株で勝つ人は〇〇もこだわる

2018.11.24
Share:

From:ウルフ村田
東京のトレードルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

以前、こちらのブログで
オススメの株本を紹介させていただきました。

11/3の記事:読まないと損する?株の指南本
https://j-i-s.info/j-i-s/nikkan_181103/

このブログを読んでいただいた
多くの方から、

「早速購入しました!」

とのご報告をいただき、
ありがとうございます。

株が上手になる人は、
咄嗟の判断と行動もすばやく、
自己投資を惜しみません。

記憶が定着しやすいと言われている、
就寝前の30分だけでも読んだりしながら、

時間を有効に使って
どんどんインプットしてくださいね♪

もちろん、勝っている人の自己投資は、
株の知識だけに留まりません。

普段何気なく使っている
スマホにもこだわっています。

型が古い、またはスペックの低いスマホは
処理速度が遅いため、
トレードにも大きな悪影響を及ぼします。

ネットで情報収集をするにしても、
非効率的ですよね。

株で本当に勝ちたいならば、
当然最新の高性能機種
したほうがいいと思います。

身の回りのツールを見直して、
効率的なトレード環境を
しっかり整えていきましょう。

ちなみにスマホの文字入力は
フリック入力が大前提です!

フリック入力とは、タッチスクリーン上で
指を素早く動かしたり、弾いたりして行う
操作のことです。

文字入力の敏捷性を高めれば、
普段の仕事やトレードの質も上がります

ガラケーと同じように入力している方は、
ぜひ今日からチャレンジしましょう。

既にフリック入力している方も、
フリック入力の練習アプリを使ってみてください。

まだまだ入力速度を上げられるはずです♪

スマホの性能を利用したり、
文字入力も速く行うことができれば、

学んだノウハウを
フルに発揮でき、さらに良い結果を生むでしょう。

「スマホなんて投資と関係ない」

と思っている方がいらっしゃるなら、
ぜひ1億稼いでから改めて考えてください。

咄嗟の判断と行動は、
株の知識があるだけでは養えません。

こんな小さなことでも、
立派な自己投資になるのです(*^^*)

ウルフ村田

The following two tabs change content below.
ウルフ村田
ウルフ村田
・ジャパンインベストメントスクール講師 東京都世田谷区出身。投資歴29年。株式トレーダー。急騰株のスクール講師、セミナーなども主催。 東大経済学部を首席で卒業後、日本長期信用銀行(現・新生銀行)に入行。その後30歳で退職しトレーダーの世界へ。2012年から株価が大きく値上がりした銘柄の初動を次々に的中したことが話題となり、メディア出演、出版、株のセミナー講師としても幅広く活躍している。 トレードスタイルは相場状況に合わせて、デイトレード・スイングトレードを臨機応変に使い分けるスタイル。急騰株を「買って、売って、逃げる」ことをモットーとし、独立以来継続して株トレードで安定した利益をあげている。
ウルフ村田
最新記事 by ウルフ村田 (全て見る)

関連記事

Pic Up!

株で勝つ人は〇〇もこだわるへのコメント

  1. お早う御座います。
    明確、的確なアドバイスを有難う御座います。
    咄嗟の行動と判断、自己投資を惜しまないことは、株に限らない話しだと思います。余談ですが、株価の上げ下げはテレビドラマ 水戸黄門の主題曲にあった、「人生、楽ありゃ、苦もあるさ」の縮小版だと、株を始めてから感じています。

  2. 暗闇の中、嵐の中、灯台のように光明を射してくれるウルフアネゴには感謝のナミダ。
    年寄りのせいかナミダ脆くて困っています。

  3. 先生のメールはいつも心の支えになります。
    ありがとうございます。
    今信用取引を勉強中です。

  4. 私はフリック入力は出来ませんがトレードはパソコンかアイフォンでやってます。スピードがありませんのでアグレッシブに動く株は
    売買のタイミングが遅い時が多々有ります。
    練習して見ましょうかねえ!

  5. 日本企業がニューメキシコやテキサスの油田の開発に参画し、それをNY原油市場に売ったり、買ったりし、もうけたり、日本に輸出する。イランから6か月たったら輸入できなくなる。私が宝くじを買おうとするとほぎほぎ神社が地震を起こす。フリーターやニートだったから、会社を解雇された宝来宝来神社の元会社員の人より不幸だから、自分には宝来宝来神社の人より運のパワーがある。腕力より脚力がある。瞬発力より持久力がある。やられたあといきのこり。とにかくイランからの輸入はなくなり、アメリカから輸入する。アメリカの思いどおりにはしない。アメリカに養ってもらい、イランの原油は、言うこと聞かない中国が輸入する。そして、自動車の燃料になる。自動車が増えて二酸化炭素の濃度が上がり、苦しくなってきている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。