【初心者必見】押し目を拾いたいときに…

2019.3.9
Share:

From:ウルフ村田
東京のトレーディングルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田です。

まずはじめに、
株トレマスタースクール、
月刊ウルフにご登録いただいている皆さまへ

今週、会員専用のWebサイトが
一時的にアクセスできない
不測の事態が起き、ご迷惑をおかけしました。

現在は復旧していますので、
ご安心ください。

今後も皆さまに、
より良質な情報をどんどん
発信できるようがんばります!

さて、株式投資を始めたばかりの
初心者さん向けに、

今回は即実用可能な株式知識を
お話しします。

初心者さんにありがちな悩みは、

“どこで入っていいのか分からない”

ですよね。

投資をしていると、
よく「押し目を拾う」という言葉が出ますが、

この押し目の拾い方を間違えると
逆に大きな損失につながる場合もあります。

ずっとパソコンに張り付けるなら
反転するまで待てばいいですが、
そんな時間に余裕のある人は少数でしょう。

そんな時に使えるのが「押し目率」の考え方です。
押し目率とは、直近の上昇幅に対して、
現在の株価が上昇の頂点からどのくらい
押しているか(下落しているか)を表す数値
です。

例えば、1,000円から2,000円へ上昇した株価が
200円下がったとして、押し目率は20%となります。

とはいえ、20%くらいで
押し目を拾おうと注目している人は
まずいないでしょう。

多くの投資家が
「このくらいまで下がれば買ってもいいかな」
と思う押し目は、

・1/3押し
・1/2押し(半値押しとも呼ばれる)
・2/3押し
・全値(ぜんね)押し

など、節目になる分かりやすいところ。

これを数値にすると、

1/3押しなら押し目率は33.33…%
1/2押しなら押し目率は50%
2/3押しの押し目率は66.66…%
全値押しの押し目率は100%

この基準にチャートを見た時、
節目のタイミングで反転すれば
押し目を拾うチャンスとなります。

でも、ここで注意したいのが、
反転してもまたすぐに
下がる場合
がありますよね。

もし、ポジションを持っていて
そんな状況になった時は、

すぐ逃げたほうがいいですね。
特に少資金の人は。

株価が下がる前に現金にしておけば、
追証になりえません。

再度浮上したのを確認してから、
再エントリーすればいいのですから。

そして、私が注目している押し目率は、

・38.2%
・61.8%

といったフィボナッチ級数

一見すると中途半端に見えるこの数字には、
論理を超越したパワーがあります。

日本ではあまり馴染みのない数値ですが、
海外投資家には一般的な考え方として
普及しています。

ネットで検索すれば、
より詳しく解説しているページがたくさんあるので、
ぜひ頭に入れておいてください。

最後に、短期間の小さな上昇に対しては、
あまり役に立たないので注意してくださいね(*^^*)

ウルフ村田

追伸:
2019年もあっという間に3月ですが、
大きく株価を上げる銘柄はこれから出てきます。

一般に言われている株式投資手法とは少し違う、
急騰株のトレード手法について
セミナーで解説しています。

ぜひご参加ください(*^ ^*)
http://japan-i-school.jp/jim/seminar_190317/

関連記事

Pick Up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です