可能です。

相場の動きを予測するのは無意味だと
言われることも多いと思います。

私の先読みとは、予測ではなく、
数個のトレードプランを用意し、
過去検証によるパターンの一致に賭けるものです。

「こういう風に動いたケースが過去にも存在した。」

この経験則はとても重要であり、
実際トレードを行う上で、十分な根拠となります。

相場には一定の規則性があるので、
それを利用したロジックに有効性がでるのです。

値動きそのものはランダムに映りますが、
あるルールに沿って規則正しい動きを繰り返しています。

Aの動き、ある時はBの動き、
またはトレンドを作る前の予兆の動きなど、
パターンを知ってしまえば容易に先読みができます。

実践トレードに必要な
「相場を掴む」とはまさにこのことなのです。

最初の段階は必ずしもソリッドなものを目指す必要はありません。

まずは、学ぶではなく、
過去に「真似る」こと!

とにかく時間あればチャートを見てください。

過去に真似ることは知識であり、
相場を理解するということです。

これは最も実践向きのトレード学習ではないでしょうか。

決まった値動きの範囲から
その解法パターンを如何にたくさん覚え
実際にアウトプットできるか。

ある意味、受験勉強と似て、
暗記した量の“差”だけが
勝者と敗者の分かれ目のように思います。

私は昔から暗記だけは得意で、成績も良かったです(笑)

効率よく訓練できるかや、
根気よく暗記ができうるかは人それぞれですが、
暗記は、バカでもできるよと昔よく言われました。

あとは、おぼえる気があるかないかだけですよね。

覚えたもん勝ちです(*^^*)

相場観というのは、曖昧で掴みどころがないものですが、
人よりもいかに量を増やすかだけで
ある程度身につくものでもあると思っています。

ぜひ、皆様も騙されたと思って
ひたすらにチャートを見てみてくださいね。

それでは、今週も良いトレードができますように。

高子

追伸:
まだ相場観までは難しいかも…
とお考えの方へのヒントして
私のメソッドを含めてお話する
セミナーを開催しています。

先物は怖いかも、と考えている方も
意外な発見があると思いますよ♪

一人で悩むより、まずは一歩行動あるのみです!

http://japan-i-school.jp/jim/takako_1810/


今後のために今やるべきこと

2018.09.21
prof_ryujiji

From:りゅうじじ
自宅の書斎より、、、

こんにちは。

直近の日経225先物ですが、
今日は一休みといった感じです。

調整をしながら再度上昇となるか?

今日の動きに注意を払っていきたいです。

私は短期で入っていたスイングを
一旦利益確定させました。

次のチャンスまで待ちたいと思います。

デイトレはいつものように
流れに乗ってトレードしていきます。

私の予測では未だ買い方向にありますので、
下げて来た所の買い目線で見ています。

度々このブログでも言っていますが、
現在利益が出ているポジションは
早めの決済をおすすめします。

日経平均でも言えることですが、
今の相場は昔と違って変化が目まぐるしく、

ポジションを長く持つことが
難しくなってきています。

若い世代がゲーム感覚で投資に参入し、
少しの利益獲りで逃げてしまうからでしょうか。

一方3年、5年、10年待つ気持ちで
長期的にポジションを持つなら、
大きな利益になる可能性もあります。

こうした時代の変化に、
昔から相場と付き合ってきた人も
対応していかなければいけません。

今後は人工知能が主流となって
自動的に売買をしてもらう時代が、
すぐそこまで来ています。

デスクに座っていなくても
利益が増えていく夢のような時代です。

ただ、例えその時代が本当に訪れたとしても、
日々の勉強を怠らないことが重要だと思います。

ルールを知っていなければ
野球はできないのと一緒で、

相場が分かっていなければ
人工知能をうまく利用できないでしょう。

人工知能はあくまでツールであって、
脳である理論は自分で磨かなければならないと、
私は思います。

私もその時代の流れに遅れないよう、
日々勉強中です。

今の読みづらい相場で
投資を続けていれば、

きっと今後の糧になるので
今日も頑張っていきましょう。

りゅうじじ

追伸:
あなたの今後のために
今勉強しておくことが重要とお話しましたが、

9/25(火)に行う私のセミナーでは、
今の相場に対する明確な売買のノウハウを
包み隠さずお話しています。

あなたが真剣に今後を見据えた
投資を行っていきたいのなら、
ぜひ会場でお会いしましょう。

http://japan-i-school.jp/jim/180925_seminar/
※残り3名


目標達成できない方の特徴

2018.09.20
prof_akita

From:億り人
大阪のトレーディングルームより、、、

こんにちは。
億り人です。

インターネットで投資家の
ブログや掲示板を見ていると、

先物取引は「勝てない市場」
イメージだけで話す人が未だにいます。

果たして本当にそうでしょうか?

株式投資のように銘柄選びもなく、
単純に買いと売りを
繰り返すだけなんですが…

そもそも相場の本質を
理解していないから、
勝てないのではと思います。

株でも先物取引でも、
やり方が間違っていると
当然思ったような値幅は取れません。

むしろ、パフォーマンスを
重視するのであれば、
先物取引は最適ではないでしょうか。

なぜなら、ほぼ毎月500円以上の
値幅を取るチャンスはあります。

500円がどれだけすごいのか、
ピンとこない方もいらっしゃると思うので、
日経先物ラージで説明すると、

1枚約60万円の証拠金に対して
1トレードで500円の値幅を取ると、
ざっと500万円近い利益です。

年間で通すと、
なんと6,000~10,000円以上の値幅を取る
チャンスがあるのです。

「でも、実際にそんな値幅取れそうにない」

と今読んで頂いている
あなたも思いましたか?
 
確かにこんな値幅を取るのは
並みのテクニカル分析では
難しいでしょう。

しかし…

私の生徒さんで、
現在ガッツリ値幅を取っている方々が
複数名いらっしゃいます。

スウィングで持ってもらってましたので
そろそろ利益確定していってますが、

来週のブログに売買履歴を
載せようと思います。
(1トレードの値幅が500~1000円です。)

本来トレードとは、
このように大きなチャンスを
狙いに行くべきだと思います。

この考えには
賛否両論あるかもしれませんが…

皆さん投資を始める時、
当然「稼ぎたい」と思うから始めますよね?

いくら稼ぎたいと思うかは
人それぞれですが、

目標金額へ達成できない
方の特徴は、手段ばかり気にして
ゴールを見失っている人が多い
と思います。

株式、FX、先物取引など
手段にとらわれず、

自分がどうやって目標額に到達できるかを
まず考えてみてはどうでしょうか。

意外に皆さんが思ってるところには、
その答えはないのではないかと思います。

ではまた木曜日にお会いしましょう!

億り人

<編集部のオススメ>
もし、あなたが役に立たない知識を
収集するのが嫌いなら…

投資初心者でも再現可能な
ノウハウだけをお伝えする
このセミナーへお越しください。

http://japan-i-school.jp/jim/kujira_180929/


お金が増えない…と思ったら

2018.09.19
prof_akita

From:秋田洋徳
名古屋の自宅より、、、

皆さんこんにちは。

秋田洋徳です。

先日生徒さんから
下記のような質問を受けました。

「DMMFXのデモ口座でトレードの
練習をしているのですが、

証拠金が500万円も入っているのに、
10pipsの利益が出ても1,000円しか
お金が増えないのはなぜでしょう?

証拠金がたくさん入っているので、
利益も大きくなるのでは?」

という内容のものです。

そこで、この生徒さんの
トレード画面を見せてもらうと、
すぐに原因が分かりました。

それは、取引数量(ロット)が
「1」のままだったからです。

取引数量(ロット数)を変えないと
損益額も変化がない
ことは
意外と知られていないようですので、

今回はロット数についてお話をしたいと思います。

まず、利益額(損失額)の計算方法は

損益額 =
(取得pips数)× 0.01 ×(ロット数)× 10,000

上記のようなものとなります。
(1ロット = 1万通貨で設定している
証券会社の場合とします。)

そのため、例えば28ロットの取引で
15pipsの利益が出れば、

15 × 0.01 × 28 × 10,000 = 42,000
の利益が発生しますし、

17ロットの取引で-20pipsの損失が出れば、

(-20)× 0.01 × 17 × 10,000 = -34,000
の損失が発生するということになります。

このように損益額というのは、
取得pips数と、取引数量(ロット数)に
よって計算できるものとなります。

証拠金がいくら入っていようと、
取引の際にロット数をきちんと設定しなければ、
利益が小さいままもあり得ます。

上記の計算式を覚えておくと、
自分がトレードする時に

1回のトレードでどのくらい損益が
発生するのか、すぐに計算することができます。

また、トレードルールを構築する際にも
リスク計算をする面で非常に役立ちますので、
是非覚えていただくことをお勧めします。

本日はここまでです。

ありがとうございました。

秋田洋徳

<編集部のオススメ>
「限りなくリスクを抑えて値幅を取る」
方法は実在しました。

急騰株を攻めるのが楽しくなる、
その方法を今すぐ手に入れましょう。

http://japan-i-school.jp/jim/180921_22seminar/


そろそろこの通過ペアでトレード開始します

2018.09.17
prof_pari

From:パリティ
大阪のトレーディングルームより、、、

おはようございます。
パリティです。

最近ずっと続いていた猛暑が、
ようやく落ち着いてきましたね。

季節の変わり目は体調を崩
しやすいので、皆さんもぜひ、
気を付けながらトレード生活を
続けていきましょう。

先週は多くの通貨が売られる一方で、
ポンドが買われる相場となりました。

しかしポンドはなかなか
トレードしにくい通貨でもあるので、
全般的に利益は取りにくい相場で
あったように思います。

一方でドル円が緩やかに上昇してきました。

このトレンドにのるだけで
30pips程度の利益が
狙える値動きとなりました。

ドル円はそろそろトレード開始しても
良いかと思っていますので、
このまま上昇し続けるようであれば
積極的に買いエントリーしていこうと思います。

チャート分析でトレードするのであれば、
利益の取りやすいペアをいち早く判断する
選定能力も必要になります。

このブログの読者の中には
手法の研究をしている最中…という方も
いらっしゃるとは思いますが、

複数のトレード方法を検証しながら、
さらにその手法毎に狙い目のペアを選定するのは
限られた時間の中で至難の技となると思います。

生徒さんにもお伝えしていますが、
手法は限りなくシンプルにすることが
重要となります。

多くの知識や情報、
トレード手法を学ぶことは
もちろん大切なことですが、

全部やることが
トレードを向上させるわけではありません。

私自身はパリティ式トレードという
独自のトレード手法を持っていますが、

初心者の方ならこの中の基礎的な考え方だけ
ひたすらにやっていても十分な利益がでます。

ただ、習い始めたばかりの
生徒さんを見ていると

自分の直感を裏付ける都合の良い言い訳として、
様々な要素を取り入れてしまいます。

これはトレードの持つゲーム性、
トレードしたいという欲求によるものかもしれません。

習いにきていてもそうなのですから、
自分で手法開発をしていれば、
さらにこの傾向は強まるはずです。

もちろんそれらの工夫から
得られる成果もあるとは思いますが、

都合の良い要素をその時々で入れ込んでしまえば、
失敗も成功も次へ活かしようがなくなってしまいます。

そして、それを繰り返していると、
手法自体が複雑化して、
安定したトレードができなくなります。

何か要素を加えるなら、
理論分析と検証を十分に踏まえたうえで、
本当に使えるものだけを絞り込み、
手法自体は極限までシンプルにしてみてください。

もし、今取り組んでいるトレードが
複雑で成果を出しにくいと感じている方は、
この考え方を念頭においておくと、
ペアの選定も楽になり、チャンスを逃しにくくなるはずです。

今日はトレードというより、
手法作りための考え方というところでしたが、
是非、参考にしてみてください。

パリティ

PS.
パリティ式の手法に興味のある方は、
是非月末開催のセミナーにご参加ください。

すぐに取り組めるかたちで
トレード手法を公開しているので、
初心者の方であれば手法開発の労力と時間を
大幅に短縮できるはずです。

http://japan-i-school.jp/jim/kujira_180929/