ハイリスク=ハイリターンは正しいのか?

2019.10.6
Share:

From:谷口洋章
自宅の書斎より、、、

こんにちは、谷口です。

台風、台風、台風と
東日本は異常事態!

地域の皆さんは大丈夫だったでしょうか?

冠水、雷、停電と
生活に支障をきたす程の状態

こんなに台風が多いのは
エルニーニョ現象?

と、調べてみると
今年は発生していないとのこと、、、

危機管理能力として首都圏集中型を
何とかしないといけない

などと問題視される時がありますが、
対策は進んでいるのでしょうか?

天災は突然やってきますが、
出来るだけ人災にならないようにしたいものです。

ゴルフ練習場の柵が倒れたりしていましたが、
今まで大丈夫だったからこれからも大丈夫は危険

という良い見本ですね。

トレードの世界も同じで、
最低限の危機管理能力は
手法以上に重要です。

商売でも同じで、儲けるときの考え方に
ハイリターンでローリスクが
最高なわけですが、

一般的には
ハイリターンはハイリスクな物
と言われます。

ですが、これが本当なら儲けている人は
一か八かを繰り返していて
いつか大損することになってしまいます。

これは博打の話であって
本来の事業や
トレードとは違うように思います。

例えば、駆け出しの企業が、
大企業のような利益を出したい

と、いきなり銀行から100億円を借りて
年間で500億円を出そうとすれば
瞬く間に破産してしまうでしょう。

個人トレーダーを志す人が、
いきなり億トレの真似をして
100万円で1億を稼ごうとすればすぐに大損してしまいます。

成功している企業も
成功しているトレーダーも

小さな資金から“失敗”という経験値を積んで
コツコツと成功を積み上げていきます。

成功経験も失敗経験も
たくさん積んだ状態

そして1つ1つの経験は、

失敗は小さく
成功は大きく
していくことで
ローリスク
ハイリターン

となり、これが最後に結果として残ります。

誰も簡単に成功した人はいないので、
コツコツ勝つコツ
を刷り込んでいきましょう!

谷口洋章

関連記事

Pick Up!

ハイリスク=ハイリターンは正しいのか?へのコメント

  1. 最近のIPO銘柄で即金規制明けになった銘柄、引けで上がって終わってくれませんでした。PTS で売却し、失敗は数千円で済みましたが、翌日まで持っていたら、お決まりの◯◯万円の含み損でした。ザラ場をずっと見ていられませんし、その翌日の前場の一瞬の急騰で取り返すなどとてもできませんでした。先生のボトムライジングの見極めをもっともっと学んでどこかで大きな成功をおさめたいです!これからもご指導よろしくお願いします。

  2. 最近は今までと違い、IPOではもうけにくくなったのでは?
    背景には世界情勢の不安定さもありそうです。
    今はやはり既に上場済み銘柄のデイトレでしょう!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。