下げ相場での動き方

2019.6.14
Share:

From:りゅうじじ
自宅の書斎より、、、

こんにちは。

ここ数日、日経225先物は
値を上げきることができず、
下げが強い傾向にあります。

このまま下げが続きますと、
更に下落して、下げ方向になる
可能性も考えられます。

今日の動きがとても重要な
1日となるかもしれません。

上昇が再度始まるまでは、
流れに逆らわないように
臨んでいきましょう。

今回は、今の日経225先物のように、
相場が下落傾向にあるときは
どう動けば良いのかについてお話しします。

はじめに、
ほとんどの個人投資家は
「買い」しかしないため、

下落相場においても
つい買ってしまう場面が
多く見られます。

相場が上昇しているときは
もちろん買っていけば良いのですが、

上昇することがあれば、
下落することもあるのが
相場というものです。

なので、利益を上げていくためには、
下落しているときの動き方も
身につけておかなければなりません。

では、下落傾向のときは
どう動くのが良いのでしょうか?

相場を意識せず、
上昇するまで見送るという
選択肢もあります。

トレードをしない以上、
損失を抱えることはありませんので、
安全な策とはいえますが、

次に上昇するのは
いつになるかというのは、
誰にもわかりません。

なので、マイナスにはならないけど
プラスにもならない状態
なってしまうわけですね。

その時点での相場が
上昇か下落か不明瞭である場合は、
見送るのが良いですが、

下落している、と
はっきりわかる場面では、
「売り」をすることをおすすめします。

買いだけでなく、
売りもできるようになれば、

上昇・下落のどちらでも
有利なトレードが可能になります。

上昇傾向のときは
従来どおり買っていき、

下落傾向のときは、
売り中心でトレードを
していけると良いですね。

それでは、来週も
頑張っていきましょう。

りゅうじじ

追伸:
厳しい話ですが、
ただ売りを覚えただけでは、
勝てるようになるとはいえません。

買いにエントリーポイントがあるように、
売りにもエントリーポイントがあるからです。

6/19(水)のセミナーで、
上昇・下落それぞれの売買シグナルを
お伝えしますので、

どちらの局面でも
利益を出したいとお考えでしたら、
ぜひご参加ください。

http://japan-i-school.jp/jim/seminar_190619/

関連記事

Pick Up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です