投資初心者にありがちな盲点

2018.12.28
Share:

From:りゅうじじ
自宅の書斎より、、、

こんにちは。

今週も乱高下の激しい相場でしたね。

私はなかなか入りづらいと感じたので、
様子見だけの日もあったりという具合です。

火曜は安値18,840円まで
下落する場面もありましたが、
誰がここまで下げてくると
予想できたでしょう?

ここまで下げられると、
信用買いでトレードしていた方の多くは
追証・強制決済による資金不足へ。

そして、相場の世界から撤退も
余儀なくされます。

これが相場の世界です。

誰も同情してはくれません。

誰かの支えがあったとしても、
最終的には自分で立ち上がるしか道はないのです。

このような現実を目の当たりにする度、
相場の世界はとても簡単には儲けさせてはくれないな、
とつくづく思います。

皆さんは、退場した人たちには一体
何が足りなかったと思いますか?

いくつか考えられますが、
単に売買の方向が外れた
ということではありません。

投資をはじめた方が
一番見落としがちなことです。

・・・・・・・

それは、資金管理です。

資金管理さえ徹底していれば、
相場から撤退する事態は免れていたでしょう。

過去の私もそうでしたが、
資金管理を怠っていたために
とんでもない損失額に膨らんだ経験があります。

ギャンブルではなく投資として取り組むのなら、
まず完璧に資金管理が理解できるまで
次のステップに進んではならないほど大切
なことです。

皆さんも自分の資金管理に問題がないか、
今一度確認してみてください。

投資資金の目安としては、

例え、全投資資金を損失してしまったとしても、
ご自身の生活に何ら支障のない範囲で
トレードすることが最良です。

何事も、「無理はしない」ということです。

まだ大きな損失を経験したことがない方も、
大切な自分の資金ですので
しっかりと相場を研究をしながら
続けていただければと思います。

来年もしばらく
難しい相場が続くかもしれませんので、
慎重なトレードを心がけていきましょう。

それでは、よいお年を。

りゅうじじ

<編集部のおすすめ>
なぜ、このプログラムを見ただけで、
不安定な相場でも確信を持って
即売買判断ができるのか?

トレンドと変動値幅をわずか2秒で判断する、
成功理論はこちらで期間限定公開中です。

http://japan-i-school.jp/jim/bcvl3_op1/

The following two tabs change content below.
りゅうじじ
りゅうじじ
・ジャパンインベストメントスクール講師 ・りゅうじじ手法開発者 ・専門分野:日経225先物・株式 昭和35年、19歳で石川県加賀市から上京。 24歳で独立し、とんかつ屋、ラーメン屋、健康器具製造販売など様々なビジネスで数十億円の資産を築く。しかし、32歳の時、株式投資で2億円の損失を出し、その後株を勉強し直すもバブル崩壊で全てを失い、経営の世界に戻る。その傍ら、38年間毎日朝から晩までトレードの検証を続け、莫大な資金を投入して投資の研究に没頭する。その結果、3年前についに独自のチャート手法が完成する。現在は仲間とともに手法の普及をライフワークとしている。
りゅうじじ
最新記事 by りゅうじじ (全て見る)

関連記事

Pic Up!