これだけは守ってください

2019.11.29
Share:

From:りゅうじじ
自宅の書斎より、、、

こんにちは。

昨日は出先で3回トレードをして、
+25円を取ることができました。

最近の日経225先物ですが、
全体的に上げ方向へ戻っており、
まだ上げてくると考えています。

下げてきたところを狙い、
堅実に利益を上げていきたいところです。

投資で成功を果たすには、
日々の努力やトレード手法を
覚えるのが大事だとされていますね。

これはいわゆる「やるべきこと」で、
私としても勉強を積み重ねるのは
重要なことだと思っています。

ここからが本題になりますが、

「やるべきこと」とは反対に、
「やってはいけないこと」
投資には存在しています。

ご法度、禁じ手、タブー…
言い方はどれでも良いですが、
それほどダメなやり方というわけですね。

そのやり方はいくつかありますが、
中でもこれだけは絶対にしないでほしいと
言いたいポイントがあります。

それは、
「ひとつの銘柄にこだわりすぎる」ことです。

よほど場馴れした人でもない限り、
あるひとつの銘柄に固執するのは
非常に危険だと言えます。

始めたばかりの時点で
早速資金を全部入れて、
瞬く間に大損失を出した…

という人を、私は今までに
何度も見てきました。

相場の世界に、
「絶対」はありません。

ここなら勝てると思っても、
唐突に暴落することが間々あるのが
現実なのです。

大金でトレードをしている時に、
こんな現象に巻き込まれてしまったら、
悲惨どころの話ではないでしょう。

ですので、1銘柄あたりに使う資金は、
多くても全資金の15~20%程度に留め、
慎重に行うようにしてください。

前回も言いましたが、
資金が無くなってしまったら、
それでもう終わりです。

時と場合によっては、
リスクを取ってでも利益を狙いたい
などという場面もあるでしょうが、

基本、手元のお金を守らずして、
利益を得られることはないという
くらいの気持ちで臨みましょう。

りゅうじじ

<編集部のオススメ>

・真剣にトレードしている
・何事も絶対に負けたくない
・慎重派だから利確は早めに

一見、模範的に見えますが、
これらは「罠に嵌まる一歩手前」です…

大損をしてしまう人に決まって
見られる特徴とその解決方法を、
今すぐこちらで知ってください。

http://japan-i-school.jp/jim/seminarle_1912/

関連記事

Pick Up!