投資初心者が投資で勝つために知っておきたいこと完全ガイド【保存版】

2019.7.9
Share:

投資初心者の方は、投資をするにあたって何をしたら良いのかがわからないのではないでしょうか?あなたの大事なお金を使って投資をするわけですから、事前に十分に準備をして投資に関する知識を身に着けた上で、実際に投資をはじめることが大切です。

この記事では投資初心者の方に向けて投資のはじめ方をわかりやすく解説していきます。

この記事を書いた人
株式会社ジャパンインベストメントスクール 株式投資コンサルタント ファイナンシャルプランナー3級
児玉一希
プロフィール・所持資格 日本最大級の投資スクール・メールマガジン「ジャパンインベストメントスクール」に所属。毎朝10万人以上に向けて、相場情報を届ける。

投資初心者のはじめ方とは

投資は利益をもたらす可能性もあるものですが、損失をもたらす可能性もあるものです。そのため、十分に投資に関する準備をしておくことが大切です。以下では、投資初心者の方に向けて、はじめて投資するときにしておきたいことを紹介していきます。

投資初心者が資産運用をはじめる前にすること

投資初心者がはじめに考えなければならないことは、

①投資の目的をはっきりとさせること

②お金を整理すること

③目標利回りを設定すること

④実行プランを考えること

です。順番に説明していきましょう。

①投資の目的をはっきりさせること

まずはなぜ投資をするのかを考えましょう。投資の目的を設定するということです。投資の目的が設定されれば、それに応じた投資スタイルがどのようなものなのかが決まります。
投資の目的を設定しないで投資をはじめてしまうと、どんなものにも投資することになってしまいます。たとえば、老後の生活のために十分な資金を蓄えたいから投資をするのであれば、リスクが低い金融商品に投資をすべきことになります。
しかし、投資の目的がはっきりとしていないと、どんな金融商品にも投資をしてしまうのです。金融商品にはそれぞれ特徴があります。そのため、自分の投資スタイルに合わせた投資が大切となるのです。

②お金を整理すること

投資の目的が決まったら、次にお金の整理をします。お金の生理とは、自分の資産状況を知るということです。資産がどれくらいあるのかを把握し、投資に回せるお金はどれくらいあるのかを考えなければなりません。
自分の資産状況を把握するということは、まずは自分が1ヶ月で稼いでいるお金から、何にお金を使っているのかを把握するということです。ここでは家計簿が役に立ちます。家計簿をつければ、金額から使っている費目までが目に見えるようになるので便利です。それが終わったら、そこから投資に回せるお金がどれくらいあるのかを考えることが大切となります。

③目標利回りを設定すること

投資の目的をはっきりとさせ、お金の整理が終わったら、次に目標となる利回りを設定します。投資の目的がはっきりとすれば、「何のために、いつまでに、いくら欲しい」ということがわかります。それがわかったら、次は目標利回りを設定します。利回りを設定すれば、それにあった金融商品を選ぶことができるようになります。

④実行プランを考えること

最後のプロセスとして投資を実行するプランを考えます。自分の目的に応じて利回りを設定すれば、どのような金融商品が自分の投資スタイルに合っているのかがわかるようになります。そうしたら、次に具体的にどのような金融商品に対して投資をするかを考えなければなりません。
同じ種類の金融商品であっても、価格やリスクは異なります。たとえば、株に投資するという場合でも、それぞれの企業によって株価やリスクは異なりますよね。だからこそ、投資の目的、利回りを設定したら、実行プロセスとしてどの金融商品に投資するかを考えることが大切となるのです。

投資初心者の勉強方法とは

投資初心者が勉強をはじめるときには、何からはじめたらよいか悩むことが多いものです。初心者の場合は、まずは基本をおさえておく必要があります。

高度な本を読むよりも、簡単な本で良いので、まずは初心者向けの投資の本を2冊程度読むようにしましょう。そうすれば、基本的な投資の用語について理解できるようになります。

投資の本を読んで基本的な用語を押さえたら、次は新聞や経済ニュースなどをみる癖をつけましょう。経済は生き物ですから日々どんどん変化していきます。そのため、どんなに基礎的な本を読んでも、その変化を理解していなければ意味がありません。

基礎的な本を読んで投資の基礎用語の意味がわかったら、次はその用語が実際の経済の中でどのように使われているのかを理解するようにしましょう。インターネットサイトや投資関係のことが書かれているブログを活用することで、より深く細かい知識をみにつけることができます。

次に、セミナーには積極的に参加するようにしましょう。どんなに本を読んでもわからないということが必ず出てきます。その場合には、関連するセミナーを受ければ、講師がわかりやすく解説してくれます。

セミナーでは、現実の経済の問題を踏まえて解説してくれるので、メディアからは得られない生の情報を得られることが魅力です。自分の疑問を解決する場としてだけではなく、生きた情報を得る場所として積極的にセミナーを活用することが大切です。

さらに、自分の興味のある投資と関わる資格の勉強をしてみるのも良い方法です。資格の勉強をすれば、より体系的に投資について学ぶことができます。メディアからの情報は有用な情報ですが、それがどのように関連しているのかを知ることが難しくなります。その点、資格の勉強をすれば投資に必要となる基礎的な知識を体系的に学ぶことができるので便利です。

投資初心者へのおすすめ勉強方法とは

投資初心者はまずは投資について少しでも多くの知識を身に着けなければなりません。以下では、投資初心者におすすめの本を紹介していきます。

投資初心者におすすめの本とは



投資初心者が投資はじめる前に持っておきたいマインドセットがよくわかる本が、筑摩書房から出版されているロバート・キヨサキ氏が書いた「改訂版金持ち父さん貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学」という本です。

この本は世界中で翻訳され、各国でベストセラーとなっている本です。お金に対する考え方の違いが、現実世界に対してどのような違いを生むのかがわかりやすく解説されています。

知らないと損する 池上彰のお金の学校 (朝日新書)
池上 彰
朝日新聞出版
売り上げランキング: 1,859



次に紹介する本は、経済の基本についてわかりやすく解説した「知らないと損する池上彰のお金の学校」という本です。朝日新聞出版から出版されており、テレビでも活躍している池上彰氏が書いた本です。

経済ニュースなどで話題になることの多い経済用語についてわかりやすく解説されているので、用語がわからない投資初心者には特におすすめの本です。

バフェットとソロス 勝利の投資学
マーク・ティアー
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 36,454



さらに紹介する本は初心者が是非とも身につけておきたい投資スタイルに関する本です。世界でも有数の成功した投資家であるウォーレン・バフェットとジョージ・ソロスがどのように投資をしていたのかがわかるのが、「バフェットとソロス勝利の投資学」という本です。

もともとマークティアーと言う人が英語でまとめた本ですが、わかりやすい日本語に翻訳されているので初心者でもどんどん読み進められます。投資初心者だからこそまず初めに知っておきたい投資スタイルについて書かれた本なので必読です。

ゼロからはじめる株式投資入門 最強アナリスト軍団に学ぶ
三井 智映子
講談社
売り上げランキング: 397,112



その他にも、投資初心者が体系的に知識を身に着けたいのであれば、次に紹介する本がおすすめです。その本とは「ゼロからはじめる株式投資入門」(講談社)です。実際にアナリストとして活躍する著者が、株式投資の初心者に向けて投資のイロハを解説してくれています。かゆいところまで手が届くように、初心者が困りがちなポイントについて丁寧に解説してくれているので、実際に株式投資をしたいと考えている人に特におすすめです。

投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識
ハワード・マークス
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 2,563



さらに、ハワード・マークス氏が書いた「投資で一番大切な20の教え」は、投資を行う上で重要となるリスク管理の方法や負けないためのコツを解説してくれています。著者であるハワード・マークス氏は、「オークツリー・キャピタル」という資産運用会社の創業者であり、6.2兆円もの資産を運用している巨大な資産運用会社です。そんな資産運用のプロが自分の経験に基づいて書いた本なので、投資初心者にとっては目から鱗となるような情報が満載です。

投資初心者におすすめのブログとは

投資初心者には本だけではなく、ブログを読むこともおすすめします。なぜなら、経済は生き物なので、本の内容が少し古くなっている可能性があるからです。その点、ブログであれば頻繁に更新されるので、生きた情報を手に入れやすくなります。

たとえば、ジョン246さんが書いている「サラリーマンが100万円を1億円にするブログ」は、企業分析の方法が詳しく書かれていることが特徴のブログです。実際の企業分析について詳しく学びたいという投資初心者にはおすめです。

次に紹介するのは、darkhorse12345679が書いた「インデックス投資家からの脱却」というブログです。インデックス投資に批判的な立場から書かれているブログなので、インデック投資の問題点について知りたいという方には特におすすめのブログです。

さらに、えびたい氏が書いた「株でサラリーマン卒業」というブログは、ポートフォリオ表が書かれているので、実際の数字を見ながらポートフォリオ表の作り方がわかります。兼業投資家であるえびたい氏が書いているので、サラリーマンで投資をはじめたいと考えている方にもおすすめのブログです。

サラリーマンとして働いている方には、「共働きサラリーマンの家計簿」というブログもおすすめです。Shunpon氏というアラサーのサラリーマンの方が書いているブログです。インデックス投資、iDeCo、年金など身近なことを事例として解説していることが特徴となっています。具体的な投資銘柄についても詳しく書かれているので、投資初心者の方にもおすすめです。

その他に紹介したいブログとしては、「ロンドンFX」というブログです。過去に銀行で勤務経験のある女性が書いているブログで、ヨーロッパの動向やFX投資について知りたい方には特におすすめです。ブログの著者の女性は日本で投資セミナーなども開催しているので、外国市場に興味がある場合には是非読んでおきたいブログと言えます。

投資初心者におすすめのセミナーとは

投資初心者には、本を読んだり、ブログを読んだりするだけではわからないことが出てくるのが普通です。その場合には、セミナーに参加してみましょう。セミナーでは難しいことも簡単に説明してくれます。

まず投資初心者におすすめするセミナーは、証券会社が開催しているセミナーです。その証券口座を持っている方であれば誰でも無料で参加することができます。初心者向けのセミナーが多いので便利です。

投資初心者が口座開設をするときには、セミナーが充実している証券会社で口座開設をするのもおすすめです。オンラインセミナーが開催されているところもあるので、忙しい方でもいつでもどこでもセミナーを受けることができて便利です。

また、このウェブサイトを運営しているジャパンインベストスクールでも初心者向けセミナーを開催しております。

期間限定で特別価格で参加できますので、興味のある方はぜひ参加してみてください。

10倍株投資術体験セミナー

講師:ウルフ村田
日時 会場
2019年7月28日(日)11:00~/14:30~ 東京 詳しくはこちら
2019年8月3日(土)11:00~/14:30~ 大阪 詳しくはこちら

秋田洋徳 初心者のためのやさしいFX体験セミナー

講師:秋田洋徳
日時 会場
2019年7月23日(火)18:30-21:00 沖縄 詳しくはこちら
2019年8月2日(金)18:30-21:00 東京 詳しくはこちら
2019年8月4日(日)11:00-13:30 横浜 詳しくはこちら
2019年8月6日(火)11:00-13:30 仙台 詳しくはこちら
2019年8月16日(金)18:30-21:00 名古屋 詳しくはこちら
2019年8月20日(火)18:30-21:00 札幌 詳しくはこちら
2019年8月23日(金)18:30-21:00 大阪 詳しくはこちら
2019年8月25日(日)11:00-13:30 福岡 詳しくはこちら

投資初心者におすすめのアプリとは

投資の勉強にはあまり時間がかけられないという方には、手軽に投資の勉強ができるアプリを使うのがおすすめです。スマートフォンなどがあれば空いた時間に気軽に投資の勉強ができます。

たとえば、5円という少額で投資ができ、ポイントを貯めることができる「トラノコ」というアプリは投資初心者が投資感覚を掴むためにピッタリのアプリです。証券口座がなくても投資をすることができるという点でもおすすめのアプリです。

その他にも、元手0円で気軽に投資をすることができる「ストックポイント」というアプリがあります。提携先のポイントを原資として、投資をすることができるので便利です。お金が減るのが怖くて投資をはじめることができなかった人にもピッタリのアプリです。

さらに、投資シミュレーションができるアプリもあります。それが「トレダビ」です。トレダビで売買に取り組むことができる銘柄は実際に株式市場で取引されている銘柄で、各銘柄の値動きは本物の株式相場と同じ値動きを反映したものです。実際に投資をするのと同じような環境で投資シミュレーションをすることができるので、投資の練習にピッタリのアプリです。

投資初心者の投資ポイント

投資初心者であれば、どのように投資をしたら良いのかもわからないと思います。そこで以下では、投資初心者なら是非知っておきたい投資のポイントを紹介していきます。

投資初心者が安全に取り組める資産運用方法とは

実際に資産運用に取り組むためには、資産運用方法を理解しておかなければなりません。投資はリスクを伴うものなので、投資初心者は資産運用の方法をきちんと理解しておく必要があります。

投資初心者がまず理解しておかなければならない資産運用方法は、逆算型投資・積立型投資・分散投資の3つです。まず、逆算型投資は、資産運用の目的と目標金額を明確にした上で資産運用をはじめる方法です。

この方法の特徴は目標から逆算して資産運用を考えるので、短期的な利益を掴むために無駄なリスクをとらないで済むことです。

積立型投資は、毎月あらかじめ決めた金額を無理なく投資をする資産運用方法です。少額でも無理なく着実に投資をしていくことができるのが積立型投資の特徴です。元手が小さくても自分の決めた範囲内で投資を行うことができるというメリットがあります。

その他にも、分散投資という資産運用方法があります。分散投資とは、運用対象を複数にする資産運用方法です。資産の運用対象を様々に分散させることによって、1つの投資対象がダメになっても、他の投資対象で補うという資産運用方法です。

投資の基本となる資産運用方法なので、初心者であればまずは理解しておきたい資産運用方法と言えます。

投資初心者におすすめの投資商品とは

投資初心者であれば、まずはきちんと投資対象となる投資商品の特徴について理解しておく必要があります。投資商品としては、債権(国債・地方債)・株式投資・不動産投資・金投資・FXがあります。

初心者におすすめの投資商品はリスクの低い商品です。ここで言うリスクが低いとは、損失の可能性は低いものの、大きな利益は見込めない投資商品のことを言います。

一般に、損卒の可能性が高ければ高いほど、大きな利益を見込むことができますが、投資初心者がそのような投資商品に手を出せば思わぬ損失を被る可能性が高いので注意が必要です。そのため、まずは低リスクな投資商品に投資をすることからはじめると良いでしょう。

代表的な低リスク商品と言えば、債権投資です。国債や地方債のような債権は発行主体が国や地方行政となっているため、ほぼ確実に投資した資金を回収することができます。

次に株式投資がおすすめと言えます。株式投資には様々な銘柄があるので、上手く分散投資を行うことでリスクを軽減することができます。不動産投資には大きな元手が必要となりますし、リスクも高くなりますが、大きな投資利益を得られる可能性があります。金投資は資産価値が下がりにくい金に対して投資を行う投資です。資産価値は下がりにくいですが、これにも投資のための大きな元手が必要となります。

最後に最もリスキーな投資対象としてFXがあります。FX投資はリスクも大きいですが、レバレッジという方法を使って自分の元手以上に投資を行うことができます。ただし、レバレッジは諸刃の剣で、損失もその分大きくなる可能性があるので注意が必要となります。

実践!投資初心者のやり方まとめ

投資初心者には実際に投資を行うときには迷うことも多いでしょう。以下では、実際に投資を行うためのやり方について紹介していきます。

投資初心者の投資先の選び方とは

投資初心者が投資先を選ぶ場合、まずは少額でもはじめられる投資対象に投資をした方が良いです。投資初心者の場合、投資のために使える元では少ないことが多いです。

基本的に、投資は資金力が大きい方が有利です。そのため、投資初心者が投資をしてもすぐには利益を出すことが難しいのです。だからこそ、投資初心者が投資をはじめる場合には、少額でもはじめられる投資対象への投資が大切なのです。少額からはじめれば、生活費や将来資金にまで損失が及ぶこともないので安心です。

また、投資初心者が投資先を選ぶ際には、リターンを重視しないことが大切です。リターンを重視すると、どうしてもリスクが高い投資対象に投資をしてしまいがちだからです。

投資商品を選ぶときに、投資利回りを目安にすることは重要ですが、それに目を奪われてしまっては本末転倒です。利回りが低くても、着実にお金を増やすことができる投資対象に投資をすることが大切となります。

さらに、投資初心者が投資をする際には、換金性も考えておく必要があります。たとえば、子どもの学資保険のように、子どもが18歳になるまで資金を積立てて、その資金を子どもが18歳になったときに受取ることができるものがあります。

それに一度投資をしてしまえば、着実に資金を積み立てていくことができますが、投資した資金は18歳まで引き出すことができません。つまり、換金性が高くないのです。そのため、投資の目的に合わせて、換金性についてもきちんと考えておくことが大切です。

投資初心者向けの少額投資とは

投資初心者がはじめやすいのは少額投資です。少額投資であれば、元手が少なくても投資をしやすいので安心です。少額投資であれば、万が一損失を被った場合でも投資の損失がそれほど大きくはなりません。少額投資であれば、元手が少なくても分散投資がしやすくなります。このように、投資初心者はまずは少額投資からはじめることが大切です。

少額投資の投資先としておすすめなのは、ミニ株・るいとう(株式累積投資)・投資信託の3つです。ミニ株とは、単元未満の株を購入できる投資です。株には単元という購入できる株数が決められた制度があります。1株だけ購入したいと思っても、単元株制度を採用している会社の株式は1株からでは購入することができないのです。

しかし、ミニ株であれば、単元未満の株でも購入することができるので少額で投資をはじめることができます。

その他にも、るいとうは特定の銘柄を毎月決まった金額で積立購入する投資です。1万円程度の元手があればはじめることができ、株価によって毎月積立できる株式数が変わりますが、毎月一定額を購入するので着実に投資額も増えていき、リスクも分散することができるので便利です。

さらに、投資信託に投資するのも投資初心者にはおすすめです。投資信託は、証券会社にお金を預け、その預けた資金を元手にして証券会社のプロが資産運用をする投資となります。自分で銘柄選びをせずとも、確実に証券会社のプロが資産を運用してくれるので、自分の投資スタイルに合った投資信託を選べば、少額でも着実に資産を増やしていくことができます。

投資 初心者の関連用語とは

投資初心者は、まずは投資用語を覚えていくことが大切です。以下では、投資をするなら是非覚えておきたい投資用語を簡単に解説します。

投資 初心者の関連用語①「レバレッジ」

投資初心者が是非覚えておきたい投資用語に「レバレッジ」という言葉があります。レバレッジとは日本語で「梃子(てこ)」を意味する言葉です。投資用語としては、借入金など、信用取引によって得た資金を元手にして、自己資金以上の投資ができるようにする方法のことを言います。

レバレッジを使って投資を行えば、自己資金以上の投資を行うことができる上に、投資効率が高くなるというメリットがあります。しかし、自己資金以上の投資対象に対して投資をすることになるので、もし損失が出た場合、損失額も大きくなってしまいます。

レバレッジをかける倍率は基本的に自分で決めることができますが、初心者のうちはレバレッジを掛けずに投資をした方が安全に投資活動をすることができます。

投資 初心者の関連用語②「ポートフォリオ」

投資初心者が知っておきたい投資用語としては、ポートフォリオというものがあります。ポートフォリオとは、もともと書類入れのことであり、それぞれの書類が混ざらないように分類することができるものを指していました。

それが投資のときに使われる場合、金融商品を組み合わせることを意味する言葉になります。ポートフォリオを組むことは、様々な金融商品に対して投資をするということですから、分散投資を意味していることになります。

まとめ

投資初心者が投資をする場合、まずは無理のない範囲で投資をはじめることが大切です。少額投資であれば、自己資金が少なくても投資をすることができます。

少額で投資をしているうちに、本、ブログ、セミナーなどを積極的に活用して勉強して本格的な投資に取り組むのがおすすめです。

最初から多額の資金を使って投資をすると、万が一損失をした際に損失も多額になってしまいます。投資に慣れないうちは投資で思わぬ損失を被る可能性が高いので注意しましょう。

きちんと投資の目的を設定した上で、自分がどれくらいの投資資金を用意できるのかを整理し、利回りを考慮した上で投資をはじめることを投資初心者はまず考えなければなりません。

関連記事

Pick Up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。