【教えその42】行動できない…を打破する方法

2019.9.26
Share:

From:大富豪の弟子チーム
九州の某所より、、、

こんにちは、
大富豪の弟子チームです。

人はいくつになっても、

「あんなこともしてみたい
 こんなこともしてみたい」

と新たなチャレンジや
新たな欲望がいつも頭に浮かびます。

世界一周してみたいなぁとか
海の見える別荘が欲しいなぁとか
孫にこんなことをやってあげたいとか

誰しもいろいろあると思います。

でも、、、
自分の中で、

「いつかね」

という枕詞がついてしまい、
なかなか実際に行動に移すところまでいかない。
そんなことはとても多いと思います。

思ったらすぐに行動する人の方が結果を出すのは間違いないですし、
今から行動すれば、近い将来、本当に実現しているかもしれません…

というのは頭ではわかっているのですが、
すぐに行動に移すことは、誰にとっても難しいことです。

ほとんどの人が思ったことを
実現できない一番の原因が、

この、

「いつか」

という気持ちです。

何か実現したいことがある人は、
絶対にこの「いつか」を打破する必要があります。

先ほども申し上げましたが、
行動の早い人ほど人生を好転させる
確率が高いのは間違いのない事実です。

そこで、今日は、この「いつか」を打破し、
いますぐ必要な行動をとることができる方法についてシェアします。

かなり具体的なノウハウをお伝えするので、
ぜひ紙とペンを用意しながら読み進めてください。

そもそも、なぜ、
憧れや夢や目標が生まれたときに、
すぐに行動できないのでしょうか。

それは、、、

憧れや夢や目標に向かって
スタートする「準備」ができていないから
です。

であれば、
すぐに行動できるように
準備をすることが正解の動きです。

この準備、いまからお伝えする方法であれば、
そう難しいものではありません。

なので、今すぐやってみましょう。

あなたの中にある夢や目標が出て来たら、
まずは、ノートを広げます。

そして、その夢や希望が
どのようなものか、

“はっきりと具体的に”

してみるのです。

文字や絵や写真を使って
はっきりさせていくのです。

「私は、○年後の今日、
 〇〇になって、〇〇な生活をしていて、
 〇〇なものが周囲にあって、〇〇な気分で…」

というように、

・何が見えて
・何が聞こえて
・何を感じて

などの詳細を感情を交えながら、
できるだけ具体的にしていくのです。

その状況が具体的になったものを

「目標」

と呼びます。

目標は飛行機で言えば、目的地です。

目的地のない飛行機は
誰も乗りません。

私たちの人生もそうです。

目標のない生活は、目的地が漠然としている
飛行機に乗るくらい無駄なことをしています。

なので、

その目的地=目標を

まずは、具体的にしてきましょう。

そして次に、飛行機が
どのルートで飛ぶかと同じく、

その目標に達するまでに
必要なことを全て書き出してください。

例えば、英会話が
できるようになるためには、

・外国の人と触れ合える場所を探す
・文法を勉強し直す
・英単語を1万語まで増やす
・自分にあった英会話スクールを探す

などなど、

目標までに必要なことが
その段階ごとに出てくるはずです。

そうやって目標を

『細分化』

していくのです。

そして、最後に、
目標へのルートを整理して、各段階に

『期限』

を設定していきます。

その期限までに、各段階を達成するために
今日から何をやるかを書き出します。

それが、

『計画』

となります。

ここまでやって、
初めて行動する準備ができます。

期限を決めた以上、
もう「いつか」はありません。

そして、ここまでやったあなたは
もう「いつか」と言うことはなくなっているはずです。

目標実現のための第一歩を踏み出しているからです。

まずは、「いつか」をなくして、
小さくてもいいので、
「今から」行動を起こすことが大切です。

ー大富豪の弟子チーム

PS.
すごい本に出会いました。
また紹介したいと思います。

関連記事

Pick Up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です