最近のブログ

「勝てる手法」さえあれば…

2017.09.25
prof_pari

From:パリティ
大阪のトレーディングルームより、、、

JIS読者の皆様

こんにちは、パリティです。

今回は投資で勝てるようになるために
必要な手順について書いて行こうと
思います。

特に初心者の方に見られる傾向ですが
投資は、「勝てる手法」さえ知れれば

一足飛びに稼げるようになると考える
方が非常に多いように思います。

しかし実際にはそんな甘いもの
ではなく、手法をどんな相場でも
正しく理解することや、

覚えた手法通りに実際に売買するということは
皆さんが想像する以上に難しいことです。

これはダイエットに似ています。

手法というダイエット方法を覚えたとしても、
食欲に負けたり、
勝手に「デザートだけはOK」といった
自分ルールを追加してしまい、

結果としてダイエットになっていない
ということが多々見受けられます。

それだけ自らを律することは、
意外にも難しいということです。

トレードにおいては、ただ漫然と
売買するだけでなく、

「今の自分には何か足りていないのか」
ということを分析しないと

トレードのスキルを伸ばしていく
ことはできません。

そもそも売買ルールが守れていないのか、
守っているけど手法がそもそも勝てないのか、
手法について誤った理解をしているのか、

自分に足りていない要素は
自分のトレード履歴を
振り返ることでしか、
見出すことはできません。

しっかりとご自身のトレード
結果を振り返ることをお勧めします。

そもそも手法がない、わからない
という方は、ぜひパリティ式の
セミナーにご参加ください。

その中で手法のコンセプトや、
どうやってトレーダーとして
成長していくか、具体例をお見せ
しながら紹介しています。

ということで、今回はトレーダー
として成長していくには、しっかり
とご自身のトレード履歴から
振り返りましょうというテーマでした。

パリティ


PS.
今週末にセミナーを開催します。

現役生さんは、FX初心者の方ばかりですが、
2ヶ月目くらいで300pipsという実績を出された方も
いらっしゃいます。

これまでFXをやってこなかった方こそ
はじめの一歩が大切かと思います。
この機会に是非、パリティ式にチャレンジしてみて下さい。
http://japan-i-school.jp/jim/kujira_170930/


勝率が高くなる『組み合わせ』

2017.09.22
prof_ryujiji

From:りゅうじじ
長野の山村より、、、

おはようございます。
りゅうじじです。

昨日から外に出かけておりまして、
長野からの発信となります。

そんな日常とは違う環境にいる
今日だからこそ取り上げたいのは、

私が普段チャートに向かう時の
見方についてです。

その前に質問ですが、実際に動くチャートを見ながら
取引した経験はありますか?

ある方は読み飛ばして結構です。
(皆さんのほとんどと思いますが、今日は途中から重要になります)

まずはまだこれから投資を始める、
よく分からないいう方へ向けて解説していきます。

チャートは一言で言えば、地図みたいなもので、
今の相場の状況を正確に独力で読み解いていくために
唯一欠かせないものになります。

その中でローソク足チャートが
一般的によく利用されているのはご存知だと思います。

このローソク足チャート、
期間を変えることで
色々な角度から「相場の今」を見ることができます。

短いもので1分足(1本のローソク足が1分)から始まり
5分足、15分足、30分足、

少し中期的なもので1時間足、4時間足、日足

長期的なもので、週足、月足などがあります。

この大小さまざまな期間を見る上で重要なのは
「組み合わせ」と「大きな流れを知っておくこと」

ただ、この2つです。

私が思うに、
ほとんどの人が、初めてトレードするときには、
1つかせいぜい2つの足(日足+週足など)の
流れだけで見ています。

そして、ここからが重要です。

相場というのは
買いの資金が多く流れると上昇、
売りの資金が多く流れると下落します。

つまり、大きな流れを見誤らず、
その流れの中でもより良いタイミングで
乗ることが出来れば
ローリスク・ハイリターンが期待できます。

これが相場の鉄則です。

40年以上チャートを見ていますが、
どの時間軸でも売りの局面では、
大きく下落します。

またその逆も然りです。

ということは、長い時間軸で大きな流れを確認し
短い時間軸の中であなたが流れに乗りやすいところに乗ってしまえば、
あとは落ち着てい見守りながら利益を確定するだけになります。

私は長年研究を重ね、
最も確実性の高い時間軸の組み合わせと
タイミングを見つけることが出来ました。

それ以来、まず月単位で負けることはありません。

地図では、行き先に印をつけておくのと
そうでないときと、どちらが見やすいでしょうか?

印をつけたほうが分かり易いと思います。

それと同様に、チャートにも印がつけられるのですが、
その1つとして、

大きな時間軸から見ていく習慣をつけること

それが重要です。

今日はもう週末。
利益確定売りも出てくると思いますので、
無理せずに行きましょう。

りゅうじじ

【必見】※編集部より
日本ではもしかしたら
まだ誰も実践していないかもしれない
新時代の投資手法が公開されています。

開発者の気が変わらないうちに
こっそり確認してみてください…

http://c-riron.com/cc/jifx0921/


年初の相場シナリオの「何か」が来ました…

2017.09.21
prof_akita

From:億り人
大阪のトレーディングルームより、、、

こんにちは、億り人です。

先日の解散総選挙の報道で、
巷が少しざわついてますが……

今年に入り、
何度かブログには書かせて頂きましたが、

「8月に何かがある」……
いわゆる、それです。

ただ、時期が2ヶ月ズレました。
(当初よりお伝えしてた方には申し訳ないです。)

これは、相場に大きな影響を与えることは勿論、

これにより大きなお金の流れが、
より具体的になってくるということです。

これは、国内はもちろんのこと
外資の大きな資金の動きにも繋がることですから

年初に立てた相場シナリオを軸に
今後の先読みに反映させたいと思います。

個人的な楽しみの1つが、
今年の年末までに何人の生徒さんが
大金持ちになってるか…..なんですね~

ということで、
その候補の方々の中から
お一人をご紹介したいと思います。

《 売 買 履 歴 》

いかがでしょうか?

(今月だけでも相当な利益を出されており、
他の方々がやる気をなくしてはいけませんので…..
合計金額は敢えて伏せておきます。)

運用資金に比例して利益も大きくはなりますが、
注目して欲しいのは…..

利益金額ではなく、
連勝してること…..だけでもなく
〇〇を重視してトレードしていること

ではないでしょうか?

いつも申し上げてますが…..
この秋の相場は、
はっきりと明暗が分かれます。

既に凹んでる方もおられるでしょうが、
まだまだ挽回のチャンスは十分にあります。

相場の本質から目をそらさないでくださいね。

また木曜日にお会いしましょう!

億り人

 


レバレッジが高いと危険。それ本当?【後編】

2017.09.20
prof_akita

From:秋田洋徳
名古屋の自宅より、、、

こんにちは。

皆さんお待たせしました、
先週のレバレッジのお話の続きになります。

先週の記事をまだ読んでいない方は、
そちらを読んでからこちらの記事を
見ていただければと思います。

先週はレバレッジの計算方法に
関して解説致しました。

今日はレバレッジに関して
もう少し踏み込んだ
お話しをしましょう。

さて突然ですがここで問題です。

1万通貨単位の証券会社でポンド円の
トレードをしているとして、
(レートは1ポンド=140円とします。)

証拠金10万円、1ロット(レバレッジ14倍)
で取引しているAさんと、

証拠金140万円、1ロット(レバレッジ1倍)
で取引しているBさんがいるとします。

この2人が同時にトレードをし、2人とも
20pipsの利益を得たとします。

Bさんは20pipsの利益と言うことで、
2000円の利益が出ました。

さあ、この時、Aさんの利益は何円でしょうか?

わかりましたか?

正解は、「2000円」です。

レバレッジが14倍だから、
利益も14倍の28000円だ!
と思った方はいなかったでしょうか?

そう、レバレッジが全く違う2人ですが、
AさんもBさんも利益は同じ2000円なのです。

何故かと言うと、利益と言うのは、
「何ロットの取引で、何pips獲得したか」
だけで決まるものであり、

レバレッジが何倍であろうと、
AさんもBさんも1ロットの取引で20pipsの
利益を得たことに変わりはありません。

そのため、2人とも得た金額は同じなのです。

ここで重要なのは、
利益や損失の額というのは
「何ロットの取引で、何pips動いたか」
にのみ依存しており、
レバレッジとは一切関係が無いということです。

つまり私は12~17倍のレバレッジで
取引をしていますが、
正直レバレッジを意識して
トレードはしていません。

私のルールでは、一日何円プラスになったらやめる、
逆に何円マイナスになったらやめる
と言う資金管理のルールがあります。

その為、何ロットで何pips動くといくらの
利益(もしくは損失)が出るのか、

それさえしっかりと抑えておけば、
レバレッジなんて考えなくても
資金管理面で困ることは全くありませんし、

思いがけず大損するなんてことは
起こりえません。

レバレッジがあると、
自分が預けているお金より大きな額の
取引をすることが出来る、
これは事実です。

しかし、レバレッジのおかげで
利益が何倍にも膨らむ、
逆に損失が倍増する、
と言う様な考え方は
持たない方が良いかもしれません。

少し長くなってしまいましたが、
これでレバレッジの解説は
終わりにしようと思います。

ややこしい話でしたが、
ここまで読んでいただき、
ありがとうございます。

秋田洋徳

<編集部のおすすめ>
あなたは今のトレードに満足できていますか?

コツコツ勝っても一度の損失で利益を失う…
せっかく利益が出ているのに、売り時を早まってしまう…
いつも同じような失敗を繰り返す…

そんな方は、このセミナーで
正しいトレード理論を手に入れてください。
http://japan-i-school.jp/jim/kujira_170930/
プロの理論で安定と高利益率を実現します!


トレードのスランプ…あなたならどうする?

2017.09.18
prof_pari

From:パリティ
大阪のトレーディングルームより、、、

JIS読者の皆様

こんにちは、パリティです。

今回はトレードに関する自信について
書いて行こうと思います。

専業トレーダーとして活動していると、
トレードに対して圧倒的に自信を持っており、
安定した収支を出していると思われがちです。

しかし実際はそんなことはなく、スランプ
の期間が合ったり、利益が出ないことや、
エントリーチャンスすらないこともあります。

多くの個人投資家の方々と私の
ような専業トレーダーとの一番の違いは

そのようなスランプの期間があったとしても
自分のトレードスタイルを崩すことなく、
淡々と取引できることかと思います。

そして着実にスランプの期間を脱し、
結果として勝ち越すことができているのです。

これは目先のトレードスキルや知識以上に
重要な要素です。

連敗すると多くの
トレーダーは冷静さを欠き、
トレードスタイルを崩し、
そのまま自滅していく方が非常に多いです。

相場に対して熱くなった瞬間、相場は
トレーダーに容赦なく襲い掛かってきます。

相場を侮らず、熱くもならず、冷静に
分析し続けることでしか、
市場を打ち負かすことはできません。

しっかりと、そのような心構えをしたうえで
トレードに挑むようにしましょう。

パリティ

PS.
今月末、東京にて
チームパリティのくじら講師が
パリティ式の速習セミナーを開催します。

パリティ・トレーディング・スクールでは
生徒さんのトレード添削等で
学習を支えていますが、

まずはパリティ式がどのようなものかを知っていただき、
高利益率を達成する「戦略」を手に入れてください。

http://japan-i-school.jp/jim/kujira_170930/