カテゴリー別アーカイブ: 情報

高所得者になりたいなら

2018.07.15
admin-ajax

From:谷口洋章
自宅の書斎より、、、

おはようございます。
谷口です。

先日の近畿や四国を中心とした大雨が、

こんなにも被害が大きくなるとは
誰も予想だにしなかったでしょう。

被災地の方へ
ご心労お察しいたします。

そして、一日も早い復興を
心よりお祈り申し上げます。

ようやく雨は止みましたが
とても暑い日が続いていますので、

体調を崩す方も
いらっしゃるのではないでしょうか?

出来るだけ養生して
体を労わってあげてくださいね。

さて、今週の相場は
ダウ平均も日経も
戻りを試しに来ていますが、

下げていた日経が
急に反発して上がりだす。

上がってきたかと思うと
急に下げ始める。

多くの方が、今の相場に
翻弄されているのではないでしょうか?

一方、僕の得意な
IPOセカンダリートレードでは、

日経平均にさほど影響を受けないので
快適なトレードを行えています。

実際に、私のIPO受講生の方は
先日から下げていた相場のなか、

和信で30%取った!
エーアイで20%取った!
ロジザードで20%取った!

などたくさんの報告をいただき、

IPO特有の動きを上手く捕まえられると、
驚くほどのパフォーマンスを出します。

もちろん大きく利益を取るまでの
過程には、

学び
実践し
検証し
悩み
理解し
また
学ぶ

これを繰り返していくからこそ
の産物であり、

日々勉強に励んだ努力に対する
成果だと思います。

皆さんのなかに、
勉強しても成果を実感できない方や、
今のやり方に悩んでいる方は、

「どれだけ頑張れば良いのか?」

「あっという間に上手くなった人もいるのに、
自分は一向に上手くいかない、、、」

「特別な才能があるんじゃないか?」

などと、自分を下げてみてはいけません。

多かれ少なかれ、この考え方が
備わるには時間がかかります。

まずは、トレードでどれくらい
稼ぎたいと思っているのか?

と改めて考えてみてください。

それは絶対に達成したいか?
達成するまで続けるか?
どこまで本気なのか?

これを決めておくと
自分の方向性が見えてきます。

方向性が見えてくると
自分は専業なのか、
あるいは兼業なのか、と

自分はどちらを選択するべきか
決めることができます。

専業でトレードをしている方は
専業になると決めた方です。

同じく兼業でトレードしている方は
兼業になると決めた方です。

専業でトレードする努力と、
兼業でトレードする努力には
必然と差がでます
ので、

是非、しっかりと目標を立てて
頑張ってみてください!

これからも頑張りましょう!

谷口洋章

<編集部のオススメ>
今までのやり方が通用しないと
悩んでいるなら

相場に合わせた売買が可能な
先物取引がベストです。

一生使えるシンプルなトレードを
今すぐご確認ください。
http://japan-i-school.jp/jim/ryujiji_180724/
※初心者の方も大歓迎です


最短ルートで稼ぐ銘柄選びの基本

2018.07.14
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

昨日の日経平均はやっと
貿易摩擦の懸念を払拭してきたかな、
と思うような大幅高でしたね。

様子見だった方も
売買を再開しようと
思っているのであれば、

ぜひ安いところを拾って
高いところで出てほしいですが、

「どの銘柄で売買すべきか」
迷走している方が多いので、

今日はご自身の資金量による
銘柄の選び方についてお話します。

東証一部だけで
約2000銘柄もありますが、

チャートを観察していると
株価の上昇スピードは銘柄によって
当然それぞれ違いますよね。

この株価の上昇スピードにより、
売買するべきかをまず判断します。

ここで重要なのが、

少資金の方と、
潤沢な資金のある方で
銘柄選びの幅に違いが出ます。

例えば、
「ゆっくり上昇」している銘柄に対して

短期売買は利幅が少ないので
基本的に入りませんよね。

つまり、ゆっくり上昇する銘柄は
中・長期での投資に向いています。

そして資金の有無による視点で見ると、

中・長期を考えた売買は
資金のある方に向いています。

少資金の方は利幅を取るまでに
時間がかかるので辛いですよね。

なので少資金の方に向いているのは、

短期売買で大きく利幅が取れる
銘柄での売買が一番早く稼げる
方法となるのですが、

こういう銘柄はタイミングを間違えると、
一気に含み損になってしまう
可能性も高いですよね。

「含み損になったら
一旦放置しておけばいい」

という考えで売買していると、
塩漬け株が次々出来上がるので

エントリーする前に、
「自分は短期売買をする」

という目的を明確に持って
慎重に売買して下さい。

このようにご自身の資金と相談して
上手に銘柄選びをすると、

最短で大きく稼ぐルートを
見つけることができますよ(*^^*)

ウルフ村田

<編集部のオススメ>
投資未経験、しかも日中忙しいあなたでも

先物取引であれば最短5分で、
収益を生み出すことが可能です。

実際に未経験から始めた方の声を
こちらでご確認ください。
http://japan-i-school.jp/jim/ryujiji_180724/


「いつか戻る…」が命取り

2018.07.08
admin-ajax

From:谷口洋章
自宅の書斎より、、、

おはようございます。
谷口です。

台風の影響で大雨の被害にあわれた方。
ご無事でしょうか?

私の住む金沢では
大きな影響はありませんでしたが、
ここ数日は梅雨よりも梅雨っぽく
ジメジメしていましたね。

最近、なんだか肌や髪の毛がしっとりしていて
なんだかな~?

と思っていたら湿気が多かったんですね

実は僕の誕生日が6月なもんで
毎年お祝いしてもらう時には

ハッピーバースデー梅~雨~
と歌ってもらっています、、、

だから?

と言われそうな話題はこれくらいにして、、、

明けたと言われた梅雨が戻って来たかのように、
下り坂のお天気とあいまって、

日経平均も
いや~な形になってきましたね。

ダウ平均は節目を切って
下値支持線で止まれば良いのですが、
そこすら切ってしまうと下落相場

日経平均は
ダウより弱い形となって
下落トレンドが出来てきました。

先週までは75日線で踏ん張っていましたが
現在52週線まで落ちて踏ん張っています。

週足の52週線と言えば1年周期の線ですので
とても強い抵抗線となります。

ここで反発して上昇に戻れば良いですが
昨年の11月の上昇から日足の形状が
グランビルの法則になってきましたので
一旦反発しても下落相場の対応が必要です。

空売りをメインで稼いで
買いはサブですね。

買いが得意な人は利益が乗らない時期なので
節目が来たら即利食いが良い時期。

逆に空売りは利益を伸ばす対策が良い時期です。

現在日経平均は強い節目で頑張っていますが、
前回の安値は300日線まで落ちています。

ダウ平均の下落状態を見ると、
もう少し下げてもおかしくないので
日経平均もそこまで落ちる可能性大です。

ロスカットが出来ない人は
またまた受難の時期ですね。

いつか戻る…

という曖昧な目線でいると、
このまま下落が始まって
上昇相場が終了することもあります。

今回のアベノミクスの上昇相場で
買ったままにしている方も多いと思いますが

「上がったら下がる」

これが株式相場だと肝に銘じて、
ロスカットの技術を身に着けるように頑張りましょう!

谷口洋章

PS.
空売りが苦手な方の
下落相場での乗り切り方には
僕が得意とするIPOセカンダリーもおすすめです。

こちらの無料動画でその理由も解説しているので、
是非見てみてください。
http://japan-i-school.jp/jim/taniguchi18_op1/
※期間限定公開なので早めにご覧ください。


資金がない人ほどしてしまう行為

2018.07.07
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

最近の相場は日経平均でも
大きく値幅が動くので

短期投資をされている方は
大きな利益も期待できますが、

皆さんの状況はいかがでしょうか?

逆に今の地合いが悪いから
入りづらいって感じる方は、

無理に売買をやらないほうがいいです。

実際に有名なトレーダーの多くは、
今の地合いが悪いので海外旅行に行ったりして
休暇を取っています。

彼らはアベノミクスが始動した時
大きく利益を取って、その後は
たまに様子を見る程度です。

こうやって良い時期に大きく稼いで
悪い時期はやらない。

お金持ちになる人は
皆このやり方をしているので、

これだけは声を大にして言います。

資金がない人ほど
目先の資金に目が行って
ちょこちょこ売買してしまうんです。

地合いが悪い時期にも売買すると、
下手すれば運用資金も減って
効率が悪いんですよね。

それに、地合いが悪い時であっても
売買してしまうのは、

日本人特有の性格もあるかもしれません。

まじめな方が多いので毎日やらなければ、
と思ってしまうんですね。

もちろん分析は今後の売買する
指標として使うので、
毎日できるならするべきですが、

売買に至ってはそうではないことに
気を付けて下さい。

有名な銘柄だけを信じて
適当に売買しても、お金持ちになった
人はいませんし、

短期投資において業績がいいだけでは
上がりませんので、

トレードするための理由を
焦って探す必要はありません。

悪い時は潔く休む!
緩急をつけることが大事です(*^^*)

ウルフ村田

PS.
地合いが悪い時でも、
テンバガーの銘柄は
稀にでてくるものです。

そういった銘柄に乗り遅れないために、
個人投資家はどうするべきか?

その秘密と攻略法を
7/16(月)セミナーにてお話します。

ぜひ人生を成功するためのきっかけに、
お越しください(*^^*)
http://japan-i-school.jp/jim/seminar_180716/


これを知っていないと大事故になります

2018.07.01
admin-ajax

From:谷口洋章
自宅の書斎より、、、

おはようございます。
谷口です。

今年は早くも梅雨明けが発表されましたが、
皆さんいかがお過ごしでしょうか?

これから益々暑さが上昇してきますが、
対して日経平均は今週下落して始まり、
節目で反転して陽線で終わっています。

ダウ平均株価は以前お話した
フィボナッチの23.6%の節目と、

前回高値からの61.8%と、
重なった場所で反発しています。

そろそろ、ダウ平均も日経平均も反発の兆しです。

前回ブログはこちらから↓
https://j-i-s.info/j-i-s/nikkan_180624/

IPOについてのお話になりますが、
トレードで1番皆さんがやっているであろう、
「初値買い」

実は1番多くの方が負けている方法でもあります。

負けている方に多い傾向として、
勉強もせずに「派手」なものに
飛びついてしまうことです。

上昇ランキングの上位
日経新聞の見出し
仕手株
IPOの初値

など
目を引くものは株価が大きく動きます。

株式トレードは値動きの
大きい銘柄を選ぶと利益が大きいですが、
上がる値幅と同じくらい下がります。

勉強を疎かにしたまま
いざ売買してみたら、上昇は取れずに
下落に巻き込まれて大事故になる
可能性もあります。

そのためまずは派手なものには
近づかないでくださいね!

私の「初値買い」の方法は
あるルールをもとにやっています。

上昇だけ取って、下落は逃げるのです。

そして、上がりきったところで
利益確定します。

ビジネスにおいて
「段取り8分、仕事2分」と格言があるように、

トレードも
「勉強8分、トレード2分」と考え、
取り組むことが大事です。

今日もがんばっていきましょう!

谷口洋章

<編集部のおすすめ>
少資金、短時間のトレードでも
大きく利益を出すことができる
先物取引への参入者が多くなっていますが、

初心者の方はまず基本的な知識を得て、
効率よく利益を取る方法を知るべきです。

こちらでその詳細をチェックしてみて下さい。
http://japan-i-school.jp/jim/takako_180711_17/


この指標使っていますか?

2018.06.30
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

先週に続いて今週も
日経平均は非常にボラティリティーが
高いですね。

個別銘柄も乱高下が激しいなか、
皆さんちゃんと押し目で拾えていますか?

押し目のタイミングを見誤って、
まだ下がっているところを買ってしまい
含み損なんて方も多いかと思います。

これから買おうと思う銘柄の
どこが押し目かを分析する時、

私がよく使うのは
フィボナッチで分析して
買うタイミングを決めています。

芸術の世界では
「黄金比」として有名な作品の多くは
この比率で作成されています。

その黄金比が株価とどう関係あるの?
と思うかもしれません。

フィボナッチ係数であれば学生の時
習ったという方もいるかもしれませんが、

チャート分析において、
非常に使える指標
のひとつなんです。

フィボナッチとは自然係数のひとつで、
日本にはあまりなじみがない分析方法ですが、

海外の機関投資家の多くは
このフィボナッチで分析しています。

実際フィボナッチを
どう使うのかというと、
押し目率の計算ができるんですね♪

押し目率とは株価が上昇の頂点から
どのくらい押しているかを数値化します。

フィボナッチから利用できるいくつかの
数値のうち、

私の場合は(0.618)61.8%
押し目率の計算に使っています。

「1/2押し」という言葉もありますが、
つまり、上がったところの頂点から半分以上
下がってから買うんです。

他にも「1/3押し」「2/3押し」なんて
やり方もあるので、
ご自身で分析してみてください。

ただ、この押し目率は大きな株価の上昇に
対して使える指標なので、

少しずつ上がっている値動きに対しては、
あまり信用できないので注意してください。

含み損にしちゃうと次の投資に必要な
資金にも影響しちゃうので、

ここぞって大きく売買する前に、
しっかり分析するようにしましょう(*^^*)

ウルフ村田