最近のブログ

素早く逃げる(ヒント:アリとゾウ)

2018.01.19
prof_ryujiji

From:りゅうじじ
自宅の書斎より、、、

おはようございます。
昨日のデイトレ結果です。

短期調整が終わったのでしょうか、
昨日はとても取引しやすかったです。

1回目 24115円買い-20円高値買い
2回目 24075円売り+10円
3回目 24070円売り+10円
4回目 24045円売り+20円
5回目 23940円買い+10円
6回目 23995円買い+20円
7回目 24005円売り+10円
合計+60円

本日も様子を見ながら頑張りたいと思います。

ちなみに上記の取引時間は
昨日の寄りから13時51分までです。

いつもなら10時前には終わることもあります。

人によっては、私の取引回数の多さと、
勝率の高さに驚く方もいるでしょう。

実際、かなりの短時間で
手仕舞っているせいもありますが、
利益が期待できる場面だけ、
隙間を狙うようなイメージで入っています。

相場には実に様々な参加者がいますが、
分かりやすく大別すると、

機関投資家のような、
いわゆる「大口投資家」、
そして、私達個人投資家の2つです。

同じ参加者でありながらも、
主導権はやはり大口投資家が持っており、

資金規模でいうと、
アリ(=個人投資家)とゾウ(=大口)が
戦っているようなものです。

まともにやっていたら
破産してしまいますので、

利益を獲れる部分だけかじって
素早く逃げるトレード方針を続けています。

確かに個人投資家でも
投機保有で大きな資金運用を
実現できる方もいますが、

長く相場に残り続けるには、
サッと入って早く手仕舞う方が良いと思います。
思惑と違ったときの
ダメージも小さいです。

そして、長く相場に残り続けるうえで
欠かせないのが「検証」。

私もノート1つで40年以上続けています。

あなたも十分承知だと思いますが、
証券会社や雑誌から提供されるような情報に
頼りきりではいけません。

しかも、上手く行っていた手法が
相場の変化で、ある時
パタッと通用しなくなる時があります。

ですから、最終的には
自分の頭で考えるしかありません。

そうすると、頼りになるのがチャート分析。
これに関しては相当やってきた自負があります。

たとえば三ヶ月間、9時から15時まで
毎日ひたすらチャートを眺め、

10分足ならずっと10分足を見て
時間や値段、他の足の状況、チャートの形
それに為替やニューヨーク市場など
海外も全て見ます。

365日、寝ても覚めても、
思い付けばノートに書き留め
半分ノイローゼになることもありました。

それでも自分を追い込んで
検証したおかげで、勝率の高い
トレードが出来ています。

ですが、決して満足はしません。
相場も日々変化していますので、
「もっと良くできないか?」検証を続けています。

実際に、今教えている手法も
2年前とは比べ物にならないほど
進化しました。

講師として人に教えている以上は、
トレードで勝つこともそうですが、
最前線で改良を重ねていきたいですね。

今日はもう金曜日。
無理せず頑張っていきましょう。

りゅうじじ

追伸:
体験ではありません。
1つの手法が公開されました。

使う証券会社から
細かい注意点も漏れなく伝えます。

あなたのスタイルに
当てはまるか試してみて下さい。

http://japan-i-school.jp/jim/180122_seminar/


裏の意図を見抜く方法

2018.01.18
prof_akita

From:億り人
大阪のトレーディングルームより、、、

こんにちは、億り人です。

皆さんは普段身の回りの景色を
どのように見ていますか?

何気なく目にする看板や、交通標識、
新聞や広告、いつも手に取る商品など。

世の中色々なモノに溢れていますが、
実は、それらほとんどのモノに、
作った側の意図が埋め込まれています。

お店の看板であれば、
ついつい目に入ってしまったり、
立ち止まってしまうようにデザインされます。

交通標識であれば、
運転手が自然とスピードを落としたり、
危険を事前に察知できるようにしたり、

新聞や広告は大きな見出しで人の気を引いたり、
重要な記事が目につくように配置されていたり。

お店のレイアウトなんかもそうですね。

有名な話だと、

コンビニの商品配置。

コンビニのレイアウトは
人間の心理や行動をうまく誘導して

何気なく雑誌、パン、飲み物などを手に取り、
ついつい買ってしまうように
研究し尽くされているわけです。

これらは全て作り手の裏の意図があり、
人々が自然と誘導したい方向を向くように
設計されています

そう考えながら周囲を見渡すと、
なるほど、と感心させられることが沢山あります。

まあ、
コンビニや標識の意図には気づかなくても問題ありませんが、

トレードでも同じ様なことがあるとしたら、気づいておきたいですよね。

では、普段から目にする何気ないネットニュース、
TV報道について考えてみましょう。

最近だと、

北朝鮮のミサイル
地震
仮想通貨
など、

他にもさまざまなニュースが日々報道されますが、
これらも実は仕組まれた、
裏の意図がある出来事かもしれません。

北朝鮮のミサイル報道で、
「年末そろそろミサイル発射準備か」
などのニュースが流れると、
ここで皆は売りますね。

しかし、外資はこのタイミングで買いを集めます。

地震を知らせるJアラートのタイミングとチャートを見比べると、
実際に揺れる五分前にチャートが上がったりします。

自然に起こっているように思える出来事でも、

その裏に何かしらの意図があるのでは、
と考えながらよく考えてみると、

おかしな所が沢山見つかります。

相場で勝っている生徒さんは、
この事をよく知っていて、
報道に踊らされるような買い方はしないんですね

ニュースになった時点ではもう遅い。

ニュースになったもので売買すると
負けてしまうことが多いですが、
これは、そのタイミングに意図があるように思えます。

「新聞やテレビで報道が出たタイミングで買って
勝ったことがありますか?」

何人かの生徒さんに聞いたことがありますが、
皆さん首を横に降られます。

私は、市場にとって不安な材料だとしても
何かおかしいな、と思ったら逆に買ったり、

いい話が出てきた時こそ
気をつける
ようにしています。

落ちる落ちるといっている間は、
落ちないで、

安心ムードが漂っている時こそ、
突然落ちることが多々あるんですね。

実は何か裏の意図があるのでは?

と考えながら見ていくと、
相場で勝つために大切な事が見えてくるかもしれません。

こういった考え方も
勝ち抜けるヒントになると思いますので、
また機会があれば、どこかでお伝えしたいと思っています。

それでは、
また、木曜日にお会いしましょう!

億り人

<編集部のオススメ>
あなたは複雑なトレードの仕組みに
翻弄されていませんか?

こちらのセミナーでは
20代前半の方から70代の方まで、
幅広く参加いただいています。

なぜかというと、
トレードルールがたった3つのみ・・・と少ない上に、
そのルール自体が明確かつシンプルで、

分かりやすく成果が出せるからです。

複雑な相場で負ける前にコチラへ


ポジポジ病と言う病

2018.01.17
prof_akita

From:秋田洋徳
名古屋の自宅より、、、

皆さんこんにちは、秋田洋徳です。

最近風邪やインフルエンザが
流行っているようですので、
皆さん体調には十分気を付けてくださいね。

私もインフルエンザに罹るわけにはいきませんので、
外出時はマスクが欠かせません。

さて、今日は「病」繋がりで、ポジポジ病のお話をします。

以前の記事で少しだけポジポジ病について
触れたこともあったかと思いますが、

FXのトレーダーにはポジポジ病という
病気になってしまう方がいます。

これは、ポジションを
持っていないと何となく寂しい

せっかくチャートが動いているのだから
トレードをしないと損している気がするなど、

常にエントリーしたい気持ちになってしまう
状態の人のことを言います

普段はルールをきっちり守って
トレードをしている人でも、

年末年始のように値動きが小さい時期になると、
なかなかエントリーのチャンスが訪れず、
つまらなくなってしまって、

とりあえず適当によさそうなところで
エントリーしてみようと
考えてしまう場合が多い
のです。

しかし、そのような適当なエントリーでは
一時的にラッキーで勝つことは出来ても、
絶対に長期で勝つことは出来ません。

チャンスと言うのは自分が欲しいときに
来てくれるものではありません。

だからと言ってチャンスを待たずに
適当にやっていたのではいつまでも
良い結果は出ない
でしょう。

自分が決めたルール通り
エントリーチャンスだけで

トレードをするということは
忍耐力が必要になります

しかし、忍耐力もトレード力の一つで、
勝ち組トレーダーにはとても必要な力なのです。

もしポジポジ病にかかっている方は、
一刻も早くこの病気から回復できるよう
メンタルを鍛える必要があります。

しかし、メンタルを鍛えるということは
実は多くの方が想像されているより難しいことです。

だから、様々な本やセミナーでも多種多様な方法で
取り上げられているんですね。

例えば、

・自分のメンタルを書き出し、心理状態を冷静に分析する
・感度を下げるトレーニングをする
・支えになる言葉や音楽を持つ

などなど。

まずは自分を知ることが重要ですね。

皆さんも、ぜひ自分に合った方法で心を強くして
ポジポジ病にならないようにして下さい。

本日はここまでです。

ありがとうございました。

秋田洋徳

PS.
私の手法はメンタルが弱まるということも
織り込んだものとなっています。

メンタルが弱まった状態でも、紹介する手法のルールを守ってトレードいただける、みなさん安定した結果を手に入れていま

適当なエントリーに心当たりのある方は
コチラから内容をご確認下さい。

チャンスを狙えるマインドの作り方


プロが考える勝ち負けの考え方

2018.01.15
prof_pari

From:パリティ
大阪のトレーディングルームより、、、

JIS読者の皆様

こんにちは。パリティです。

今回は成功するために理解しておくべき、
勝ち負けに対する、プロの考え方を
お話ししていこうと思います。

これからトレーダーになる方が
どのようなことを考えながらトレードすべきか、
方向性を見極める手助けになればと思います。

あらゆる投資において必要な考え方は、
目先のトレード一回一回に対して、
いちいち一喜一憂しないということです。

どうしても初心者の方は、
プロは勝率100%近い成績を取っていると
勘違いされている場合が多いですが、

投資において、勝率100%を実現することは
絶対に不可能ですし、
それを目指すことも間違っています。

トレーディングのプロであればあるほど、
勝率は全く重要な要素ではないことを知っています。

トレードしていれば、場合によっては
3連敗や5連敗することだって普通に発生するのです。

このような事態が起きた時にこそ、
トレーダーとしての資質が試されます。

投資を始めたばかりの方はこのような連敗を経験すると、
今までの自分のトレーディングスタイルに自信がなくなり、

徐々にトレードの調子を崩し、
自滅してしまう方が大半かと思います。

「トレードは常に勝つもの」という感覚が頭にあると、
少し負けただけで動揺し、
このような局面でさらなるトレードの悪化を招いてしまいます。

一方でプロはというと、
あらかじめ膨大な過去データを使い、
勝率を計算した上で、判断を下します。

自分のトレーディングスタイルの場合、
実現するであろう勝率や勝ち金額等を
あらかじめ計算したうえで、実際のトレードに取り組みます。

最初から負けを織り込んだうえで計算しているのです。

勝率が1/3のじゃんけんであっても、
時には3連敗や5連敗することもあるように、

時には調子が悪い期間が発生することも
事前に織り込んでおきます。

そうすると、実際に負けた時にも全く動じることなく
トレードができるのです。

これは勝った時も同様で、
大勝利した時であっても、いちいち感情的にならずに、
淡々と作業としてこなしていくのです。

トレーダーにとって実際の売買は
あらかじめ決められたことを実施するだけの「作業」であり、
エキサイティングを求めるアトラクションではありません。

ビジネスとしてトレーディングをとらえるのであれば、
このような、ある意味では冷めた考え方を貫くことが
成功するためには必要な要素であるように思います。

皆さんも、直前の勝ち負けに心奪われることなく、
全体の流れや、勝率をあらかじめ計算に入れておき、

冷静にトレードに向き合っていきましょう。

パリティ

<編集部のおすすめ>
初心者でもスマホだけでのトレードで
毎日コツコツ利益を積み上げたい!

そんな安定思考のあなたにおすすめの
FX体験セミナーがあります。

FXで副収入を得る手堅いやり方を
知りたい方はコチラをクリック


致命的な3つの失敗

2018.01.12
prof_ryujiji

From:りゅうじじ
自宅の書斎より、、、

おはようございます。

昨日も相場は大きく下げてきました。
新高値更新と思った途端に、大きく下落…

これでは投資家の皆さんも読みが
むずかしくて読めません。

一昨日なんかはチャートを見ながらの
エントリーでしたが、
自分の手法にあてはまらず
苦労の連続でした。

たまにこのような場面に遭遇しますが、
そんな時は気持ちを切り替えて、
早めの手仕舞い、そして後は見ているだけです。

相場の世界では何回も同じ負けを
繰り返す事が有り、いつも反省の連続でした。

気がつくと、同じところで
同じように負けている事を
私は数え切れないほど経験してきました。

そして結果的には大きく負けるのは
自分の性格が大きな原因になっている事に
気がつきました。

その後チャートをしっかりと勉強をして、
チヤートに道案内をしてもらい、
同じような所での負けを繰り返さなくなりました。

「また同じ失敗をしてしまった」
「失敗を繰り返す自分が嫌になる」

といった経験は、
私もなるべく避けたいですしね。

皆さんのトレードでも、
きっと失敗はつきものでしょうが、
「致命的な失敗」だけは避けてください。

今日は、自分のトレード研究、
そして投資家育成に力を注いできた
経験をもとに

トレードでの致命的な失敗例3つを紹介します。

1.トレード記録をつけていない

トレードを記録せずに、
長期的に利益を上げていくのはまず不可能でしょう。
なぜなら、膨大な回数のトレードを行うにもかかわらず、
トレードの具体的な検証や改善を
自分の記憶を頼りにしているからです。

今のトレードの何が良かったか分からないまま、
いずれは感情に揺さぶられた
トレードになってしまうでしょう。。

2.あらかじめ決まっている経済指標の発表を知らない

経済指標の発表といった重要イベントは、
チャートにも甚大な影響を与えます。
しかも、発表された直後はどんな手法も
機能しなくなることが多いです。

思わぬ値動き目の当たりにし、
欲にかられて買ったり、損切を躊躇してしまうなど
市場から退場しかねないダメージを
負ってしまう恐れがあります。

3.早くに多くのお金を稼ごうとする。

つまりは、身の丈に合わない
資金量でのトレードです。

含み益を早く決済しがちになる一方、
塩漬け株は価格が元に戻ることを祈り、
結果的に損切が遅れます。

ここで紹介したものは
私自身も経験していますが、

数多くの失敗の中でも、
市場から退場を宣告されない内容です。
大げさではありません。。。

もし一つでも該当するものがありましたら、
この機会に勉強して、改善してみてください。

逆にこの3つをやらなくなれば、
あなたもプロトレーダーの
仲間入りができるでしょう。

本日の動きですが、
寄り付きはしばらく様子見。
その後方向性が決まったら、
仕掛けていきます。

それでは。

りゅうじじ

追伸:
残り2名となったようです。

本業を真面目にしながら
帰宅後も稼げるトレード手法を
そのままお伝えします。
「やって見せること」にフォーカス: