カテゴリー別アーカイブ: トレンド系

半分のトレードで利益は2倍

2018.05.29
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、
 
おはようございます。Mr.Kです。
 
今日も赤福を食べながら
このブログを書いています。
 
昨日は、
私のトレードコミュニティでの
月1回の授業があり、
 
そこに名古屋からお越しになった方が、
「トライアスロンで痩せた分、糖分を」と
名物の赤福を持ってきてくださったのです!
 
朝5時ですが、
赤福の糖分で目が覚めています笑
 
他にも、福岡から飛行機で
授業に来てくださった方もいらして
「博多通りもん」もいただきました!
 
こちらも家族で美味しくいただきます。
 
全国の方にご縁をいただいている
ということを、実感しています。
 
本当にありがたく嬉しいことです。
いつもありがとうございます!
 
さて、今日は、
【Mr.K流トレードの成功哲学】
の続きです。
 
4つ目のトレード成功哲学は、
『利益を急ぐならトレード量を半分に』です。

 
トレード版、急がば回れ
といったところですが、
論理的に正しいので説明しますね。
 
・・・
 
あなたは、週何日くらい
トレードをしていますか?
 
トレードサイクルは
人それぞれだとは思いますが、
 
例えば、デイトレをしている方、
週5営業日のうち、
何日トレードしていますか?
 
あるいは、スイングトレードの人は
新しい銘柄にエントリーする日は
週に何日くらいありますか?
 
これは結構きわどい質問なので
ブログで書こうか迷ったのですが、
誤解を恐れず書いていきます。
 
結論から言って、
 
私はデイトレなら5日のうち3日くらい
スイングなら月に休む週が半分くらい
(もちろん、ポジションを持っているときもあり)

 
しかトレードしません。
 
疲れるから、とかそういう理由ではなく
(それもなくはないですが笑)
 
その方が
トータル利益
大きくなるからです。
 
緩急をつける、という感じです。
 
最近は、FXもかなりやっていて
私のスタイルは夕方~深夜の
動く時間帯のトレードですが、
 
相場を見て
「今日は微妙だな・・・」
と思ったらエントリーしません。
 
後から見ると、
毎日エントリー機会が
ないわけではないのですが、
 
FXは、時期によって
1日のボラティリティ(価格変動幅)が
10倍~20倍も違うのです。
 
当然、値動きが大きいときが
もっとも手っ取り早く利益になります。
 
もちろん、値動きが小さくても
狙おうと思えば利益は出せるのですが、
 
そういうときはあえてやらないのです。
チャートが読みにくいときも
あえて勝負をかけません。

 
・・・

なぜか?
 
・・・
 
この理由が重要です。
 
理由の1つ目は、
 
値動きが速いときと
比較的ゆっくりのときに
両方エントリーしていると、
 
自分のトレードスタイルを
柔軟に変更しなくては
ならないからです。

 
保有期間を変えて、
ロスカット幅も変えて、
当然、利益幅も変える必要があります。
 
口で言うのは簡単ですが、
これを実際にやるのは
難易度が高いです。
 
いつも5%くらいのマイナスで
ロスカットしている人が、
 
値動きがゆっくりだからといって
2%でロスカットするのは、
 
「もう少し待つべきかな・・・」
 
という不安がよぎりますし、
 
 
速い値動きのときに 
10%のプラスを利益確定した後、
 
遅い値動きで
4%くらいで利益十分と考えて
エグジットするのは、
 
「もう少し利益を伸ばしたいな・・・」
 
という欲を感じてしまいます。
 
 
でも、トレードを長くやっていれば
当たり前にわかることですが、
 
利益確定幅も、
ロスカット幅も、
ポジション量も、
保有期間も、
 
すべて相場の状況に合わせて
変える必要があるのです。

 
でも、わかっていても
実行するのは難しい。
 
だから、
 
自分がエントリーする基準
設けておくことで対応する
というわけです。
 
値動きが一定以上速いときしか
エントリーしない
と決めておけば、
 
利益確定幅や保有期間を
それほど変えなくてもよくなります。
 
現実的には、
このスタイルの方が優秀だと思います。
 
 
理由の2つ目は、
 
トレードというのは
「負けないこと=勝つこと」
だからです。

 
下手なときに焦って
エントリーして
ロスカットすると、
 
うまく行くときに
大きく利益を
取り返さないといけません。
 
でも、そもそも負けなければ
(ロスカットが小さければ)
 
そんなに大きく勝つことなく
トータルで大きく勝てるのです。
 
 
ちなみに、少し余談ですが、
 
先日、トライアスロンに参加して
最後のラン10kmで、ある発見をしました。
 
ずっと走り続けるより、
 
歩いたり走ったりしたほうが
速く進むのです!
 
筋トレをイメージすると
わかりやすいと思いますが、
 
腕立て伏せを連続100回
というのはできなくても、
 
10回やって休憩して、
10回やってまた休憩して、、、
 
という感じでやれば、
100回はできる人が多いと思います。
 
これは結構重要なポイントで、
 
人間はやり続けることって
体力的にも精神的にも苦手なので、
 
休みながら断続的にやる
というのが、最強な戦略だと思います。
 
トレードにおいても、
感覚的には同じで、
 
休み休みやって、
イケる!と思うときに頑張る方が
トータルパフォーマンスが
良くなりやすいです。
 
 
最後の話は余談ですが、
以上の理由で、
 
『利益を急ぐならトレード量を半分に』
 
と思うわけです。
 
参考になれば幸いです。
 
 
GOOD TRADE!!
 

Mr.K


P.S.
<予告>
CLEAR TRADEブートキャンプ
近日中に第2弾を開催したいと思います。

近いうちにその詳細をご案内します。
人数制限がありますので、お見逃しなきようチェックしてください。


[注意]耳が痛くなるかもしれません

2018.05.22
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、

おはようございます。Mr.Kです。
 
ここ数か月、相当なエネルギーをかけて
作り込んできた「CLEAR TRADEブートキャンプ」の
講義が終了しました。

参加いただいた皆様、本当にありがとうございました!!

講義を通して私自身も
進化できたと思いますし、

昨日は少しやり切った感に
浸っていたところです。笑

ただ、ここからの実践と
フィードバックが最も重要なので、
気を引き締めていきたいと思います。

今日は、久しぶりに
あなたのトレードを向上させる上で
重要なマインドセットをお話しします。

人によっては耳が痛いかもしれませんが、
真剣に読み進めてください。

最近は比較的
具体的なトレードの技術
について書いてきましたが、
 
トレードで継続して利益を出すためには、
技術とマインドは両方必要です。
 
今日お話しするマインドは、
かなり重要なマインドセットになります。
 

■「運」や「偶然」はただの妄想ーーーーーーーーーーーーーーー 

私は、運や偶然というものを
そもそも信じていません。

すべては自分の行動によって導かれた結果であり、
必然であると思っています。

運や偶然と感じるのは、
原因と結果の結びつきが明確になっていないだけで、 
原因と結果は常に1対1である
という世界観をもっています。

例えば、コンビニのくじで
景品が当たるといったことを例にとると、 

くじを引く前のくじ箱の中のくじの配置は、
あなたがくじを引こうが引くまいが、
前の人が引いた後の状態になっています。 

丁度そのタイミングで、
あなたが物を買ってそのくじを引く
という行動をとると、
 
(箱の中のくじの配置が、
あなたが手を伸ばした先に当たりくじがある
という状態だったので)
 
”必然”としてくじが当たる、と考えます。 

運が良かったと感じるのは、
どんな配置でくじが箱に入っているかを
事前に知らなかっただけの話です。
 
つまり、
自分が認知しているかいないかに関わらず
「現在」は存在しているわけで、  

その「現在」の中で自分がとった行動によって
必然として未来が造られている
と考えるわけです。
 
ちょっと理屈っぽいですが。  

詰まるところ、、
今のあなたの現状は、すべてあなたの過去の行動によって
必然的につくられたものと言うことができます。

 
そこに、運や偶然は関係していません。 
 
ちょっと話を変えます。
 
あと1か月も経てば2018年も折り返しですね。
 
日々やることで頭がいっぱい
の方も多いと思いますが、
 
ちょっと先取りして
来年の元旦を想像してみましょう。 
 
あなたは、来年の初詣で
何をお祈りもしくは決意するでしょうか?
 
あなたは、来年の抱負や目標に
何を設定するでしょうか?
 
さて、その抱負や目標は
今年の1月に決めたものと比べて
大きく前進していますか。

 
 
ちょっと厳しい言い方ですが、
 
元旦の度に目標がどんどん前進していく人と
昨年とさほど変わらない目標を立てる人
の2パターンの人がいると思います。

 
問題は後者ですね。
 
世の中がこれだけ変わっているのに、
なぜ、自分の立てる目標が
一年前とさほど変わらないのでしょうか。
 
私はその理由を、
 
”変わらないように、
 毎日の行動を選択してきたから”

 
だと考えます。
 
もう少し具体的に言うと、
 
”常に自分の価値観に合ったものだけを
 選択して生きているから”

 
です。
 
例えて言うなら、
レストランのメニューはどんどん変わって
新メニューが出ているのに、
いつもお気に入りのスパゲッティだけを
頼み続けているからです。
 
今の現状が満足な方はそれでいいでしょう。
 
現状が満足ということは、

過去のあなたの選択が正しかった

ということを意味します。
 
そして、
その選択が正しかったということは、
判断基準である”あなたの価値観”が
正しかったということを意味します。
 
つまり、今後も自分の価値観を信じ、
自分が正しいと思うものを選択し続ければ
満足な状態が維持されるでしょう。
 
一方で、
 
もし、あなたが今の現状に不満があるなら、
過去のあなたの選択が間違っていた
ということです。
 
それはつまり、
行動を選択した”あなたの価値観”が
狂っていたということです。
 
これは大問題です。
 
自分が正しいと思うものを選択
し続けると、未来も”不満な現状”が
訪れることになるからです。
 
ではどうすればいいか?
 
 
答えは簡単です。
 
今の自分の価値観を疑い、
価値観に合わないこと、
「いいや違う」と思うことを
選択すればよいのです。

 
ただし、無作為に選ぶのではなく、
あなたの理想とする結果を残している人
のアドバイスを素直に聞いて選択しましょう。
 
 
■ 未来のために、新しい原因をつくるーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
いつもと同じ選択をしているから、
いつもと似たような未来がきます。
 
であれば、未来を変えるのは簡単で、
 「未来の新しい結果のために、
 新しい原因をつくっていけばいい」
 
のです。 
 
これは、日常の小さなことから
大きな目標までに当てはまります。
  
私は何かを選択したとき、
「ああ、今、未来がつくられたな」
と思っています。
 
ちょっと簡単な例をあげると、 
 
例えば、ふと、
明日京都に旅行に行きたいな、
と思ったとします。 
 
何もしなければ「明日」になっても
京都にいることはないでしょう。
 
しかし、京都に旅行に行くために
ホテルを予約して新幹線のチケットを
予約したらどうでしょうか?
 
おそらく、「明日」になると京都にいるでしょう。
当たり前だ!と思うかもしれません。
 
しかし「明日」京都にいるという未来は、
今日ホテルとチケットの予約をするという
行動によって【つくられる】のです。
 
なので、私は旅行の計画を立てるとき、
単に計画を立てているという意識ではなく、

「よし、未来をつくるぞ!」という感覚で
準備や計画を立てて実行していきます。
 
そして、実際に旅行先で思うのです。
 
「ああ、また思った方向に未来をつくれたな。」と。
  
この人は何を大げさに言っているんだ、
と思う方が大半だと思います。
 
しかし、この感覚が私の日常であり、
大きな目標を達成していくうえでも全く変わらない感覚です。
 
トレードで勝っている未来をイメージし、
その「原因」となる行動は何かを考え、実際に選択しましょう。  
 
すると、必然として
新しいトレード結果を「つくる」ことができます。
  
私には【つくりたい明確な未来】があります。
 
そのために、今日もまた「新しい原因」をつくっていきます。
 
私のブログを読んでいる人には
日中お仕事をしている方が多く
忙しいとは思いますが、
 
忙しい忙しいと言っていたのが
今までの自分なら、
 
ここはあえて、
1時間むりやり仕事を抜け出し
時間をとって今年を振り返ってみては
どうでしょうか。
 
今のあなたの常識では非常識だ!
と思える行動こそが、
来年のあなたを今と違った状態に
導いてくれます。  
 
GOOD TRADE!!
 

 
Mr.K

<編集部のおすすめ>
どれだけ勉強しても
銘柄選びを間違ってしまっては
なかなか利益は伸びないでしょう。

大きな損失を出す前に、
一度銘柄選びのプロから
アドバイスを受けてみませんか?

詳細はこちら


あなたのゴールは何ですか?

2018.05.15
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、

おはようございます。Mr.Kです。
 
今日は、論理的目標と情緒的目標
という話をします。
 
トレードで勝ち残るために
実はもっとも重要な考え方かもしれません。

 
このメルマガが公開されるとき、
私のトライアスロン挑戦は
終わっているはずです。
 
こういう挑戦が人生を動かすと思っています。
 
自分の枠を外すって
とても大切なことです。
 
あなた自身の可能性は、
本来誰にもわからないほど
大きなはずですが、
 
いい歳になってくると
自分の可能性を自分で狭める、
そんな時期が来るものです。
 
幼稚園のときは、
「小学生になったら◯◯したい」
と思いますし、
 
小学生のときは、
「大人になったら◯◯になりたい」
と誰でも考えます。 
 
この思考の本質には、
現時点の自分は成長の過程で
未来にはもっと遠くに行ける、
という願望があると思います。
 
しかし、社会人になったり
家族を持ったりすると、
「今」の状態を「自分」と
決めつける人が多くなっていきます。

ですが今のあなたも、
あなたの人生の中の「まだ途中」に過ぎません。

 
未来の可能性を語らない人は、
私はカッコいいとは思えません。
 
どんなに出世していても、
どんなに財力があっても、
どんな偉業を成し遂げたとしても、
 
その結果として、
その後の未来に期待できなくなったなら、
その後の人生はつまらないだろうと
正直、思ってしまいます。
 
人間は、もともと何もできません。
 
生まれた瞬間、何かができる人は
皆無と言っていいでしょう。
 
しかし、これからできるようになる
可能性に満ちあふれているから、
今何もできなくても誰も悲観しませんし、

まして、本人(赤ちゃん)は、 
自分には何ができるか?という
思考自体を持っていません。
 
赤ちゃんは、
何ができるかを考えているのではなく、
何をしたいのかを考えて行動します。
だから、可能性が無限になる。

 
赤ちゃんに可能性があるという意味ではなく、
何をしたいかのみを考えて
何にでも挑戦する姿勢そのものに、
無限の可能性があるのではないでしょうか。
 
あなたは、何がしたいですか?
何を見てみたいですか?
何を感じてみたいですか?
 
欲求に蓋をすると、
動く理由が消滅してしまいます。
 
一応、断っておきますが、
欲求と欲望は違うと思っておりまして、
欲望は誰かの犠牲の上に成り立つ独占欲で
欲求は、否定しようがなく純粋な欲です。
 
欲求は成長にとって不可欠です。
 
先程の赤ちゃんの例を
思い出せばそれがわかります。
 
赤ちゃんが現状に満足したら
もう絶望的ですね。
歩こうとすらしないわけですから・・・
 
今歩けるか?ではなく、
歩けるようになりたいか?
 
本心からあなたが何をしたいか?
それが、【情緒的目標】をつくります。

 
トライアスロンを完走したい!
というのは、情緒的目標です。
 
今の私がトライアスロンを完走する
論理的な理由など存在しません。
 
一人では絶対にこのタイミングで
トライアスロンなんて挑戦しませんし、
リスクを考えれば賢い選択と言えるかも怪しいです。
 
しかし、やってみたい。
 
仲良くしている社長に誘われ、
その場の感情として、
「ああ、みんなで挑戦して完走したら・・・
 最高だろうなぁ!」
 
と思ったので、
「いいですね!参加します!」
となりました。
 
できるかどうかなんて
ほとんど考えていません。
競技の内容すら知らなかったわけです。
 
その後、トライアスロンに参加する
と会う人会う人に話してきましたが、
 
「やめときなよ、危ないじゃん」
「トライアスロンで死んだ人いるみたいよ」
「そんな暇よくあるね」
 
みたいな、否定をしてくる人、
たっくさんいます。(いました)
 
はっきり言って、大きなお世話です。
 
論理的に考えて戦略的にやっているんじゃなく、
情緒的に「やりたい!」で動いているので。
 
「やりたい!」は大切にすべき感情です。
 
その感情を打ち消すアドバイスをするなら、
完走に役立つアドバイスがほしい。
 
しかし、悲しいかな。
大人って挑戦しないことに慣れてしまい、
自分の内なる声を他人にも言ってしまうんですね。
 
大人ぶっている人はいつも
論理的に考えて「挑戦すべきか」を
判断の基準にしています。
 
色々考えて、いろんなことを考えて、
「挑戦する理由」を探します。
何のためでしょうか・・・
 
あとで周りの人から、
「あいつバカだよね、あんなことして」
って言われたとき説明するためですね。
 
または、自分自身に弁解するためでしょう。
私は、そんな生き方だけは
死んでも絶対にしたくないと思っています。
 
自分の可能性を自分で信じれなければ、
いったいどこの誰が自分を信じるのか?

 
否定してくる人、
馬鹿にしてくる人、
放っておけばいいんです。
 
なぜって、自分の感情に
「かしこい」理由でフタをする、
つまらない習慣の人だからです。
 
そういうことを言ってくる人は
放っておきましょう。
 
何かに挑戦しようとしている人がいて、
自分が失敗した立場だったとしても、
 
「俺は◯◯でやって失敗した。
しかし、あなたはできると思うから、
俺の分まで成功してほしい」
くらい言える人でありたいです。

アドバイスを聞くときは、
アドバイスしている人がどんな人か
しっかりと見定めなくてはなりません。

どんなときも、いくつになっても
あなたの人生の主人公はあなたです。
 
かなり長くなってしまいましたが、
結局何が言いたいかというと、
 
あなたは何がしたくてトレードしていますか? 
ということです。
 
必要だから、ではなく、
心の声に耳を傾けて、
自分の欲求に向かう手段として
挑戦することをオススメします。
 
そうすることで、
継続力も、忍耐力も、
目先の利益に踊らされない賢さも
自然と生まれてきます。
 
人間なんだから、いくつになっても
感情を理由に挑戦していきたい。
 
感情を抑え込まない
CLEAR TRADEの投資理念の根幹です。
  
GOOD TRADE!!
 
Mr.K

<編集部のおすすめ>
投資をする全ての人が、どれだけ勉強しても
必ず負ける時が訪れます。

この講座では大きな損失をする前に、
あらかじめ知っておいてほしいスキルです。

損失を最小限に抑え、
収益チャンスでしっかりと収益を
増やすことができる「正しい負け方」とは?

詳細はこちら


【動画】まだトレード法がひとつだけですか?

2018.05.10
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
大阪難波のホテルより、、、

GW明けの相場、闘ってますか?

連休明け、
決算発表が本格化、
トランプさんの暴走、
さらに米朝会談の前に中朝会談が急にあったりだとか、、、

相変わらず波乱万丈の相場、政局です、、、
こうなるとなかなか怖くて手が出せないという方も
いらっしゃるのではないでしょうか、、、

でもそんなこと言ってると開店休業ですよね。

一口にトレードといってもいろんなやり方があります。
スウィングもあれば、長期投資や逆にデイトレ、
順張りに逆張りなどなど、、、

日ごろメインでやっているトレードがあると思いますが、
そればかりでは限られてしまいます。

今回は私がいつもやってるスウィング以外の
トレード法をご紹介します(^^♪


<編集部のオススメ>
あなたもこんな経験ありませんか?

「コツコツと利益が出ても負けた時の損失が大きい」

FXの才能がないのかなと不安にもなりますが、
才能の問題ではありません。
あなたは負けるパターンを行っているだけです。

つまり正しい負け方を学べば、
誰でも必ずFXで利益を出せます。

今回はその正しい負け方について
詳しく解説しています↓
http://japan-i-school.jp/jim/180602_kujira/


【新事実】あなたが薄利のままの理由

2018.05.08
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、
 
おはようございます。Mr.Kです。
 
私事ですが、
今週はハワイのトライアスロンに
人生初参加をしてきます!
 
オリンピック・ディスタンス
という、ハーフトライアスロンですが、
 
海を1500メートル泳ぎ
自転車で40キロメートル走り
最後にラン10キロ。
 
考えただけでフラフラしますが、
 
お世話になっている社長に誘われて、
YESかハイで参加となりました(笑
 
また報告しますね。
 
こういうチャレンジができるようになったのは、投資のお陰でもあります。
 
さて、
 
今回は、前回のブログに
いただいた質問コメントが
素晴らしかったので、
 
その解説に補足をつけて
お届けします!
 
かなり多くの人が
「ハッ!」とする内容に
なっているはずです。
 
ーーーーーーーーーー
こんな悩みを持っていませんか?
ーーーーーーーーーー
・いつも損大利小になる
・大きな上昇相場を取れたことがない
・20%を超える含み損の塩漬けの経験はあるが、20%を超える含み益の経験はない

 
そんなあなたの悩みを
解決する内容になっています。
 
↓↓↓↓↓
 
前回のブログでは、順張りでエントリーするとき、
 
「早く」エントリーしよう
「安く」買おう
と「しない」ほうがいい
 
ということを書きました。
 
(前回のブログを読んでいない方はこちら)
 
すると、そのブログに対して、
 
>>順張りでは早く入った方が、遅く入るより安く買えるので良いのではないでしょうか
 
というご質問をいただいのです。
 
きっと多くの方も同じように感じられたのではないでしょうか。
 
もっともで素晴らしい疑問ですね。
(ありがとうございます!)
 
この質問に対しての回答を書きます。
 
=========
 
わかりやすく考えるためには、
ずっと上がっていく銘柄をイメージしてください。
 
多くの人が、ずっと果てしなく上昇していく銘柄に
買いで乗りたいと思っているはずです。
 
仮に、結果論として3ヶ月上昇し続けた、としましょうか。
 
では、その銘柄に2ヶ月前に気づけて
買えていれば、莫大な利益になりますよね?
 
では、その「買うべきタイミング」では、その銘柄はどんな形に見えますか?
 
・・・
 
一ヶ月上昇し続けた形、ですよね。
 
結果論から言えば、「その時」に買って、
それから2カ月間の上昇を楽しめればいいわけですが、
 
まあ、「その時」には未来はわからないので、多くの人は買えないわけです。
 
でも、ごく少ない人数の賢い投資家は、「その時」に買っているんです。
 
もしも大きく上昇し続ける銘柄に乗りたい!ということであれば、
 
あなたも、「その時」に買わなければなりませんね。
 
では、どういう思考回路と判断ができればいいかと言えば、
 
 
STEP1「1ヶ月間上昇し続けているから、一ヶ月間の最高値だ」
 ↓
STEP2「でも、今後もこの銘柄が上昇していくなら、今は安値だ」
 ↓
STEP3「だったら、買いで乗るべきだ」

 
 
という風に考えなければいけないのがわかりますか?
 
そうです。
 
ずっと上昇していった銘柄というのは、

過去のどの時点を取って見ても

常に、最高値なんです。

 
でも、それは、
 
「過去からみた最高値」
 
であって、
 
「未来からみたら最安値」
 
なんですね。
 
 
こういう銘柄に、逆張りで入ると塩漬けができます。
 
「こんなに上がってきて、今、(過去から見て)最高値だから、そろそろ下がるだろう」
 
と考えて空売りした場合ですね。
 
そうすると、あっと言う間に塩漬けになります。
 
 
つまり、本物のトレンド相場というのは、
 
押し目なんかないんです。

 
常に「今」が一番安い。
過去に遡ることはできないわけですから、
今がそれこそ一番「早い」わけです。
 
でも、そのあとずっと上がっていくとしても、
それまでにずっと上がってきていれば、
「今はもう遅い」としか感じられないのです。
 
 
人生と同じです。
 
 
いつだって「今」が一番早いのに、
もう◯◯歳だし、今から動き出しても「もう遅い」

と思って行動しない。
 
結果、機会(利益)を取り逃します。
 
ですから、
 
いいんです、順張りに遅いということはありません。
 
入ってみて伸びなければエグジットする、くらいでちょうどいい。

 
本当に人生と同じですね。
 
やってみてダメなら、コストが小さいうちにやめればいい。
 
やってみる前に、できるかな?できないかな?
なんて考えていても何も起きません。
 
伸びているんだから、逆行する可能性はそれほど高くない、と思えばいいのです。
 
ただ、勿論、今回の話は仕手株には当てはまりませんよ! 
 
仕手株はそもそも、長期間上昇し続けないですからね。
 
 
今回のブログで、腑に落ちない人が、
もしかしたらいるかもしれませんが、

その場合は、デモトレードでもいいので、とにかく、やってみてください。
 
言っている真意が伝わることと思います。
 
素晴らしい質問をありがとうございました。
 
 
GOOD TRADE!!
 
 
Mr.K

<編集部のおすすめ>
よく言われる安定的なトレードとは
真逆なのになぜか利益が残る秘密…

勝ち方ではなく
正しい負け方がポイントです。

成果主義の組織で洗練された
「正真正銘のプロのノウハウ」を
具体的に知ることができます。

詳細はこちら


【動画】上値目処で危険回避を!

2018.05.03
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋自宅のオフィスより、、、

やっぱりGW中は閑散としていますね…
機関投資家たちの影もありません。

普段は聞かないような銘柄がトップ10に顔を出しています。
個人たちの売買のほうが活況のようですね。
こんなときは気を付けてくださいね。

せっかくの休みだからデイトレにでもふけってみるか…

なんて安易にやっちゃうと、
個人で大きな資金を持っている人たちが
手ぐすね引いて待っていますからね(^^;

さて、先週に4382 HEROZはなぜストップ安になったのか…
というテーマでお話ししました。

答えは上値目処より高い値段がついたからです。

そりゃストップ安くらいにはなっちゃいますね…

上値目処の詳しい計算式を教えてほしいという
ご意見が多かったので、
今回はもう少し詳しくお話しさせていただきました(^^♪

<編集部のオススメ>
最短数分で収益を出す方法とは?

トレード歴40年の講師が、
着実に収益を出し、

実際にどこで売買しているのかまで、
詳細な手法を包み隠さずお伝えします。

今負けている、勝つ方法が分からない方
にはぜひ正しいトレードの考え方を学び、
自己防衛して下さい。

http://japan-i-school.jp/sl/ruiji/180510_seminar/