大相場を掴む人がしていること

2019.6.15
Share:

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

こんにちは、ウルフ村田です。

今週のメジャーSQや来週にあるFOMCの影響か、
現在の相場はかなりやりにくくなっています。

このような状況下でも
強い銘柄はありますが、

うまく乗れなかった場合は、
無理をしないことが何よりも大切です!

地合いの良い時期は必ずやってきますから、
焦らず下値不安のない銘柄が現れるまで
じっと観察すると良いでしょう。

この「観察」ですが、
とっても大事なことですよね♪

トレードとは、
毎日勤勉にやるものではありません。

ですが、銘柄の観察をしなければ
トレードの質は高まらないと言えますね。

とはいえ、
具体的に何を見れば良いのか分からない、
という方も多いと思います。

そんな方は、まずは市場やチャートの「全体」を
見ることに慣れていきましょう。

エントリーをする前には
銘柄の値動きだけでなく、

・過去の値動きがどうだったか?

・底値、高値はいくらだったか?

・確かな分析により今エントリーすべきか?

などなど、
チャートの全体的な
「特徴」を把握しておくのです。

銘柄分析には「木ではなく森を見ろ」
という言葉があります。

チャートの日足が「木」ならば
月足は森、年足は山、というイメージです。

この見方を癖付けることで、
長期的にも、短期的にも
割安で下値不安のない場所を発見する力がつくはずですよ(^^)

しかし、地合いの全体的な良し悪しで
割安株の上昇率は変わってきますので、
無理な資金でのエントリーは要注意です。

このように下準備してから、
いち早く狙った銘柄にエントリーできるようにしましょう。

地合いが悪いとやることが無いと思いがちですが、
将来の大相場をモノにする動きはたくさんあるんです。

相場から目を離すのではなく、
次の大相場を楽しみに
日々頑張っていきましょう(^^♪

ウルフ村田

P.S.
銘柄選びに迷ったら
私のセミナーへお越しください。

実は、成長株には他の銘柄にはない
「独特のパターン」があります。

初心者でも見つけられるそのパターンを
ぜひ、知っておきましょう!

http://japan-i-school.jp/jim/seminarwm_1906/

関連記事

Pick Up!

大相場を掴む人がしていることへのコメント

  1. うまく乗れなかった場合は、
    無理をしないことが何よりも大切です!

    の言葉に納得です。励まされました。いくつかの成長株に目をつけることができるようになったにもかかわらず、初心者の私は確信が持てずうまく乗れないのです。その繰り返しでへこんでました。ありがとう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。