安心して利益をとれるマル秘戦略

2018.8.4
Share:

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

前回の記事では、
主にテンバガーになる銘柄と
大口投資家のある深い関係性について
お伝えしました。

前回の記事:テンバガーの特徴とは?
→ https://j-i-s.info/j-i-s/nikkan_180728/

今回の記事では、
少資金の方向けに
テンバガーになる銘柄を使って
堅実な利益を狙う戦略をお伝えします。

それは「200株購入・100株売却」です。

日本の中小型株では、
時価総額も小さく、

チャートが水平に近いような
かたちをしている銘柄でも、

急に出来高が伴って
株価が上がり始めることがあります。

これはまさに、
その銘柄が高騰しようとしている
サインである可能性が高いです。

このサインを見つけたら
考え込む前に、

とりあえず200株購入することを
おすすめします。

そして、騰がり始めたら
元本回収のために
100株だけ売却してください。

つまり、残りの100株で
含み益ガマン大会を開けるんです♪

元本が回収できていると
安心して値動きを観察できますよね。

また、利益確定をするのにも
余裕が生まれるのではないでしょうか。

ただ、急騰銘柄には
急落が付き物ですから、

不安な方は逆指値をいれて
注文するようにしてください。

資金を投入した大口投資家は
いずれは抜けていってしまいます。

特に、高値圏で
大陽線がついたときは、
潮時だと思ったほうがいいでしょう。

株式投資に限らず全ての投資は、
リスク管理・資金管理のスキルが
最も重要です。

テンバガーを狙うなら、
「200株購入・100株売却」戦略は
株初心者の方にも
おすすめの比較的堅実な戦略ですが、

もしなにか違和感を感じたり、
先に記述したように
高値圏で大陽線をつけるようなことがあれば、

すぐに逃げる癖をつけてくださいね(*^^*)

ウルフ村田

The following two tabs change content below.
ウルフ村田
ウルフ村田
・ジャパンインベストメントスクール講師 東京都世田谷区出身。投資歴29年。株式トレーダー。急騰株のスクール講師、セミナーなども主催。 東大経済学部を首席で卒業後、日本長期信用銀行(現・新生銀行)に入行。その後30歳で退職しトレーダーの世界へ。2012年から株価が大きく値上がりした銘柄の初動を次々に的中したことが話題となり、メディア出演、出版、株のセミナー講師としても幅広く活躍している。 トレードスタイルは相場状況に合わせて、デイトレード・スイングトレードを臨機応変に使い分けるスタイル。急騰株を「買って、売って、逃げる」ことをモットーとし、独立以来継続して株トレードで安定した利益をあげている。
ウルフ村田
最新記事 by ウルフ村田 (全て見る)

関連記事

Pic Up!

安心して利益をとれるマル秘戦略へのコメント

  1. 高値圏で大陽線をつけるようなことがあれば今迄は、つい強気になってましたが
    これからはすぐに逃げる癖をつけて利益確定のタイミングだと思うようにします

  2. 200株買って直ぐに100株売ったらプラマイ0では⁉️
    買うのに掛かった費用が有るのに何で元本が確保されるのですか~

  3. これからも 小型株はお勧めですか?
    アメリカ株はトランプ大統領の米中戦争で 先行き
    如何でしょうか

  4. とりあえず100株で利益確定戦慄ですね。
    私は全て売り逃げて後からもっと上がる株だったなぁ〜とよくやりますわ。

    今度やって見ますか?

  5. 逃げてだいぶんになります。五月から日和見じゅんけい。
    逃げ回ることリスのごとし。
    そのあいだにだいぶ勉強しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。