テンバガー銘柄を探すなら〇〇

2018.12.8
Share:

From:ウルフ村田
東京のトレードルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

今年も残すところ、あとわずかですね。

私は去年の今頃にtwitterで、

「2018年は年末にかけ、個人投資家にとって
やり易い年になると思いますので頑張りましょう」と、
書き込みました。

皆さんは、今年を振り返ってみると
どのような年でしたか?

なかには「今年は良くはなかった」と、
思う方もいらっしゃるかもしれません。

確かに、2月から9月にかけて
ずっとぐずぐずしているような相場で、
マザーズ指数もぐんぐん下げていましたが、

私としては、個別銘柄で見ると
比較的やり易い相場だったな、と
実際にトレードして体感しています。

最近投資を始めたばかりの方には、
今の相場でも難しいって感じるかもしれませんが、
初めは誰でも苦戦するので安心してください。

少資金のうちは特に、
自分の能力に見合った、
値動きの良い銘柄で、
値幅取りを狙うことが重要です。

なので、毎日少しの時間でも
銘柄の定点観測を続けてくださいね。

基本は、安いところで買って、
高いところで売る。

これだけなんですから。

「でも、ウルフさん。
どの銘柄に絞って観察すればいいか分からないんですが」

という方のために、今日は、
「明確に波動を感じる銘柄探し」の
ポイント
を1つお話しします!

波動とは、平たく言うと、
テンバガーに化けるかも?
という銘柄の事ですね。

銘柄探しのポイントとは、
過去S高(ストップ高)
になった銘柄に注目すること。

テンバガーになるような銘柄は、
大相場の場合、過去に1度は
S高を経験します。

つまり、まさに今、
S高上位の銘柄もテンバガーになる
可能性を秘めているのです。

毎日S高を見ているだけで
テンバガーを掴めるなら、
簡単だと思いませんか?

いざ狙った銘柄がS高になると、
本当に株が楽しくなりますよ♪

なので、S高銘柄は、
必ず全部確認するのが常識です。

私は、その日のS高銘柄を確認する際に、
株探などでチェックしています。

株探【本日のストップ高銘柄】
https://kabutan.jp/warning/?mode=3_1

ただ、ジャンピングキャッチを
しないように気を付けてください。

そのために、日頃の観察が重要なのです。

必ず押し目を狙ってくださいね。

資金量が少ない方は、
とにかく強い銘柄についていけば、

これからの相場も、
何も怖くありませんよ(*^-^*)

ウルフ村田

The following two tabs change content below.
ウルフ村田
ウルフ村田
・ジャパンインベストメントスクール講師 東京都世田谷区出身。投資歴29年。株式トレーダー。急騰株のスクール講師、セミナーなども主催。 東大経済学部を首席で卒業後、日本長期信用銀行(現・新生銀行)に入行。その後30歳で退職しトレーダーの世界へ。2012年から株価が大きく値上がりした銘柄の初動を次々に的中したことが話題となり、メディア出演、出版、株のセミナー講師としても幅広く活躍している。 トレードスタイルは相場状況に合わせて、デイトレード・スイングトレードを臨機応変に使い分けるスタイル。急騰株を「買って、売って、逃げる」ことをモットーとし、独立以来継続して株トレードで安定した利益をあげている。
ウルフ村田
最新記事 by ウルフ村田 (全て見る)

関連記事

Pic Up!

テンバガー銘柄を探すなら〇〇へのコメント

  1. おはようございます。   いろんな角度からのアプローチ、ありがとうございます。はっとするようなものばかりです。少しずつ視点が定まってきました。

  2. お早う御座います。
    本物のアドバイス、咀嚼して実践する癖をつけたく思います。
    有難う御座います。

  3. いつも勉強させていただいてます。ありがとうございます。
    安いところで買って高いところで売る。言うのは簡単ですが、押し目と思って底から反転上昇してきたところを買ったら、一転下げて含み損、逆指し値でロスカットしたと思ったら再度上昇、ボラが大きいのだと逆指し値を値幅制限の下に成り行きで入れて再度エントリーしたら、またまた下落で含み損。
    6541の2500円、大きく見れば安いところだと思うけど、2500で入ってはいけなかったのでしょうか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。