カテゴリー別アーカイブ: 経済知識

米中貿易摩擦の飛び火が日本に

2018.07.18
prof_okumura

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

おはようございます。

今週の相場は前回のブログで
お伝えした予想通り、

相場も良い感じに上向いています。

前回ブログ:相場がもっとも下がる原因とは
https://j-i-s.info/j-i-s/nikkan_180711/

今回は、前回ブログでお伝えしなかった
もし自動車に25%の関税がかかるとどうなるか、
試算してみましょう。

目で確認したい人向けに
数値も入れておきますが、
数字が苦手な人は流し読んでください。

重要なのは関税がかかった時、
どのように経済へ影響するかを
「予め知っておく」ことです。

大きな資金の流れを知っておくと、
株価が急落した時の対応も
他の投資家よりすばやく行えるでしょう。

まず、日本車の生産台数は
JAMA(日本自動車工業会)のデータによると、
昨年(2017年)の1年間で969万台です。

そのうち、米国向け輸出台数は
173万台(うちトヨタ 71万台=41%)となり、

金額では4.56兆円(日本の米国向け輸出額の30%)
一台あたり単価264万円となっています。

日本から米国へ輸出する車に
かかっている関税は現在2.5%ですが、
それが25%かかると仮定します。

増税額は、 25%-2.5%=22.5%です。

そして、関税をかけるアメリカの
新車販売台数は2016年に
過去最高の約1,755万台

(乗用車7,105,162台、小型トラック/SUV 10,445,189台)
を記録しました(Autodataより).

このうち、日本車のシェアは、

トヨタ:2,449,587台 (14.0%)
(うち71万台は日本からの輸出=174万台が現地生産、
ただしメキシコやカナダも現地生産としている)

日産:1,564,423台 (8.9%)
ホンダ:1,637,942台 (9.3%)
スバル:615,132台 (3.5%)
マツダ:297,773台 (1.7%)
三菱:96,267台 (0.5%)

となっています。

日本車メーカー全体では米国シェア約38%を占めており、
BIG3メーカーの合計が約46%
なので、

いかにアメリカで日本車が
売れているかがわかりますね。

売れる理由は、かつてのような安さではありません。

むしろ、平均より若干高い。
日本車は、中の上程度の価格帯です。

では、どこに魅力があるかといえば、
なんといっても品質の高さです。

壊れないのです。

壊れないという事は
ランニングコストの低さに直結しますし、

なにより、使いたいときに使える、
実用に向くわけですね。

これは、車を足とする米国では
大変に重要な要素です。

そして次にフォロー〈アフター)です。

アフターがしっかりしていると、
整備サービスでお金がとれるし、

顧客も安心できるので、
また次の販売につながる良さがあります。

実は、この2つの要素は、
ドイツ車などと比べるとむしろ劣っています。

たとえば、故障率の低さでは、
トヨタ(あるいはレクサス)ではありません。

ドイツのポルシェがダントツで、
最も壊れない車メーカー
です。

アフターも、ドイツ車と比べると
素晴らしいとはいえない。

しかし、ドイツ車は米国でも高価です。

特にポルシェは、1台の車体価格で
日本車が何台も買えるほど高価なので
一般の消費者向きの車ではありませんね。

しかも、いわゆる保険が
圧倒的に高い欠点があります。

高級スポーツカーは、
米国では保険が激高なのです。

いずれにしても、上には上があるけれど、
平均的な価格ではちょっと良い車、

というのが日本車なのです。

さて、仮に関税が高くなっても消費者は、
文句を言わずに日本車を買ってもらえる
のでしょうか?

輸出金額は 4.56兆円で、
それに対して22.5%の追加関税がかかりますから、

4.56 兆円 X 22.5% = 約1兆円
の関税がかかります。

当然これだけの金額が
販売価格に上乗せされますから、
実際に負担するのは、米国市民です。

1兆円という金額も凄いですが、
これだけでは済まないのです。

その理由として、

米国はメキシコやカナダから
輸入する自動車に関しても、
関税をかけようとしています。

なぜ日本車が関係するのか?

それは、日本車の半分以上が
メキシコやカナダを含む
北米で現地生産しています。

トヨタは3割が日本から輸出、
7割は現地生産です。

もし、日本車にだけ関税がかかる場合は、
日本車だけが割高になるので、
当然他社にシェアが移ります。

今回はライバルのドイツ車をはじめとする
欧州車も同じように関税がかかると
想定できますから、

もっぱら米国産の自動車が
売れる事になるでしょう。

その米国自身、メキシコで「現地生産」しているのですから、
消費者のためにはなっていない、

というのが、今後公聴会などで
フォーカスされてくるでしょう。

関税がかかる「その時」、
日本車のシェア低下も
ある程度覚悟しておく必要があります。

が、私は実際に発動されることには
ならないとみています。

仮に発動されても限定的であり、
ザルのように回避できるでしょう。

その時、日経平均は、
おそらく2万円を切らない、
とみています。

では、また次回をお楽しみに。

奥村尚

<編集部のオススメ>
もうエントリーと利確ポイントに
迷いをなくしたい方へ

勝っている人のトレードを
ザラ場中のチャートから
すべて解説します。

この明快なトレードで
あなたも安定した収益を↓
http://japan-i-school.jp/jim/ryujiji_180724/


相場がもっとも下がる原因とは

2018.07.11
prof_okumura

From:奥村尚
モスクワのホテルより、、、

おはようございます。

私は現在、モスクワに滞在しています。

先週のブログの時点では、
関税合戦のなか日本の自動車における
数字を試算してみようと考えましたが、

先週から今週の相場は
示唆に富むものでしたので、

急遽、本日は
相場コメントに置き換えます。

最初にブログらしく
旅行の感触を述べておきますと、

ロシアは初めて来る国なので、
よく知りませんでした。

一応予備知識としてwebなどで
調べてみたのですが、

数年前は世界の首都の中でも
物価がトップクラスだったので、
覚悟していたのです。

ロンドンやニューヨークのような
物価を覚悟していたのですが、

実際に来てみると、
最も高いモスクワでも
それほどではありません。

命の危険を感じる
治安の悪さも全くありません。

覚悟しすぎで肩透かし。

これは、後述する
先週までの相場と
似た展開だった
と言えます。

モスクワの気候は今
最高に過ごしやすいです。

今回のワールドカップ会場は、
13箇所(12都市)に分散していますが、

南部の黒海に面した
ロストフ・ナ・ドヌと
ソチは猛烈な暑さだったようです。

しかし、他の10都市の会場は涼しく、
残る試合は全て
涼しい会場で開催されます。

既にサンクトペテルブルグで開催された
ベルギーVSフランスが
終わったばかりですが、

僕は本日、モスクワで開催する
もうひとつの準決勝をみようと思います。

(決勝はチケットが
なかなか手に入らないので、
難しいのです)

さて、そんなロシアの印象が、
なぜ先週までの相場と似た
展開だったのでしょうか。

先週は、大いに下げた相場でしたね。

恐怖を感じる水準まで下がりました。
それが、今週に入り戻してきました。

米中の関税合戦における
市場の感応度が鈍くなったためです。

こうした事を説明するために、
僕が時々引用するのがこれです。

「人は目に見えない恐怖を恐れる」

「その恐怖は人の五感を鈍らせ、
判断を誤らせる」

(バットマンビギンズより)

バットマンビギンズは、
バットマンの誕生以降
3話シリーズの映画の第1作目です。

関税報復合戦がいざ始まってみると、
特に楽観できる材料が
出たわけでもないのに相場は戻し始めました。

目先の動きは予想通りの動きになっており、
今後を予測する情報がどんどん出現して、

なんとなく、目に見えるようになったためです。

そうなると、相場は安心して
(実際には投資家が安心するわけですが)
戻るのです。

何が起きるかわからない、
という恐怖を抱く瞬間が
最も下がるのです。

ブレクジットの決定瞬間しかり、
トランプ大統領の誕生瞬間しかり。

覚悟のしすぎで肩透かしと
共通点がありますね。

こうしたことは、
今後も起きるはずです。

よく記憶しておくと良いと思います。

加えて今回に関しては、
中国株が下落し、

その他のアジア株も巻き込んで
全体が下がりました。

こうした時、流動性が低い(あるいは
決して公正なプロセスとはいえない
値決めによる、株価形成がある)

アジア市場の代わりに
日経先物を代替商品として、
先物をヘッジ売りする事が起こります。

つまり、日経平均は実体以上に
下げやすい商品
なのです。

ちなみに僕の銘柄配信の
利用者の方には事前に、
このようにお伝えしていました。

「投資タームを2か月と考えるなら、
拾い時です。

1か月でもそうだと思います。
1週間と考えるなら、イーブン。

1日と考えるなら今週は危険です」

お伝えしたとおりに
相場が動いたわけですが、

僕がこのような予測に至る
根拠として、

一週間後に米中は
関税をまずは掛け合う。

それがわかるまでは下げる。

その後、相場は7月2日である
今の水準程度に戻す、

と考えていたのです。

では、この先どうなるか予測すると、

目先は円安が進む可能性が
強まっていますので、

冷静な投資家がさらに
上値を探る動きになってくる
と思います。

では、また次回。

奥村尚

<編集部のオススメ>
あなたの学んだノウハウが通用しない
本当の理由は、

「相場の裏側」に隠された
衝撃的な事実にあります。

一部のプロのみが知るその裏側とは↓
http://japan-i-school.jp/jim/okuribito180712/
※本日までの募集となります


ワールドカップと相場は似ていた?

2018.07.04
prof_okumura

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

おはようございます。

皆さんがこのブログを読む頃、
僕はロシアに向かっている最中です。

最初の行先は、
モスクワから少しだけ東の
ニジニ・ノヴゴロドという都市です。

今回のワールドカップのために建設した、
できたばかりのピカピカの会場があります。

ここで、クォーターファイナル
(ウルグアイとフランスの試合)があります。

ワールドカップを見に行くのは
スペイン大会から僕は毎回実施していまして、

1982年来10回目ですから、
ここまでくるとライフワークでしょうか。

今回のワールドカップでは、
試合の最中も、試合の結果そのものの、
意外な展開が多かったですね。

この展開を言葉として表現するなら、
以前にも取り上げた、
マーフィーの法則というものがあります。

「選択肢が複数あるとき、
最も悪い結果に終わる方法を、人は選ぶ」
とか、

「失敗する可能性があるものは、失敗する」
というものです。

世の中に当てはまる事象も多いですが、
相場の世界でも同じことが言え、

諺と間違えそうなほど
ピッタリ響く法則です。

今週の相場からみても、
その法則が当てはまると言えます。

今週は大きな下げからスタートしました。
月、火ともに前場は安定していたものの、

後場になってどんどん
下げ始めた点で似た動きでした。

市場では「世界の二大経済大国が
関税戦争をしたら世界経済はおしまいだ、
関税戦争に日本も巻き込まれる」

など、いろいろ囁かれる中で、
昨日は米国の独立記念日で
NY相場は短縮営業。

困った時に肝心のNY市場がどうなるか、
十分に観察できないので

余計に不安は増幅されると
感じた方も多いのではないでしょうか。

困った時こそ、
困った問題が重なって起こる。

これまた、マーフィーの法則でしょうか、、、

今回は、7月6日(fri)に米国は、
中国への関税第一弾を発動するので、

実際に発動されると市場は大混乱に、、、
と思っている方も多い事でしょう。

でも、そうでもないのです。

7月6日に制裁関税が発動しても、
しなかったとしても、

7月6日を過ぎると、イベントを消化した
安堵感で上がってゆく、、、

などという展開も十分考えられることです。

昨日の引け時点で日経225の
PER=12.97倍でした。

アベノミクス相場が始まってから、
この水準まで下がったときは数回ありましたが、

いずれもPER13倍割れの水準が
底値圏となっています。

ちなみに、昨日の時点で
PER 13倍=2万1800円くらいです。

「楽観的すぎますよ、日本が
巻き込まれたらどうなると思いますか?」

「日本は自動車が
やり玉に挙げられているんですよ。」

など思われるかもしれません。

自動車が制裁関税を掛けられたら、
実際にどういうことになるか、

数字で理解しておくのは
おもしろいでしょう。

それではまた、
続きを次回に取っておきましょう。

お楽しみに。

奥村尚

<編集部のオススメ>
日経225先物のデイトレで
安全に収益を出す方法を知りたい方へ

熟練講師がザラ場中のチャートから
どこで買ってどこで売っているのか、
すべてをお見せするセミナーです。

あなたが理解できるまで徹底して
お伝えするので、
ぜひ安定収入源を手に入れて下さい↓
http://japan-i-school.jp/jim/ryujiji_180710/

※少人数制のため、参加枠が埋まり次第募集終了します


海外の金利政策が日本相場に与える影響

2018.06.27
prof_okumura

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

おはようございます。

前回からの続きで、
金利政策と相場の関係を
お話ししようと思います。

前回ブログ:https://j-i-s.info/j-i-s/nikkan_180620/

金利政策と市場の関係を考えるうえで
ヨーロッパにも目を向けたいと思います。

欧州中央銀行(ECB)は、
市場にお金をじゃぶじゃぶ流すことを
ついに年内で終了すると発表しました。

以前から、そのような示唆は
なんとなくありましたが、
今回はそれを明確にしたのです。

ECBは今後、FRBが今行っている事を参考に、
来年以降、利上げの実施と合わせて
保有資産の売却を進めていく事でしょう。

残るは日銀ですが、
6/15に現状維持をアナウンスしています。

つまり、今後もお金を市場に
じゃぶじゃぶ提供する、ということを
表明したわけですが

買い続ける国債の金額を観察してみると、
国債買い入れ金額が縮小してきています。

2014年には年間80億円ベースで
国債を買っていましたが、
現在はそれが半減してきているのです。

それも、特にアナウンスはせずに、です。

市場では、
これがステルス型のテーパリングではないか、
などといわれ始めています。

テーパリングとは、
金融用語ではQE(量的緩和)の
縮小を意味します。

さて、米国は金利上昇中です。

欧州では金利がゆるやかに上昇し始めます。
日本はゼロ金利の最中です。

これは、何を意味するかというと、
ドルに対しても、ユーロに対しても
円安になっていくということです。

単純に考えると円安は
株式市場には良い事です。

輸出企業が多い日本には助かりますね。

しかし、金利が上がっていく
欧米の株式市場は、
金利が上がることで
株式が買われにくくなります。

これは、欧州の株式市場だけでなく
世界の株式市場にとってもマイナス要因です。

欧米のセンチメントが悪くなる中で、
日本が円安だけを理由に
株価が上がることは考えられません。

一方、景気が回復してきたからこそ、

カンフル剤としての金融緩和といえる
じゃぶじゃぶお金を市場に
提供する政策を止めるわけですから、

結果的に景気回復が明確になる、

というシグナルを
中央銀行は発信するのは
良いことでしょう。

景気の回復は
経済が成長している証です。

インフレが適度に進み、
景気が良くなる、という
正常な経済に戻るのです。

少なくとも、昭和の時代は、
景気は良くなり続けました。

国の経済を成長路線に持っていくこと。
しかも、物価を(わずかなインフレを伴った程度で)安定させる。

それを金融政策で支えるのが
中央銀行の役割なのです。

こうしたプラス要因、マイナス要因は、
金利上昇に限った話でもないのですが、

同じ事象(今回は金利の上昇)において
常に発生します。

これに加え、
保護主義的貿易と貿易赤字の解消という、
世界経済を揺るがしかねない
政治問題が起きているのですね。

複雑ですが、
ひとつひとつの要素に分けて、

短期、長期という期間に
区切って分解していくと、
案外すっきりと整理できると思います。

では、また次回をお楽しみに。

奥村尚

<編集部のオススメ>
女性プロトレーダーと一緒に
投資初心者を卒業しませんか?

本セミナーでは
あなたのトレードデビューを
サポートするため、

先物投資の基礎の基礎から
少人数制でのレクチャーを行います。

詳しくはコチラから↓
http://japan-i-school.jp/jim/takako_180711_17/
※お金なんていらないという方はクリックしなくても大丈夫です。


金融政策と相場への影響とは?

2018.06.20
prof_okumura

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

おはようございます。

今、世界の金融は
金利の動向を注視しています。

米国では、金融緩和政策は
2014年に終了し、
利上げを開始しています。

つい最近、
年4回の利上げをする事になりました。

実は、FRBは明言していませんが、
今までは、市場にお金をじゃぶじゃぶ流す
政策を終了しただけでした。

じゃぶじゃぶ流すとか、
お金をばらまく、
という表現を使いますが、

国債をはじめとする証券を、
中央銀行のお金で購入していたということです。

過去、2008年から開始したQE1,
2010年のQE2、2012年のQE3という
金融緩和政策では、

金利を下げるだけではなく、
お金をじゃぶじゃぶ市場にばらまくために、

3期で合計4.5兆円もの債券や
資産性証券を買いまくりました。

中央銀行であるFRBが証券(主に債券)を買うと、
その支払いに刷りたての現金を当てるので、
市場としては証券が売れて資金が市中に流れるのですね。

金利を下げることと相まって、
お金が流れ始め、
景気が刺激されるという金融政策です。

そして、QE3を終えた今FRBは債券を
在庫として保有していて、
まだそれを減らす事はしていないのです。

債券が償還を迎えて償還金が入った場合、
その現金を同様の債券に再投資しているのです。

つまり、まだ少しはお金を市中に流しています。

金利を上げて金融を
引き締めてゆく行為はブレーキです。

今FRBはブレーキをかけはじめている。

じゃぶじゃぶお金を流すという、
アクセルを踏む事とは相反する行為ですから、
まずは再投資を中止し、

その後さらには在庫資産である債券を売却して、
つまりはお金を市中から
吸い上げる行為にいずれ移行します。

ちなみに、利上げをすると
債券価格は下落します。

正確にいうと利上げをアナウンスすると、
債券市場で利回りが上昇するために
価格が下がってゆくのです。

とすると、FRBがもつ
保有資産の価値は減りますね。

資産の目減りです。

これは、FRBが抱える難しい問題で、
こうしたことをアクセルは踏みながら、
あまり目減りしないように、

つまりは、
なるべく早めに資産を
売却する事も求められるでしょう。

しかし、一気にブレーキを踏むと、
過去何年にもわたってせっかく市場に
お金をじゃぶじゃぶ流して、
景気を良くしてきた努力を水の泡にします。

神業的なオペレーションが必要なわけです。

どのような技を
どのタイミングで仕掛けるのか、
FRBの動きを世界中が注目しています。

次回は欧州、日本の金融政策は?
そして相場への影響についてお話しします。

では、また次回をお楽しみに。

奥村尚

<編集部のおすすめ>
FXの基礎的なところから
安定して勝ち続ける方法まで。

たった3時間後あなたも、
一気にプロへ近づける
その内容とは↓
http://japan-i-school.jp/jim/akita_180706/


相場の世界を読むには…

2018.06.13
prof_okumura

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

おはようございます。

前回からの続きで、
原油と株価の関係を
お話ししようと思います。

前回ブログ:原油から知る株価の動き
https://j-i-s.info/j-i-s/nikkan_180606/

米国のインフレ期待は、
原油価格に連動します。

インフレ期待は、
ブレークイーブンインフレ(BEI)率といって、

通常国債と物価連動国債の
利回りの差で数値化することができます。

(物価連動国債は、元本が物価変動に
連動して元本が増減し、
物価が上昇した時に元本が上昇する国債で、
欧米では国債全体の10%以上の発行がされています)

この値がプラスであれば、
(国債利回り>連動国債利回り)
になってインフレ期待。

マイナスであれば、
(国債利回り<連動国債利回り) デフレ期待

を市場はしている事になります。

インフレ期待がある国は、
インフレに追いつくために
利上げは早くなります。

そうすると、通貨が買われます。

このような理由もあって、
原油と世界株価、
特に欧米株価は連動します。

原油が上がると世界の株は上がるのです。

ただし、エネルギー産業は主体ではない日本は、
原油価格と株式相場は相関は強くなく、
どちらかといえば負の相関があります。

原油を輸入に頼る日本にとって、
経済や産業界全体としては、
価格が上がるのは良くない事ですから、
これもわかりやすいですね。

現時点で原油価格は66ドルくらいで、
ひところの70ドルの大台を割り、
調整しています。

産油国が協調して減産したために
価格は上がってきたのですが、

サウジとロシアが減産を緩和する動きが伝わって、
先日一気に2ドル下がりました。

先週の資源国通貨は下落し、
ドルインデックスは上昇(わずかながら円安の方向)
になった理由は原油にあったんですね。

原油は中東とロシアで生産されるので、
政治や世界情勢にも大きな影響を受けますが、
複雑すぎるので、今回は割愛します。

いずれにしても、
相場の世界をマクロで読むには、
原油は非常に役に立ちます。

マクロ、つまり大局的で、
多額のお金がどう流れるかを知る
と、

株式市場もその一般として、
客観的に見る事ができるように
なりやすいのです。

少々難しいところもありましたが、
原油価格と株価の動きを
日々チェックし分析していると、

その連動性が
見えてくるかと思います。

では、また次回をお楽しみに。

奥村尚

<編集部のおすすめ>
相場の動きが読めず、
勘を頼りにトレードしていませんか?

勝ち続ける人しか知らない、
圧倒的利益を出す「相場の本質」を
知るチャンスが今ここにあります↓
http://japan-i-school.jp/jim/okuribito1806/
※少数限定のセミナーとなります。