カテゴリー別アーカイブ: 海外事情

高所得者になりたいなら

2018.07.15
admin-ajax

From:谷口洋章
自宅の書斎より、、、

おはようございます。
谷口です。

先日の近畿や四国を中心とした大雨が、

こんなにも被害が大きくなるとは
誰も予想だにしなかったでしょう。

被災地の方へ
ご心労お察しいたします。

そして、一日も早い復興を
心よりお祈り申し上げます。

ようやく雨は止みましたが
とても暑い日が続いていますので、

体調を崩す方も
いらっしゃるのではないでしょうか?

出来るだけ養生して
体を労わってあげてくださいね。

さて、今週の相場は
ダウ平均も日経も
戻りを試しに来ていますが、

下げていた日経が
急に反発して上がりだす。

上がってきたかと思うと
急に下げ始める。

多くの方が、今の相場に
翻弄されているのではないでしょうか?

一方、僕の得意な
IPOセカンダリートレードでは、

日経平均にさほど影響を受けないので
快適なトレードを行えています。

実際に、私のIPO受講生の方は
先日から下げていた相場のなか、

和信で30%取った!
エーアイで20%取った!
ロジザードで20%取った!

などたくさんの報告をいただき、

IPO特有の動きを上手く捕まえられると、
驚くほどのパフォーマンスを出します。

もちろん大きく利益を取るまでの
過程には、

学び
実践し
検証し
悩み
理解し
また
学ぶ

これを繰り返していくからこそ
の産物であり、

日々勉強に励んだ努力に対する
成果だと思います。

皆さんのなかに、
勉強しても成果を実感できない方や、
今のやり方に悩んでいる方は、

「どれだけ頑張れば良いのか?」

「あっという間に上手くなった人もいるのに、
自分は一向に上手くいかない、、、」

「特別な才能があるんじゃないか?」

などと、自分を下げてみてはいけません。

多かれ少なかれ、この考え方が
備わるには時間がかかります。

まずは、トレードでどれくらい
稼ぎたいと思っているのか?

と改めて考えてみてください。

それは絶対に達成したいか?
達成するまで続けるか?
どこまで本気なのか?

これを決めておくと
自分の方向性が見えてきます。

方向性が見えてくると
自分は専業なのか、
あるいは兼業なのか、と

自分はどちらを選択するべきか
決めることができます。

専業でトレードをしている方は
専業になると決めた方です。

同じく兼業でトレードしている方は
兼業になると決めた方です。

専業でトレードする努力と、
兼業でトレードする努力には
必然と差がでます
ので、

是非、しっかりと目標を立てて
頑張ってみてください!

これからも頑張りましょう!

谷口洋章

<編集部のオススメ>
今までのやり方が通用しないと
悩んでいるなら

相場に合わせた売買が可能な
先物取引がベストです。

一生使えるシンプルなトレードを
今すぐご確認ください。
http://japan-i-school.jp/jim/ryujiji_180724/
※初心者の方も大歓迎です


「いつか戻る…」が命取り

2018.07.08
admin-ajax

From:谷口洋章
自宅の書斎より、、、

おはようございます。
谷口です。

台風の影響で大雨の被害にあわれた方。
ご無事でしょうか?

私の住む金沢では
大きな影響はありませんでしたが、
ここ数日は梅雨よりも梅雨っぽく
ジメジメしていましたね。

最近、なんだか肌や髪の毛がしっとりしていて
なんだかな~?

と思っていたら湿気が多かったんですね

実は僕の誕生日が6月なもんで
毎年お祝いしてもらう時には

ハッピーバースデー梅~雨~
と歌ってもらっています、、、

だから?

と言われそうな話題はこれくらいにして、、、

明けたと言われた梅雨が戻って来たかのように、
下り坂のお天気とあいまって、

日経平均も
いや~な形になってきましたね。

ダウ平均は節目を切って
下値支持線で止まれば良いのですが、
そこすら切ってしまうと下落相場

日経平均は
ダウより弱い形となって
下落トレンドが出来てきました。

先週までは75日線で踏ん張っていましたが
現在52週線まで落ちて踏ん張っています。

週足の52週線と言えば1年周期の線ですので
とても強い抵抗線となります。

ここで反発して上昇に戻れば良いですが
昨年の11月の上昇から日足の形状が
グランビルの法則になってきましたので
一旦反発しても下落相場の対応が必要です。

空売りをメインで稼いで
買いはサブですね。

買いが得意な人は利益が乗らない時期なので
節目が来たら即利食いが良い時期。

逆に空売りは利益を伸ばす対策が良い時期です。

現在日経平均は強い節目で頑張っていますが、
前回の安値は300日線まで落ちています。

ダウ平均の下落状態を見ると、
もう少し下げてもおかしくないので
日経平均もそこまで落ちる可能性大です。

ロスカットが出来ない人は
またまた受難の時期ですね。

いつか戻る…

という曖昧な目線でいると、
このまま下落が始まって
上昇相場が終了することもあります。

今回のアベノミクスの上昇相場で
買ったままにしている方も多いと思いますが

「上がったら下がる」

これが株式相場だと肝に銘じて、
ロスカットの技術を身に着けるように頑張りましょう!

谷口洋章

PS.
空売りが苦手な方の
下落相場での乗り切り方には
僕が得意とするIPOセカンダリーもおすすめです。

こちらの無料動画でその理由も解説しているので、
是非見てみてください。
http://japan-i-school.jp/jim/taniguchi18_op1/
※期間限定公開なので早めにご覧ください。


これを知っていないと大事故になります

2018.07.01
admin-ajax

From:谷口洋章
自宅の書斎より、、、

おはようございます。
谷口です。

今年は早くも梅雨明けが発表されましたが、
皆さんいかがお過ごしでしょうか?

これから益々暑さが上昇してきますが、
対して日経平均は今週下落して始まり、
節目で反転して陽線で終わっています。

ダウ平均株価は以前お話した
フィボナッチの23.6%の節目と、

前回高値からの61.8%と、
重なった場所で反発しています。

そろそろ、ダウ平均も日経平均も反発の兆しです。

前回ブログはこちらから↓
https://j-i-s.info/j-i-s/nikkan_180624/

IPOについてのお話になりますが、
トレードで1番皆さんがやっているであろう、
「初値買い」

実は1番多くの方が負けている方法でもあります。

負けている方に多い傾向として、
勉強もせずに「派手」なものに
飛びついてしまうことです。

上昇ランキングの上位
日経新聞の見出し
仕手株
IPOの初値

など
目を引くものは株価が大きく動きます。

株式トレードは値動きの
大きい銘柄を選ぶと利益が大きいですが、
上がる値幅と同じくらい下がります。

勉強を疎かにしたまま
いざ売買してみたら、上昇は取れずに
下落に巻き込まれて大事故になる
可能性もあります。

そのためまずは派手なものには
近づかないでくださいね!

私の「初値買い」の方法は
あるルールをもとにやっています。

上昇だけ取って、下落は逃げるのです。

そして、上がりきったところで
利益確定します。

ビジネスにおいて
「段取り8分、仕事2分」と格言があるように、

トレードも
「勉強8分、トレード2分」と考え、
取り組むことが大事です。

今日もがんばっていきましょう!

谷口洋章

<編集部のおすすめ>
少資金、短時間のトレードでも
大きく利益を出すことができる
先物取引への参入者が多くなっていますが、

初心者の方はまず基本的な知識を得て、
効率よく利益を取る方法を知るべきです。

こちらでその詳細をチェックしてみて下さい。
http://japan-i-school.jp/jim/takako_180711_17/


【裏話】損してない?

2018.06.24
admin-ajax

From:谷口洋章
自宅の書斎より、、、

おはようございます。
谷口です。

またまたパナマ文書流出!

IPOは上場でにぎわってますが、
最近の傾向として初値が上がりすぎるために
初値買いに向いていない市場が続いています。

ですがその後のセカンダリーには
もってこいの市場でもあるので、

これからのセカンダリーで
儲けを出そうと思っています。

ところで今日はIPOとは違う、
僕が長期投資として取り組んでいる
オフショア投資のお話を少しします。

冒頭でも取り上げました
「パナマ文書」はニュースでやってはいたものの、
普通の人は何のことやら分からないと思います。

ただし私たちにとって無関係な話ではなく、
資産形成をする中で損をしないために
見過ごせない話なのです。

パナマ文章の内容を聞くと、
国の首相やスポーツ選手などのVIPな方々、

要するに金持ち達が脱税していた
と言う水戸黄門的な話ですよね。

そこで「やっぱ金持ちは悪党だな〜」
と思って終了ではありません。

確かに脱税してる人もいますが
実はこれ、立派な節税なんです。

海外には儲けたお金や
相続税などの税金が掛からず、

しかも高利回りで運用出来る商品が
沢山ある国や地域があります。

これを「オフショア」とか
「租税回避地域」
と言います。

法的に海外の投資家がその国で得た
利益に関して課税しないという政策です。

有名なところは、
香港、シンガポール、スイス、モナコ、
ドバイ、リヒテンシュタイン、
マン島やバージンアイランド諸島など、

他にも世界中たくさんあります。

その中心はロンドンの金融街
シティ(シティ・オブ・ロンドン)となりますが、
これもあまり知られていない情報ですね。

金融の知識がある人しか知らないので、
特に金融の勉強をしてこなかった
日本人には馴染みがないんですね。

資産を増やす行為をやってたと言う事が、
本来なら機密情報なのに
銀行側の不手際で顧客データがだだ漏れした。

と、言う事です。

日本でもVIPな人たちの常識で
知る人ぞ知る、究極の節税方法と
資産形成、資産保全の方法なんです。

日本のように少子化が
加速していく国では、

どうしても年金や医療保険が
国の負担になりますから、

支給額を減らしたり、
支給年齢を上げたりします。

国の都合ですから仕方ありませんが
私たちの老後の都合には
合わせてくれません。

ですのでVIPの方々よりも
一般の人たちの方が、
将来老後の問題に直面します。

お金持ちは、年金も保険も無くても
将来は何とかなります。

ですから、1番金融の知識を持って
将来に挑まなくてはいけないのは、

VIPな方々ではなく
一般の人たちなんです!

ですが、一般の人たちはそのことを
考える環境を与えられていないので、
お金持ちしか知らない情報となっているんです。

トレーダーをやっていれば
良いのかと言うと、
そうではありません。

トレーダーは技術職です。
不労所得ではないため
働き続けなければいけません。

将来、何かあれば収入は
途絶えてしまうので、

将来の収入に対して
保険が必要となるんですね。

長期的な資産形成として
日本の年金だけでは全く足らないので、
私はドル資産としてのオフショア投資をやっています。

これから、IPO&海外投資の
お話をしていきますね!

それでは今日はこの辺で、、、

谷口洋章

PS.
海外投資ってよく分からない、
難しそう、、、と思いました?

期間限定で講習会を
開くことになったので、
そちらで詳しくお話しします。

IPO投資とオフショア投資、
この2つを活用すれば、
短期~長期的に利益を増やしていけます。

賢く収入口を増やしたい方は
ぜひご参加ください。
https://japan-i-school.jp/sl/kihara/seminar_180713/


役立つPERについて

2018.04.04
prof_okumura

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

相変わらず株式相場は不安定ですね。

でも、安定した相場など、
過去にほとんど経験したことはありません。

価格が上下するのが相場であり、
そういった性格を理解したうえで参加しているのが
我々投資家ということでしょう。

前回、相場の水準について、

目安はPERとPBRを使います。
と切り出してからPBRの話をしました。

ならば、今回はどうしても、
PERの話を続けてしておく必要があります。

良い時も、悪い時も、
こうした基本をしっかりと押さえておきたいのです。

おや、なんだか、
結婚式の誓いみたいですね。

Wherever you go, I will go; あなたと共にわたしも向かいます
for better or for worse, 良い時も悪い時も
I will give myself to no other 命ある限り共にすることを(訳 奥村)

まぁ、結婚相手とは違って、
悪い時にまで付き合って命を落とす必要はありませんね。

さて、

PERは日本で(ピーイーアール)と呼ぶ事が多いのですが、
P/E(ぴーいーれしお) とか、PE(ぴぃ)と英語で呼びます。

相場の場合、
悪い時というのは、

下がっている状況なのですから、
買い時とも言えます。

実際、2012年後半にPBRが1を割り続けたとき、
6月4日最悪値は PBR 0.87 (日経平均 8296円)
でした。

(その後、5か月以上に渡って低迷を続け、11月15日から上昇に向かいました)。

あとからいうのは簡単ですが、
悪い時期の判断を間違えると、

さらにどんどん悪くなって
お金を減らしてしまう事はありますから、
見極めが大事ですね。

今はどうなのでしょう。

PERとPBRをあえて2つ対比させました。
なるべく一致するようにスケールをとってあります。

ret risk


前回、PBRを用いて、
いくら以下に(まず)ならない、
と説明しました。

PBRでは、それだけが説明できるのです。

どのくらいまで上がりそうか、
という説明ができません。

しかし、PERを使うと、
このくらいが適正水準である、

という説明ができます。

結論だけ述べると、

かなり控えめに言っても、
PER 13倍が最低限の適正水準といってよいでしょう。

PER13倍は、
日経平均では2万2000円
です。

結論だけ述べました。
複雑な説明をしたくなかったので、
PERの意味を説明するのは意識してやめています。

できれば次回にでも、
PERの説明をしたいと思います。

では、また来週。

奥村尚

<編集部のおすすめ>
「トレーダーの9割が負け組」
という現実があります。

相場では、経験豊富なプロ、機関投資家、
さらにはAIにも勝たなくてはいけないので、
無理もありません。

では、投資初心者なのに
勝ち組の個人投資家は
どんな手を使っているのか。

あなたにはわかりますか?

http://japan-i-school.jp/sl/okuribito/osaka_tokyo/


下げに対する覚悟はありますか?

2018.03.28
prof_okumura

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

相場の下限

株式相場は不安定ですね。
日経ボラテリティインデックスも再び上昇してきました。

NYの下げに敏感に反応し、
NYが大きく下げると、
きまって東証もそれにリンクして下げてきています。

NYが主導してきた暴落は、
2月2日に始まりましたが、

2月中にNYは(ほぼ)元の水準に戻ったわけですが
東証は下げたまま3月を迎えました。

そうこうしているうちに、
今回の暴落に突入、
再びNYも東証も大きく揺れ動きました

3月26日の時点で、
日本は-10%,NYは-4%の下げであり、
特に日本の下げが目立ちます。

相場であるからには、
価格は動くものだし、

実は歴史的に見ると、
暴落といえるほどには大きな下落ではないのですが、

限界なく下げてくるように思えて、
恐怖だという方も多い事でしょう。

このくらいまで下げると、
そのあたりが限界であろう

という水準は明確に存在します。
その水準の目安は、

PERとPBRを使います。

株式の代表的な指標として、
割高、割安を示すものですね。

まさに基本なのですが、
その基本こそ、
こうした時には重要
なのです。

PERは良く使うのですが、
今回は特にPBRに絞って使ってみましょう。

PBRは、今の株価が、
一株当たりの純資産の何倍であるか、
を示します。

純資産とは、会社の自己資本であり、
返済不要のお金であり、
解散した時に残るお金です。

PBR=1倍というのは、
解散した時に残るお金と同額である事を示します。

つまり、会社の付加価値はゼロということです。

日経平均は、日経が選ぶ225社を一つの会社として、
仮想的にみた場合の株価である
といえるのですが、

そのPBRである日経平均PBR 1倍は、1万7900円です。

言い換えると、
日本を代表する優良な大企業が全て入っている
日経平均採用銘柄225社の価値の合計をゼロとした時の

日経平均水準が、1万7900円なのです。

ここで、2月以降の日経平均と
日経平均PBRをグラフで見てみます。

ret risk


どんなに円高になっても、
利益が出ない会社に成り下がっても、
PBRが1倍を割り込むことはなかなかありません。

従って日経平均は、1万7900円以下には(多分)なりません。

本当は、多分ならない、ではなく、
絶対にならない、といいたいのですが、

なにぶん、
相場というのは勢いで下がりすぎる事もありますから、

瞬間最大風速では、
それ以下にまで下げる事はありえますが、
まぁ、ならないと考えてよいでしょう。

(実は、過去に、
PBR 1倍を割り込んだことがあります。

2011-12年民主党政権で
日経平均が8千円台にまで下落した時です)

いくらくらいまでなら、
下げる覚悟をしておけばよいのでしょう。

17900円に達するまでの余裕度
(言い換えるなら安全係数)を15%(安全係数1.15),
10%(安全係数1.10)に設定して計算してみるとこうなります。

15%余裕度 引け値ベースでの下限
(1万7900円x 1.15=20585円)

10%余裕度 ザラバでつける最安値の下限
(1万7900円x 1.10=19690円)

いくらなんでも、
10%の余裕を割るほどに売られることは、
かなり考えずらいのです。

今週26日は、
ザラバで15%余裕度を下回る価格になりました。

もうそろそろ、
限界一杯まで下げたぞ
とも言える事になります。

幸い、
27日は反発したのでなによりですが、

恐怖を取り除くのに、
このような計算は案外役に立つものだ
という事でもありましょう。

では、また次回。

<編集部のおすすめ>
不安定な情勢の時にはルールが大切です。

激しい値動きを目の前に
恐怖を感じる方もいるかもしれませんが、

こちらで紹介するトレード法では
低リスクの安全なトレードが実現可能になるので、

あなたが、今の相場で
悩みを抱えているのであれば

一度こちらをご覧ください。

http://akita-fx.info/akita-fx/seminar_tokyo_h/