相場に翻弄されないための考え方

2019.1.20
Share:

From:高子
都内のMy Salonから、、、

皆様こんにちは、高子です。

インフルエンザが流行してますね、
とブログでお話ししていましたが、

まさかの自分がインフルエンザにかかってしまい、
しばらくダウンしておりました…笑m(__)m

本当に健康は大切ですね!

まだまだ寒い日が続きますので、
皆様もお身体ご自愛くださいませ。

さて、今日のテーマは
「因果関係について考える」
をお話ししたいと思います。

トレードというものは、
日々相場の動きや情報等に惑わされ、
彷徨ってしまうものだと思います。

例えば、
「納会後の売りポジションは、
一旦解消をします。」と

以前ブログでお伝えした様に、
発会後の米国雇用統計を皮切りに、

以後下値を叩くという
動きは見えず、新年から
売り方をやや踏み上げる展開。

案の定、売り建のポジションは
利益が伸びることはありません。

今、記事を書いている
1月17日現在までは、
想定通りの相場状況となっています。

新年より、どこかのブログや
ネット情報などでは、

「売りだ!売りだ!」との
煽りが散見されました。

そのため、売り思考を
主に相場参戦している方も
多かったと思います。

ただ、悲観的ムードがあるうちは
得てして下げないのが相場です。

格言にも「相場は理外の理」といって、
相場は必ずしも通常考えられる
理屈通りには動かない。

つまり、計算通りには
いかないということですね。

しかし、私たちは
先見の明を持たなければ、
マーケットの動きに翻弄されることになります。

そうならないためにも、
相関関係と因果関係の違いについて
知る必要があります。

その違いについて、
簡単ですが説明したいと思います。

相場に翻弄される大多数の方は、
相場を相関関係(※ボラティリティ)でしか
見ていないのではないでしょうか。

つまり、過去チャートの
直線的な動きだけを参照し、
まだ見えぬやや先の値動きを想定していて、

押し目や戻り売りの重要値など、
とても大事な情報であるはずの因果関係を
ほぼ見ていないということです。

なので、前回に引き続き書いておきますが、
エントリーの自由度が高い
ポジポジ病になってしまいます。

これでは相場に
翻弄されてしまいますよね。

過去と相関する値動き
(ここではボラティリティのことを言います)は、

確かに一致する場面もありますが、
単なる偶然もまた存在します。

一方、因果関係は「原因と結果」に
繋がりがある関係として
明確に定義することができ、

失敗トレードを極力減らすことができます。

もう一つに、
私は値動きを掌握するうえで
大切だと思うことの一つに、

単純さの原理、シンプルに思考すること
トレードに取り入れています。

これはセミナーでお話ししてます。

相場には最低限、
必要でない余計な存在があります。

例えば、ノイズという値動き…

そうしたものは
削ぎ落とすというか、
切り捨てるようにしています。

「複雑だからこそのシンプルな思考」

これが大切なのではないかと思います。

そして最後に、
これからの相場展開を少しだけ。

直近の流れは冒頭で
お話しした様に、

やや売り踏みで方向感のない
調整相場ですが、

2月中旬を期に
ハードランディングするのでは、
と考えております。

では、今週も良いトレードができますように。

高子

<編集部のオススメ>
株で稼いでいきたいけど、
銘柄選択で躓いてしまっている…とお悩みの方へ

急騰する銘柄を正確に選び取り、
低リスクで利益に変えていくテクニックを
こちらでわかりやすくお伝えします。

http://japan-i-school.jp/jim/seminar190125_26/

The following two tabs change content below.
高子
高子
・ジャパンインベストメントスクール講師 ・専門分野:日経225先物、FX 京都府生まれ 大阪の大学を卒業後上京。 主に美容系の仕事に就いた後起業し、経営者として活動。 2013年、知人の外資系金融トレーダーからの紹介で、先物・為替取引において日本で五指に入るある人物と出逢う。金融一家という出自もあり、日経先物225のトレードに没頭。その人物の元で毎日10時間、日経先物225取引を学び、経営とトレード、半々の生活を送りはじめる。その後、為替取引も学びはじめる。先物・為替ともに頭角をあらわし、その人物から弟子として認められる数少ない存在となる。 トレードを開始して4年目を迎える現在は、日経先物225を主戦場とする専業トレーダーとして密かに活動している。

関連記事

Pic Up!