初心者ほどやりたがる難技

2020.1.24
Share:

From:りゅうじじ
東京のホテルより、、、

こんにちは。

先日は出先で前場とナイト、
それぞれ1回ずつトレードしました。

しかし結果は-15円、
話に夢中になり集中できなかったのが
負けを誘ってしまったようです。

他のことをしている最中には
トレードを控えるよう、
気をつけないといけませんね。

日経225先物は
一時的に24,000円をキープ
してきましたが、

現在は売りが続き、
23,800円台にまで落ちています。

全体的に様子見ムードに
なってきていますので、

寄り付きから方向を確認後、
慎重にトレードしていきましょう。

トレードをする際に
私がもっとも意識している心得は、

チャートの流れには絶対に逆らわず、
流れに合わせて、チャンスを狙うことです。

「これだけ下がったのだから、
そろそろ上がるはず」

などという希望的観測に任せて、
その場の流れに逆らう方が
よく見受けられます。

このように、現在の流れとは
逆にエントリーする方法を
「逆張り」というのですが、

まだ場慣れしていない方が
これをすると、まず間違いなく
狩られてしまいます。

ある暴落で大きな損失を
出したという人は、逆張りを
していることが多いですね。

逆張りは上手くいけば、
底を掴むことができるので、
莫大な利益を狙えます。

ですが、思惑どおりに反転せず、
これでもかと言うほどみるみる
下がっていってしまった場合、

特に損切りが間に合わなかった場合は、
語るに及ばず、悲惨な末路を
辿ることになります。

もちろんメリットもあるのですが、
基本的に逆張りは玄人向けの
テクニックだと思ってください。

「そろそろ反転する」と
思ったのならば、ただの予想で
終わらせるのではなく、

なぜそう思えるのかその根拠は何か
などをじっくりと考えたうえで、
仕掛けていただきたいと思います。

ロジックを組んだうえでの
逆張りであれば、断然利益を
狙いやすくなりますし、

反転しなかった場合の対策も
即座に仕込んでおけるので、
損失は最小限に抑えられるでしょう。

それでは、また次回をお楽しみに。

りゅうじじ

<編集部のオススメ>
なぜ、あの人はさも簡単そうに
利益を生み出し続けているのか。

それは、日本人投資家の中の
「1%」の存在だからかもしれません。

ごく限られた人しか知らない
お金の真実をあなたも知り、
稀代の勝ち組を目指しましょう。

http://japan-i-school.jp/jim/200223_seminar/

関連記事

Pick Up!