カテゴリー別アーカイブ: トレード

錯覚の先にある利益

2018.10.15
horikita

From:堀北晃生
丸の内のオフィスより、、、

私は現在、未来の金融のあり方について
さまざまな分野で研究するチームと
連日ディスカッションしています。

特に話題に上がる分野として、
フィンテックはこれから
急速に伸びてくると考えています。

ちなみに、フィンテックとは、
「金融+テクノロジー」を組み合わせた造語です。

株式投資の世界でもまさに、
テクノロジーは凄まじい勢いで発展しています。

人工知能を搭載したロボットが、
株式市場にダイレクトで売買することで、
市場の隙間から利益を出し続けているのです。

さらに、なぜ、AIロボットを搭載した
トレーディングシステムが
このような利益を出せたのかは
人間が解明できない領域まで達してきているとのこと…

ところで、金融機関には
それぞれ自己売買部門というものがあります。

1,銀行
2,証券会社
3,保険会社

これらは、お客様から集めたお金を運用して、
自社の利益にするものであり、その多くが
AIトレードシステムによって運営されています。

特に最近興味深いと感じたことは、
AIトレードシステムは、
人間の錯覚を利用して
利ざやを稼いでいるということです。

こちらは立命館大学の教授、
渡辺英治准教授らが脳のネットワークが
「蛇の回転」錯覚を提唱しました。

こちらの画像をご覧ください。

錯覚

静止しているはずの図形が
動いているかのように見えたと思います。

これは実際に目で見た情報と、
脳の記憶データとの差による「錯覚」です。

視覚的対象物の予測を行うように
学習させた脳のネットワークが、
動くはずのない画像が回転していると
予測したものです。

このように、人間の視覚と脳の記憶データは、
必ずしも一致するものではなく、
矛盾することが多いのです。

今のは例え話でしたが、

現在のAIトレードシステムは、
このように人間の脳の錯覚領域にまで
プログラムが組まれていると言われています。

そう、トレードと脳の錯覚には
深い関係があるのです。

というのも、人間の感情には
確実なものがないため、
一瞬の避けたい恐怖と錯覚が組み合わさり、
間違った判断をしてしまいます。

そのため、「錯覚」の領域
見抜くことができれば、
株式投資の世界では無限の可能性を
引き出すことができるのです。

この「錯覚」に利用されるか利用するかで
これからのパフォーマンスが大きく変わります。

いずれ、錯覚の裏にある投資のチャンスについて、
最新の研究データをご紹介していきたいと考えております。

堀北晃生

追伸:
人間の感情・視覚が交錯する
チャートを見る必要がない空売り理論…

それらを書籍としてまとめましたので、
興味のある方はご覧ください。

http://japan-i-school.jp/jim/books_hkt180709/


少資金から1億円の資産を築けた理由

2018.10.13
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
東京のトレードルームにて、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

今週の相場は下落続きでしたね!

木曜日は一時4桁まで下げ幅を広げる場面もあり、
一般投資家の投げ売り市場と化していました。

ほとんどの銘柄が売られている状況ですが、
皆さんの保有していた銘柄は
大丈夫でしたでしょうか?

いざ株価が急落したからといって
暴落だー!と慌てても仕方ありません。

いつも私が言っている、
冷静に「買って売って逃げる」
徹底してくださっていれば、

プラスのまま
回避できていることと思います。

今の相場状況でも
強い銘柄だけトレードしていれば
まず大丈夫なのですが、

特に少資金の方は、
このような相場の変化をいち早く察知し、

相場が崩れる前に逃げる、
という機敏な動きが求められます。

ですが、なぜか少資金の方ほど
おっとりタイプが多い傾向です。

ということで、
今回は少資金の方が注意すべき
ポイントをお話しますね。

今の相場は様々な銘柄が
下がってきていますので、

押し目を拾おうとしている方が
多いと思います。

ですが、下がってきている
とはいえ、まだまだ下がる
可能性もありますよね。

しっかりと下げ止まっている
銘柄なのかを分析してから、
大底で拾わなければなりません。

そこで、今大底なのかを
分析するには、週足のMACDを見ます。

MACDとぜひ合わせて見て頂きたい
指標がRCIです。

以前、私のブログでも
MACDとRCIについて触れているので、

まだそのブログを見ていない!という方は
ぜひ見て頂きたく。

9/22配信:銘柄探しに困ったら…
https://j-i-s.info/j-i-s/nikkan_180922/

MACDとRCIを強くおすすめする理由は、
100万の資金から始めた方に
私がこの方法を教えて、

1億円以上の資産を築けた方が
何人もいらっしゃるからです。

勘に頼って大底を狙っても
絶対に勝てないんですね。

なかにはMACDとかRCIを見なくても
億トレーダーになったという方も
いらっしゃいますが、

100万の資金から始めたという
訳ではありません。

少資金の方はぜひ、
期待値の低いところで拾わず、

MACDとRCIを見て
大底を狙ってみてください(*^-^*)

ウルフ村田


勝つための決め手は?

2018.10.06
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
大阪のホテルより、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

相場は転換期を迎えました。

日経平均は年初来高値を更新し、
上昇一辺倒だったのが
ここ3日続落。

ポジションを手放した方も
多いと思いますが、
皆さんは良い値幅を取れましたか?

下がって来ても個別にみると
強い銘柄は影響を受けていないので、

まだポジションを持っている方も
いるかもしれません。

しかし、強い銘柄だからと言って、
単に長期保有していれば
勝てると思っていませんか?

例えば、強い銘柄だと言われている企業でも、
とんでもない不祥事を起こして
暴落するかもしれません。

突飛なことを言いますが、
明日地球に隕石がぶつかっても
おかしくないのです。

良い状況から急に悪くなることって
よく起こりますよね。

(決して脅かしたいわけでは
ありませんよ)

では、勝つための決め手は
地合いや銘柄の良し悪しでないとすれば、
いったいなんでしょう?

それは、私が皆さんに冒頭でお聞きした、
「値幅を取れたか」なんですね。

ちなみに私は自分のことを
「値幅教」だと名乗っています(*^^*)

銘柄の良し悪しではないと言った意味は、
良い銘柄より悪い銘柄のほうが
大きな値幅を取るチャンスがあるからです。

かといって、勘で悪い銘柄を
選んでも当然勝てませんが。

「そんな事言われなくても分かっている」
と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
実際にできている方が本当に少ないんですね。

トレードで大きな資産を
築いた方のほとんどは、

小さな値幅を地道に取るやり方ではなく、
一回のトレードで大きな
値幅を取れたからです。

トレードをするなら皆さんも
必ず値幅を意識しましょう。

ただ、リスクを考えた
トレードが大前提です。

リスクばかり意識しても
トレードはできませんが、

「値幅」という視点を軸に
リズムよくやっていきましょう。

テクニカルを勉強するのも、
リスク管理をするのも全て
大底で利幅を取るためです。

値幅を取れる時に取って、
取れない時はやらない。

このように気持ちを切り替えて
相場と付き合うと
チャンスを掴めるはずです♪

ウルフ村田


未来の株価が分かるシーズナルとは

2018.10.01
horikita

From:堀北晃生
丸の内のオフィスより、、、

堀北式株価デトックス理論では
急上昇した銘柄をピンポイントで狙って
短期で利益を出す方法をお伝えしております。

■3776 ブロードバンドタワー

3776

■3776 ブロードバンドタワー
注目株価 388円(2018.9.21)
決済株価 353円(2018.9.23)

戦略:短期空売り
+35円 +9.02%

私たちが注目していたブロードバンドタワーは
9月21日が最高値となりそこから
連日下落となりました。

空売り戦略で利益をあげられた会員様、
おめでとうございます。

■2673 夢みつけ隊

2673

■2673 夢みつけ隊(株)
注目株価 208円(2018/09/19)
決済株価 173円(2018/09/21)

戦略:空売り
+35円 16.8%

私たちはこの銘柄をあるサインを使って、
次の日から下がると予測。

下落することで空売りを仕掛け
確実に利益を出すことができました。

まだまだこのような銘柄がありますので、
堀北式株価デトックス理論を学びたい方は、
まずはこちらの書籍からご覧ください。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

■ 未来の株価を予測して利益は出せるのか?

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

世の中には世界をコントロールしている人が
7人いると言われております。

政治の世界、
金融の世界、
メディアの世界。

それぞれが大きな組織になっており、
役割がことなりますが、
ごく一部の人間だけが世の中を動かしているというものです。

株式市場では「仕手戦」という相場があります。

これはある特定筋が一定の銘柄を
大きく買い付け、個人投資家の買いを集めた後に、
一気に売りを仕掛ける相場です。

このような巨大な資本を持った人が仕掛ける相場ではなく、
経済のトレンドを見極めて未来を予測する方法があります。

それが投資用語で

「シーズナル」

といいます。

相場の歴史を振り返ると大きく上昇するときもあれば、
大きく下落するときもあります。

日本の株式相場でも、
急激に下がることが年に2回か3回はありますよね。

しかし、下がった株はまた上昇し、
上昇した株は適正な株価に戻ってきます。

つまり、
経済は呼吸しているのです。

経済が呼吸しているという見方をするのならば、
大きな時代のトレンドを先読みして、
流れをつかもうという考え方があります。

巨額の資本を持つファンドマネジャーは
実はこういったシーズナルトレンドに合わせて、
ポジションを取ってきます。

例えば、

○月は株が上がって、
○月は株が下がる。

毎月○日の○時○分○秒は
日本円(対米ドル)はあがる

というものです。

太陽は東から昇り
西に沈む。

こういった「自然の摂理」です。

自然と経済の流れも非常に大きな力の関係性があります。

・オーストラリアドルとゴールドなどの資源の
値動きは比例している

・天体に珍しい動きがあった時は、
4日以内にマーケットが大荒れになる

・給料日や民間企業の決済が多い
五十日(ごとうび)5日、10日、15日、25日、月末は
法定通貨である米ドルがある一定の動きをする

・70年サイクルを見ると経済の好景気のタイミングを
掴むことができる

・満月になったあとの為替市場は__となりやすい

・干支と十二支のサイクルの中で、景気のトレンドが
面白いほど連動する

など。

にわかに信じられないようなことではありますが、
実は巨額の資金を動かすファンドマネジャーは
こういったものをきっちりと守ります。

シーズナルトレンドを知ることで、
どのような月にどのような相場になるか
ある程度予測することができます。

「経済は呼吸している」

このことを頭に入れておけば、
急激な大暴落相場に大損することは
避けられるかも知れます。

大自然の流れと経済の指標の関係性は、
専門のチームがあるほど深いものです。

大きなトレンドを先取りして掴むことができれば、
大損することがなくなり、
そして資産を順著に増やすことができます。

このように単一の銘柄だけを
追い求めるのではなく、
経済全体を見回して投資する方法があります。

うまく世の中のトレンドを見極めて
トレード戦略を立てると
今までとは違うリターンを手にすることになります。

堀北晃生

追伸1:

株式市場には多くの錯覚があります。

その錯覚理論を活用したトレード手法は
面白いほど先が読めます。

いずれ機会がありましたらお伝えいたします。

追伸2:

ここ1,2週間は株式市場が大きく上昇していますが、
チャンスはこの過熱感を利用した空売りにもあります。

その手法の1つをこちらの書籍で解説しています。

http://japan-i-school.jp/jim/180806_hkt/


早く結果が出る人の特徴

2018.09.29
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

現在、株で成功を
目指している方の多くが、

パソコンの前で1人黙々と
勉強していることと思います。

1人で勉強するのも立派ですが、
投資で資産形成した人と
関わりを持つことが重要です。

勝っている人の周りには、
自然と勝っている人が集まるものなんです。

まさに「類は友を呼ぶ」です。

勝っている人たちが
集まる環境で得られる情報は、

自分がどんなに努力しても
知ることができない、
貴重な内容かもしれません。

今まで気づけなかった
発見が必ずありますよ♪

また、例え今負けていたとしても、
勝っている人と話すと
モチベーションを高く保つことができます。

モチベーションが高いと、
今までのやり方がより正確に、
より注意できたりと良いこと尽くしです。

そういった環境に
参加できる機会があれば、
ぜひ積極的に参加してみてください。

ただ、ひとつ注意点をあげるなら、
昨今はSNSが発展してどんな人とも
気軽に繋がることができますよね。

いろんな情報をネットで
手軽に収集することもできますが、

本来貴重な情報は実際に会って
得られるものです。

あくまでお互いの信頼関係が
あってこそ、貴重な情報を共有しようと
思うのが普通ですからね。

人見知りにならず、
思い切って会ってみましょう。

勝っている人との出会いが、
地道に1人でやるより
断然早く結果に繋がりますよ(*^-^*)

ぜひ頑張ってまいりましょう!

ウルフ村田


銘柄探しに困ったら…

2018.09.22
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

今週の日経平均は根強いですよね。

8月は夏枯れ相場という感じで
相場はどことなく
活気がありませんでしたが、

9月になってから株価は回復してきて、
お会いする個人投資家の方達にも
笑顔が増えて来たかなと思います。

ただ、上り調子は
続かないのが相場なので、

これはもう危ないかなって
思ったポジションは、さっと利益確定して
次へ行く準備をしましょう。

一方で強い銘柄は上場来高値を更新して
継続しているものもあったりするので、

ポジションもそのまま継続して
値幅を取ろうと思えば
取れる環境ではあります。

次の銘柄を探す方は、
すでに上がりだした銘柄より
大底からの切り返しを狙いたいですよね。

なので、次の銘柄を探す際は、

「テクニカル分析が
通用しやすい銘柄を見つける」

ここがポイントになってきます。

テンバガーになるような銘柄は
テクニカルが通用しない場合もありますが、
なかには当てはまる銘柄があります。

自分のお気に入り銘柄も
テクニカルで分析する必要が
あるので必ず覚えてくださいね。

では、テクニカルで表示するべき指標は
過去にお話したこともありましたが、

・週足ローソク足
・RCI(日足+週足)
・MACD(週足)

この4つを組み合わせて見ること!

RCIは日足と週足両方見てください。

MACDだけだとピンポイントで
大底っていうのが分かりにくいし、
RCIだけだと相場の勢いが分かりにくい。

ということで、この4つは
必ず見ていただきたく。

なぜRCIは日足と週足両方見るべきなのか?
というと景色が全然違います。

週足は下落中なのに、
日足では値幅を取れたりする
ので、

日足と週足それぞれの底値で判断すると、
より銘柄を見つけやすいです。

底値が分かっていないと、
高値掴みで「ギャー」
ということになりますので、

必ず流れを見てトレードしてくださいね。

今の相場でなかなか勝てないという方も、
これらの指標をうまく使うと
大きなボラも拾えるようになりますよ(*^-^*)

ウルフ村田