ヘッジファンドから資産を守る対抗策

2019.10.24
Share:

From:億り人
大阪のトレーディングルームより、、、

こんにちは、億り人です。

世界には数千のヘッジファンド企業が
存在していると言われていますが、、、

今年は昨年に比べて全体的に成績が良かったそうです。

これは裏を返せば、我々一般トレーダーの多くは
軒並み資金を貪られた、ということですね。

実際に、今年は彼らのえげつない戦略と思しき
動きが、少々露骨に見られる場面もありました。

例えば、スイングトレーダーの方は特に、
今年はエントリーできるポイントが少ない、、、

と、思いませんか?

デイトレをしている方も
プラスだったポジションがたった半日でマイナス、、、

という経験をした方も多いでしょう。

では、今後も一般トレーダーが
資産を大きく増やすには、、、

彼らヘッジファンドの動きを予測することが重要となりますよね。

そこで、多くの日本人トレーダーたちは
チャートに頼ろうとするのですが、

はたして本当にそれが最適解なのか?

と、私は疑問を感じています。

数式やパターンに当てはめて、
綺麗な数字が出ないと不安になるのが日本人です。

ですが、相場とは本来数字だけで判断できるほど
単純なのでしょうか?

現実問題として、
チャート分析に慣れていない初心者より、

チャート分析に慣れたトレード中級者の方が
圧倒的に負けているそうです。

相場に慣れてくると、財布のヒモも緩くなり、多くの資金を投入した結果、、、

一気に奪われる、という構図です。

やはり、
テクニカルだけで今の相場を勝ち続けるのは
難しいです。

もちろん私もチャート分析をするので、
テクニカルを否定したいわけではありません。

ですが、絶対の信頼をおくのも危険です。

「じゃあ何に頼ればいいんですか?」
と、思いますよね。

私の場合は、テクニカルを『道具』の1つとして捉えています。

例えば、大工の職人もトンカチだけで
家を建てることは不可能ですよね?

トンカチの他にノコギリやペンチ、
いろいろな道具があるから対応できます。

少し強引な例えでしたが、要するに
あらゆる場面を柔軟に対応するには道具1つでは足りません。

それは相場も同じだと、私は感じています。

テクニカルだけではなく、
ニュースや他の市場の動き、各国の要人発言

などなど、、、
見るべきポイントはたくさんあります。

これらの情報を総合的にまとめて
ヘッジファンドが今後どうやって動いてくるのか、、、

と、予測していくと、
面白い結果につながるのではないでしょうか。

もし、読者のあなたも相場に対する
別の視点を取り入れたいのなら、

チャート分析以外の道具を揃えてみましょう。

それでは、また木曜日にお会いしましょう!

億り人

関連記事

Pick Up!