自身に適した買い方は?

2019.12.7
Share:

From:ウルフ村田
東京の自宅より、、、

おはようございます、
ウルフ村田です。

効率の良いトレードをするなら、
まずは自身に合った買い方を
決めることが大切です。

具体的に「集中投資」「分散投資」
どちらが適しているのか?というのを
考える必要があるのですが、

皆さまは、この方針を
しっかり決めた上でトレードを
できていますでしょうか?

日々の勉強も大事ですが、
自身と相性の良い買い方は
真っ先に決めておくべきです。

今回は、集中投資と分散投資
それぞれのメリットとデメリットを
お話しします。

まだ決められていないという方は、
ぜひこれを参考にして
いただければと思います。

まず集中投資のメリットですが、
特定の銘柄に絞って資金を投入するため、
短時間で大きな利益を見込めます。

見ておくべき銘柄の数も少ないので、
管理が容易なのもポイントです。

しかし、株価が暴落した場合は
一気に資金を失うことになるため、
非常にリスクが高いです。

これが集中投資のデメリットになり、
ハイリスク・ハイリターンな買い方だと
いうのがわかります。

一方、分散投資は投資先を分けることで、
起こりうるリスクを最小限まで
抑えることができます。

単に複数の銘柄を持つことを
分散投資と呼ぶこともありますが、

一般的には、株式以外に
不動産、投資信託など他の投資商品を
利用することを指す場合が多いですね。

分散投資はその性質上、
短期で大きく稼ぎにくいのが
デメリットに当たります。

ですが、一気に資金がなくなる
怖さと比べたら、些細な問題では
ないかと私は考えています。

どちらの買い方が向いているか、
自身の資金量、あとスタイルと
上手く相談してみてください。

相性の良い買い方がわかれば、
きっとストレスフリーなトレードが
できるようになってくるはずです。

それでは、また来週
お会いしましょう(*^^*)

ウルフ村田

P.S.
「資金はなるべく守りたい!
 でも利益もたくさん欲しい…」

今回のお話を覆すような情報ですが、
この願望を叶える戦略は存在します。

その秘訣を12/10(火)にお話ししますので、
気になった方はぜひご参加ください!

http://japan-i-school.jp/jim/wseminar_1912/

関連記事

Pick Up!

One thought on “自身に適した買い方は?

  1. 集中投資か、分散投資かという課題は、投資家の環境にもよるのではないでしょうか?若年層か、熟年層かでは今後の生涯賃金の状況は異なってくるし、扶養家族の状況によっても異なってくると思います。そのようなご指導もお願いしたく。<一般論>多数を占めているのはいわゆる労働者層なので基本的には労働によって収入を得ているので収入と支出の差分を投資に回しているのが実態ではないでしょうか。労働者層は消費者層でもあります。労働者層に安定(持続的に拡大)的な労働収入、投資収入を確保することができるような社会を目指すべきではないでしょうか。そのような社会では安定した需要と供給が必要で、そのための投資家(インフラ、生産設備)が必要です。<投資の在り方>相場で儲ける投資家は安定的な経済基盤の上に存在していることを忘れてはなりません。設けた金銭も法定の税金を払っているので十分貢献しているかもしれませんが、社会インフラや安全保障への投資を忘れないようにすべきと考えます。そのようなご指導もお願いしたく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です