最近のブログ

「短期投資は単なるマネーゲーム」への反論

2017.11.19
prof_pari

From:パリティ
大阪のトレーディングルームより、、、

JIS読者の皆様

こんにちは。パリティです。

今回は短期売買の社会的意義について
書いていこうと思います。

株や為替の売買において、

「短期売買は世の中に何も
 価値を生み出しておらず、
 長期投資こそが経済を成長させる
 原動力であり、王道である」

という議論がされることがあります。

正直、そのような議論は
私自身のトレードにはどうでもいい
ことではあるのですが、

せっかく自分が短期売買を
生業としていることもありますので、

短期売買の果たす社会的な意義について
少し書いていこうと思います。

よく言われる話としては
短期売買は相場を乱高下させる
「諸悪の根源」である

というようなことが言われます。

確かに、短期的な売買が活発になると、
値動きが激しくなることがあります。

しかし短期売買の場合、
買ったポジションと同数だけ、
すぐに決済で売られるため、

実は、中長期の値動きに
影響を与えることはありません。

逆にこのような短期売買が行われることで
市場に流動性が供給されます。

「流動性を供給」というと
難しく聞こえるかもしれませんが、

要するに、
市場価格で買いやすくなるということです。

市場に流動性がない場合、

投資家が買い注文をした瞬間に
価格が上昇して割高で買わされ、
決済の売り注文をした際には、
価格が急落してしまい、
結果として大損してしまうことになります。

その結果、世界の投資マネーが
流入しにくくなってしまいます。

我々短期投資家が
市場で活発に売買することによって、

市場では常に買い手と売り手が
一定数存在することになり、
大きな注文が入った時に一定数吸収し、
価格がずれないようにしてくれる効果があります。

それは投資家のリスクを減らし、
投資マネーの流入を促します。

極小の微生物の活動が
巡り巡って自然界の生態系を支えているように、

短期投資家と長期投資家の関係もまた、
支え合っているのです。

もちろんトレーダー個人にとっては
そんな高尚な奉仕の精神もなく、
単なるマネーゲームとしか思ってないかと思いますが、
結果として金融システムを支える一翼を担っているのです。

まだまだ書ききれないこともありますので、
このテーマについては
また別途、書いていこうと思います。

パリティ

<編集部のおすすめ>
あなたのトレードに明確な根拠はありますか?
そして、その根拠が覆される可能性は
どれくらいだと思いますか?

誰も教えてくれなかった「相場の裏側」では、
あなたの根拠をひっくり返すための
残虐な策略が進行しているかもしれません。

知らないことの損失に
まだお気づきでないのなら、
まずはこちらのセミナーへお越しください。
【機密情報だらけの少人数セミナー】はこちら


熱心な人ほど陥りがちなこと

2017.11.17
prof_ryujiji

From:りゅうじじ
自宅の書斎より、、、

おはようございます。

昨夜は午前中病院へ行っていたので
後場1回、ナイト1回の取引でした。

1回目 後場22215円買い+20円
2回目 ナイト22490円買い+20円
合計+40円

個人的には売り目線で見ていましたが、
思っていたほど大きく下がりませんでしたね。

先週から海外市場の様子も変化が見られ、
当然日本に影響もあるので
気を付けていきたいところです。

最近私も海外にいる知り合いと
アメリカでの投資、日本の相場の話をしました。

今まさに海外にいて
現地の投資もやっている方のお話というのは

普段は国内にいる私にとっては
とても新鮮で勉強になりますね。

丁度去年の今頃になりますが、
アメリカの大統領選挙や
経済指標の発表日など

重要なイベントの日に
知らずにトレードしてしまうと
あっという間にやられてしまいます。

そんな予測がつかない日であっても
常にトレードしていないと気が済まない
という方もいらっしゃるかもしれませんが、

私は「落ち着くまで待つ」ことを
勧めたいと思います。

重要なイベントがある日というのは
トレードをしていないと
大きな利益を取り逃してしまうという
「焦り」が出てきてしまうものですが、

相場では
チャンスは次々にやってくるので
絶対に焦らないことが鉄則です。

私がしている先物投資法も
勝率が髙いサインがチャート上に出たタイミングでトレードするので、

逆に言うと
そのサインがでなかったり
規則通りいかないときは待っているわけです。

優秀なデイトレーダーの方なら
それだと物足りないかもしれませんが、

100回トレードして荒波のごとく
大きく利益が出たり損をしたりするより

勝率の高い10回のトレードで
確実な利益を取る方がトータルで勝てますし
何よりストレスが少ないんですね。

もちろん、そのサインは
1日に何度も訪れます。

私自身が【億単位】で儲かったり
損も出したりという経験を何度もしてきたのですが、

世界情勢はおろか
国内の経済さえ大して勉強せずに
ギャンブルのようなトレードをしていました。

それはもう壮絶で、
その経験あっての今なんですね。

だから、スクールの生徒さんにも
重要指標がある日はトレードしないように
毎回連絡しています。

最近では日中お仕事をしていても
毎日成果を出して報告をしてくださる方もいて、
本当にありがたいです。

ご縁を頂いた方には
「売買の仕方」だけでなく
「ここはトレードするな」ということまで
真剣にお伝えしていますが、

その結果、良い声が続々と来ているのは
私も大きなモチベーションになります。

今日は週末、無理せず頑張りましょう。

りゅうじじ

<編集部より>
こちらはもうご覧いただけましたか?

これから上がる株を見つけるための
最も効率的なアプローチが公開されています。

あなたの投資パフォーマンスと人生を向上させる
ヒントを無料で手に入れてください。

http://japan-i-school.jp/jim/webinar_1711_op1/


トレーダーを脅かす「未知のリスク」

2017.11.16
prof_akita

From:億り人
大阪のトレーディングルームより、、、

こんにちは、億り人です。

投資をする上で、
ある程度のリスクは常にあるのですが…

皆さんが、一番恐れるリスクとは何ですか?

そして、実際に、
その「恐れていたリスク」に
晒されてしまったことはありますか?

思い返してみると、案外、
杞憂に終わった…ということが
多いのではないでしょうか?

反対に実際に晒されたリスクについては、

・特に気にも留めていなかったようなこと
・自分だけは大丈夫だろうと高を括っていたこと
・今まで知らなかった類のもの

だったりするのではないでしょうか?

こういったリスクは、
事前に意識していたリスクと違って、
何の心構えも備えもありません。

ですから、想定内のリスクが起こった時より
被害が大きくなる可能性は格段に高くなります。

特に、投資またはトレードする対象が、
ご自身が初めて扱うの商品の場合、注意が必要です。

私も自身のトレードにおいては、
リスク管理を常に頭においてトレードしていますが…

いろんな生徒さんを見ていると、
今までしっかり資金管理・リスク管理をしてきたと
自負されているような方こそ注意が必要かもしれません。

初めて扱う商品には、今まで知っているリスクとは
また別の次元のリスクが存在していて、
思いもよらないところで損害を被ることがあります。

今まで資金管理をしっかりされていたからこそ、
大きなリスクに遭遇してこなかった方が
実際に未知のリスクに遭遇したとき、

そのリスクへの対処法、向き合い方が分からず
戸惑ってしまうかもしれません。

相場で長く生き残っていくには、
トレード手法よりも、むしろ、
いかにリスクを少なくして資金管理を徹底するかが
最善の方法なのではないでしょうか?

これは、私の過去の経験則でもあります。

実際、先週までは、
『一体どこまで上げるんだ』と言ってた人も…

今週は、
『どこまで下げるのでしょう?』に変わってしまっています…

巷の雰囲気は、実に分かりやすい指標になってますね。

多くのトレーダーが歴史的な暴騰に翻弄され、
今まさに未知のリスクにさらされているのでないでしょうか。

今年も残すところ約1ヶ月半となりましたが、
次のターニングポイントは見えてきましたでしょうか?

もし、まるで見えていない…というのであれば
是非、今日お伝えしたことを参考に
まだ見ぬリスクと向き合ってみてください。

それでは、
また木曜日にお会いしましょう!

億り人


PS.
本日は少し怖い話をしてしましたが、
さっきも書いたようにリスクを少なくする方法は
しっかりと存在しているのです。

それは資金管理という守りの戦略だけではなく、
成果を出すための攻めの戦略もまた一つです。

詳しいことはここでは書けませんので、
それを知りたいという方はまずはこちらをご覧ください。
チャートの先を読む極秘戦略


適切なインディケーターは何個まで?

2017.11.15
prof_akita

From:秋田洋徳
名古屋の自宅より、、、

さて、今日はインディケーターの話をしましょう。

インディケーターというのは
過去の値動きのデータを元に
現在の相場の変化を知ることができ、

売り買いの判断の手助けを
してくれるツールのことです。

インディケーターには大きく分けると
「トレンド系」と「オシレーター系」
の2種類に分類が出来ます。

トレンド系とは相場の方向性、
つまり、今現在値動きが上昇傾向にあるのか、
下降傾向にあるのかを知ることが出来ます。

その傾向を見て、上昇傾向だったら買い、
下降傾向だったら売りというように、
その流れに乗って利益を出そうとする
順張りの手法によく使われます。

トレンド系でメジャーなものだと、
移動平均線やボリンジャーバンド、
一目均衡表などが有名ですね。

オシレーター系とは相場の強弱動向、
つまり、今その通貨で買われ過ぎや
売られ過ぎが起こっていないかなどを
知ることが出来ます。

買われ過ぎが起これば当然それを元に
戻そうと、売りが多くなりますし、
売られ過ぎが起これば逆に買いが多くなります。

買われ過ぎや売られ過ぎが起こると、
上記のようにそれを元に戻そうとする
動きが起こる為、相場の方向が
反転するタイミングとなりやすいのです。

その反転を狙って逆張りなどを
行う際にオシレーター系の
インディケーターがよく使われます。

オシレーター系では、MACDやRSI、
ストキャスティクス等がよく名前を聞く
代表的なものになるかと思います。

さて、
ここまでトレンド系、オシレーター系で
いくつかインディケーターの名前を出してきましたが、
実際どれを使うのが正解だと思いますか?

………………………………….
……………………
………..

答えは、「正解はない」です。

すみません、怒らないでくださいね。
残念ながら売買判断が完璧に行えて、
100%勝てるインディケーターなどは存在しません。

だからこそ、自分に合うツールを見つけて
それを上手く活用していくしかないのです。

ただ、ここで気を付けていただきたいのは、

「使うツールが多ければ
 それだけ正しい分析が行えるというわけではない」

ということです。

移動平均線を何本も引いて、
一目均衡表を表示させて、
オシレーターではMACDとRSIを使って…

などと、
たくさんのインディケーターを使うと
確かにかっこいいですし、
トレード上級者の気分が味わえます。

ただ、例えば、
移動平均線を見る限り今上昇傾向に
あるので買いエントリーしたいけど、

オシレーター系のインディケーターを見ると
今買われ過ぎだからそろそろ反転しそう。
だから売りエントリーのチャンスかもしれない。

でもどっちを信用して
どうエントリーしたら良いんだ?

というように、
情報が多すぎてエントリーの判断がつかず、
逆に混乱してしまうことも増えてしまいます。

先ほども言いましたが、インディケーターは
多ければ多いほど良いわけではありません。

実際私も使っているのは
移動平均線ただ1つだけです。

オシレーター系は使っていません。

カッコよさを求めるなら止めはしませんが、
勝つためには使うツールも絞って
シンプルなチャートでトレードをしていくのが
良いのではないかと思います。

インディケーターは正しく使えば
トレーダーの大きな味方です。

皆さんも色々と試してみて、
自分に合うツールを見つけてみてくださいね。

本日もありがとうございました。

秋田洋徳

PS.
私のセミナーが地元名古屋で開催となります。

先程もお伝えした移動平均線のみの
トレードノウハウをお伝えしますので、
今、トレード手法に悩んでいる、
という方はぜひお越しください。

まだFXをやったことがないという
初心者の方も大歓迎です!
無料体験セミナーの詳細はこちら


MT4活用法「トレード検証」

2017.11.13
prof_pari

From:パリティ
大阪のトレーディングルームより、、、

JIS読者の皆様

こんにちは。パリティです。

今回はMT4の最適化機能
についてご紹介していこうと
思います。

弊社のスクールでは、トレードの分析に
MT4を使用していただいています。

MT4は、メタクオーツ社が開発
したトレーディングのプラットフォームであり、
分析に必要な様々な機能が
標準搭載されています。

その中に、最適化の機能というもの
があります。

(ただし、この機能を使うには、
EA(自動売買ソフト)を作成
しておく必要があります。)

これは、例えば移動平均線AとBの
ゴールデンクロス、デッドクロス
で売買する戦略があったとして、

AとBのぞれぞれに設定すべき期間として、
どの数値が最も良いパフォーマンスを出すか、
容易に導きだすことができる機能になります。

方法は単純で、例えば検証する期間
の候補として
A=10、30、60、100
B=60、100、140、180
を設定すると、

AとBの組み合わせを
MT4が検証してくれます。

実際には、A=10、B=60の場合の
過去データでの取引結果を算出し、
その後A=10、B=60で算出し、
といった具合で、

パラメータの組み合わせをMT4が自動で当てはめ、
過去のチャートに適用して売買した結果、
どの程度のパフォーマンスになるか、
それぞれ成績を自動算出してくれます。

この時問題になるのが、
AとBの組み合わせの総数です。

組み合わせの数が多すぎてしまうと、
結果として計算時間が大きくなってしまい、

場合によってはMT4で1週間計算しても
終わらないといった事象が起こりえます。

今回の例だと、AもBも4通りの
パラメータがあるので、4×4=16
通りの組み合わせが存在することになります。

実際には、この程度の数であれば
問題ありませんが、場合によっては

これが1000パターンも2000パターンも
存在する場合があります。

こういう場合に使えるのが、
MT4の最適化機能です。

通常であれば、全部のパターンを網羅的に
試験していくわけですが、
最適化機能を使うと、
いくつか試験する組み合わせを自動抽出して、
試験パターン数を減らしつつ、

それなりに良い結果の組み合わせを見つけて
くれるのです。

本来1週間かかる検証が、1日で終わり、
なおかつそれなりによい結果が出る
組み合わせを発見できるので
私は手法の開発をする際に、
非常に重宝しています。

このようなパターン抽出方法
としては、MT4では遺伝的アルゴリズム
というロジックが使われていますが、

あまりにマニアックなのでここでは
割愛させていただきます。

このような便利機能を利用することで、
効率的に相場のクセを見抜き、

収益をあげる手法を開発する助けになりますので、
興味のある方はぜひ活用してみてくださいね。

パリティ

<編集部のおすすめ>
過去の検証から
いかに「先」を読むか…

そのやり方が分からないという方は、
ぜひ、こちらのセミナーにお越しください。

相場のこれからをお伝えいたします。
http://japan-i-school.jp/jim/nikkei225_171124/