カテゴリー別アーカイブ: ウルフ村田

絶対に見逃せない値上がりサイン

2018.06.09
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

普段、私は電車を使いません。
移動はすべてタクシーです。

移動時間を無駄にすることなく、
目的地までずっと座ったまま
PCでチャートを観察するためです。

タクシー代はその時間を買っていると
思えば安いものだと思います。

私は20代からずっと株に本気ですが、
チャートの観察やリサーチには
それだけの価値があると断言できます。

毎日観察していなければ分からない
「変化」に気づく
からこそ、

多くの利益が取れると言っても
過言ではないからです。

先週お伝えした、年初来安値からの
値上がり率ランキングもそうでして、

日々ランキングとチャートを見続けていると、
何か「ピン」とくるものがあるはずですよ。

他にはどんな観察が必要かと言いますと、

ある関連銘柄のいくつかが
同時期に動意づいたときは、
値上がった順番を覚えておきましょう。

今後その銘柄が再び注目されたときに
同じ順番で上昇する可能性があるからです。

リアルな順番はその日のうちなら
Twitterなどでもリサーチできますが、
後日だと情報が埋もれてしまうので、

旬な情報を見逃さないためにも
1日たりとも観察は怠れませんね。

ということで私は
明日の授業へもタクシーで向かいますよ♪

それでは、
来週も本気で勝ちにいきましょう(*^^*)

ウルフ村田

PS.
私が初動の動きを掴むのに
どうやってチャート観察しているか、

もっと詳しいお話が聞きたい
っていう方は是非ね、
セミナーにお越しください。

私のやり方なら、
どんな相場でも
チャンスがあります。

私と一緒に勝ちましょう(*^^*)
http://japan-i-school.jp/jim/wolf_180623/


勝ってる初心者が必ず見ているもの

2018.06.02
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

経験が浅く、資金もまだ少ない
私の生徒さんでも、

上手に値幅を取れている方は
たくさんいらっしゃいます。

その全員に共通していることは
効率的に情報を取り入れて
活用している
ことだと思います。

がむしゃらに色々な情報を
インプットしようとせず、

とにかく多くの銘柄を
保有しようとも思わず、

これだけ知っていれば
これさえ持っていれば

というポイントの絞り方を
きちんと分かっているんですね。

反対に、
どんなに一生懸命やっても
なかなか勝てない人がいます。

学生時代を思い浮かべても、
時間かけて勉強しているのに
あまり成績が良くない人っていたと思います。

そういう方は
視点がずれている場合が多いです。

頑張るべきところを
間違えてしまっているということですが、
非常にもったいないことですよね。

正しい方向で努力してもらえるよう、
値幅を取るためのポイントを
しっかり伝えていきたいと感じます。

さて、ここで
ポイントを1つお伝えしますと、

とにかく
年初来安値からの値上がり率ランキング
を見てほしいということです。

年初来安値を付けてから
上昇率が高い点がポイントです。

ランキング上位は
スター銘柄の宝庫だと思います(*^_^*)

もちろん、年初来安値を付けた時点では
値幅が取れるかどうかは分からないですから、
そこは注意して下さいね。

これだけ見ていてテンバガーを狙えるなら
朝飯前だと思いませんか?

知らなかった方は株価サイトなどで
ぜひ確認してみてください。

それでは本日はこのへんで(*^_^*)

ウルフ村田


300銘柄覚えてとは言いません

2018.05.26
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

今週の相場は上昇から一転して
一気に下がってきましたね。

北朝鮮リスクに対しての
買い控えムードが広がっていますが、

買いで入っていた皆さん、
うまく切り抜けましたか?

突然下がったように感じるかもしれませんが、
実は必然なんですね。

ずっと下がるのを狙っていた人も多いのではないでしょうか。

材料不足と言われる直近の日経平均で、
右肩上がりで上がり続けるなんて1989年以来ないわけです。

年足で過去のチャートを見て、
あらかじめ上値を見ておくことが大事ですね。

ここまで下がってくると回復に時間がかかるので
買いで入ってまだポジションをキープしている人は要注意です。

個別銘柄で見るとゆっくり上下する値動きが好きな人は、
常に強い銘柄、銘柄群に入ることをおすすめします。

乱高下が好きな人は、
6/8前後のMSQでチャンスがあるかもしれません。

ですがエントリーする時に注意していただきたいのは、
上昇または下落していく途中でレバレッジを掛けた直後、

反対に振れるなんてよくあるので
レバレッジを掛けるなら
早めのエントリーをしましょう。

ゆっくり上下する値動きが好きな人は、
MSQの日が過ぎるまでお休みするのも一手ですよ。

いずれにしても保有する銘柄は広げず1、2銘柄に集中して
安い銘柄を観察しましょう。

観察といえば皆さん小学生の時、
朝顔の観察日記をつけていたかと思いますが
株も似たようなもので、

安い銘柄を見つけたら、
今まで変化のなかった値動きの初動を注視し、
テクニカルを駆使して過熱感、底を見極めましょう。

私は300銘柄ほどは覚えていて値動きも把握するようにしています。

皆さんも受験勉強のときに
必死に色々なことを覚えたと思いますが、
1、2銘柄を集中してエントリーできるように、

銘柄を覚えるのもまさにそれで、
いくつかの銘柄の値動きや情報を把握しておくと、
初動の動きにも素早く対応できるでしょう。

それでは。

 
ウルフ村田


あなたも含み損しないために

2018.05.19
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
東京のセミナールームより、、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

株式投資の講師をしていると、
多くの方から「含み損をしている」と
ご相談をいただきます。

やり方を間違えた、
つい感情を入れてトレードをしてしまった方や、
特にご相談にいらっしゃるのは少資金の方ですね。

この調子なら、ずっと持っていれば
まだまだ上がるかも!と思う銘柄でも、

やはりすぐに資金を回収できないことで
不安になってしまうようです。

これから上がっていくと自信のある株でも
上昇のペースはそれぞれ違うので、

少資金の方は、
まず1つの銘柄にすべて突っ込むのではなく、
他でもしっかりトレードできるように
資金配分に気をつけてほしいところです。

とは言え、
せっかくずっと持っていれば
上がる銘柄を買ったのに、
直ぐに損切りしてしまうのは
あまりにももったいないので、

どうしても不安があれば、

資金の半分を売って回収、
もう半分は寝かせておく
という手を使うのもアリだと思います。

また、含み損になってしまった方は
「上がると買いたくなる病」を
お持ちではないでしょうか?

上がる!と思っても、
上がっている途中で買えば買うほど
資金はかさみますし、
値幅は取りにくくなってしまうので、

安いところで拾うことがベスト!
という値幅意識を持って
どんどん押し目を狙っていきたいですね。

そして、
きちんと押し目で入ることができ、
ぐっと上昇したときは、
また下がらないうちに
一旦の利益確定もお忘れなく。

一度上昇した銘柄については
値幅調整が起こりうるので、

一旦利益確定した後で
再び押し目のチャンスを待ってインすることもできますよ(^^♪

少資金トレードについては
以前よりお伝えしているので
内容が繰り返しの部分もありますが、
とても大切なことなので
改めてお話させていただきました。

株を始めたばかりの方は
是非参考にしていただき、

トレードに慣れてきた方も
ここでご自分のトレードを
再確認していただけると幸いです(^^♪
 
 
ウルフ村田


その買い方だと危険ですよ

2018.05.12
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
東京のセミナールームより、、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

決算発表のピークも終わりを迎えますが、
皆さん株価の上昇気流にうまく乗れましたか?

この上昇の波に飲まれ、
乗り遅れまいと成行で買いを入れたが、
じつはジャンピングキャッチだった。

という方が多いので、
今日はこの対策のお話をしようと思います。

買ったタイミングがすでに高値だったのは、
それはすでに大口投資家の仕掛けにかかっています。

大口投資家は株価の下がっている時に買い、
株価の上昇を狙っています。

あなたが買う時には他の投資家もすでに
その株に注目しており、いざ買った時には
山で例えれば8合目から山頂。

大口投資家はタイミングをみて一斉に
利益を確定させ離脱し、
残ったあなたは焦って損切りか、
下手すればナンピン買いをして多くの含み損を抱えてしまう。

こうならないためにも、
まず上がってから買う癖をなくしましょう。

下がってくるのを待って
安いところで買い、
上がっている時に利益を確定させるのがベストです。

もし波に乗れなかったら、
どの銘柄が上昇したのか。
安いところはいくらで買えたのか。
どこで買っていればよかったか。

と後で分析することで、今後の波に乗り遅れない
注意をすることが出来ます。

具体的な分析方法のひとつに、
陰線とMACD線を活用して、
下向きから切り替わるタイミングを観察すると分かりやすいですよ。

確かに下がっている時に買うのは勇気がいりますが、
計画的に買い下がりの計画を立てることで
利益につながるでしょう。

あとはどの銘柄を買うかですが、
自分の好きな銘柄に注目するのもいいですし
SNSからサーチしてトレンドを探すなど、
寝る前にちょっとチェックしてみるのもいいと思います。

銘柄が移り変わる時期でもあるので、
安いところを観察する癖をつけるのが大事ですね。
 
それでは。
 
 
ウルフ村田


新興株トレード上達への近道

2018.05.05
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
大阪のセミナールームより、、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

途中から大型連休を挟む
今週の相場はふわふわと
したまま終わってしまいましたね。

先日はスクールの生徒さんで
今年100万円以上利益を出した人を
集めて食事会をしたのですが、

利益を出された方も、
そうでない方も、

私にかかわる皆さんには
まだまだ2018年は始まったばかりですから、
先の展開まで見据え、

そこをしっかり捉える、
あるいは下がりきって反発したところで
INするという意識を持ってほしいと
思いいます。

そのために、
再三普段から申し上げていることですが、

「頭のキレ」を鍛えるのが
近道だということです。

短期トレードでは「頭のキレ」が全て
と言っても過言ではありません。

特に最近の銘柄は
テーマ性があって強く上昇することも
あるのですが、

移り変わりがとにかく早くて、
エントリーや利益確定のタイミングが
ちょっと遅れただけで
一瞬で損失に変わってしまいます。

その時の判断の基準となるのに
株の知識は本当にわずかで、

圧倒的に「決断力」が重要になってきます。

どんな情報が入ってきたとしても
最後にトレードの判断を下すのは
皆さんですからね^^

なので、
株の技術を高めるのと同じくらい、

「頭のキレ」=トレードにおける決断力を
高めることは常に工夫してください。

そのためのアドバイスとして
今日の大阪セミナーでもお話ししようと思いますが、

なるべく株のことだけを考えられるような
環境を作れるかがカギです。

例えば朝起きてから、

「今日の服はどうしよう?」とか

「あれやらなきゃな~」とか

「どこでランチしよっかな」とか

決めなければいけないことが多いと
「決断疲れ」を起こしてしまうからです。

もちろん、
皆さんそれぞれに事情があるとは思うので、

全部でなくても、
日常生活で決断しなければいけない場面を
少しずつ減らして行くようにしましょう。

あと、
スピーディーな売買をするためにも
ネット証券口座を開いていない方は
必ず開いてくださいね。

過去、いろいろな人の話を聞いて
含み損を抱える原因になっていたのが、

「手数料が高くて・・・」ということ。

でも、一刻も早くロスカットして
逃げなければいけない時は

手数料なんかより自分の資産を守るのが
間違いなく大切です。

だからこそ、ためらいなく
売買できるように
ネット証券で口座を作ってほしいですね。

本当にお得ですし、
それも皆さんの決断力を高める
要因になります。
 
それでは。
 
 
 
ウルフ村田