カテゴリー別アーカイブ: 原理原則

【動画】まだトレード法がひとつだけですか?

2018.05.10
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
大阪難波のホテルより、、、

GW明けの相場、闘ってますか?

連休明け、
決算発表が本格化、
トランプさんの暴走、
さらに米朝会談の前に中朝会談が急にあったりだとか、、、

相変わらず波乱万丈の相場、政局です、、、
こうなるとなかなか怖くて手が出せないという方も
いらっしゃるのではないでしょうか、、、

でもそんなこと言ってると開店休業ですよね。

一口にトレードといってもいろんなやり方があります。
スウィングもあれば、長期投資や逆にデイトレ、
順張りに逆張りなどなど、、、

日ごろメインでやっているトレードがあると思いますが、
そればかりでは限られてしまいます。

今回は私がいつもやってるスウィング以外の
トレード法をご紹介します(^^♪


<編集部のオススメ>
あなたもこんな経験ありませんか?

「コツコツと利益が出ても負けた時の損失が大きい」

FXの才能がないのかなと不安にもなりますが、
才能の問題ではありません。
あなたは負けるパターンを行っているだけです。

つまり正しい負け方を学べば、
誰でも必ずFXで利益を出せます。

今回はその正しい負け方について
詳しく解説しています↓
http://japan-i-school.jp/jim/180602_kujira/


【新事実】あなたが薄利のままの理由

2018.05.08
koushi_mrk01

From:Mr.K
都内のプライベートオフィスより、、、
 
おはようございます。Mr.Kです。
 
私事ですが、
今週はハワイのトライアスロンに
人生初参加をしてきます!
 
オリンピック・ディスタンス
という、ハーフトライアスロンですが、
 
海を1500メートル泳ぎ
自転車で40キロメートル走り
最後にラン10キロ。
 
考えただけでフラフラしますが、
 
お世話になっている社長に誘われて、
YESかハイで参加となりました(笑
 
また報告しますね。
 
こういうチャレンジができるようになったのは、投資のお陰でもあります。
 
さて、
 
今回は、前回のブログに
いただいた質問コメントが
素晴らしかったので、
 
その解説に補足をつけて
お届けします!
 
かなり多くの人が
「ハッ!」とする内容に
なっているはずです。
 
ーーーーーーーーーー
こんな悩みを持っていませんか?
ーーーーーーーーーー
・いつも損大利小になる
・大きな上昇相場を取れたことがない
・20%を超える含み損の塩漬けの経験はあるが、20%を超える含み益の経験はない

 
そんなあなたの悩みを
解決する内容になっています。
 
↓↓↓↓↓
 
前回のブログでは、順張りでエントリーするとき、
 
「早く」エントリーしよう
「安く」買おう
と「しない」ほうがいい
 
ということを書きました。
 
(前回のブログを読んでいない方はこちら)
 
すると、そのブログに対して、
 
>>順張りでは早く入った方が、遅く入るより安く買えるので良いのではないでしょうか
 
というご質問をいただいのです。
 
きっと多くの方も同じように感じられたのではないでしょうか。
 
もっともで素晴らしい疑問ですね。
(ありがとうございます!)
 
この質問に対しての回答を書きます。
 
=========
 
わかりやすく考えるためには、
ずっと上がっていく銘柄をイメージしてください。
 
多くの人が、ずっと果てしなく上昇していく銘柄に
買いで乗りたいと思っているはずです。
 
仮に、結果論として3ヶ月上昇し続けた、としましょうか。
 
では、その銘柄に2ヶ月前に気づけて
買えていれば、莫大な利益になりますよね?
 
では、その「買うべきタイミング」では、その銘柄はどんな形に見えますか?
 
・・・
 
一ヶ月上昇し続けた形、ですよね。
 
結果論から言えば、「その時」に買って、
それから2カ月間の上昇を楽しめればいいわけですが、
 
まあ、「その時」には未来はわからないので、多くの人は買えないわけです。
 
でも、ごく少ない人数の賢い投資家は、「その時」に買っているんです。
 
もしも大きく上昇し続ける銘柄に乗りたい!ということであれば、
 
あなたも、「その時」に買わなければなりませんね。
 
では、どういう思考回路と判断ができればいいかと言えば、
 
 
STEP1「1ヶ月間上昇し続けているから、一ヶ月間の最高値だ」
 ↓
STEP2「でも、今後もこの銘柄が上昇していくなら、今は安値だ」
 ↓
STEP3「だったら、買いで乗るべきだ」

 
 
という風に考えなければいけないのがわかりますか?
 
そうです。
 
ずっと上昇していった銘柄というのは、

過去のどの時点を取って見ても

常に、最高値なんです。

 
でも、それは、
 
「過去からみた最高値」
 
であって、
 
「未来からみたら最安値」
 
なんですね。
 
 
こういう銘柄に、逆張りで入ると塩漬けができます。
 
「こんなに上がってきて、今、(過去から見て)最高値だから、そろそろ下がるだろう」
 
と考えて空売りした場合ですね。
 
そうすると、あっと言う間に塩漬けになります。
 
 
つまり、本物のトレンド相場というのは、
 
押し目なんかないんです。

 
常に「今」が一番安い。
過去に遡ることはできないわけですから、
今がそれこそ一番「早い」わけです。
 
でも、そのあとずっと上がっていくとしても、
それまでにずっと上がってきていれば、
「今はもう遅い」としか感じられないのです。
 
 
人生と同じです。
 
 
いつだって「今」が一番早いのに、
もう◯◯歳だし、今から動き出しても「もう遅い」

と思って行動しない。
 
結果、機会(利益)を取り逃します。
 
ですから、
 
いいんです、順張りに遅いということはありません。
 
入ってみて伸びなければエグジットする、くらいでちょうどいい。

 
本当に人生と同じですね。
 
やってみてダメなら、コストが小さいうちにやめればいい。
 
やってみる前に、できるかな?できないかな?
なんて考えていても何も起きません。
 
伸びているんだから、逆行する可能性はそれほど高くない、と思えばいいのです。
 
ただ、勿論、今回の話は仕手株には当てはまりませんよ! 
 
仕手株はそもそも、長期間上昇し続けないですからね。
 
 
今回のブログで、腑に落ちない人が、
もしかしたらいるかもしれませんが、

その場合は、デモトレードでもいいので、とにかく、やってみてください。
 
言っている真意が伝わることと思います。
 
素晴らしい質問をありがとうございました。
 
 
GOOD TRADE!!
 
 
Mr.K

<編集部のおすすめ>
よく言われる安定的なトレードとは
真逆なのになぜか利益が残る秘密…

勝ち方ではなく
正しい負け方がポイントです。

成果主義の組織で洗練された
「正真正銘のプロのノウハウ」を
具体的に知ることができます。

詳細はこちら


【動画】上値目処で危険回避を!

2018.05.03
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋自宅のオフィスより、、、

やっぱりGW中は閑散としていますね…
機関投資家たちの影もありません。

普段は聞かないような銘柄がトップ10に顔を出しています。
個人たちの売買のほうが活況のようですね。
こんなときは気を付けてくださいね。

せっかくの休みだからデイトレにでもふけってみるか…

なんて安易にやっちゃうと、
個人で大きな資金を持っている人たちが
手ぐすね引いて待っていますからね(^^;

さて、先週に4382 HEROZはなぜストップ安になったのか…
というテーマでお話ししました。

答えは上値目処より高い値段がついたからです。

そりゃストップ安くらいにはなっちゃいますね…

上値目処の詳しい計算式を教えてほしいという
ご意見が多かったので、
今回はもう少し詳しくお話しさせていただきました(^^♪

<編集部のオススメ>
最短数分で収益を出す方法とは?

トレード歴40年の講師が、
着実に収益を出し、

実際にどこで売買しているのかまで、
詳細な手法を包み隠さずお伝えします。

今負けている、勝つ方法が分からない方
にはぜひ正しいトレードの考え方を学び、
自己防衛して下さい。

http://japan-i-school.jp/sl/ruiji/180510_seminar/


ドラマは愚直な素振りに隠れていた!

2018.04.30
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋自宅のオフィスより、、、

高校時代は野球部で下。
小中高と一貫して野球部でした。

高校時代の先輩に
田中さんという方がいました。

とてもまじめで、部活はほぼ休むことも
遅刻することもなく、
愚直なくらいに素振りをしていました。

ところが、残念ながら
好きなんだけど野球には向いてなく
一人前には未完成ということで

タナカではなく
「タンカ」というニックネームで
呼ばれていました。

2年生でレギュラーをもらった私は、
生意気だったせいもありますが

補欠の「タンカ先輩」を
見下している節がありました。

(タンカ先輩、ほんとうにすいません(^^;)

そして迎えた、
彼の最後の夏の地方大会。

”温情”で先発出場をもらった
タンカ先輩。

最初の打席は
ショートフライでしたが、

迎えた二打席目。

初級ボール、二球目空振りからの
三球目です、、、

カーンと打ち上げた打球は最初、
レフトフライかと思われました…

ところが、ところが、、、
打球はグングンというより、

ふわふわ…ふわふわ…と
のびていき

ベンチからも徐々に
オーッと声が上がります

さらに、ふわふわ…ふわふわ…と
のびていき

レフトフェンス最上段に
ボコンと当たりました。

あと少しでホームランの大飛球でした。

「(まさか…あの…タンカが…)」
ベンチの誰もがそう思っていたのでしょう。

本来ならすぐに上がる歓声が、
少しの間があって
大きな歓声に変わりました。

少し照れくさそうに、
セカンドベースの上に立つタンカ先輩の顔は
いまだに忘れません。

さてさて、
最近よく相談されるのが

結果が全然でなくて
しんどいという声が多いです。

頑張っているんですが、
なかなか結果につながりません。

お気持ちはよーーーくわかります。
私だってそうでしたから。。。

でもね、結果って、
ただの結果なんですよね。

どんなに頑張っても、ほんの小さな要因で
○が×になることもしばしばです。

結果はもしかしたら、
実力とは別のものかもしれないんですね。

結果は結果として、
日ごろどうやってるかが大事に思えます。

日ごろ、どれだけの努力を続けているか
大事に思えます。

自己啓発や成功哲学が大嫌いな私ですが、
これだけはそう思うんですね。

最後の大会でみんながびっくりするような
大飛球を打ったタンカ先輩。

彼はもしかしたら、
最後の大飛球から逆算して

日ごろは愚直なくらいに
素振りをしていたのかもしれません。

大人になった今、
たまに彼のひたむきな素振りの姿を
思い出すんですね。。。

さて、もうすぐ夏の甲子園。

またたくさんのドラマを
見せてくれることでしょう。

さて、あなたはどんなドラマを
見せてくれますか(^^♪

藤井百七郎

<編集部のオススメ>
「ある法則」さえ知れば
株よりも先物取引のほうが稼ぎやすくなる?

http://japan-i-school.jp/jim/takako_180509_16/


「下げそうだから売り」の落とし穴

2018.04.28
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
都内のカフェより、、、
 

おはようございます。
ウルフ村田です。

もう4月も残りわずかですね。

最近、よく聞かれる質問があるのですが、
「下げ相場になったときは、空売りするべきですか?」って。

私個人の意見としては
初心者がいきなり空売りで大金を突っ込むのは
危険なのであまりお勧めできません。

ただ、実際私が「空売りしろ」とか
「空売りするな」と言う権利もありませんので、
上手なトレーダーをしっかり
観察しながらやるのがいいと思います^^

ですが、1つだけ
空売りで気を付けて欲しいことが、、、

「空売りしていい銘柄」を見極めることです。

下げ相場になったからといって
盲目に空売りしていいわけではないんですね。

空売りで重要なのは、
ただ値下がりしている銘柄ではなく、

「資金が抜けながら下げていく銘柄」を
狙うということです。

資金が抜けていく銘柄でないと、
株価の一時的な調整や、上げトレンドの押し目
だったなんてことになりかねませんから。

つまり、「資金の需要と供給」に
注目することが肝になってきます。

あ、私の話を頻繁に
聞いていただいている方は
気付いたかもしれませんが、

資金の需給は空売りだけでなく、
現物の売買判断でも重要ですね(^^

突き詰めるところ、

現物で買いポジションを持つときは
「売り」の視点で、
空売りでポジションを持つときは
現物の「買い」の視点で。

今のような不安定な相場で
確実に生き残っていくには、

「現物」「空売り」一辺倒にこだわらず、
両面から見たトレードを
心掛けるといいと思います。

5月は「セルインメイ」と言われ、
例年であれば売り場とみられる時期だと思います。

連休もはさみますし、
資金の流れとリスク要因に注意しながら
頑張ってまいりましょう。
 
 
 
ウルフ村田

PS.
私の株式投資法をマスターしていただく、
セミナーのご案内です。

いつも多くの皆様が参加してくださり、
本当に感謝しています(*^-^*)
お時間のある方はぜひご参加下さい。
http://japan-i-school.jp/jim/seminar_180511/


【動画】10.9倍からストップ安…

2018.04.26
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
大阪難波のホテルより、、、

いや~超大型新人でしたね…
4382 HEROZです。

上場してようやく3日に値が付きました。
公開価格4500円に対して49.000円!

なんと10.9倍です。

たった100株が抽選で当たったとしても
45万円が490万円ですよ!
超ラッキーでしたね!

ところが…
このHEROZ、寄付いてからそのまま真っ逆さまに
急落していきました。

そして、なんとなんとストップ安…
値が付いた翌日もストップ安で張り付いています。

49.000円から35.000円への大暴落です。

値動きの大きさで人気のIPOやセカンダリ。
すぐに買っていいのか、はてまた持っていたほうがいいのか…

大変に頭の痛いところですが、
数字を並べることで簡単に答えが出るんですよ。

駆け足ですがその方法をご紹介します(^^♪


<編集部のオススメ>
ネットや参考書では教えてくれない、
初心者のために勝てるトレードを
お伝えしたい。

どうすれば勝てるのか、
リスク管理をどうすればいいのかなど、
分かりやすく解説します。

http://japan-i-school.jp/jim/takako_180509_16/