最近のブログ

最近憤りを感じています

2018.07.19
prof_akita

From:億り人
大阪のトレーディングルームより、、、

こんにちは。
億り人です。

私は以前に、
インターネット上にある
投資の間違った情報への注意を、

このブログでも
お伝えさせて頂きました。

以前お伝えしたお話も
ほんの一部の例であり、
間違った情報はあちこちにあります。

数ある投資情報のひとつに、

以前からずっと
感じていたのですが、、、

ここ最近の情報には
特に憤りを感じていることもあり、

今日はその思いを
書こうと決心しました。

私はトレードをしていない時間に、
インターネットを使って

いろんな投資顧問や
先生と呼ばれる方々の相場展望を
インターネットで見ることがあります。

どの先生方も、
今の相場観を交えた自論を
雄弁に語っているのですが、

私からみると、
全く的外れな話を
している方が多いように思います。

ここでは実名は避けますが、
そういった情報を
見ている皆さんのなかには、

「この先生の言ってることは
本当なのか?」

疑問に思うことも
あるのではないでしょうか?

その先生方も昔は投資で
利益を出していたこともあるとは思いますが、

(なかには全くトレードすらやっていない
先生もいらっしゃるようですが、、、)

今の相場に適したやり方
ではないためか、

もしくは、今だけトレード自体から
離れているために、

言葉から自然と違和感が
出てしまうのです。

具体的な例をあげると、
テクニカル分析のお話をする先生が
よくいらっしゃいますが、

はたしてテクニカル分析のみで
勝てているのでしょうか?

つい最近話題になっている
米中貿易摩擦についても、

株価が急変する材料に対して、
テクニカルだけで
対応できているとは思えませんが、、、

誤解がないように言いますが、
私もテクニカル分析のみで
ある程度勝つことはできます。

しかし、今の相場で
勝ち続けるには過去の分析だけでは
足りないのです。

つまり、ファンダメンタルズと
テクニカルを両方使わなければ、
大局を見極めることはできないと考えます。

なので、私は常々生徒さんにも
ニュースをよく見て、

ニュースの起こった背景についても
調べることをおすすめしています。

もし皆さんもご納得頂ける部分
があったなら、

ご自身の情報収集の方法を
見直すきっかけになればと思います。

今は為替も誘導されて
株式市場も堅調に動いてますが、、、

最近は報道されてないところから
何かあるかもしれないですね。

また木曜日にお会いしましょう!

億り人

PS.
今日のお話で、間違った情報を
信じて損する方がひとりでも
減ればと思っています。

一方、正しい情報をどのように得て、
どのようにトレードへ活かすか。

さらに詳しく聞きたい方へ
7/27(金)セミナーでお話します。

もう3席しか参加枠はありませんが、、、
相場の大局を知る力をあなたにも↓
http://japan-i-school.jp/jim/okuribito180727/


トレーダーの必須知識「手数料」

2018.07.18
prof_akita

From:秋田洋徳
名古屋の自宅より、、、

皆さんこんにちは。
秋田洋徳です。

以前の記事で
FXの手数料は「スプレッド」と言い、

エントリーした瞬間にその手数料分
取られるということを書きました。

今日は、その手数料が
具体的にいくらかかっているのか、

考え方と計算方法を
お話ししたいと思います。

この知識を疎かにしていると、
思わぬ高額の支払いにより
運用資金がなくなって

退場せざるを得ないなどの
ケースもありますので、

私達FXトレーダーにとって、
このコストを折り込んで
売買することが重要です。

先ず、スプレッドについて
おさらいです。

スプレッドとは、
トレードする際の売りの価格と、
買いの価格の差の数値
です。

私は普段ポンド円の取引
しかしないのですが、

このポンド円の取引手数料が安くて
よく利用するDMMFXという証券会社では、
スプレッドが1pipsとなっております。

1pipsとはクロス円の場合、
基本的に1銭(0.01円)と
同じ意味だと考えていただいて問題ありません。

クロス円とは、
通貨ペアの内、米ドル以外の通貨と、
日本円のペアのことを言います。

つまりポンド円の取引をする際の手数料は
1銭であるということになります。

ここで間違えないようにしていただきたいのは、
この1銭と言う手数料は「1ポンド」の取引に
対してかかる手数料だということです。

FXでは基本的に取引の単位として、
「Lot(ロット)」と呼ばれる単位があります。

例えば、DMMFXでは「1Lot=1万通貨」と言う
取引の単位が定められているのですが、

これは1Lotの取引をするとき、
その通貨を1万分の取引をする
ということになります。

つまりこの証券会社で、
ポンドを1Lot買うということは、
1万ポンド買うという意味になります。

ここで手数料の話に戻りますが、
DMMFXでポンドを1Lot分取引する場合、
ポンドを1万分取引することになり、

手数料は1ポンドに対して
1銭かかるわけですから、

1万ポンドの取引に対しては
1銭×10,000=100円なので、

100円の手数料がかかることになります。

同様の考え方で、
例えば、15Lotの取引をするのであれば、
1銭×150,000=1500円の手数料がかかりますし、

50Lotの取引をするのであれば、
1銭×500,000=5000円の手数料がかかります。

この様に手数料は、
その証券会社が定めるスプレッドと、
取引量によって決まる
のです。

スプレッドの数値はどの証券会社でも
同じという訳ではありません。

私はポンド円の取引手数料が安い
証券会社を使用しているので
1pipsで済んでいますが、

1.3pipsや1.8pips、
中には3pipsなどと言う
スプレッドの証券会社もあります。

取引数量が大きくなればなるほど、
0.1pipsの差でも手数料に
大きな違いが生まれますので、

必ず取引する証券会社を選ぶ際は
スプレッドの数値を確認するように
してくださいね。

本日はここまでです。
ありがとうございました。

秋田洋徳

追伸:
今日のお話で出てきた
手数料が安い証券口座の開き方や、

FXのやり方を
さらに知りたい方のために、

7/25(水)名古屋限定で
無料セミナーを開催いたします。

ぜひ、初心者の方も今のうちに
正しい知識を身につけてください。
http://akita-fx.info/akita-fx/seminar_nagoya_h/


良い相場でも油断は大敵

2018.07.16
prof_pari

From:パリティ
大阪のトレーディングルームより、、、

おはようございます。
パリティです。

先週はドル円相場が
急上昇してきましたね。

非常に分かりやすい上昇サインが
いくつも出ていたので

パリティ式でトレードしていれば、
100pips以上の利益を出せた局面となりました。

私もブレイクアウト待ちの状態で、
やっと来たな!という感じでした。

これでいったん目線は完全に上昇
トレンドとなりましたので、
引き続き買い目線で相場に
立ち向かっていくつもりです。

先週末からの動きにも特徴がありますので、
今週も楽しみな相場状況です。

いくつか見るべき
ポイントがあるのですが、

最近の為替相場は、
主に貿易戦争に関するニュースやコメントに
反応して大きく動いていますね。

動く分には狙い所ができて良いのですが、
あまり頻繁に逆方向に動いてしまうと、
チャートが汚くなってしまいます。

私達のように数千万単位からの
トレードの場合は
些末な影響のないきれいなチャート状態に
大きく資金を入れるのが理想です。

動くなら同じ方向に動いてもらいたいものですが、
どんな状況であっても、
ルールに則った守りの姿勢が何より重要です。

トレードスキルが上がれば、
チャートの状態も見えてきますし、
攻守の判断もより深まります。

裁量トレードが
大きな利益を生み出す理由は
こういった柔軟性にあります。

絶対的なルールさえあれば、
こういった経験値の蓄積は効率よくできますし、
その時々のクセや異常事態も見抜きやすくなります。

慎重になる場面・大胆に責められる場面を
正確に捉え、思い通りの利益を上げていきましょう。

いずれにしても、
良い流れは間違いないので、
目先はしっかりと買い目線で
しっかり構えておきましょう。

パリティ


PS.
今月はパリティ式トレードの
ノウハウをお伝えする
速習セミナーの開催があります。

残り3席となりましたが、
直近の動きも含めて解説しますので、
トレードに自信の持てない方は是非ご参加ください。
http://japan-i-school.jp/jim/180728_kujira/


逆張りは有利?不利?

2018.07.15
j-i-s_70

From:高子
都内のMy Salonから、、、

こんにちは、高子です。

何だか毎日の猛暑で、
脳も溶けちゃいそうですよね。

さて、
前回、小波は初動、大波が流れ(方向)という
ニュアンスで書かせていただきました。

下値を切り下げたり上値を切り上げたりと
ジグザグを何度も繰り返しながら動くのが小波。

先物相場でいう小波の
ほぼ7割が逆張りの動きになります。

皆さん、知ってましたか?

何故に高い確率で逆張りなのか?

答えは明確です。

行き過ぎる相場を是正するためですね。

そうでないと、
糸の切れた凧状態になってしまいます。。

一昔前のアベノミクス相場みたいな。。

逆張りの動きの中でも
速い動きをするのが「売り」です。

また、逆張り買いに比べ、
実は逆張りの売りの方が多いのです。

これは覚えておいて損はないですよ。

個人投資家の多くが、
空売りをやらずに買いに偏っています。

このことから逆張り売りが
多くなるのは必然と云えば必然です。

私もどうしても、ショート派で、
売りのエントリーが必然的に多くなってしまいます。

そんな動きをするマーケットですから、
何としても売りも覚えないといけませんね。

売りはエントリーが
成功すれば買いと違い、
あっという間に利益が乗ります。

1日を通して上げ下げを繰り返す小波ですが、
正直、慣れないと売りエントリーは実は難しい

なので、
手出しは少ない方が良いのも事実です。

そりゃ、何度も小波を取るのは
気持ちの良いものですが

逆に「往復びんた」という
散々な結果に終わるのは辛いし、悔しいですし、
連日ともなればメンタルが壊れてしまいますよね。

では、大波はどうでしょう?

小波に比べ手数を出すこと事態
少ないですし、毎日来るわけでもありません。

しかし、そんな頻度の少ない
大波エントリーの成功は一回で
少なくとも150円くらいは取れるわけですから、
小波3回分くらいの利益に匹敵しますよね。

でも、これは個々の好き嫌いやスタイル、
時間的制約もあるかと思います。

また、専業に比べ兼業は、
やや分が悪いということもあります。

大波は、当然の如く出現率も少ないですから。

技術的に難易度は上がります。

前兆を感じ取り、
チャートを俯瞰的に見る必要があります。

『小波は木を見、大波は森を見る。』

相場格言にもありますよね!!

何だか話が長くなってしまいましたが、、

ここで、前回お約束をしました
大波をどう嗅ぎ分けるか?
前兆を知るか?について、、、

ランダムに見える先物相場でも、
実は大波も小波と同じく

きちんと律義に
ある一定の法則に基づいて動いています。

それは「下値が有るときと無いとき」があります。

???ですよね。

これが大波が押し寄せる前の前兆なのです。

勿体ぶってるわけではありませんが、
次回はその数理モデルを書いてみますね。
楽しみに待っていてくださいね。

ではでは、
今週もよいトレードができますように(^ー^)

高子

追伸:
7月のセミナーがあと2席となりました。

セミナーでは実際のチャートを使って
先物を説明させていただくので、
ブログではお伝えできないことも
たくさん解説できると思います!

先物に興味のある方は是非お越しください。
http://japan-i-school.jp/jim/takako_180711_17/


何度も地獄を見ました

2018.07.13
prof_ryujiji

From:りゅうじじ
自宅の書斎より、、、

こんにちは。

今週の相場は水曜日の大きな下げが、
それまでの4日間の上げを
1日で下げていきました。

調整に入った時は
下げ方向なのか上げ方向なのか、

寄り付きからチャートの動きを
しっかりと見ていきましょう。

このような急落に対して
しっかりとリスクに備え、

慎重に売買を行わないと
大きな損失に繋がりかねません。

私のセミナーへ
お越し頂いた方の多くが
急落が原因で負けており、

必ずと言っていいほど
「負けている分を取り返せるか?」
という質問を頂きます。

当然誰でも不安と期待から
気になると思います。

なかには投資で3億円負けている方や、
全財産のほとんどを
失ったという方もいます。

私もこうしてスクールの講師を
させて頂く身になり、

改めて、ほとんどの方が
正しいやり方を知らず、
勝てていない現実があると実感します。

実際に私も昔は
負けが込んでいた時期、

「どうやったら取り返せるか」
ばかり考えていました。

その方達の期待した
答えとは言えませんが、

私は正直に
「ご自身の資産と努力によりますので、
取り返せるかどうかは、あなた次第です」

とお伝えしています。

突き放すつもりは毛頭ありませんが、
事実その通りなのです。

私も過去何千万円もの損失を出し、
何度も地獄を見ました。

しかし、資金がなくなって初めて
自分の過ちに気付き、

必死の研究と勉強の末に
勝ち続ける方法を見つけ、

そして妻の献身的な
フォローがあったため、

損失分を取り戻しただけでなく、
億の金額を動かして
稼げるようになりました。

私の知り合いにも
投資で全財産を失った後、
250億まで資産が増えた方もいます。

投資とはそれほどの
可能性を持っています
ので、

私が生徒さんにできることは、
その可能性を現実にするための
サポートに尽力することです。

投資をやり続ける以上、
誰しも負ける時はありますが、

そこで挫けず長い目で向き合っていれば、
チャートが勝利の道を
教えてくれます。

今負けている方は
可能性を現実にするためにも、

長い目で相場と
付き合う気持ちを持って、
絶対にあきらめないことが重要です。

ただ、闇雲に続けても
損失が増えるだけなので、

しっかり自分とも向き合って
何が足りないかを知り、

勉強を頑張っていきましょう。

りゅうじじ

<編集部のオススメ>
普段あなたが何気なく
見ているチャートが、

少し見方を変えるだけで
安定した利益に変貌します。

売買タイミングに自信を持ちたいなら
今すぐこちらへ↓
http://japan-i-school.jp/jim/180728_kujira/