カテゴリー別アーカイブ: 戦略

ちょっと待ってちょっと待ってお兄さん〜♪

2018.05.14
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
東京から帰る新幹線の中、、、

いつもパソコンで相場を見ながら
テレビの経済番組を
点けっぱなしにしているのですが、

先日、「あれっ!?」と
思うことがありました。

それは、ある企業の決算発表を受けて、
アナリストが言った言葉でした…

「えーっこの企業ですが、今期は昨年とほぼ同じ。
 ただし、来期に関しては30%増の営業利益を予測。
 恐らく株価も上がるのではないでしょうか」

ん、ん、ん…?
な、なんと…?

恐らく株価も上がるのではないでしょうか〜?だと〜!?

私の頭の中に
あの懐かしいフレーズが
蘇ってきました。

(ちょっと待ってちょっと待ってお兄さん〜♪)

「業績が上がるから株価が上がる〜…???」

ちょっとアナリストさん、
大事なフレーズが抜けていませんかー!!!
思わず、そう問いかけてしまいたくなりました。

さて、あなたは
何が抜けていたのかわかりますか?

それは…

「恐らく株価も上がるのではないでしょうか」
の中に入らないといけないフレーズです。

正しくは、
「恐らく『多くの人が買うので』
株価も上がるのではないでしょうか」です。

これはあなたも
多くのトレーダーさんたちも
知っていることですが

業績がいいから
株価が上がるわけではありません!

業績がいいから、
買いたいという人が増える。

だから、株価が上がるのです。

ですから、
我々は見るべきものは
企業の業績ではなく、

その業績を見ている
投資家たちの頭の中なんです。

何度も言いますが、
業績がいいからといって
株価は上がりません。

また、業績のいい企業の株を
買って儲かるほど
株は簡単ではありません。

その企業を買いたい投資家たちが
どれだけいるのか。

もしくは、
この業績のいい会社を
自分の後にどれくらい買ってきてくれるのか…

これらを見越して
判断をしないといけません。

つまり、株で勝っていくには
正直にいい企業を探しながらも

それをアマノジャクのような目線で
見ていく「嗅覚」も必要なのです。

お金を稼ぐには
いろんな方法があります。

お勤めで給料をもらうのであれば、
正直な人は賞賛されます。

その一方で、
株の世界は正直さだけでは
勝てない部分もあるように思えます。

悲しきかなこのトレード業界に
憧れる多くの方は、

お勤めしている正直でいい方ばかりです。

株で稼ぐときには
どこかで心を捻じ曲げて、
この卑しき世界に
心を準じていただきたいと願っております。

藤井百七郎

<編集部のおすすめ>
FXのトレードに自信を無くしました。

あなたもこんな状況に陥っていませんか?
それは全てのトレーダーに必須のスキル
が足りていません。

勝つことより負けた時の事を考えると、
結果的に大きな利益を生むのです。

その仕組みの詳細はこちらから↓
https://japan-i-school.jp/sl/parity/180602_kujira/


【動画】まだトレード法がひとつだけですか?

2018.05.10
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
大阪難波のホテルより、、、

GW明けの相場、闘ってますか?

連休明け、
決算発表が本格化、
トランプさんの暴走、
さらに米朝会談の前に中朝会談が急にあったりだとか、、、

相変わらず波乱万丈の相場、政局です、、、
こうなるとなかなか怖くて手が出せないという方も
いらっしゃるのではないでしょうか、、、

でもそんなこと言ってると開店休業ですよね。

一口にトレードといってもいろんなやり方があります。
スウィングもあれば、長期投資や逆にデイトレ、
順張りに逆張りなどなど、、、

日ごろメインでやっているトレードがあると思いますが、
そればかりでは限られてしまいます。

今回は私がいつもやってるスウィング以外の
トレード法をご紹介します(^^♪


<編集部のオススメ>
あなたもこんな経験ありませんか?

「コツコツと利益が出ても負けた時の損失が大きい」

FXの才能がないのかなと不安にもなりますが、
才能の問題ではありません。
あなたは負けるパターンを行っているだけです。

つまり正しい負け方を学べば、
誰でも必ずFXで利益を出せます。

今回はその正しい負け方について
詳しく解説しています↓
http://japan-i-school.jp/jim/180602_kujira/


ブラックジャックが教えてくれたこと

2018.05.07
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋の自宅より、、、

先日、サイパンに行ってきました。

グアムより人が少なくてのんびりでき
本当に良いリゾート地です。

残念ながら今年5月で
日本からの直行便がなくなるということで
忙しいさなか、行って参りました。

ご存知の通りサイパンには
オープンしたばかりのカジノがあります。

いろいろなゲームがあるのですが、
さほどギャンブルに詳しくない私は
ブラックジャック一本です。

200ドルをチップに変えて、さあ参戦!

大して賭けてないのですが、
多少なりとも勝った時の快感は
それはそれは嬉しいものです。

ディーラーや、横に座った中国や韓国、
アメリカの方と軽いジョークを交わしながら
とても楽しい時間でした。

でもやっぱりなれてないせいか、
3時間ほどプレイしたくらいで

頭がフラフラ、疲れてしまったので
フィニッシュにしました。

結果は200ドルが半分に減って
100ドルでエクスチェンジ。

当初の資金が半分になってしまいました。

100ドルの負けでした。

勝つことよりも楽しむことを目的にやりましたが、
それでも負けた悔しさは後から
ひしひしとこみあげてきます。

なぜ私は負けたのか…?

ホテルで飲みながらぼんやり考えてみると
こんな答えに達しました。

ブラックジャックというゲームは足して21に近い方が勝ち。

ということは、ディーラーもこっちも勝負の確率は1/2のはず。

ところが、終わってみるとじわじわとした負け。

経験値の高いディーラーのほうが、少しずつ

とっていって、最終的にはこちらが負けるシステムなんです。

では、どうしたら勝てるか…?

それは、、、

勝負どころで、掛け金を増やすしかない!

という結論に達しました。

ブラックジャックでは、最初に2枚のカードがこちらに配られます。

手配のカードによってはディーラーがカードをめくる前に、
こちらに掛け金を増やす権利があります。

最初のカードで、いけると踏んだ時に
”勝負”で掛け金を増やしていくしか勝つ方法はないのです。

わずかなチャンスに、大きく賭けて勝つしか、
ブラックジャックでディーラーに勝つ方法はないのです。

はずれたときのリスクはありますが、
いける!とふんだときに勝負するしか、
ブラックジャックで勝つ方法はないのです!

なんだか、もしかしたら、株も同じかな〜・・・と

思ってしまいました。

もちろん、、、
株はギャンブルでやってはいけませんし
ルール通りにやるのは大事!

資金も管理して損のないようにやるのも大事!

でも、ある程度の上級者になったら
勝負どころでは”賭け金”を増やすくらいのほうが
いいのではないだろうか…

ふとそんなことを思ってしまいました。

では、勝負どころとはどこか…?

政局的な場面を読むことでしょうか…

決算発表を見越すことでしょうか…

チャートの節目を抜けた瞬間でしょうか…

そればかりは、これという答えがあるのではなく、

あなたの経験で答えを出すしかありません!

ふたつ隣に座っていたアメリカ人が、最初の2枚のカードを見て
うーんと少しじっくりと考えて、掛け金を増やして、
ドーンと勝って、ガッツポーズする姿を覚えています。

積みあがった小さいチップを
大きなチップに交換してもらって
テーブルから去っていく姿に、私は

「So Cool!(めちゃかっこいいぜ!)」と声をかけました。

さてさて、あなたには勝負どころを見抜く眼力がありますか?

勝負どころでドーンと賭ける勇気がありますか?

ガチガチのセオリーに押し倒されていませんか?

チャンスの女神には前髪しかない…

気が付いた時には女神はいなくなっている。。。

私も含めて同じ経験をしているなら
チャンスで掛け金を増やして
次はつかまえたいものですね(^^♪

藤井百七郎

<編集部のおすすめ>
急騰株にお金を入れる
恐怖感はありますか?

全市場から急騰株候補を導き出す
プロがセミナーを開催します。
無料で参加できます。

銘柄選びに失敗しない方法:
http://japan-i-school.jp/jim/seminar180511_12/


【動画】上値目処で危険回避を!

2018.05.03
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋自宅のオフィスより、、、

やっぱりGW中は閑散としていますね…
機関投資家たちの影もありません。

普段は聞かないような銘柄がトップ10に顔を出しています。
個人たちの売買のほうが活況のようですね。
こんなときは気を付けてくださいね。

せっかくの休みだからデイトレにでもふけってみるか…

なんて安易にやっちゃうと、
個人で大きな資金を持っている人たちが
手ぐすね引いて待っていますからね(^^;

さて、先週に4382 HEROZはなぜストップ安になったのか…
というテーマでお話ししました。

答えは上値目処より高い値段がついたからです。

そりゃストップ安くらいにはなっちゃいますね…

上値目処の詳しい計算式を教えてほしいという
ご意見が多かったので、
今回はもう少し詳しくお話しさせていただきました(^^♪

<編集部のオススメ>
最短数分で収益を出す方法とは?

トレード歴40年の講師が、
着実に収益を出し、

実際にどこで売買しているのかまで、
詳細な手法を包み隠さずお伝えします。

今負けている、勝つ方法が分からない方
にはぜひ正しいトレードの考え方を学び、
自己防衛して下さい。

http://japan-i-school.jp/sl/ruiji/180510_seminar/


早すぎるより遅いが吉

2018.05.01
koushi_mrk01

From:Mr.K

都内のプライベートオフィスより、、、

 
おはようございます。Mr.Kです。
 
ゴールデン・ウィークですが、
皆さんいかがお過ごしでしょうか。
 
私は、5月下旬の
ブートキャンプDAY2に向けて
資料づくりに缶詰になっております。
 
非常にやる気に燃えております!
 
というのも、
現在開催中のブートキャンプに
ご参加いただいた皆さんから
とても熱いメッセージをいただいたからです。
 
やはり、トレードは夢を叶える手段ですね。
 
単にお金を稼ぎたい、という思いより、
「◯◯のためにトレードをします!」
「トレードで勝てるようになって◯◯をしたいんです!」

 
という内に秘める思いを聞くと、
トレード技術の伝授を預かる身として
心の底から力が沸いてきます!
 
この思い絶対叶えさせたい!
と熱くなっております。
 
一昨日は、
東京ブートキャンプDAY1で、
福岡・名古屋に続き、
8時間という長時間のセミナーで
まさに「合宿」でした!
 
オンライン参加を含め、
60人超の方が参加してくださり、
非常に熱い時間となりました。
 
感動の声をメッセージでいただくたびに
より良い内容にしようと燃えます。
 
ご参加いただいた皆さん
感動を伝えてくださった皆さん
ありがとうございました。
 
さて、本題に入ります。
 
前回、前々回に引き続き、
【Mr.K流トレードの成功哲学】です。
 
3つ目のトレード成功哲学は、
『早すぎるより遅いが吉』です。
 
============
 
トレード成功のヒントは、
基本的に負けトレードの中に
隠されていると思います。
 
なぜかと言えば、
トレードでは、
負けないことが勝ちだからです。
 
負けたということは、
反対のポジションを持っていれば
勝てたということだからです。
 
そういう風に言うと、
 
“そりゃそうだけど、
買おうと思うときに売ったり、
売ろうろ思うときに買っても、
結局うまく行かないんだよ…”

 
という人がいます。
 
その通りですね。
 
単純にエントリーだけ逆にしても
結局は勝てません。
それは、私も実践済みです。
 
でも、それは、
エントリーだけ逆にしているからです。
 
エグジットも逆にすれば勝てます。
 
負けるパターンというのは、
以下の2つがあると思います。
 
最初は少し含み益で
利益を伸ばそうと思ったら逆行し
途中から含み損になって損切り

というパターンか、
 
最初から含み損で、
ゼロになるのを待っていたら、
だんだん含み損が広がって、
ついに耐えきれず損切り

 
というパターンですね。
 
あなたは、
どちらのパターンが多いでしょうか?
 
前者は、
エントリーが遅すぎるときに
起きやすく、
 
後者は、
エントリーが早すぎるときに
起きやすいです。
 
エントリーが遅すぎると
最初は少しだけ含み益に
なる期間があるのですが、
 
なかなか利益が伸びないな・・・
と思って長く持っていると
あるときいきなり含み損になります。
 
そこで損切りしないと
高値掴みのようになり、塩漬けに。
 
一方で、
 
エントリーが早すぎると、
逆張りエントリーになるので、
最初から含み損になり、
 
まあ、大丈夫だろうと思っていると
含み損が膨らみ、ナンピンしても止まらず、
さらに含み損が増えていく。
 
いかがでしょうか?
 
エントリーというのは、
早すぎても、遅すぎても
いい結果にはなりません。

 
しかし、どちらがより最悪か?
と考えてみると、
 
それは、
「早すぎるエントリー」です。
 
なぜなら、
遅すぎても塩漬けにはなりにくいが、
早すぎると塩漬けになり得るからです。
 
しかし、より重要なことは、
 
早すぎて塩漬けになるということは、
その時に逆にエントリーしていれば
利益漬けを作れる可能性がある

 
ということです。
 
早すぎるエントリーというのは、
 
「これだけ下落したから、
 もうそろそろ上昇反発するだろう…」
 
というような憶測で行動したときに
起こりやすいです。
 
実際に上昇反発するのは、
まだまだずっと先だった、
というパターンですね。
 
で、そういうときというのは、
 
「もうこれだけ下落したから
 今から下落で入るのは遅いだろう。
 
 あーあ、下落を取り逃したな。。。
 よし、じゃあ上昇で取り返してやろう!」
 
というような思考回路
なのではないでしょうか?
 
だとしたら、
あなたが大きな利益を伸ばす機会は、
「もう遅いな」
と思うときにこそ隠れている!
ということになりませんか?
 
もちろん、遅すぎたらそれはダメです。
 
しかし、
 
「もう遅いな」と思うくらいが
ちょうどいい、ということです。
 
もう遅いな、で順張りエントリーし
あとは、含み損になるまで
長期間放っておけば、
爆益のできあがりです(利益漬け)
 
  
ちょっと遠回りした説明に
なってしまったかもしれませんが、
 
以上の論理から、
 
「早すぎるなら遅いが吉」
 
と言えるわけです。
 
このマインドで
ぜひ、チャートを見てみてください。
 
これまで取れなかった
大きな利益機会に乗ることが
できるようになっているはずです。
 
GOOD TRADE!!
 
 
Mr.K

<編集部のおすすめ>
4月もたくんさんの急騰株がありました。
みなさん、きちんと利益にできましたか?

乗り遅れた…という方は、
この急騰株の基本パターンを学び
今月こそはモノにしていきましょう!

http://japan-i-school.jp/jim/seminar_180512/


【動画】10.9倍からストップ安…

2018.04.26
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
大阪難波のホテルより、、、

いや~超大型新人でしたね…
4382 HEROZです。

上場してようやく3日に値が付きました。
公開価格4500円に対して49.000円!

なんと10.9倍です。

たった100株が抽選で当たったとしても
45万円が490万円ですよ!
超ラッキーでしたね!

ところが…
このHEROZ、寄付いてからそのまま真っ逆さまに
急落していきました。

そして、なんとなんとストップ安…
値が付いた翌日もストップ安で張り付いています。

49.000円から35.000円への大暴落です。

値動きの大きさで人気のIPOやセカンダリ。
すぐに買っていいのか、はてまた持っていたほうがいいのか…

大変に頭の痛いところですが、
数字を並べることで簡単に答えが出るんですよ。

駆け足ですがその方法をご紹介します(^^♪


<編集部のオススメ>
ネットや参考書では教えてくれない、
初心者のために勝てるトレードを
お伝えしたい。

どうすれば勝てるのか、
リスク管理をどうすればいいのかなど、
分かりやすく解説します。

http://japan-i-school.jp/jim/takako_180509_16/