カテゴリー別アーカイブ: 成功の秘訣

勝ってる初心者が必ず見ているもの

2018.06.02
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

経験が浅く、資金もまだ少ない
私の生徒さんでも、

上手に値幅を取れている方は
たくさんいらっしゃいます。

その全員に共通していることは
効率的に情報を取り入れて
活用している
ことだと思います。

がむしゃらに色々な情報を
インプットしようとせず、

とにかく多くの銘柄を
保有しようとも思わず、

これだけ知っていれば
これさえ持っていれば

というポイントの絞り方を
きちんと分かっているんですね。

反対に、
どんなに一生懸命やっても
なかなか勝てない人がいます。

学生時代を思い浮かべても、
時間かけて勉強しているのに
あまり成績が良くない人っていたと思います。

そういう方は
視点がずれている場合が多いです。

頑張るべきところを
間違えてしまっているということですが、
非常にもったいないことですよね。

正しい方向で努力してもらえるよう、
値幅を取るためのポイントを
しっかり伝えていきたいと感じます。

さて、ここで
ポイントを1つお伝えしますと、

とにかく
年初来安値からの値上がり率ランキング
を見てほしいということです。

年初来安値を付けてから
上昇率が高い点がポイントです。

ランキング上位は
スター銘柄の宝庫だと思います(*^_^*)

もちろん、年初来安値を付けた時点では
値幅が取れるかどうかは分からないですから、
そこは注意して下さいね。

これだけ見ていてテンバガーを狙えるなら
朝飯前だと思いませんか?

知らなかった方は株価サイトなどで
ぜひ確認してみてください。

それでは本日はこのへんで(*^_^*)

ウルフ村田


ちょっと待ってちょっと待ってお兄さん〜♪

2018.05.14
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
東京から帰る新幹線の中、、、

いつもパソコンで相場を見ながら
テレビの経済番組を
点けっぱなしにしているのですが、

先日、「あれっ!?」と
思うことがありました。

それは、ある企業の決算発表を受けて、
アナリストが言った言葉でした…

「えーっこの企業ですが、今期は昨年とほぼ同じ。
 ただし、来期に関しては30%増の営業利益を予測。
 恐らく株価も上がるのではないでしょうか」

ん、ん、ん…?
な、なんと…?

恐らく株価も上がるのではないでしょうか〜?だと〜!?

私の頭の中に
あの懐かしいフレーズが
蘇ってきました。

(ちょっと待ってちょっと待ってお兄さん〜♪)

「業績が上がるから株価が上がる〜…???」

ちょっとアナリストさん、
大事なフレーズが抜けていませんかー!!!
思わず、そう問いかけてしまいたくなりました。

さて、あなたは
何が抜けていたのかわかりますか?

それは…

「恐らく株価も上がるのではないでしょうか」
の中に入らないといけないフレーズです。

正しくは、
「恐らく『多くの人が買うので』
株価も上がるのではないでしょうか」です。

これはあなたも
多くのトレーダーさんたちも
知っていることですが

業績がいいから
株価が上がるわけではありません!

業績がいいから、
買いたいという人が増える。

だから、株価が上がるのです。

ですから、
我々は見るべきものは
企業の業績ではなく、

その業績を見ている
投資家たちの頭の中なんです。

何度も言いますが、
業績がいいからといって
株価は上がりません。

また、業績のいい企業の株を
買って儲かるほど
株は簡単ではありません。

その企業を買いたい投資家たちが
どれだけいるのか。

もしくは、
この業績のいい会社を
自分の後にどれくらい買ってきてくれるのか…

これらを見越して
判断をしないといけません。

つまり、株で勝っていくには
正直にいい企業を探しながらも

それをアマノジャクのような目線で
見ていく「嗅覚」も必要なのです。

お金を稼ぐには
いろんな方法があります。

お勤めで給料をもらうのであれば、
正直な人は賞賛されます。

その一方で、
株の世界は正直さだけでは
勝てない部分もあるように思えます。

悲しきかなこのトレード業界に
憧れる多くの方は、

お勤めしている正直でいい方ばかりです。

株で稼ぐときには
どこかで心を捻じ曲げて、
この卑しき世界に
心を準じていただきたいと願っております。

藤井百七郎

<編集部のおすすめ>
FXのトレードに自信を無くしました。

あなたもこんな状況に陥っていませんか?
それは全てのトレーダーに必須のスキル
が足りていません。

勝つことより負けた時の事を考えると、
結果的に大きな利益を生むのです。

その仕組みの詳細はこちらから↓
https://japan-i-school.jp/sl/parity/180602_kujira/


ブラックジャックが教えてくれたこと

2018.05.07
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋の自宅より、、、

先日、サイパンに行ってきました。

グアムより人が少なくてのんびりでき
本当に良いリゾート地です。

残念ながら今年5月で
日本からの直行便がなくなるということで
忙しいさなか、行って参りました。

ご存知の通りサイパンには
オープンしたばかりのカジノがあります。

いろいろなゲームがあるのですが、
さほどギャンブルに詳しくない私は
ブラックジャック一本です。

200ドルをチップに変えて、さあ参戦!

大して賭けてないのですが、
多少なりとも勝った時の快感は
それはそれは嬉しいものです。

ディーラーや、横に座った中国や韓国、
アメリカの方と軽いジョークを交わしながら
とても楽しい時間でした。

でもやっぱりなれてないせいか、
3時間ほどプレイしたくらいで

頭がフラフラ、疲れてしまったので
フィニッシュにしました。

結果は200ドルが半分に減って
100ドルでエクスチェンジ。

当初の資金が半分になってしまいました。

100ドルの負けでした。

勝つことよりも楽しむことを目的にやりましたが、
それでも負けた悔しさは後から
ひしひしとこみあげてきます。

なぜ私は負けたのか…?

ホテルで飲みながらぼんやり考えてみると
こんな答えに達しました。

ブラックジャックというゲームは足して21に近い方が勝ち。

ということは、ディーラーもこっちも勝負の確率は1/2のはず。

ところが、終わってみるとじわじわとした負け。

経験値の高いディーラーのほうが、少しずつ

とっていって、最終的にはこちらが負けるシステムなんです。

では、どうしたら勝てるか…?

それは、、、

勝負どころで、掛け金を増やすしかない!

という結論に達しました。

ブラックジャックでは、最初に2枚のカードがこちらに配られます。

手配のカードによってはディーラーがカードをめくる前に、
こちらに掛け金を増やす権利があります。

最初のカードで、いけると踏んだ時に
”勝負”で掛け金を増やしていくしか勝つ方法はないのです。

わずかなチャンスに、大きく賭けて勝つしか、
ブラックジャックでディーラーに勝つ方法はないのです。

はずれたときのリスクはありますが、
いける!とふんだときに勝負するしか、
ブラックジャックで勝つ方法はないのです!

なんだか、もしかしたら、株も同じかな〜・・・と

思ってしまいました。

もちろん、、、
株はギャンブルでやってはいけませんし
ルール通りにやるのは大事!

資金も管理して損のないようにやるのも大事!

でも、ある程度の上級者になったら
勝負どころでは”賭け金”を増やすくらいのほうが
いいのではないだろうか…

ふとそんなことを思ってしまいました。

では、勝負どころとはどこか…?

政局的な場面を読むことでしょうか…

決算発表を見越すことでしょうか…

チャートの節目を抜けた瞬間でしょうか…

そればかりは、これという答えがあるのではなく、

あなたの経験で答えを出すしかありません!

ふたつ隣に座っていたアメリカ人が、最初の2枚のカードを見て
うーんと少しじっくりと考えて、掛け金を増やして、
ドーンと勝って、ガッツポーズする姿を覚えています。

積みあがった小さいチップを
大きなチップに交換してもらって
テーブルから去っていく姿に、私は

「So Cool!(めちゃかっこいいぜ!)」と声をかけました。

さてさて、あなたには勝負どころを見抜く眼力がありますか?

勝負どころでドーンと賭ける勇気がありますか?

ガチガチのセオリーに押し倒されていませんか?

チャンスの女神には前髪しかない…

気が付いた時には女神はいなくなっている。。。

私も含めて同じ経験をしているなら
チャンスで掛け金を増やして
次はつかまえたいものですね(^^♪

藤井百七郎

<編集部のおすすめ>
急騰株にお金を入れる
恐怖感はありますか?

全市場から急騰株候補を導き出す
プロがセミナーを開催します。
無料で参加できます。

銘柄選びに失敗しない方法:
http://japan-i-school.jp/jim/seminar180511_12/


ドラマは愚直な素振りに隠れていた!

2018.04.30
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋自宅のオフィスより、、、

高校時代は野球部で下。
小中高と一貫して野球部でした。

高校時代の先輩に
田中さんという方がいました。

とてもまじめで、部活はほぼ休むことも
遅刻することもなく、
愚直なくらいに素振りをしていました。

ところが、残念ながら
好きなんだけど野球には向いてなく
一人前には未完成ということで

タナカではなく
「タンカ」というニックネームで
呼ばれていました。

2年生でレギュラーをもらった私は、
生意気だったせいもありますが

補欠の「タンカ先輩」を
見下している節がありました。

(タンカ先輩、ほんとうにすいません(^^;)

そして迎えた、
彼の最後の夏の地方大会。

”温情”で先発出場をもらった
タンカ先輩。

最初の打席は
ショートフライでしたが、

迎えた二打席目。

初級ボール、二球目空振りからの
三球目です、、、

カーンと打ち上げた打球は最初、
レフトフライかと思われました…

ところが、ところが、、、
打球はグングンというより、

ふわふわ…ふわふわ…と
のびていき

ベンチからも徐々に
オーッと声が上がります

さらに、ふわふわ…ふわふわ…と
のびていき

レフトフェンス最上段に
ボコンと当たりました。

あと少しでホームランの大飛球でした。

「(まさか…あの…タンカが…)」
ベンチの誰もがそう思っていたのでしょう。

本来ならすぐに上がる歓声が、
少しの間があって
大きな歓声に変わりました。

少し照れくさそうに、
セカンドベースの上に立つタンカ先輩の顔は
いまだに忘れません。

さてさて、
最近よく相談されるのが

結果が全然でなくて
しんどいという声が多いです。

頑張っているんですが、
なかなか結果につながりません。

お気持ちはよーーーくわかります。
私だってそうでしたから。。。

でもね、結果って、
ただの結果なんですよね。

どんなに頑張っても、ほんの小さな要因で
○が×になることもしばしばです。

結果はもしかしたら、
実力とは別のものかもしれないんですね。

結果は結果として、
日ごろどうやってるかが大事に思えます。

日ごろ、どれだけの努力を続けているか
大事に思えます。

自己啓発や成功哲学が大嫌いな私ですが、
これだけはそう思うんですね。

最後の大会でみんながびっくりするような
大飛球を打ったタンカ先輩。

彼はもしかしたら、
最後の大飛球から逆算して

日ごろは愚直なくらいに
素振りをしていたのかもしれません。

大人になった今、
たまに彼のひたむきな素振りの姿を
思い出すんですね。。。

さて、もうすぐ夏の甲子園。

またたくさんのドラマを
見せてくれることでしょう。

さて、あなたはどんなドラマを
見せてくれますか(^^♪

藤井百七郎

<編集部のオススメ>
「ある法則」さえ知れば
株よりも先物取引のほうが稼ぎやすくなる?

http://japan-i-school.jp/jim/takako_180509_16/


頑張る理由は何でも良い!

2018.03.19
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
東京八重洲のセミナー会場より、、、

私は目が悪いんです。。。
裸眼で両目とも0.2くらいです。

普段はコンタクトをしています。
コンタクトをはめると0.8くらいになります。

3か月に一度、
新しいコンタクトをもらうために
眼科にいっています。

それで毎回、視力検査をすることになります。
いつも80歳くらいのおじいさん先生が担当です。

ですから毎回、テンションがあがりません。

なので適当に視力検査やってしまいます。。。

先生「これ左から読んでみて」
私「り・く・て・と」

先生「次は?(もう少し小さい文字)」
私「うーん…つ・い・こ・し」

先生「じゃあ、これは(さらに小さい文字)」
私「(きっぱりと)わかりません!」

先生「はい、両目とも0.8ですね」

という感じで、
先生には失礼かもしれませんが

ほぼほぼ、検査、やる気がありません。
だって、本当面倒なんです。。。

ところが、先日…
いつもの眼科に行ってみると…

なんと…
きれいな女医さんになってるでは
あーりませんかー(^^)/

マスクをしているので、
実際のお顔はわかりませんが、
目元は佐々木希風のきれいな女医さんでした。

昔からきれいな女性を目の前にすると
意味なくがんばってしまう私。。。

女医さん「これ左から読んでみてください」
私「り・く・て・と」
 ↑
(いつもより声が元気)

女医さん「次は?(もう少し小さい文字)」
私「うーん…つ・い・こ・し」

女医さん「じゃあ、これは(さらに小さい文字)」
私「うーん…うーん…て・と・に・へ…(汗)」

女医さん「じゃあ、これは(さらに小さい文字)」
私「うーん…うーん…うーん…えーっと…
  えーっと…い・く・と・・・て(汗)」

女医さん「じゃあ、これは(さらに小さい文字)」
私「うーん…うーん…うーん…えーっと…えーっと…」

・・・みたいな感じで、
ついつい頑張ってしまいました。。。

そしたら、
検査結果がいつもよりよくなっていました。

女医さん「はい、右が0.8で左が1.2ですね」

おー!いつもは0.8の視力が1.2になった!!
約25%の上昇!

25%の増収増益!!

これが株価なら
翌日は特別買い気配からのスタート!
すごい上昇です。

・・・そーです。

人間やればできるのです!
たとえ理由はなんであっても!

たとえがんばる理由が、
目の前のきれいな女医さん(?)という、
とても低俗な理由であってもです(^^:

がんばる理由はなんでもいいんです。

とかく、株で頑張る理由なんて聞かれると
ついつい体裁のいい答えを用意しちゃうものですが

あんまり理由って、
高潔なものでなくてもいいんですよね。

自分でやる気スイッチが入りさえすれば。

株で儲けて、あの娘にいいとこ見せたいとか…
バカにした旦那をぎゃふんと言わせたいとか…

人に聞かれたらバカにされんじゃないかなって
理由でも全然いいと思うんです。

よく自己啓発のセミナーでは、

将来の長期の目標を立てましょう、
あなたのために!

なんて、
いかにもそれらしいこと言ってますが
あまり効果ないんですよね。。。

人ってそんな先のことは
考えられない生き物ですから。

長期目標を持つより、短期の繰り返し
積み重ねが、強いては長期につながります。

今まで、なんだか銘柄探しが気が乗らないとか、
株をやったりやらなかったりする日があるとか、

やらなきゃいけないと思いつつやってないなぁ…

なんて方がいらっしゃいましたら、
ご参考にしてください。

低俗でも、人からアホかと思われてもいいんです、
あなたのやる気スイッチさえ入れば(^^♪

藤井百七郎

<編集部のおすすめ>
もし損切が圧倒的に多くても
トータルで利益を出していくには
どうしたらいいのか。

安定したFXトレードを
実現するための極意を実績ある講師が
あなたに直接、お伝え致します。

詳しくはこちらをクリック


勝敗を分ける、〇〇戦略!

2018.03.02
koushi_yoko01

From:高橋陽子
都内のカフェにて、、、

先日、東京マラソンがありましたね。

多くのランナーが出場し、
また16年ぶりの新記録も出て
大盛り上がりでした!

しかし、
多くの都民にとっては、当日の道路の
規制が頭を悩ませます。

封鎖している道路が多いのです。

それをまったく知らず、

一昨年は道路封鎖に悩まされて、
封鎖していない浅草まで迂回して、
セミナー会場に汗だくで開始5分前に到着。

そんな苦い思い出がございます。。。

まさかの引越しした先の目の前の道路が
東京マラソンのルートなんて、

ランナーが走っている光景にびっくりしすぎて
パニックになりましたね(汗)

今年こそは!

しっかりルートを見て、封鎖時間も確認し!

迂回ルートもバッチリ!!

と当日に備えました。

もちろんですが、当日は
タクシーがお休みが多いのもあり、
電車移動です。

家の前の道路が封鎖されていましたが、
勿論、想定内

地下鉄道に入り、ちゃんと電車に乗れ、

乗り換えもバッチリで授業会場の駅に
到着しました。

「東京マラソン制覇!!」

などと、心の中で高らかに宣言し(笑)

地下道から地上に上がった瞬間の
景色に凍りつきました。

出た先は「中央通り」

そうです。

そこも封鎖されていたのです。

目指す授業会場は、封鎖された道路の
向かい側。。。

まさかの事態ですよ。

あの悪夢が頭をよぎり、
軽くめまいさえおきました。

でも、です。

ここもクリアーしないと授業会場に
たどり着けないですね(汗)

どこを見渡しても渡れる場所は
ありません。

でも、もしかしたら?

と、警察官の方に
「どこか向かい側に渡れる
場所はありますか?」

とお聞きましたら。

100mほど先に、地下ルートがあるとのこと。

行ってみると、最近まで工事中だった
地下ルートが開通しています。

お陰でなんとか授業会場にたどり着き、
授業も順調に行えました。

天の恵みのように感じたこの一件、

今回は、ルート確認を自宅付近だけに
しぼったミスでこんな事態になりました。

かなりの凡ミスです。

入り口と出口をしっかり確認
しなかったミスですですね。

でもそれって、
株でも言えたりしませんか?

INの入り口のタイミングは良くとも

利益確定のOUTのタイミング、
またはロスカットのタイミング、

出口戦略もしっかりしなければ、
利益は最大限に取ることはできません

出口戦略。

こちらもしっかりと戦略を練る必要が
あるでしょう。

同じ人間が、同じタイミングで入っても
片方は利益が取れ、片方はマイナス

ということはよく聞く事態なんですね。

マイナスの方の方は戦略ミス、
もしくは戦略を考えてなかった

ということが考えられます。

利益が取れた人は戦略を練り、
そして、その戦略通りに「実行」
したのです。

それだけ戦略が大事だということを、
東京マラソンで二度も考えさせられました

皆さんも、
東京マラソンと戦略ミスにはご用心を\(◎o◎)/!

高橋陽子

<編集部のおすすめ>


http://japan-i-school.jp/jim/sts_180305/