カテゴリー別アーカイブ: 初心者

「強い銘柄」の特徴と攻め方とは?

2018.07.21
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

さて、今週のトレードは
いかがだったでしょうか。

日経平均やマザーズ指数は
反発する場面もありましたが、

相場全体としては未だに不安定な
状況が続いていますね。

もちろんこんなときは
無理にトレードしないことが大前提ですが、

どんな状況下でも、
きれいに高値を目指す「強い銘柄」はある
ということは覚えておいてください。

むしろ今の相場でトレードするなら
強い銘柄を必ず選択して
いただきたいと思います。

そんな強い銘柄を探す際に
注目していただきたい特徴は

チャートに規則性があり、
安定して動いているかどうか
です。

これは強い銘柄の共通点であり、
地合いが良くないときにエントリーをする
絶対条件でもあります。

ただし、安定しているからといって
安易なポジショニングは通用しません。

強い銘柄でも
長期保有や上昇後のエントリーは
リスクが大きいため、

チャートの特徴に沿って
短期売買を繰り返すようにしましょう。

例えば、しっかり下げてから
しっかり上がるようなチャートなら
その切り返しを狙う必要があります。

万が一チャートが崩れたときは
すぐに退散することも忘れてはいけません。

また、強い銘柄は案外
チャートが似ていることもあるので、
そのような観点で観察することも大切です。

観察には、ネット証券の
チャートを並べて一目できるシステムを
活用すると便利ですよ。

「強い銘柄」を選択し、
リスク管理を怠らずに
正しくエントリーできれば

この夏で大きな利益が取れると
信じています(*^^*)

ウルフ村田


勝敗を分けるたった3つの戦略

2018.07.16
horikita

From:堀北晃生
丸の内のオフィスより、、、

おはようございます、堀北晃生です。

堀北式株価デトックス理論では、
通常空売りできないような銘柄でも、

ある方法を使って
積極的に空売りを仕掛けています。

一般の人が空売り
できないような銘柄に対して、
短期間でパフォーマンスを出せます。

今週も空売りを中心に
仕掛けていきたいと思います。

さて、今日は「同じ境遇、同じ銘柄を買った」
ある二人のお話
です。

一人は大きく利益を得ているのに、
もう一人は逆に資金を減らしています。

なぜそのような結果になったのでしょうか?

二人の違いを詳しく見ていきましょう。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

■ 給料以上に稼いでいる投資家は何が違うのか?

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

今から3ヶ月前。

冬が終わり春の日差しが
降り注ぐある日のこと、

二人の投資家が
同じ投資講座を受講しました。

この二人は、投資経験は3年ほどで
基本的な知識もあり、
いわゆる似たもの同士でした。

当然、多くの投資家と同様、
その日も将来への大きな夢に
胸を膨らませていました。

そんな二人が、
最近「空売り塾」で
再会したのです。

二人とも、会社に勤めながら
投資を兼業していました。

おまけに、年齢も同じで、
食品メーカーに勤めているのも
同じだということがわかったのです。

二人ともそれぞれ幸せな結婚をし、
ともに3人の子供がいます。

しかし、二人には違いもありました。

一人は、投資で安定的に利益を出して、

「給料所得より稼いでいます」

もう一人は、なかなか利益を出せず、

「資産が年々減っています」

上記の二人は、同じ空売り塾を学び、
同じ銘柄を同じ投資戦略で
実践していたのに、

利益のパフォーマンスは
雲泥の差だったのです。

それは生まれつきの才能や知能、
あるいは投資に対する熱意のような
ものではありません。

一人が成功を望み、
もうひとりは成功を望まなかった
というわけではありません。

二人は同じ銘柄で、
同じ投資手法を活用して
これだけの利益の差を生んだのは、

いつ、どのタイミングで、
いくら投資するかを見極める

たった3つの
「ポジショニング戦略」にあったのです。

同じ銘柄であっても、
これによって利益の額は全く異なります。

つまり、ポジションのとり方を
間違えなければ、

投資の方法や銘柄選択も、
それほど重要ではない
からです。

皆さんのなかにも、
「資産が年々減っている」のであれば、

もう一度ポジショニングのノウハウを
勉強しなおすことをおすすめします。

追伸:

利益はすべて掛け算でできております。

利益=差益x株数xリピート

この3つの数字を
最大化することで、
利益を出し続けることができます。

大切なことはこのなかで、
どれかが「ゼロ」であれば
効果はないということです。

この公式を見なくても
イメージできるように、
トレーニングしてみてください。

きっとパフォーマンスが
一気に変わるはずです。

追伸2:
私が絶対やるべき空売り手法を
書籍にしました。

相場の影響を受けにくく、
短期間で利益を取るのに最適な
投資だと思います。

詳細はこちらからご確認を↓
http://japan-i-school.jp/jim/books_hkt180709/


最短ルートで稼ぐ銘柄選びの基本

2018.07.14
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

昨日の日経平均はやっと
貿易摩擦の懸念を払拭してきたかな、
と思うような大幅高でしたね。

様子見だった方も
売買を再開しようと
思っているのであれば、

ぜひ安いところを拾って
高いところで出てほしいですが、

「どの銘柄で売買すべきか」
迷走している方が多いので、

今日はご自身の資金量による
銘柄の選び方についてお話します。

東証一部だけで
約2000銘柄もありますが、

チャートを観察していると
株価の上昇スピードは銘柄によって
当然それぞれ違いますよね。

この株価の上昇スピードにより、
売買するべきかをまず判断します。

ここで重要なのが、

少資金の方と、
潤沢な資金のある方で
銘柄選びの幅に違いが出ます。

例えば、
「ゆっくり上昇」している銘柄に対して

短期売買は利幅が少ないので
基本的に入りませんよね。

つまり、ゆっくり上昇する銘柄は
中・長期での投資に向いています。

そして資金の有無による視点で見ると、

中・長期を考えた売買は
資金のある方に向いています。

少資金の方は利幅を取るまでに
時間がかかるので辛いですよね。

なので少資金の方に向いているのは、

短期売買で大きく利幅が取れる
銘柄での売買が一番早く稼げる
方法となるのですが、

こういう銘柄はタイミングを間違えると、
一気に含み損になってしまう
可能性も高いですよね。

「含み損になったら
一旦放置しておけばいい」

という考えで売買していると、
塩漬け株が次々出来上がるので

エントリーする前に、
「自分は短期売買をする」

という目的を明確に持って
慎重に売買して下さい。

このようにご自身の資金と相談して
上手に銘柄選びをすると、

最短で大きく稼ぐルートを
見つけることができますよ(*^^*)

ウルフ村田

<編集部のオススメ>
投資未経験、しかも日中忙しいあなたでも

先物取引であれば最短5分で、
収益を生み出すことが可能です。

実際に未経験から始めた方の声を
こちらでご確認ください。
http://japan-i-school.jp/jim/ryujiji_180724/


【新機能】↓コレ、知ってました?

2018.07.09
horikita

From:堀北晃生
丸の内のオフィスより、、、

おはようございます、堀北晃生です。

堀北式株価デトックス理論では、
通常空売りできないような銘柄でも、
ある方法を使って積極的に空売りを仕掛けています。

一般の人が空売りできない銘柄でも
短期間のトレードで高いパフォーマンスを
出すことができます。

今週も空売りを中心に
仕掛けていきたいと思います。

さて、今日のテーマは
オンラインで投資をするにあたって、
大切なメールについてです。

メールはさまざまなソフトで送受信できますが、
あなたは何を利用されていますか?

あなたがもし、

「自宅にあるパソコンがないとメッセージが確認できない」

という状況でしたら、ぜひ
新しくなったGmailを使ってください。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

■ 新Gmailでメールを管理しよう

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

Gmail(じーめーる)とはGoogleが無料で
提供しているメールサービスで、

このアカウントを取るとgmailアドレスが
無料で利用できます。

このGmailにいま普段使っているメールを
登録することで、一括管理できます。

例えば、
・会社用:****@campany.co.jp
・Yahooメール:****@yahoo.co.jp
・プライベート用:****@aol.ne.jp
・その他:****@ybb.ne.jp

こんな感じで持っていたとします。

これもすべてGmailに一度だけ登録すると
すべてが送受信できます。

この登録ができればデバイスは何であっても
見ることができますので外出先でも
スマートフォンで確認することができます。

また自宅のパソコンがクラッシュして
起動しなくなってしまうことがあっても安心です。

クラウド上に保存された
メールデータはなくなることはありません。

新しいGmailに追加された新機能

また、今回のリニューアルで以下の機能が使えるようになりました。

・メール一覧から添付されたファイルを直接開けること
・メールブラウザの隣にカレンダーやToDoリスト、Keepを表示
・サイドバーのタスクにメールをドラックして追加できる
・「スヌーズ」メールを指定した日時に再度表示させる
・「スマートリプライ」メールの内容から返信内容を提案する
・「Nuding]重要なメールを自動的に認識して返信を教えてくれる
・「情報保護モード」メールに表示期限を付けたりコピー制限をつけられる
・「オフラインモード」Gmailの機能として90日間のデータを利用できる

というものです。

話すと長くなりますが、とにかく便利で安全に利用できます。

89727d23-d239-4459-97b8-72018989bed2

▼Gmail 新機能
https://mail.google.com/mail/u/0/#inbox

現在の利便性はさることながら、
常にGmailは進化し続けており

パソコン、スマホ、タブレットどこからでも
アクセスすることができ保存が可能なGmailを
オススメします。

特に、個人的にはこの「Todo」リストが便利だと思います。

いろんなツールを使っていますが、
Googleのマイタスクを今後使っていきたいと思います。

「やろうと思っていたことをついつい忘れちゃった」

そんなことはありませんか?

それをいつでもどこでもチェックすることができますので、
特にオススメです。

ぜひお試しになってみてください。

一度使えば便利すぎて元に戻れないでしょう。

次回も読者の皆様に有益な情報を準備して
お届けしたいと思います。

それでは。

堀北晃生

追伸1:

活発な梅雨前線などの影響による九州から東海にかけて
記録的な豪雨で、各地で多くの被害が出ています。

堀北晃生のメールマガジンを購読されていらっしゃる方も、
数名の方から影響があったことを聞きました。

この度被災された方には、心よりお見舞い申し上げます。

一日も早い復興そして安心した生活が遅れるよう
心よりお祈りしております。

緊急災害支援として個人的にも自治体への義援金を
送らせて頂きます。

追伸2:
私の投資手法を紹介した書籍のご案内です。

様々な努力を重ねてきたあなたが
今、何としても結果を変えたいと
強く思っているのなら、

これまで知る由もなかった
空売り手法に出会えるチャンスだと私は思います。

堀北式空売りの秘密を入手:
http://japan-i-school.jp/jim/books_hkt180709/


資金がない人ほどしてしまう行為

2018.07.07
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

最近の相場は日経平均でも
大きく値幅が動くので

短期投資をされている方は
大きな利益も期待できますが、

皆さんの状況はいかがでしょうか?

逆に今の地合いが悪いから
入りづらいって感じる方は、

無理に売買をやらないほうがいいです。

実際に有名なトレーダーの多くは、
今の地合いが悪いので海外旅行に行ったりして
休暇を取っています。

彼らはアベノミクスが始動した時
大きく利益を取って、その後は
たまに様子を見る程度です。

こうやって良い時期に大きく稼いで
悪い時期はやらない。

お金持ちになる人は
皆このやり方をしているので、

これだけは声を大にして言います。

資金がない人ほど
目先の資金に目が行って
ちょこちょこ売買してしまうんです。

地合いが悪い時期にも売買すると、
下手すれば運用資金も減って
効率が悪いんですよね。

それに、地合いが悪い時であっても
売買してしまうのは、

日本人特有の性格もあるかもしれません。

まじめな方が多いので毎日やらなければ、
と思ってしまうんですね。

もちろん分析は今後の売買する
指標として使うので、
毎日できるならするべきですが、

売買に至ってはそうではないことに
気を付けて下さい。

有名な銘柄だけを信じて
適当に売買しても、お金持ちになった
人はいませんし、

短期投資において業績がいいだけでは
上がりませんので、

トレードするための理由を
焦って探す必要はありません。

悪い時は潔く休む!
緩急をつけることが大事です(*^^*)

ウルフ村田

PS.
地合いが悪い時でも、
テンバガーの銘柄は
稀にでてくるものです。

そういった銘柄に乗り遅れないために、
個人投資家はどうするべきか?

その秘密と攻略法を
7/16(月)セミナーにてお話します。

ぜひ人生を成功するためのきっかけに、
お越しください(*^^*)
http://japan-i-school.jp/jim/seminar_180716/


この指標使っていますか?

2018.06.30
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

先週に続いて今週も
日経平均は非常にボラティリティーが
高いですね。

個別銘柄も乱高下が激しいなか、
皆さんちゃんと押し目で拾えていますか?

押し目のタイミングを見誤って、
まだ下がっているところを買ってしまい
含み損なんて方も多いかと思います。

これから買おうと思う銘柄の
どこが押し目かを分析する時、

私がよく使うのは
フィボナッチで分析して
買うタイミングを決めています。

芸術の世界では
「黄金比」として有名な作品の多くは
この比率で作成されています。

その黄金比が株価とどう関係あるの?
と思うかもしれません。

フィボナッチ係数であれば学生の時
習ったという方もいるかもしれませんが、

チャート分析において、
非常に使える指標
のひとつなんです。

フィボナッチとは自然係数のひとつで、
日本にはあまりなじみがない分析方法ですが、

海外の機関投資家の多くは
このフィボナッチで分析しています。

実際フィボナッチを
どう使うのかというと、
押し目率の計算ができるんですね♪

押し目率とは株価が上昇の頂点から
どのくらい押しているかを数値化します。

フィボナッチから利用できるいくつかの
数値のうち、

私の場合は(0.618)61.8%
押し目率の計算に使っています。

「1/2押し」という言葉もありますが、
つまり、上がったところの頂点から半分以上
下がってから買うんです。

他にも「1/3押し」「2/3押し」なんて
やり方もあるので、
ご自身で分析してみてください。

ただ、この押し目率は大きな株価の上昇に
対して使える指標なので、

少しずつ上がっている値動きに対しては、
あまり信用できないので注意してください。

含み損にしちゃうと次の投資に必要な
資金にも影響しちゃうので、

ここぞって大きく売買する前に、
しっかり分析するようにしましょう(*^^*)

ウルフ村田