勝敗を分ける衝撃的な理由

2019.1.5
Share:

From:ウルフ村田
東京のトレードルームより、、、

明けましておめでとうございます。
ウルフ村田です。

2019年は、
億トレ、ビリトレを目指す
個人投資家の皆様が
大きな資産を形成できるように、

昨年にも増して
全力で取り組んでいきますので、
どうぞよろしくお願いします♪

さて、皆さんにとって、
勝つ人と負ける人との違いは、
いったい何だと思いますか?

・良い銘柄をタイミングよく掴めたか
・もともと資金力があったか
・地合いが良い時期に株をやっていたか

などなど、広く見ると
このような意見が
出てくるかと思いますが、

どれも正解であって、
正解ではありません。

例えば、せっかく良い銘柄に
いいタイミングでエントリーできたとしても、
判断を誤れば損失に繋がる可能性もあります。

それに、この地合いの悪い中、
小資金であっても1,000万以上の
資産を築けた方が、

私の生徒さんの中だけでも
たくさんいらっしゃいます。

なので、これらの要因だけで
勝敗を分けたとは言えません。

実際は勝つためのやり方について、
あれこれ複雑に思考を巡らせてしまい、
失敗してしまうという方が多々いらっしゃる
のではないでしょうか。

ここが、勝敗を分ける
大きな分岐点です。

では、勝っている人は、
どういうやり方をしているのか?

それは…

「すでに皆さんが
知っている知識の範囲内」

だったりします。

え?どういうこと?

と、混乱するかもしれませんが、
よく聞いてください。

つまり、勝っている人は、
株をやっている人なら
誰もが知っている当たり前のことを、

ただ当たり前のように
しているだけなのです。

そんなの知っていたら、
とっくにやっていますよ…

という方もいらっしゃるかと思いますので、
具体的に勝っている人がやっていることを
見ていきましょう。

・勝てる時しかやらない
・ポジションを持っていない時期が多い、しかし観察は続けている
・損切り、利確の判断が早い
・損切りラインを決めている(資金管理を徹底している)

私が普段から連呼しているような
事ばかりですよね。

「段取り八分仕上げ二分」
という言葉もありますが
株もまさしく同じ考え方です。

株に時間を費やすのは
分析・観察に重点を置き、

いざ本命を見つけたと思ったら
素早く判断して実行する。

という当たり前のことを忘れて、
分析も疎かな状態でエントリーし
高値掴みをしてしまったり、

逆指値も入れず
資金管理を徹底していない方が多いのです。

チャートを見ていると、
ついエントリーしたくなる
誘惑もありますが、

当たり前のことができているのか、
考え直してみてください。

この考え方が備わっていると、
あなたの株との付き合い方が
一変するほど大きな利益に繋がりますよ(*^^*)

ウルフ村田

関連記事

Pick Up!

勝敗を分ける衝撃的な理由へのコメント

  1. やはり
    「・損切りラインを決めている(資金管理を徹底している)」
    は重要ですよね。

    ある投資講座では
    「○○○推奨銘柄は強いのでロスカットする必要はありません」
    と言って、受講者全員を多額の含み損に陥らせてしまっています。

    やはり「ロスカットと資金管理」は重要ですよね。

    ウルフ村田さんの書かれた
    「勝っている人がやっていること」4項目を、
    私も心に刻んで投資を続けます。

    ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。