【教えその60】批判グセをなくせば成功する

2020.1.30
Share:

From:大富豪の弟子チーム
北欧、マイナス30度の秘境より、、、

こんにちは、
大富豪の弟子チームです。

尊敬するメンターの一人から、
大変心に染みる話を聞いたのでそれをシェアしたいと思います。

はじめは、私のふとした質問から始まりました。

「お金をたくさん稼ぐにはどうすればいいですか?
 お金持ちだけが知っていることを教えてください!」

こんな質問をしました。

するとメンターは、こう教えてくれました。

「どうやったら一度の仕事で多くの人を喜ばせられるか?
 この一言に尽きるよ」

と。

例えば、趣味で野球をしている人が喜ばせられる人はそう多くいない。
その人のバット一振りで喜ぶ人は、あまりいない。

だから収入に結びつくことは殆ど無い。

だけど、プロ野球選手になって、
それなりに強いチームで活躍すれば、スタンド中の人が喜ぶ。

すると、同じバット一振りでも、喜ぶ人がぐっと増える。
結果、収入も増える。

イチローレベルになると、衛星放送を通じて世界中の人が喜ぶ。
バット一振りで喜ぶ人が桁違いに多くなる。

そして、収入差は文字通り桁違いになる。

こういったメカニズムが働いているというわけです。

つまり、

「自分の仕事を通じて、どうやったらより多くの人を喜ばすことができるのか?」

これを考えはじめると、かなりお金持ちの道が拓けてくる。

そう教えてもらいました。

これは、金融やビジネスの世界で言うところの
「レバレッジ」とまったく同じです。

そこで、レバレッジのことをよく勉強して、
その手法を熟知してる人もいる。

ですが、必ずしも結果が出るとは限らないというのです。

なぜなら、レバレッジを使い始めると、
良いことも悪いことも多くの人に知れ渡ってしまうからです。

例えば、草野球で変なプレイをしても
チームメイトに大きな声で「ごめん!」と言えば、
たいがいのミスは許してもらえます。

ところがプロとしてプレーする選手は、
観客やファンに言い訳なんて出来ません。

謝るくらいならプレーで示せとなります。

レバレッジを効かせれば効かせるほど、
批判されることは桁違いに多くなるのです。

なので、ここで大抵の人は、
批判を怖れてレバレッジのスケールと得られる結果を
自らで小さくしてしまいます。

逆を言うと、批判を恐れなくなれば、多くの人に伝わったりする。
結果、多くのお金を手にしやすくなる。

という現象も起きるということです。

ここで、気になるのが、

「どうやったら批判を恐れなくなるのか?」

ということだと思います。

引き続き、メンターにこの疑問をぶつけたところ、
彼はこう教えてくれました。

「必要なのは、自分の批判グセを無くすこと」

人は自分より活躍してる人を見ると、どうしたって批判したくなる。
言い換えると、それは嫉妬ということになる。

嫉妬心から批判ばかりしてると、
今度は自分が活躍した時に批判されると思ってしまう。

人は自分が思ってることは、
他人も同じように思ってると誤解する習性がある。

これを『投影』という。

だから逆に、この投影をうまく利用してみると良い。

嫉妬して批判したくなったら、
自分のために、嫉妬と批判を横に置いて、
嫉妬した相手を応援してみる。

「凄いな!良くやったな!そして凄く参考になった。教えてくれてありがとう!」

と言ってみる。

これを相手のためじゃなく、自分の為に言ってみる。
案外、自分のためと思えると言えたりする。

そう教えてくれました。

彼は続けてこう語りかけてくれました。

批判グセから、賞賛グセや応援グセや感謝グセに変えていく。
すると、自分が活躍した時に凄いと言われてる感じがするようになってくる。

応援されてる、感謝されてると感じ方が変わってくる。

そして気がつくと、不思議なことに、
望んだ以上の結果が現実となって現れてくる。

結果が出始めると、世界により感謝出来るようになる。
凄く自然に感謝出来るようになってくる。

すると素晴らしい結果と感謝に溢れた、凄い世界が待っているよ。

と。

ジーンとシビれました。

これから私は、
批判グセは感謝グセに変えていきます。

今日の話が良いと思ったら、
あなたもぜひやってみてください。

ー大富豪の弟子チーム

<編集部のオススメ>
まったく結果を出せない状況から
空売り技術で年間600万円稼げるようになった
デイトレ理論を期間限定で公開。

初心者でもわかるシンプルルールを
全てご覧ください。

http://japan-i-school.jp/jim/hkt_202001/

関連記事

Pick Up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です