「◯◯ライン」の有効性

2019.11.23
Share:

From:ウルフ村田
東京の自宅より、、、

おはようございます、
ウルフ村田です。

株式に限らず、為替や先物など
様々な投資で使えるトレード方法のひとつに、
「ライントレード」というものがあります。

ライントレードはそのわかりやすさから、
多くの個人投資家に親しまれていることで
有名なトレード方法ですね。

とてもシンプルなので、
初心者の方にオススメしたい
トレード方法のひとつです。

本日は、ライントレードに使う
ラインの基本を、簡単に
お話ししたいと思います。

もう知ってるよ!という方も、
ここは復習ということで
ぜひお目通しください。

ライントレードで使用するラインは、

・水平線
・サポート/レジスタンスライン
・トレンドライン
・チャネルライン

以上の5種類が主になります。

水平線とは、その名の通り
チャートへ水平に引く線のことです。

直近の高値(安値)を複数結ぶことで、
サポート/レジスタンスラインとして
機能します。

言ってしまえば、
サポート/レジスタンスラインは
この水平線と同じ存在であり、

安値に引くか(サポート)、
高値に引くか(レジスタンス)で
役割が変わってくるわけですね。

つづいてサポートラインは、
チャートの安値に引くラインです。

上げ相場のときに引くラインで、
価格がここに触れたら、反転して
再上昇すると考えられています。

レジスタンスライン
チャートの高値に引くラインで、
下げ相場のときに使用するものですね。

サポートラインとは反対の役割を持ち、
価格がこのラインに触れたら、
再度下がっていくとされています。

トレンドラインは、相場の流れが
上下のいずれかに強まる「トレンド」
発生した際、斜めに引くラインです。

相場の流れを瞬時に確認できると共に、
ラインの角度でトレンドの強さを
測ることもできます。

サポート/レジスタンスラインの
役割も持っているため、

あるところでラインを抜けたら、
そのトレンドは終了したと
判断するのが一般的です。

最後に、チャネルラインとは
トレンド相場の安値と高値それぞれに
平行に引く2本のラインを指します。

チャネルラインを引くことで、
トレンドの大まかな値幅を
把握できるようになります。

今回ご紹介した5種類のラインは、
ライントレードのみならず、
他のテクニカル分析と併用できるので、
覚えておいて損はありません。

これら5種類のラインを使いこなし、
綿密なチャート分析ができるように
頑張っていきましょう(*^^*)

ウルフ村田

P.S.
トレードで稼ぎたい!とは言っても、
手法はなるべくシンプルなものを
選んで使っていきたいですよね。

そこで、私が普段から行なっている
トレード方法をこちらでお伝えします!

今回は特別に参加費無料と
なっておりますので、
絶対に見逃さないでくださいね♪

http://japan-i-school.jp/jim/wseminar_191124/

関連記事

Pick Up!

One thought on “「◯◯ライン」の有効性

  1. チャートが、全然読めません。9月に入校して、やっとその気になり始めました。仕事の日は疲れてしまって、チャート見ません。毎日見るように言われていますが、さぼりです。だから読めないのでしょうね。 でも、ちょこちょこ儲けたい! 勝てる歓びを味わいたい! やります。できるだけ毎日。  先生! 私みたいな生徒達をよろしくお願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です