カテゴリー別アーカイブ: テクニカル分析

「強い銘柄」の特徴と攻め方とは?

2018.07.21
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

さて、今週のトレードは
いかがだったでしょうか。

日経平均やマザーズ指数は
反発する場面もありましたが、

相場全体としては未だに不安定な
状況が続いていますね。

もちろんこんなときは
無理にトレードしないことが大前提ですが、

どんな状況下でも、
きれいに高値を目指す「強い銘柄」はある
ということは覚えておいてください。

むしろ今の相場でトレードするなら
強い銘柄を必ず選択して
いただきたいと思います。

そんな強い銘柄を探す際に
注目していただきたい特徴は

チャートに規則性があり、
安定して動いているかどうか
です。

これは強い銘柄の共通点であり、
地合いが良くないときにエントリーをする
絶対条件でもあります。

ただし、安定しているからといって
安易なポジショニングは通用しません。

強い銘柄でも
長期保有や上昇後のエントリーは
リスクが大きいため、

チャートの特徴に沿って
短期売買を繰り返すようにしましょう。

例えば、しっかり下げてから
しっかり上がるようなチャートなら
その切り返しを狙う必要があります。

万が一チャートが崩れたときは
すぐに退散することも忘れてはいけません。

また、強い銘柄は案外
チャートが似ていることもあるので、
そのような観点で観察することも大切です。

観察には、ネット証券の
チャートを並べて一目できるシステムを
活用すると便利ですよ。

「強い銘柄」を選択し、
リスク管理を怠らずに
正しくエントリーできれば

この夏で大きな利益が取れると
信じています(*^^*)

ウルフ村田


【動画】今投資家が行うべき分析

2018.07.19
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋自宅のオフィスより、、、

おはようございます。
藤井です。

いや~ほんとによくわからないですね~。

もちろんこのところの日経平均のお話です。
まさかの1000円上げか?

これって、ジャイアンツの
まさかの6連勝に似た感覚ですね。

誰もが想像していなかった現象です。

しかし、これも実際に起こった事実です。

問題は相場が、

ここからどうなるのか?

ここからどうするべきか?

ですよね。

チャートの展開をいくつか予想するのが
テクニカル分析トレーダーの常ですが、

仮に2万3000円を抜けてきたとしても
これは用心が必要ですね、、、

詳しくはこちらから(^^♪

 ↓↓↓

<編集部のオススメ>
トレーダーとして飛躍的に進化
するなら最適なセミナーです。

相場のプロが40年掛けた
スキルを惜しみなく
このセミナーでお伝えします↓
http://japan-i-school.jp/jim/ryujiji_180724/


米中貿易摩擦の飛び火が日本に

2018.07.18
prof_okumura

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

おはようございます。

今週の相場は前回のブログで
お伝えした予想通り、

相場も良い感じに上向いています。

前回ブログ:相場がもっとも下がる原因とは
https://j-i-s.info/j-i-s/nikkan_180711/

今回は、前回ブログでお伝えしなかった
もし自動車に25%の関税がかかるとどうなるか、
試算してみましょう。

目で確認したい人向けに
数値も入れておきますが、
数字が苦手な人は流し読んでください。

重要なのは関税がかかった時、
どのように経済へ影響するかを
「予め知っておく」ことです。

大きな資金の流れを知っておくと、
株価が急落した時の対応も
他の投資家よりすばやく行えるでしょう。

まず、日本車の生産台数は
JAMA(日本自動車工業会)のデータによると、
昨年(2017年)の1年間で969万台です。

そのうち、米国向け輸出台数は
173万台(うちトヨタ 71万台=41%)となり、

金額では4.56兆円(日本の米国向け輸出額の30%)
一台あたり単価264万円となっています。

日本から米国へ輸出する車に
かかっている関税は現在2.5%ですが、
それが25%かかると仮定します。

増税額は、 25%-2.5%=22.5%です。

そして、関税をかけるアメリカの
新車販売台数は2016年に
過去最高の約1,755万台

(乗用車7,105,162台、小型トラック/SUV 10,445,189台)
を記録しました(Autodataより).

このうち、日本車のシェアは、

トヨタ:2,449,587台 (14.0%)
(うち71万台は日本からの輸出=174万台が現地生産、
ただしメキシコやカナダも現地生産としている)

日産:1,564,423台 (8.9%)
ホンダ:1,637,942台 (9.3%)
スバル:615,132台 (3.5%)
マツダ:297,773台 (1.7%)
三菱:96,267台 (0.5%)

となっています。

日本車メーカー全体では米国シェア約38%を占めており、
BIG3メーカーの合計が約46%
なので、

いかにアメリカで日本車が
売れているかがわかりますね。

売れる理由は、かつてのような安さではありません。

むしろ、平均より若干高い。
日本車は、中の上程度の価格帯です。

では、どこに魅力があるかといえば、
なんといっても品質の高さです。

壊れないのです。

壊れないという事は
ランニングコストの低さに直結しますし、

なにより、使いたいときに使える、
実用に向くわけですね。

これは、車を足とする米国では
大変に重要な要素です。

そして次にフォロー〈アフター)です。

アフターがしっかりしていると、
整備サービスでお金がとれるし、

顧客も安心できるので、
また次の販売につながる良さがあります。

実は、この2つの要素は、
ドイツ車などと比べるとむしろ劣っています。

たとえば、故障率の低さでは、
トヨタ(あるいはレクサス)ではありません。

ドイツのポルシェがダントツで、
最も壊れない車メーカー
です。

アフターも、ドイツ車と比べると
素晴らしいとはいえない。

しかし、ドイツ車は米国でも高価です。

特にポルシェは、1台の車体価格で
日本車が何台も買えるほど高価なので
一般の消費者向きの車ではありませんね。

しかも、いわゆる保険が
圧倒的に高い欠点があります。

高級スポーツカーは、
米国では保険が激高なのです。

いずれにしても、上には上があるけれど、
平均的な価格ではちょっと良い車、

というのが日本車なのです。

さて、仮に関税が高くなっても消費者は、
文句を言わずに日本車を買ってもらえる
のでしょうか?

輸出金額は 4.56兆円で、
それに対して22.5%の追加関税がかかりますから、

4.56 兆円 X 22.5% = 約1兆円
の関税がかかります。

当然これだけの金額が
販売価格に上乗せされますから、
実際に負担するのは、米国市民です。

1兆円という金額も凄いですが、
これだけでは済まないのです。

その理由として、

米国はメキシコやカナダから
輸入する自動車に関しても、
関税をかけようとしています。

なぜ日本車が関係するのか?

それは、日本車の半分以上が
メキシコやカナダを含む
北米で現地生産しています。

トヨタは3割が日本から輸出、
7割は現地生産です。

もし、日本車にだけ関税がかかる場合は、
日本車だけが割高になるので、
当然他社にシェアが移ります。

今回はライバルのドイツ車をはじめとする
欧州車も同じように関税がかかると
想定できますから、

もっぱら米国産の自動車が
売れる事になるでしょう。

その米国自身、メキシコで「現地生産」しているのですから、
消費者のためにはなっていない、

というのが、今後公聴会などで
フォーカスされてくるでしょう。

関税がかかる「その時」、
日本車のシェア低下も
ある程度覚悟しておく必要があります。

が、私は実際に発動されることには
ならないとみています。

仮に発動されても限定的であり、
ザルのように回避できるでしょう。

その時、日経平均は、
おそらく2万円を切らない、
とみています。

では、また次回をお楽しみに。

奥村尚

<編集部のオススメ>
もうエントリーと利確ポイントに
迷いをなくしたい方へ

勝っている人のトレードを
ザラ場中のチャートから
すべて解説します。

この明快なトレードで
あなたも安定した収益を↓
http://japan-i-school.jp/jim/ryujiji_180724/


高所得者になりたいなら

2018.07.15
admin-ajax

From:谷口洋章
自宅の書斎より、、、

おはようございます。
谷口です。

先日の近畿や四国を中心とした大雨が、

こんなにも被害が大きくなるとは
誰も予想だにしなかったでしょう。

被災地の方へ
ご心労お察しいたします。

そして、一日も早い復興を
心よりお祈り申し上げます。

ようやく雨は止みましたが
とても暑い日が続いていますので、

体調を崩す方も
いらっしゃるのではないでしょうか?

出来るだけ養生して
体を労わってあげてくださいね。

さて、今週の相場は
ダウ平均も日経も
戻りを試しに来ていますが、

下げていた日経が
急に反発して上がりだす。

上がってきたかと思うと
急に下げ始める。

多くの方が、今の相場に
翻弄されているのではないでしょうか?

一方、僕の得意な
IPOセカンダリートレードでは、

日経平均にさほど影響を受けないので
快適なトレードを行えています。

実際に、私のIPO受講生の方は
先日から下げていた相場のなか、

和信で30%取った!
エーアイで20%取った!
ロジザードで20%取った!

などたくさんの報告をいただき、

IPO特有の動きを上手く捕まえられると、
驚くほどのパフォーマンスを出します。

もちろん大きく利益を取るまでの
過程には、

学び
実践し
検証し
悩み
理解し
また
学ぶ

これを繰り返していくからこそ
の産物であり、

日々勉強に励んだ努力に対する
成果だと思います。

皆さんのなかに、
勉強しても成果を実感できない方や、
今のやり方に悩んでいる方は、

「どれだけ頑張れば良いのか?」

「あっという間に上手くなった人もいるのに、
自分は一向に上手くいかない、、、」

「特別な才能があるんじゃないか?」

などと、自分を下げてみてはいけません。

多かれ少なかれ、この考え方が
備わるには時間がかかります。

まずは、トレードでどれくらい
稼ぎたいと思っているのか?

と改めて考えてみてください。

それは絶対に達成したいか?
達成するまで続けるか?
どこまで本気なのか?

これを決めておくと
自分の方向性が見えてきます。

方向性が見えてくると
自分は専業なのか、
あるいは兼業なのか、と

自分はどちらを選択するべきか
決めることができます。

専業でトレードをしている方は
専業になると決めた方です。

同じく兼業でトレードしている方は
兼業になると決めた方です。

専業でトレードする努力と、
兼業でトレードする努力には
必然と差がでます
ので、

是非、しっかりと目標を立てて
頑張ってみてください!

これからも頑張りましょう!

谷口洋章

<編集部のオススメ>
今までのやり方が通用しないと
悩んでいるなら

相場に合わせた売買が可能な
先物取引がベストです。

一生使えるシンプルなトレードを
今すぐご確認ください。
http://japan-i-school.jp/jim/ryujiji_180724/
※初心者の方も大歓迎です


最短ルートで稼ぐ銘柄選びの基本

2018.07.14
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

昨日の日経平均はやっと
貿易摩擦の懸念を払拭してきたかな、
と思うような大幅高でしたね。

様子見だった方も
売買を再開しようと
思っているのであれば、

ぜひ安いところを拾って
高いところで出てほしいですが、

「どの銘柄で売買すべきか」
迷走している方が多いので、

今日はご自身の資金量による
銘柄の選び方についてお話します。

東証一部だけで
約2000銘柄もありますが、

チャートを観察していると
株価の上昇スピードは銘柄によって
当然それぞれ違いますよね。

この株価の上昇スピードにより、
売買するべきかをまず判断します。

ここで重要なのが、

少資金の方と、
潤沢な資金のある方で
銘柄選びの幅に違いが出ます。

例えば、
「ゆっくり上昇」している銘柄に対して

短期売買は利幅が少ないので
基本的に入りませんよね。

つまり、ゆっくり上昇する銘柄は
中・長期での投資に向いています。

そして資金の有無による視点で見ると、

中・長期を考えた売買は
資金のある方に向いています。

少資金の方は利幅を取るまでに
時間がかかるので辛いですよね。

なので少資金の方に向いているのは、

短期売買で大きく利幅が取れる
銘柄での売買が一番早く稼げる
方法となるのですが、

こういう銘柄はタイミングを間違えると、
一気に含み損になってしまう
可能性も高いですよね。

「含み損になったら
一旦放置しておけばいい」

という考えで売買していると、
塩漬け株が次々出来上がるので

エントリーする前に、
「自分は短期売買をする」

という目的を明確に持って
慎重に売買して下さい。

このようにご自身の資金と相談して
上手に銘柄選びをすると、

最短で大きく稼ぐルートを
見つけることができますよ(*^^*)

ウルフ村田

<編集部のオススメ>
投資未経験、しかも日中忙しいあなたでも

先物取引であれば最短5分で、
収益を生み出すことが可能です。

実際に未経験から始めた方の声を
こちらでご確認ください。
http://japan-i-school.jp/jim/ryujiji_180724/


【動画】これがわかると銘柄選択の達人に

2018.07.12
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋自宅のオフィスより、、、

おはようございます。
藤井です。

最近の日経平均は本当にややこしいですね、、、

火曜日はぴょこんと上がったかと思うと、
水曜日は思いっきり下げました。

前日の後場からの妙な下げが
予兆だったのでしょうか。

こんなややこしい相場の中であっても、

基本的なスキルのトレンド転換で
結果の出ているチャートが
いくつかあります。

例として、

8058三菱商事
7269スズキ

などが該当します。
この2つのチャートの共通点はなんでしょう、、、?

この2つにはあって、1333マルハには
ないものがあります。

これがわかると銘柄選択の達人になれますよ。

詳しくはこちらから(^^♪

 ↓↓↓

<編集部のオススメ>
投資初心者の方のために、
先物取引の基礎から
学べるセミナーです。

安全に利益を出す投資をしたい方は、
今すぐこちらをクリック↓
http://japan-i-school.jp/jim/takako_180711_17/