負けが続いたときは…

2019.11.8
Share:

From:りゅうじじ
自宅の書斎より、、、

こんにちは。

日経225先物は先日23,000円台に乗り、
先週に「ここが抵抗線」と見ていた場所を
抜いたといえるでしょう。

上げ方向が続くと思われますので、
押し目を狙っての買い目線で
利益を狙っていきます。

投資をしていると、
誰しもが必ず経験することが
あるのですが、

皆さんは、これが何のことか
おわかりでしょうか?

答えは「負けること」です。

ひとえに負けといっても
その規模は大小ありますが、

投資で成功を収めた人たちでさえ、
これを一切経験したことのない人は
存在しません。

かくいう私も、今では
先物講師として独自のノウハウを
提供させていただいている身ですが、

投資を始めたばかりの頃は
それはもう負け続きで、
2億円を一瞬で失ったこともありました。

本日、皆さんにお伝えしたいのは、

投資で負けることは必然である以上、
いかにメンタルをケアしていくか?

というところになります。

メンタルがしっかりしていないと
何事も上手くいかないもので、
これは投資も例外ではありません。

とりわけ投資はここに依存している
ところが大きく、少しでも動揺してしまえば
瞬時にどん底へ突き落とされてしまいます。

失敗が続いている投資家の大半が、
負けをいつまでも引きずる傾向にあり、
結果的に大敗してしまうことがほとんどです。

ここまで読んでみて、
自身に思うところが少しでもあったら、

「きっぱり気持ちをリセットする」ことを
できるようになりましょう。

しつこいようですが、
投資に負けは付き物であり、
続けるほど経験数も当然増えます。

事あるごとに負けを引きずっていては、
いつまで経っても前向きになれません。

成功するために必要なのは
「負けを気にすること」ではなく、
「その負けを次の糧にする」ことです。

前向きな姿勢で取り組み続ければ、
やがて成績は上がっていきます。

考え方を変えることで得られる効果は、
私たちが思っている以上に大きいものなので、
ぜひ意識してみてください。

気持ちを切り替えて、
来週も頑張っていきましょう。

りゅうじじ

<編集部のオススメ>
いくらノウハウを学んでも、
一向に良い結果が得られないなら…

それは、ノウハウではない
“他のところ”に原因があると
考えられます。

トレードで一度でも
後悔したことがある方は、
今すぐこちらをご覧ください。

http://japan-i-school.jp/jim/seminarmk1911/

関連記事

Pick Up!