カテゴリー別アーカイブ: メンタル

トレードを辞める日は近い

2018.03.06
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、

おはようございます。Mr.Kです。

あなたは、トレードを辞める日を決めていますか?

「え?・・・何の話?・・・
いきなり、何言ってるんですか?」

と感じた人は、

現実を見ていない人か、計画性の足りない方だと思います。

少なくとも、

トレードが、勝率100%にならない論理ゲームである
ということを忘れている人です。

アルバイトのように、
安定して勝率100%で永続的に稼ぎ続けるもの

だと思っている人、多すぎます。

そんな意識でいるから、
毎日の勝敗や値動きにいちいち翻弄されるのです。

趣味やボケ防止でトレードをやる人は、
別にいいと思います。

カジノに行く感覚でトレードをしているなら、
大勝ちできれば儲けもので、

負けても「あーあ、やっちゃったぁ!」
で良いわけですから、

そんなに真剣に取り組むと
逆に、しらけますよね。

でも、

たった一回きりの人生、
何か目標があって、そのための資金調達のために
トレードをやっているなら、

今日の話はとても重要です。

・・・

=======

トレードを辞める日を決めることはとても大切です。

トレードを辞める日
=目標資産額に達する日

ということなので、
トレードを資金調達の「手段」と考えていないと
こういう発想にはなりません。

いいや、私は、一生トレードをしていきたいんだ!

という方、
それがいったいどういうことか
わかって言っていますか?

トレードは、
1回1回の勝率が絶対に100%にならない勝負

です。

ということは、

たとえ、勝率が90%だったとしても、

運がものすごく悪ければ、
連戦連敗がありえる

ということです。

そう、

トレードはもともと、
最悪の事態が起こるリスクを孕んでいるからこそ
大きなリターンを狙えるという戦場
なのです。

まさに戦場。

ですから、

私は、一生トレードをしていくんです!

というのは、

私は無敵の戦士になって、
一生、死ぬまで、戦場で戦い続けるんです!

と宣言しているようなものです。

どれだけ天下無双の戦士でも、

死ぬまで戦場に立ち続ければ、
いつか運悪く命を落とす、という気がしませんか・・・?

少なくとも、私は、
トレードをそういうイメージで捉えています。

ですから、一生通用する手法なんて
あるとは思っていません

もちろん、現在の相場状況で
ほぼ確実に資産を増やす戦略や手法はあります。

が、10年後も通用する!と
盲目に信じるほど、楽観的ではとてもいられないのです。

トレードは、投資のひとつですし、
その意味では、ビジネスも投資のひとつです。

ビジネスに置き換えて考えてみてください。

今、大企業だとしても、
50年後に大企業として生き残っていると信じられますか?

もしもそう豪語する大企業があったら、
そう言っている時点で、逆に無理、
と感じるのではないでしょうか?

何が起きるかわからない

と常に緊張感をもって戦場にいて、
不断の努力を続けて初めて
長い間、勝ち続けるという実績が生まれる

と思います。

ですから、究極の勝利というのは、

勝ち逃げに成功したとき

ではないでしょうか。

目標の資金額まで、なんとか漕ぎつけて、
トレードを辞めて目的を達成する

そう考えるのが

本当の意味での堅実な投資家
だと思います。

世界一の投資家と言われている
ウォーレン・バフェットは、
23年間、一年単位で無敗です。

つまり、毎年、資産を着実に増やし続けてきて
23年が経過したという状態です。

注目すべきは、
それが世界一であるということ。

ですから、我々個人トレーダーは、

5年~10年、
自分のトレード戦略が通用するうちに
勢いよく勝ちまくり、
相場のルールが変わらないうちに
勝ち逃げする

というシビアな意識でいるべきだと
私個人的には思っています。

スピード感と緊張感

やるなら、本気で圧倒的な集中力で
やりましょう。

中途半端に投資している人が多すぎです。

やるなら、超非凡を目指しましょう。

あなたは、人生の舵をどこに向けていますか?

何のためにトレードをしていますか?

(追伸)

タイトルの意味は、
私がトレードを辞めるという意味ではありません。

目標額に到達して、
現在のトレードがいったんゴールインする日が
見えてきた、という意味です。

GOOD TRADE!!

Mr.K

(追伸2)
今回のブログを読んで、、、

本気で投資に向き合うと決めた方、
トレードの目的がはっきり定まった方、
集中による圧倒的な結果を手に入れたい方は、

私と一緒に超非凡な成果を目指しませんか?

トレードという戦場で生き残るために
あなたの中の本気を引き出します。

あなたの人生を一変させる特別講座を受講する方はこちらへ


油断大敵。大怪我をしないポイントとは?

2018.03.03
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
大阪のホテルより、、、

おはようございます。
ウルフ村田でございます。

油断していると危ないです。

高値から戻ってくるリバウンド、
ここに引っかかって身動きが取れなくなる
個人投資家もいます。

とくに、
既に10倍20倍になったような銘柄は

地合いが崩れてから
グズグズになったりしています。

大丈夫ですよ、と言っている方が
意外にそういったところに
引っかかってしまうんです。

そうならないように
狙っておきたいのは
下値不安のない銘柄です。

・これから上げていく様な銘柄
・最安値からの切り返しが強い銘柄
・下落前の高値を超えている銘柄

こうした銘柄にエントリーした方が
下値不安がなく
何かあった時に崩れにくいです。

とはいえ、
そういった銘柄を見つけ
自信満々でいても、

何が起こるかわかりません

もし、一気に下がったら
一旦止めておいて、

もたついた時には、どっちに動くか
慎重に見極めることが重要
です。

皆が「良い」と言っているからと
何の気なしにホールドしたまま
ぼけっと見ていると、

思ってもいなかった方向に
飛んでいってしまうことがあります。

評判が良くても
傾向的に高値圏であれば、

エントリーするかどうかは
慎重に考えてください。

株価が下値付近に来たら、
始めてエントリーを考える
んです。

それに加えて言うと、
オシレーター系テクニカル指標も見て、

さらにシナリオと逆の方向に
進んでしまった場合に備えて

逆指値を入れておけば、
大怪我せずに済むでしょう。

安易に高値掴みせず、
傾向を見抜けるように取り組んでみてください。

方向性が出てから取り組んでも
まったく遅くはありません
から。

それでは今日はこのへんで。
来週も頑張っていきましょう(^^♪

ウルフ村田


メンタルを強化する方法

2018.02.27
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、

おはようございます。Mr.Kです。

先日、大阪でセミナーをしてきました。

とても熱心な方ばかりにお集まりいただき
積極的な質問も多く、真剣に聞いてくださるので

その思いに応えようと
当初予定の内容を大幅に超えて
勝つ秘訣をありったけお伝えして参りました。

皆さん、お帰りにになるときに

「今日は本当に来て良かったです!」と
列にならんで丁寧にお礼を伝えてくださり、

大阪まで行った甲斐があったと
とても嬉しかったです。

さて、セミナーでいただいた質問の中で
気になる重要な質問がありましたので
今回はそれを取り上げようと思います。

ーーーーーーーーーーーー
メンタルの重要性について
ーーーーーーーーーーーー

トレードをしていて、
メンタルの弱さが課題だという悩みを
いただきました。

それに対しての私の回答は・・・

「メンタルは全然重要じゃないと思いますよ」

です。

言い間違いではありません。

メンタル(=精神力)は
トレードで勝つ上で不要
だと思います。

トレードを教えていると

「先生、メンタルの重要性がよくわかりました!」

という方がたまにいるのですが、
いやいや、それは間違った認識ですとお伝えします。

こう考えればわかります。

ーーーーーーーーーーーー
メンタルが必要なときって
どんなときでしょうか?
ーーーーーーーーーーーー

思い通りの結果が出なくて
諦めそうになったとき、
精神力が問われる、、、

のですよね?

心が折れそうになっても
自分自身の信念を強くもって
やり通す力が精神力(=メンタル)

ですよね。

でも、それって、トレードに必要でしょうか?

いいえ。

まったく必要ないとは言いませんが、
ほとんど必要ないと思います。

よく考えてみてください。

一般的に、何かに挑戦したときに
精神力が必要だと言われるのは、

努力を続けることが成功に繋がるとき

です。

スポーツをやっていて、
スランプに陥って悔しくても
コツコツと練習をする

とか

営業成績がなかなか伸びなくて
会社を辞めたくなっても、
PDCAを回してスキル向上に努める

とか

そういうときには、
メンタルが弱くて自分の軸がブレブレだと

努力を継続できないので
大きな結果は出にくい
と思います。

それは同意です。

では、トレードに置き換えて考えたとき、
必要なメンタルは?

・含み損になってもロスカットせずに
持ち続けるメンタル??

・負けが続いても、淡々と冷静にエントリーを
続けるメンタル??

・怖くても初動で「えいやっ!」と
エントリーするメンタル??

いやいや、それって
スポーツたとえば野球のピッチャーで言えば、

スランプが続いているのに、
今の投球フォームで絶対に結果が出るはずだ!と
盲信して頑なに同じフォームを続ける

ってことですよ。

そこじゃないでしょ!!!

結果が出るまで続けることに
メンタルを使うべきであって、

ただ含み損の株を持ち続けるのが
メンタルじゃないですよ。

含み損でも損切りしないっていうのは
何もしないで祈るってことですからね。

諦めそうになっても毎日練習をすることとは
雲泥の差です。

そもそも、含み損が広がって吐きそうになっても
挫けずに待ち続けるっていうのは、

エントリーの方向が
長期的に見て正しくないと何の意味もないです。

それに対して、

何かに挑戦したときに、
結果が出るまで諦めずに挑戦し続けるというのは
基本的に正しい行為です。

そう、

行動を続ける上でメンタルは重要

でも、それだけではダメで、
行動の方向性が合っている必要があります。

トレードで言えば、
メンタルを発揮すべきなのは、
たくさんチャートを見て研究することにおいてです。

トレードっていうのは、
原則として、先の展開が読めているときしか
利益にならない
のですから、

メンタルより先に、
根本的な問題として、分析力や洞察力が必要なわけです。

そこを鍛える努力を十二分にした人が、
「メンタルが重要」というならわかります。

でも、その努力をしていない人が多いです。

分析力の向上に努めて、
自分の勝率やRR比率を上げていき、
最後の最後に

「これだけ分析力があるし、
過去の勝率やRR比率で実力が証明されているから
あとは、自分の判断に自信を持って淡々とやろう」

というメンタルが必要になってきます。

ついでに、

メンタルは鍛えられない、という事実を
知っておいたほうがいいと思います。

自分の信念を信じ切る強さというのは、
思い込みとか鍛錬で向上するものではなく、

それまでの努力量に対する自信から
自然とにじみ出るもの
です。

メンタルがない、という思考に逃げたらだめです。

自分の実力や知識がないことを自覚し、
まずは、リスクを最小限にして努力を続けましょう。

GOOD TRADE!!

Mr.K

<編集部のおすすめ>
あなたが投資家としての
本当の成功を求めるなら

「今」がそのチャンスです。

その理由は、
こちらに目を通せば
理解されると思います。

期間限定、無料でご覧いただける
個人投資家向けビデオプログラムですので、

お見逃しないようご注意下さい。

無料ビデオプログラムのご視聴はコチラ


その株、なぜ買ったんですか?

2018.02.24
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田でございます。

みなさんは株を売買する時、
どのような動機が浮かぶでしょうか?

もし、株を買う時は
「上昇途中だったから」
「目標株価が◯◯円だったから」

そして売る時は
「下がってしまったから」
「なかなか上がらないから」

という理由だとしたら、
自信を持ってトレードできていない
証拠
ですね。

なかなか勝てない人は
こうした見かけの情報だけで
株を追いかけてしまいがちです。

これが含み損を作る
原因になってしまいますし、

例え優良銘柄でも
エントリーポジションが悪ければ
当然負けてしまいますよね。

エントリーする前に
投資資金だけでなく、その銘柄に対する
自信も必要
ということです。

自信がある場合、
株価が下がったほうが、
安い所で拾えて嬉しいと思いますし、

なかなか上がらなくても、
待てずに不安になって売ることは
もったいないと思うはずです。

特に資金が少ない人こそ、
株価が勢いよく上がっている銘柄は
買いにくいですから、

「下がったから買いやすい!」
と思える、自信のある銘柄を
見つけていただきたいですね。

小資金の方は、

株価自体が大して上がらなくても
上がったり下がったりを繰り返す銘柄
出会えるとラッキーです。

チャートのギザギザに沿って
下で買って、上で売る。
そしてまたチャートが垂れるのを待つ。

このように値幅を意識して
クールに買って売ってを繰り返せば
コツコツと資金を貯められますので♪

自信のある銘柄を見つけるためには、
見かけの情報や状況を盲信するのではなく、
リサーチを怠らないことです。

また、日々トレードをしていると
自分の波長に合う銘柄に出会えるものです。

そうった銘柄で売買を繰り返せば
そのチャートの傾向を掴む力が身について、
ますます自信のある銘柄になりますよ。

それでは今日はこのへんで。
一緒に頑張っていきましょう(^^♪

ウルフ村田


節分はラッキーチャンス?

2018.02.03
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
大阪のホテルより、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

あっという間に2月に突入しました。
今日は節分の日ですね。

この時期のトレードでは
「節分天井」「彼岸底」というワードが
浮かんできます。

どちらも相場での言い伝えでして
簡単に説明すると

節分天井は新年から2月初めにかけては
高値を付ける
こと。

彼岸底は決算発表で業績の揃う
3月中旬ごろにかけては調整によって
下落する
ということです。

もちろん、例年この通りに
変動するわけではありませんが

そのような傾向があるということを
頭に入れてリスクに備えたいですね。

景気が良いと買い物かごに商品を
どんどん放り込んでしまうように、

相場が良いときはついつい
色んな銘柄を追いかけたくなります。

しかし油断していると
急落したときに新規で買い直すお金が
なくなってしまいます
ので、

この時期はこまめな現金化を意識して
少しでも利益を確保しておきましょう♪

そして、銘柄に執着しないことも大切です。

去年大きく上げて話題となった銘柄が
今年も活躍するとは限りません。

去年上昇して以降は
調整が長引いているものも少なくなく、
値幅が取れるとは限らないからです。

業績が良く期待値が高い銘柄なら良いのですが、
思惑で上がった銘柄は今後もう上がることなく
そのまま「終わった銘柄」になるかもしれません。

そのため、この銘柄は何故上がったのか
下げ止まりか今かどうか、という点を
しっかりとリサーチする必要があります。

そうして見つけ出した2018年の銘柄
ばっちりと値幅がとれたら嬉しいですよね!

そういう喜びが相場の実力を
育てる糧になりますので、
2月も頑張っていきましょう(^^♪

ウルフ村田


勝ちたいなら、情報を「○○」せよ

2018.01.30
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、

おはようございます。Mr.Kです。

トレードをするために、
皆さん多かれ少なかれ
情報を収集していると思います。

短期、中期、長期でチャートを確認する、
ということも情報収集ですし、

人によっては
ニュースや財務諸表を確認する
という情報収集を
しているかもしれません。

今日は、トレードに情報を活かすコツをお話しします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

うまく情報を活用して勝っている人は、
この先を読む必要はありません。
また次回お会いしましょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

情報は収集しているけれども
うまく使いこなせていない
いやむしろ翻弄されている
という方に断言します。

本当に勝ちたいなら、
情報は収集するより「遮断」する方が大切です。

情報というのは、
人によって扱えるレベルと量があります。

情報が溢れている現代において、
情報を集めるだけなら簡単なんです。

「勝てないのは情報が足りないから」
という考えは、
完全に間違っているとは
言いきれませんが、

少なからず情報収集をしているのに
翻弄されている場合は、
一度情報を絞る・削ぎ落とすことを
強く薦めます。

株式トレードは投資のひとつ、
というのが私のスタンスです。

私は、人の行動には
「消費」か「投資」しかない
と思っていて、

豊かになりたいのであれば、
(お金だけでなく)
「投資」に割く時間を増やすことが
本質的に必要なことだと考えています。

簡単に言えば、
未来の豊かさに繋がらないものが「消費」で、
未来の豊かさに繋がる行動が「投資」になります

同じ行動も、考え方によっては
消費になったり浪費になったりしますので、
そこは人生の目的や豊かさの定義を
個々人で定める必要があります。

目的が決まったら、
その豊かさに向かって進んで行くのですが、
そのときに大切な原理原則があります。

時間だけは誰しも
1日24時間であるということです。

これは、どうあがいても
増やすことはできません。

確かに、情報収集は
選択肢を増やせるという側面も持ちますが、

じゃあ結果を100倍出す人が
100倍の情報収集をしているか
と言えば、そんなことは
物理的に不可能なのです。

つまり、

結果を出す人とそうでない人の主な差は、
情報収集の時間や量ではありません。

違うのは、「考える時間」の長さです。

私は自宅にホワイトボードを持っています。

何かについて考えを整理したいとき、
青いペンで自分の考えや仕入れた情報を書きまくる
ためのものです。

ブレインダンプと言って、
手持ちの情報をいったんすべて
紙に書き出していきます。

そして、今頭に思い浮かぶこと
を全部書き出しながら、
何かの意味や法則性を見出していくのです。

このブレインダンプのやり方や
内容については、またの機会にお話しするとして、

このように私は、
1日2時間ほどは自分の頭で考えています。

考えるということを通して、
情報から意味を見出して初めて
情報収集は「投資」に変わります

もしも何も考えずに
ただただ情報収集をして終わっていると、
情報収集をした時間は「消費」となります

サラリーマンが何となく日経新聞を購読して
毎日1時間も読んでいるのに、
翌日には内容は殆ど覚えていない、、、
これは「消費」です。

しかし、情報収集と考えることは
1:10くらいにかかる時間が違います。
考えることは時間がかかるのです。

ここから何が言えるかというと、
情報収集はほどほどにしないといけない
ということです。

例をあげると、
私は今年で12年間、自宅にテレビをおいていません。
また、新聞も6年間とっていません。

情報は書籍とインターネットや
セミナーを使って自ら集めにいき、
一定の情報を仕入れたら、
情報収集はやめて一生懸命考えます。

株式トレードでも私のスタイルは同じです。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、

・ニュースは見ない
・ザラバ中は相場を見ない
・ローソク足と移動平均線以外は使わない
・東証一部しか見ない
・ファンダメンタルズ情報は仕入れない

という条件を自ら課し、

その限られた情報の中で
最大の勝率を出す方法を
考えに考え尽くしました。

それが私のスタイルになりました。

ちょっと長くなってきたのでこの辺でやめますが、

新しい情報・手法・先生を
探してばかりのループにハマっている方は、

とにかく一度シンプルに立ち戻り、
限られた情報の中で
自分の頭脳をフルに活用して考える

という習慣をもつことが打開策になると思います。

考える方法として一番オススメなのが、
文章として書き出すことです。

PCへ書き出してもいいですが、
オススメはやはり手書きですね。

特にホワイトボードがオススメです!

うまくいかなかったとき、

・なんで負けたんだろう?
・どうすればよかったんだろう?

と考える時間をどれだけとるかで、
その負けが「投資」になるか「消費」になるかが決まります。

投資をしなければリターンはありません。

GOOD TRADE!!

Mr.K

<編集部のオススメ>
こちらで紹介するセミナーでは
あなたにこんなプレゼントが待っています。

・「買い」か「売り」かエントリー方向を完全に掌握する方法
・投資家人生最大の汚点を解消する
・銘柄の値上がり展望のチェックシート
・エントリーポイントが自然とクリアに分かるテクニカル指標
・最もシンプルなデイトレ手法を公開

あなたの成功の大きな一歩になるかと思います。
ぜひこちらから内容をご覧ください。

人生を成功に導く贈り物はコチラ