今の相場は先物取引が最適?

2018.11.16
Share:

From:りゅうじじ
自宅の書斎より、、、

こんにちは。

相場は今月の13日から
下げ方向に傾いています。

以前大きな買いの流れがあったため、
その分下げ幅も大きくなりました。

今回の急落で大変大きな打撃を受けた
ある知り合いは、しばらくの間
退場せざるを得ない状況とのことです。

相場は常に冷酷で厳しい世界。

絶え間ない努力、勉強、
分析が必要とされます。

さて、このような下げ相場では、
株式投資と比べて先物取引の有効性が
より活きてくるのではないか
、と感じています。

実際、今の相場をきっかけに
先物でトレードを行う人が増えているようです。

私も賢明な判断だと思います。

では、なぜ先物取引が
株式投資よりも有効的だといえるのでしょうか。

例えばデイトレードで比較すると、
その理由は大きく分けて以下の3つです。

1.リスクを抑えやすい
2.少資金で取引可能
3.下げで利益を狙いやすい

これらはあくまで私見ですが、
それぞれ解説していきますね。

まず、1.リスクを抑えやすい理由ですが、
先物取引はエントリーチャンスが多いことです。

株式投資の場合、私の手法だと
1週間に1回程度しか有効なエントリーチャンスが
来ないことも多い一方で、

先物取引は1日のうち、必ず3回程度の
有効なエントリーチャンスがあります。

また、利益確定のポイントも、
株式投資と比べて
分かりやすいという特徴も…

そのため、比較的好きなタイミングで
エントリーすることができ、
追証の心配もありません。

続いて、2.少資金で取引可能とは、
株式投資を実際にされている方なら
ご存知でしょうが、

ある程度資金がなければ
利益も小さい場合がほとんどです。

一方で先物取引は先物ミニ、ラージと
資金量で取引を使い分けることができ、
先物ミニでも大きな利益を出すことができます。

最後に、3.下げで利益を狙いやすい理由は、
株の場合下げで利益をとろうとするなら、
空売りができますが、

実際は空売りができない信用銘柄も
多くあります。

値幅が取れそうな銘柄を
ある程度絞り込むことはできますが、
その銘柄を探す作業だけで重労働です。

先物取引は売りと買い
どちらも簡単にエントリーでき、
もちろん銘柄選びがありません。

我々個人投資家が
安定的に利益を増やすためには、

売りと買い両方を
上手に使い分けていくことが重要です。

以上の理由により、
先物取引の魅力が
皆さんに伝わればと思います。

今日も慎重なトレードを心がけ、
上手に利益を取れるように頑張りましょう。

りゅうじじ

追伸:
株式投資、FXと
さまざまな投資手段はありますが、

真に重要なのは「稼ぐことができるのか」
ではありませんか?

その点で日経225先物が
他の投資よりどれほど優れているか、
11/26(月)のセミナーですべてお伝えします。

ぜひコツコツと利益を生む
私の手法を受け取ってください。

http://japan-i-school.jp/jim/seminar181106_26/

The following two tabs change content below.
りゅうじじ
りゅうじじ
・ジャパンインベストメントスクール講師 ・りゅうじじ手法開発者 ・専門分野:日経225先物・株式 昭和35年、19歳で石川県加賀市から上京。 24歳で独立し、とんかつ屋、ラーメン屋、健康器具製造販売など様々なビジネスで数十億円の資産を築く。しかし、32歳の時、株式投資で2億円の損失を出し、その後株を勉強し直すもバブル崩壊で全てを失い、経営の世界に戻る。その傍ら、38年間毎日朝から晩までトレードの検証を続け、莫大な資金を投入して投資の研究に没頭する。その結果、3年前についに独自のチャート手法が完成する。現在は仲間とともに手法の普及をライフワークとしている。
りゅうじじ
最新記事 by りゅうじじ (全て見る)

関連記事

Pic Up!