だれでもできる相場の見極め方

2018.9.1
Share:

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

日経平均は2万3000円を超えたところで
やはり下がってきました。

実はこの流れ、去年と一緒なんです!

去年のこの時期も上昇一辺倒だったんですが、

北朝鮮のミサイル報道で日経平均、
マザーズ指数ともに急落して
マザーズはこの時去年最大の下げ幅になりました。

今年はトランプさんの米中貿易摩擦で
日経平均は下がりましたが、マザーズ指数は
まだ下がっていません。

日経平均とマザーズの相関性はあまりありませんが、
「ぐんと下げてきてから上がる」
動きがまた9月に起こるのでは?と思ったりします。

こういう局面のポジション管理ってとても重要で、
1000万一気に突っ込んじゃう人とか
いたりするんですけど、

この急落に退場なんて方が
去年は多い印象でした。

もし買いで入って下がった時、
「こんな大金で損切なんてできない!」

と身動きが取れなくなる前に、
地合いの悪い時は少額で
取引するようにしてください。

本当に簡単な相場だけ、
大きな金額を投入するのが
一番結果が出ると私は思います。

強い銘柄はちょっとやそっとじゃ崩れませんし、
地合いが良い時期だと大して勉強していなくても
勝ててしまいます。

そこで勉強不足のまま続けていると、
結局負けちゃうんですけどね。

なので、地合いが悪くても少しずつ
稼ぐテクニックを磨くべきですが、
簡単な相場の見つけ方も大事です。

仮に今トレードしていなかったとしても、
上手なトレーダーが何をしているか?
横目で観察しながら見るクセはつけておきましょう。

「今は地合いが悪いから」なんて
放りっぱなしにしていると、
いざ地合いが良くなった時に乗り遅れてしまいます。

ただ、上手なトレーダーが
やっているからといって自分も無理に
トレードする必要はありません。

自分の見ている銘柄をしっかり分析してから、
確信を持ったところでトレードしてください。

ちなみに、相場の良し悪しを
見極めるための情報源ですが、

ロイター通信や日経新聞等のほかに、
FXの専門家が出している情報やSNSも
参考にしてみてください。

だれでもできる情報収集のやり方ですが、
案外ちゃんと見ている人って少ないんですよね。

毎日こういった情報を見ていると、
今の相場状況がだんだん分かってきます。

すると、これから起こり得る
イレギュラーへの「準備」を
しておくことができますよ(^^

ウルフ村田

関連記事

Pick Up!

だれでもできる相場の見極め方へのコメント

  1. いつも貴重なアドバイスをありがとうございます。言われることは成功法則ですので、トレードのとき確認しています。

  2. ロイター通信きいたことはありますが、内容は、わかりません。
    みてみます。
    今から、株を学ぼうとしています。 
    情報ありがとう、ございます。

  3. いつも先生のコメントで、改めて自分のトレードに自信が持ててきてます。銘柄に馴れてきたせいか、だんだんとその場の変動に振り回される事も慌てる事も少なくなってきました。
    これからも、ステキなコメント宜しくお願い致します。

  4. ユナイテッドを売り利益確定しました。まだまだ上昇するかも知れません。
    アンジェスは悪材料が出尽くしたのか少しずつ上昇局面に入りましたかね?
    重いのはニチダイですね。力が入りますね!

  5. 個人的には四月以降、株はもってません。夏枯れ相場はいい勉強でした。
    トルコリラはエルドアン失脚で消滅でしょうか。
    九十年代、ルーブル危機の際、IMFはロシアのデフォルトを容認した、と記憶してます。
    プーチン大統領とエルドアン大統領もずぼずぼなので、トランプ的には「トルコには支援はしてやんない」
    という具合なのでしょうか。

  6. トランプ氏(トルコには支援はしてやんない)中国ともうまく行っていない・・・
    私の持っている銘柄、全て下がってしまい、迷ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。