最近のブログ

何のためのトレード・・・?

2017.02.24
prof_ryujiji

From:りゅうじじ
自宅の書斎より、、、

おはようございます。

今日は一つ質問から入りますが、
皆さんは何のためにトレードをしていますか?

この問はトレーダーとして、
とても大切だと思っています。

私は約40年前に相場の魅力を知ってから、
毎日のようにデイトレしていますが、

相場の時間以外では
遊ぶことが大好きで、
出かける予定をどんどん入れてしまいます。

地方の生徒さんにも
躊躇なく指導し行けるくらい、
もともと外出が好きなのかもしれません。

つまりは、
トレードは本気で勉強して頑張りますが、
トレード自体が目的にはなってないんですね。

私の場合は、実業をしていた時から、
「稼いだら遊ぶ」流れが身についています。

その方がトレードだけに
全ての労力を費やしているときよりも
結果としてパフォーマンスが
上がると経験上感じています。

今度の3月もまた熱海の方に
出かけたいと思います。

お気に入りの旅館があり、
家族・友人・その他様々な方と一緒に
何度も行っているところです。

夜は宴会場を貸し切って
この歳ですが、
ドンチャン騒ぎしたいと思います。笑

皆さんも
トレードで行き詰まることがったら、
改めて、何のためにトレードをしているのか?

思い出す時間を取ってみても
良いかもしれません。

最近の相場の動きは日中はあまり動かず、

寄り付きと、23時過ぎの動きが目立ちますので、

なるべくどちらかの時間にしぼって

トレードしたほうがいいように思います。

本日も寄り付きから入っていきたいと思います。

下げた所の 買いで見ていきます。

頑張りましょう。

P.S.
一昨日は生徒さんから
うれしい報告がありました。

(2/22ナイト取引)
神奈川Sさん +30 2/17受講
miraさん +65 2/7受講
大阪Tさん +95

皆さん手法のコツを掴まれたようで
良かったです。

嬉しい報告を頂き、感謝です!

りゅうじじ


プロトレーダーから相談を受けました

2017.02.23
prof_akita

From:億り人
大阪のトレーディングルームより、、、

こんにちは、億り人です。

なかなかシビアな相場展開ですが…
トレードの調子はいかがでしょうか?

年初から、
①利益を上げ続けてる人
②資金を減らし続けてる人

今年は、はっきりと明暗が分かれてるように思います。

一体この差は何なんでしょう?

先日、あるデイトレーダーがこんなことを言ってました。

『昨年からの成績がイマイチで…資金が思ったほど増やせてない』と。

彼は、株のデイトレーダーとしては10年以上の経験を持ち、
数千人のフォロワーがつくほどの実費を持ってるプロのデイトレーダーです。
(しかも、6画面モニターPC を駆使する典型的なタイプです)

そんな彼が、何故か苦戦してるのです。

以前は、新興株を中心にスキャルピングトレードで
月に1000万円の利益を目処にやっていたそうですが…

昨年あたりから少し状況が変わってきたようです。

そうです…

かなり、苦戦してるのです。

彼ほどの腕があっても…
悪い言い方をすると…
カモられてるのです。

詳しいことはお話できませんが、

お決まりの鉄板トレードが通用しなくなってるとか。

今まで当たり前に出来ていたことが出来なくなると焦りますよね。

特に、自信を持ってる手法が通用しなくなってくると…

心中お察しします…です。

私からすると、
テクニカル分析や手法に頼りすぎて、
見えてない何かがあるのでしょうね。

私なりのアドバイスとして…

私のブログを教えてあげると、興味津々のようでした。

ヘッジファンドの仕掛け手口に、
かなり食い付いてましたね。

近々セミナーに来るそうです(笑)

色んなご意見もあるのでしょうが…

当たり前に出来てたことが、
難しくなってきてるのは事実だと思います。

株、為替、先物…

どれをとっても、
相場の本質を理解して利益を重ね…
それを、更に高めていく視点が必要になります。

相場は生き物です。

相手は、我々の大切なお金を奪おうと虎視眈々と狙っています。

稼ぎ続けることは、そう容易いものではありません。

何かが必要になってきてます。

それを見つけてください。

今年はシビアかもしれませんが…

チャンスでもあります。

今年は、夏までに『あること』が起こります。

それに向けて相場は動きます。

そんなシナリオを描きながら、
今日も、稼いでいこうと思います。

また、木曜日にお会いしましょう!

億り人

<本日のおすすめ>
あなたのトレード
確信を持ってできていますか?

「なんとなくだけど、
 まあまあ上手くいっている。」

そんな方は要注意!

本当はもっと稼げるはずなのに、
あなたの資金は生かし切れていない状態です。

このセミナーに参加することで、
あなたの資金を最大限働かせてください↓
http://j-i-s.info/j-i-s/170314_seminar/


高難度の「ボラティリティ」を狙うためにできること

2017.02.22
prof_pari

From:パリティ
大阪のトレーディングルームより、、、

JIS読者の皆様

こんにちは。パリティです。

今回は市場のボラティリティ
について記載していきます。

多くの素人投資家の方は
買いと売りの方向性で迷うことが
多いように思いますが、

ある程度自分の取引スタイルが
確立されてくると
そこで迷うことはなくなってきます。

一方でどれだけトレードスキルがあっても、
判断が難しいポイントが

「将来のボラティリティの予測」になると思います。

例え上げと下げの判断が合って
いたとしても、エントリー後に
ボラティリティが出ない場合、

いったん順方向に価格が伸びたとしても、
すぐに折り返してきて損切りで終わって
しまうことが数多く見受けられます。

僕もこれまであらゆる方法で分析
をしてきましたが、未だに将来の
ボラティリティの増加を正確にとらえる
方法は発見できていません。

そして試行錯誤しながらたどり
着いた答えは

ボラティリティの増加を予測することは
極めて困難であるものの、

一度ボラティリティが出始めた後は
しばらく高いボラティリティが
継続する傾向があることが明らかなため、
そこを狙う方が簡単であるということでした。

ボラティティが大きくなる初段の
値動きは思い切って捨て去り、

2段目以降の押し目でしっかりと
エントリーしていくことで、

ボラティリティの継続に対してBetしていく
作戦の方がより効率的に利益を出しやすい
ように思います。

売り買いの方向感は間違えないものの、
ボラティリティの問題で

損切りが続く方はぜひ一度、
初動は捨ててボラティリティが
出た後に仕掛けてみる
ように
変更してみてはいかがでしょうか。

パリティ

<本日のおすすめ>
時間がないトレーダー必見!

あなたの「マインドセット」を変えれば、
1日たったの20分のトレードで
利益を出すことも可能です。

詳しくはこちら↓
http://j-i-s.info/j-i-s/170314_seminar/


「気分屋」にどう対応?!オプション取引の特性

2017.02.21
prof_taniguchi

From:谷口洋章
自宅の書斎より、、、

こんにちは、谷口です。

オプション取引は、
人間が考えた取引方法の中では
とても特殊な取引と言えます。

本来なら、株式取引も為替や、
債権なども地合いに合った、
人間の感情が価格を決めるものですが

目に見えない感情のゆがみや正当性を
数式によって計算された相場なのです。

株価でも理論株価と言うものを
基準として考えることがありますが、

その考え方を基準にしていると思うと
分かりやすいでしょう。

本来ならこの価格そのものは
欲しがる人が興奮状態になると
一時的に大きくプレミアムがついて
上昇します。

しかし、興奮はいつまでも続きませんので
行き過ぎた価格は適正価格まで下がります。

逆に暴落などは、一時的な恐怖心から
大きく値を下げるのですが

これも売られすぎ、すなわち過度の恐怖心で
大きく下げた価格は、恐怖心が落ち着くと
適正価格まで戻ります。

この適正価格を計算し
価格の買われすぎ、売られすぎ
から適正価格に戻るところを利益とする
「売り」戦略

全く興奮状態がなく、冷め切った状態から
興奮状態になる価格を取りに行く
「買い」戦略

相場はこの「興奮」と「冷静」を繰り返しています。

この相反する感情の価格と戦うのですから大変です。

感情の起伏の激しい
「気分屋」と付き合う方法は
振り回されないように、

いつも冷静に「気分屋」を観察して
利用する必要があります。

だからヘッジ取引がオプション取引の本質となるのですね。

友達にもいませんか?
「気分屋」で「身勝手」で「横暴」な人

生活上、嫌いなら付き合わなければ良いのですが
身内や、上司にいたら何とか
上手く付き合わなければいけませんよね。

調子の良いときは、予想通りに動いてくれますが
いざ不機嫌になると大暴落します。

「気分屋」ですから突然来ますので読めないんですね~。

それが相場と付き合うことかな~
と思う今日この頃です。

谷口洋章


FXの年齢制限?

2017.02.20
prof_akita

From:秋田洋徳
名古屋の自宅より、、、

先日、スクールに入校希望の方から
問い合わせがありました。

自分は今、80歳なんですが
FXはできますか?

というものでした。

いくつになっても新しいことに
チャレンジし、
新しい学びに向き合い、
自分を向上させていくのは
素晴らしいことですよね。

もちろん、トレードはいくつになっても
出来ますし、多くの方に
挑戦していただきたいと思います。

しかし、ポイントとなる点が
1点だけあります。

それは証券会社の口座開設です。

口座の開設には、
実はほとんどの証券会社で
年齢制限があります。

下限・上限どちらのパターンもありますが、
下限は大体20歳以上というところが多いです。

中には18歳から口座開設可能な
証券会社もありますので、

早いうちから資産形成に興味のある方は、
未成年でもFXを始めることが可能です。

そして、上限は75歳以上、
80歳以上という制限が多いようですが、

中には85歳まで開設可能なところも
あります。

今回の方は現在80歳ということですので、
いくつか選ぶことが可能でした。

FXは若い人がやるというイメージが
強い方も多いかもしれません。

しかし、落ち着いた判断や
じっくり粘り強くルール通りの
トレードを実践していくためには

ある程度、人生経験をつんだ方の方が
有利になる場合があります。

また、資金管理についても
余裕が出てきていたり、

突発的な出費に備える必要が
少なくなっている分、

ある程度自由に投資へ回せるという点も
利益を伸ばすポイントとなります。

もちろん、いくつになっても
学ぶことへの謙虚さは忘れず、

始めはデモトレードから、
そして少額の取引へステップアップしてください。

数か月練習し、そこから実践に移しても
十分に利益を積み上げることが可能です。

中には、ボケ防止にも良い!
なんて言っていただく方も多いです。

生徒さんのお話を聞きながら、
私自身もそうありたいと感じたことですが、

FXだけでなく、何ごとにも、
「もう年だからできないだろう…」と
はじめから諦めないで、

いくつになっても、是非、新しいことへ
挑戦し続けていきたいと思います。

みなさんも年のせいにして
挑戦できていいないことがあるのなら
諦めずにまずはチャレンジしてみてくださいね。

秋田洋徳