カテゴリー別アーカイブ: 成長株

「強い銘柄」の特徴と攻め方とは?

2018.07.21
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

さて、今週のトレードは
いかがだったでしょうか。

日経平均やマザーズ指数は
反発する場面もありましたが、

相場全体としては未だに不安定な
状況が続いていますね。

もちろんこんなときは
無理にトレードしないことが大前提ですが、

どんな状況下でも、
きれいに高値を目指す「強い銘柄」はある
ということは覚えておいてください。

むしろ今の相場でトレードするなら
強い銘柄を必ず選択して
いただきたいと思います。

そんな強い銘柄を探す際に
注目していただきたい特徴は

チャートに規則性があり、
安定して動いているかどうか
です。

これは強い銘柄の共通点であり、
地合いが良くないときにエントリーをする
絶対条件でもあります。

ただし、安定しているからといって
安易なポジショニングは通用しません。

強い銘柄でも
長期保有や上昇後のエントリーは
リスクが大きいため、

チャートの特徴に沿って
短期売買を繰り返すようにしましょう。

例えば、しっかり下げてから
しっかり上がるようなチャートなら
その切り返しを狙う必要があります。

万が一チャートが崩れたときは
すぐに退散することも忘れてはいけません。

また、強い銘柄は案外
チャートが似ていることもあるので、
そのような観点で観察することも大切です。

観察には、ネット証券の
チャートを並べて一目できるシステムを
活用すると便利ですよ。

「強い銘柄」を選択し、
リスク管理を怠らずに
正しくエントリーできれば

この夏で大きな利益が取れると
信じています(*^^*)

ウルフ村田


最短ルートで稼ぐ銘柄選びの基本

2018.07.14
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

昨日の日経平均はやっと
貿易摩擦の懸念を払拭してきたかな、
と思うような大幅高でしたね。

様子見だった方も
売買を再開しようと
思っているのであれば、

ぜひ安いところを拾って
高いところで出てほしいですが、

「どの銘柄で売買すべきか」
迷走している方が多いので、

今日はご自身の資金量による
銘柄の選び方についてお話します。

東証一部だけで
約2000銘柄もありますが、

チャートを観察していると
株価の上昇スピードは銘柄によって
当然それぞれ違いますよね。

この株価の上昇スピードにより、
売買するべきかをまず判断します。

ここで重要なのが、

少資金の方と、
潤沢な資金のある方で
銘柄選びの幅に違いが出ます。

例えば、
「ゆっくり上昇」している銘柄に対して

短期売買は利幅が少ないので
基本的に入りませんよね。

つまり、ゆっくり上昇する銘柄は
中・長期での投資に向いています。

そして資金の有無による視点で見ると、

中・長期を考えた売買は
資金のある方に向いています。

少資金の方は利幅を取るまでに
時間がかかるので辛いですよね。

なので少資金の方に向いているのは、

短期売買で大きく利幅が取れる
銘柄での売買が一番早く稼げる
方法となるのですが、

こういう銘柄はタイミングを間違えると、
一気に含み損になってしまう
可能性も高いですよね。

「含み損になったら
一旦放置しておけばいい」

という考えで売買していると、
塩漬け株が次々出来上がるので

エントリーする前に、
「自分は短期売買をする」

という目的を明確に持って
慎重に売買して下さい。

このようにご自身の資金と相談して
上手に銘柄選びをすると、

最短で大きく稼ぐルートを
見つけることができますよ(*^^*)

ウルフ村田

<編集部のオススメ>
投資未経験、しかも日中忙しいあなたでも

先物取引であれば最短5分で、
収益を生み出すことが可能です。

実際に未経験から始めた方の声を
こちらでご確認ください。
http://japan-i-school.jp/jim/ryujiji_180724/


資金がない人ほどしてしまう行為

2018.07.07
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

最近の相場は日経平均でも
大きく値幅が動くので

短期投資をされている方は
大きな利益も期待できますが、

皆さんの状況はいかがでしょうか?

逆に今の地合いが悪いから
入りづらいって感じる方は、

無理に売買をやらないほうがいいです。

実際に有名なトレーダーの多くは、
今の地合いが悪いので海外旅行に行ったりして
休暇を取っています。

彼らはアベノミクスが始動した時
大きく利益を取って、その後は
たまに様子を見る程度です。

こうやって良い時期に大きく稼いで
悪い時期はやらない。

お金持ちになる人は
皆このやり方をしているので、

これだけは声を大にして言います。

資金がない人ほど
目先の資金に目が行って
ちょこちょこ売買してしまうんです。

地合いが悪い時期にも売買すると、
下手すれば運用資金も減って
効率が悪いんですよね。

それに、地合いが悪い時であっても
売買してしまうのは、

日本人特有の性格もあるかもしれません。

まじめな方が多いので毎日やらなければ、
と思ってしまうんですね。

もちろん分析は今後の売買する
指標として使うので、
毎日できるならするべきですが、

売買に至ってはそうではないことに
気を付けて下さい。

有名な銘柄だけを信じて
適当に売買しても、お金持ちになった
人はいませんし、

短期投資において業績がいいだけでは
上がりませんので、

トレードするための理由を
焦って探す必要はありません。

悪い時は潔く休む!
緩急をつけることが大事です(*^^*)

ウルフ村田

PS.
地合いが悪い時でも、
テンバガーの銘柄は
稀にでてくるものです。

そういった銘柄に乗り遅れないために、
個人投資家はどうするべきか?

その秘密と攻略法を
7/16(月)セミナーにてお話します。

ぜひ人生を成功するためのきっかけに、
お越しください(*^^*)
http://japan-i-school.jp/jim/seminar_180716/


この指標使っていますか?

2018.06.30
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

先週に続いて今週も
日経平均は非常にボラティリティーが
高いですね。

個別銘柄も乱高下が激しいなか、
皆さんちゃんと押し目で拾えていますか?

押し目のタイミングを見誤って、
まだ下がっているところを買ってしまい
含み損なんて方も多いかと思います。

これから買おうと思う銘柄の
どこが押し目かを分析する時、

私がよく使うのは
フィボナッチで分析して
買うタイミングを決めています。

芸術の世界では
「黄金比」として有名な作品の多くは
この比率で作成されています。

その黄金比が株価とどう関係あるの?
と思うかもしれません。

フィボナッチ係数であれば学生の時
習ったという方もいるかもしれませんが、

チャート分析において、
非常に使える指標
のひとつなんです。

フィボナッチとは自然係数のひとつで、
日本にはあまりなじみがない分析方法ですが、

海外の機関投資家の多くは
このフィボナッチで分析しています。

実際フィボナッチを
どう使うのかというと、
押し目率の計算ができるんですね♪

押し目率とは株価が上昇の頂点から
どのくらい押しているかを数値化します。

フィボナッチから利用できるいくつかの
数値のうち、

私の場合は(0.618)61.8%
押し目率の計算に使っています。

「1/2押し」という言葉もありますが、
つまり、上がったところの頂点から半分以上
下がってから買うんです。

他にも「1/3押し」「2/3押し」なんて
やり方もあるので、
ご自身で分析してみてください。

ただ、この押し目率は大きな株価の上昇に
対して使える指標なので、

少しずつ上がっている値動きに対しては、
あまり信用できないので注意してください。

含み損にしちゃうと次の投資に必要な
資金にも影響しちゃうので、

ここぞって大きく売買する前に、
しっかり分析するようにしましょう(*^^*)

ウルフ村田


その考え方では一生一人前になれません

2018.06.23
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

今週の日経平均は
上がったり下がったり、
ボラティリティーが高いですね。

こんな時は静観するのも
有りだと思います。

個別でみると
短期の売買も有りですが、

明確な方向が分からない内は
控えめな回数で
エントリーしたほうがいいですね。

さて、皆さん気になった銘柄を
買ったとしてどこで売るか、
どうやって決めてますか?

ウルフさんから「この銘柄いいね」
と聞いたから?

その考え方は非常にもったいないです。

私からじゃない他の情報筋にしろ、
未来が確定しているわけではありません。

機関投資家など手の入った銘柄は
一気に急落なんてよくあります。

例え予想より早く下がって
損を出してしまったとしても、

結局、結果に対する責任は
自分で負わなければなりません。

株価は青天井で上昇する可能性がある。

と格言がありますが、
実際ありえないので
いざ予想より下がった時のために

・一回決済させてすぐ入る、
・予め逆指値は入れておく
・強制ロスカットの許容できる金額を決める
・分散して投資する

これぐらいのリスク管理は
最低しておきたいところです。

もしもの時のために、
逆指値で返済注文を
入れておけば、

最悪の事態は避けることができます。

降りることを推奨してくれる
機関投資家なんていないので、

入ることばかりを意識せず、
降りることに注意を払ってください。

降りる指令がないと降りれない人は
いつまでも一人前になれないので、

利確タイミングは、
必ずテクニカル分析して売る

癖をつけましょう(*^^*)

ウルフ村田


銘柄選びで重要なポイントとは?

2018.06.16
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

6月はまだこれといって
スター銘柄が出ていない
状況が続いています。

新しい銘柄へ目移り
したくなる時期ですが、

ちょっと待ってください。

新しい銘柄よりも、
今年でた銘柄を
もう一度整理してみてください。

ずっと動かなかったけど切り返した。
強く上昇相場入りしていたけど
押し目に入った。

こんな銘柄を狙って
同じようにそのタイミングを狙うんです。

業績や悪い材料がないかの
確認ももちろん大事なんですが、

週足、月足でそのパターンの
規則性を見つけてください。

方向感が分かりづらいような、
難易度の高い銘柄に手を出すより、
よっぽど取りやすいと思います。

ただ大相場が続かないパターンが多いので、
高値で入らないように注意くださいね。

中長期でポジションを持ちたい人はともかく、

よっぽど地合いが良くならない限り
続かないので持ったままでいるより、

利益のあるうちに逃げる。
含み損が出たらすぐに切る。

この癖を付けてくださいね。

難易度の高い銘柄にどう攻めるか
考えている時間より、

カンタンな銘柄を探すことに
時間を使いましょう♪

執着ばかりしていても
お金は増えないですかね。(*^^*)

ウルフ村田

PS.
もちろん私のセミナーでは
もっと詳しく初動を掴む
方法をお伝えします。

ここ!ってポイントを
具体的にお伝えするので、

ぜひ情報を持ち帰って
圧倒的に勝ちましょう(*^^*)
http://japan-i-school.jp/jim/seminar180630/