パーフェクトオーダーの見方とトレンドを見極める方法を投資スクールが解説!

2019.7.9
Share:

パーフェクトオーダーは投資初心者にもわかりやすい指標です。短期・中期・長期など複数の移動平均線が同じ傾きとなった状態のパーフェクトオーダーは強いトレンドを確認するために活用することができます。

しかし、パーフェクトオーダーの発生を確認したとしても、その後のトレンドがどうなるかは厳密には誰にも予測できません。そのため、パーフェクトオーダーと他のテクニカル指標を組み合わせて使うことでより確度の高い予測が可能となります。

この記事では、そんなパーフェクトオーダーの詳しい意味とその使い方についてわかりやすく解説していきます。

この記事を書いた人
株式会社ジャパンインベストメントスクール 株式投資コンサルタント ファイナンシャルプランナー3級
児玉一希
プロフィール・所持資格 日本最大級の投資スクール・メールマガジン「ジャパンインベストメントスクール」に所属。毎朝10万人以上に向けて、相場情報を届ける。

パーフェクトオーダーの意味とは?

パーフェクトオーダーとは、短期・中期・長期など、期間設定の異なる複数の移動平均線が同じ傾きの方向で並んだ状態のことを言います。パーフェクトオーダーがチャート上にあらわれたら、上昇トレンドであれば買い、下降トレンドであれば売りでエントリーするのが一般的です。

パーフェクトオーダーを上手に活用するためには、移動平均線の角度が非常に重要となります。なぜなら、移動平均線の角度が十分でない場合、トレンドが強く継続する可能性は低くなってしまうからです。

そのため、パーフェクトオーダーがチャート上に現れたから即エントリーというのは危険です。移動平均線の傾きをきちんと確認するようにしましょう。

移動平均線の種類(SMAとEMA)はどちらを選ぶべき?

移動平均線は英語でMoving Averageと呼ばれ、一般にMAと略されます。移動平均線は、FXはもちろん、株式投資や仮想通貨などに対する相場にも適用できる便利なインジケーターです。

移動平均線には様々な種類がありますが、「単純移動平均線Simple Moving Average(SMA)」と「指数平滑移動平均線Exponential Moving Average(EMA)」が最もよく使われるインジケーターです。

SMAは設定した期間の平均値を単純に結んだラインのことを言います。目先の価格に左右されづらいため、より安定したトレンドの強さを計ることができるインジケーターです。一方、EMAは個々の価格データへの加重を指数関数的に減少させることによって平均値を計算します。

EMAは過去の値動きよりも、直近の値動きに比重を与えることによって、最近のトレンドをより反映させたラインを引くことができます。より精度の高いトレンドを計ることができるインジケーターです。

パーフェクトオーダーを考える際、どちらの移動平均線を重視するかが問題となりますが、計算が簡単で初心者でもわかりやすいSMAを参考にする人が多い傾向にあります。ただし、どちらの移動平均線を使うのが正しいという正解はないので、他のテクニカル指標の分析と合わせてチャートを分析することが大切です。

パーフェクトオーダーが発生した時のエントリー

パーフェクトオーダーが発生しているときは、強いトレンドが発生している傾向が高くなります。傾きが急であるほど、強いトレンドが発生していると考えられますし、継続しやすいことから、投資初心者でも十分大きな利益を得られる可能性があります。

そのため、パーフェクトオーダーが発生したと判断できる場合には、できるだけ早くエントリーする必要があります。パーフェクトオーダーが発生したときのエントリーの際には、トレンドフォローが原則です。

逆張りして反転ポイント予測してトレンドの流れと反対の売買を行うと、結局何度も損切りしなければならない事態に陥るので注意が必要です。

パーフェクトオーダーによるMT4のEA

MetaTrader4(MT4)とは、高性能FX取引プラットフォームです。FXトレーダーの多くが活用しているツールで高性能なテクニカル分析が初心者でもできることが特徴です。そんなMT4には自動売買ができるプログラムが実装されています。その代表的なプログラムがExpert Advisor(EA)です。

EAプログラムをMT4で起動すれば、組み込んだロジックにしたがって自動的に売買と決済を行ってくれます。組み込んだロジックにしたがって機械的な売買を繰り返すので、ロジックが優秀であれば大きな利益を見込むことができます。

EAとして組み込むロジックにパーフェクトオーダーを使えば、大きな利益を獲得できる可能性が高まります。なぜなら、パーフェクトオーダーが出現している場合、強いトレンドが形成されているからです。EAとしてパーフェクトオーダーを組み込むことで、パーフェクトオーダーが出現した瞬間にエントリーすることができます。

パーフェクトオーダーを知らせてくれるMT4インジケーター

MT4にはパーフェクトオーダーが発生したらメールやアラートなどのサインで知らせてくれるサービスがあります。無料のものと有料のものがあり表示形式も様々です。好みのものを選ぶとよいでしょう。

ただし、パーフェクトオーダーが発生したとしても必ずエントリーしなければならないということはありません。パーフェクトオーダーが発生したら、あくまで勝ちやすい相場になっただけであることをきちんと認識し、自動売買ツールにエントリーを任せるのではなく、自分で判断することが大切です。

グランビルの法則との関係

グランビルの法則とは、株価と移動平均線の位置関係を確認することによって、将来の価格動向がどのように動くか、その法則性をまとめたものです。8つの法則によって構成され、4つが買いのタイミング、4つが売りのタイミングを示しています。

グランビルの法則は移動平均線を活用することから、同じく移動平均線を活用するパーフェクトオーダーとも関係するものです。

グランビルの法則によって株価と移動平均線の位置関係によってエントリーのタイミングを図り、そのエントリータイミングで複数の移動平均線で強いトレンドが形成されているかどうかを確認すると、そのトレンドが比較的高い確率で継続する可能性が高いことがわかります。

パーフェクトオーダーを用いたトレード手法例

パーフェクトオーダーが発生している場合には、強いトレンドが形成されている可能性があるので、投資初心者でも勝ちやすい相場が形成されていると言えます。

以下では、パーフェクトオーダーの具体的な活用方法を紹介していきます。

バイナリーオプションの例

バイナリーオプションにおいては、相場のトレンドを把握することが何よりも大切です。トレンドの方向を調べる場合、最も基本となるのは移動平均線です。

移動平均線を複数みることによって、相場のトレンドの方向を確実に把握することができます。移動平均線が同じ角度で発生するパーフェクトオーダーが出現している場合、その後もトレンドが継続する可能性が高くなります。

そのため、バイナリーオプションにおいて、パーフェクトオーダーが出現している場合、順張りで投資することが一般的です。

株の例

パーフェクトオーダーを活用すれば、株投資でも勝てる確率が高くなります。株投資において、移動平均線は株価の平均価格であるため、株価が上がれば当然移動平均線も高くなります。

つまり、先に株価が上がって、その後移動平均線が変動します。移動平均線が上昇したからといって、株価が上がるわけではないので注意が必要です。

パーフェクトオーダーが出現しているということは、移動平均線に強いトレンド傾向が現れていることがみてとれますが、1つの銘柄の株価が向上するかどうかは別問題です。

そのため、株投資においては、まずパーフェクトオーダーでトレンドを把握し、その後、1つ1つの銘柄と市場全体のトレンドを分析することが大切です。

ADXとの組み合わせ

パーフェクトオーダーは、平均方向性指数Average Directional Movement Index(ADX)との組み合わせによって、より正確にトレンドを把握することができるようになります。

最も一般的な使い方としては、パーフェクトオーダーが出現した際に、そのトレンドがどの程度の強度かを確認するためにADXを組み合わせることです。

ADXはトレンドの総合的に強さを測定するために使われるテクニカル指標であるため、強いトレンド方向にしたがって正確に取引ができるようになれば、リスクを軽減しながら利益を得る確率を高めることができるので便利です。

スキャルピングの例

スキャルピングは超短期売買となるため、基本的には1分足チャートをみることになります。パーフェクトオーダーが出現した際の戦略として、価格の流れに逆らわないようにして順張りすることが基本です。

しかし、スキャルピングは超短期売買であるため、パーフェクトオーダーが一時的に崩れ、再度パーフェクトオーダーが形成されるときを狙ってエントリーします。

まず、パーフェクトオーダーが出現するのを待って、それが崩れるまでエントリーせずに見守ります。パーフェクトオーダーが崩れたときを見計らって、そのタイミングでエントリーします。

MACDとの組み合わせ

MACDは単純移動平均ではなく指数平滑移動平均を使用したテクニカル指標です。MACDは移動平均線を加工したものであるため基本的にはトレンド指標となります。

MACDを使えば、パーフェクトオーダーよりも直近の値動きの影響度を高めることによって売買タイミングを早く掴むことができるのです。

パーフェクトオーダーの発生について単純移動平均を使って把握している場合には、MACDと組み合わせて使うことで、トレンドの強度を計ることができます。パーフェクトオーダーの発生について指数平滑移動平均を使って把握している場合には、MACDと組み合わせて使うことで素早くかつ確実にトレンドを掴むことができるので便利です。

特に、MACDは株価のトレンドと売買タイミングの両方を一度に見ることができるテクニカル指標なので、パーフェクトオーダーのように移動平均線だけを見ていてはわからないタイミングまで把握することができます。

優位性のある手法

パーフェクトオーダーで優位性を高めるためにはきちんと時間足を設定しなければなりません。特に、パーフェクトオーダーが発生しているような場合、トレンドは明確であるため、エントリーのタイミングは明確であっても、リミットとストップのタイミングが難しくなります。

パーフェクトオーダーの優位性は相場の大きなトレンドを掴むことができるということです。そのため、自分が主に見ている時間足よりも大きな時間足のトレンドを必ず把握しなければなりません。

大きな時間足に対応した移動平均線を任意の時間足に表示させていないとパーフェクトオーダーの優位性はなくなってしまうので注意して下さい。

押し目買いをするタイミングの見極め方

パーフェクトオーダーで押し目買いをする場合には、ある程度確定したトレンドがあるのを確認した、それを見計らった上で押し目買いが大切となります。

押し目買いは、移動平均線と接する部分を底値と考えて、その底値に近づいた状態、もしくはその底値を少し下回った状態で購入する方法です。パーフェクトオーダーが出現していて押し目が出現した場合には、複数の長期足のチャートをみてトレンドが継続するかどうかをまず確認します。

その際、短期的なチャートも確認してみて上昇トレンドの勢いがない場合、一時的に価格が下落します。その箇所が押し目買いをするポイントとなります。

まとめ

パーフェクトオーダーは特にFXでは重宝される手法なのでしっかり見極めできるように練習しなければなりません。もちろん、FXだけではなく、他の投資においても重要です。

パーフェクトオーダーを自動で表示してくれる便利な機能が実装されたツールもあるので、投資初心者でも簡単にパーフェクトオーダーの発生を確認できます。

パーフェクトオーダーの発生を確認するだけでも十分勝てると言われていますが、正確に見極める自信がない場合、複数の指標と組み合わせることが重要です。複数の指標を確認することで、チャートの動きを正確に把握できるようになります。

そのため、より確度の高い投資をするためには、パーフェクトオーダーだけではなく、他のテクニカル指標を参考にするなどの工夫が必要です。

関連記事

Pick Up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。