コロナ騒動の影響が限定的である理由

2020.2.9
Share:

From:谷口洋章
自宅の書斎より、、、

こんにちは、谷口です!

中国のウイルス騒動で
世界中が大騒ぎしています。

こうしたパンデミック・リスクから
予想される年間損失は約5,000億ドルにも
なるそうです。

中国旅行者の渡航を禁止する国も
増えてきているので、経済影響を考えると
妥当な金額かもしれません。

しかし、市場での価格形成に関しては
限定的だという見方が強いようです。

例えば、2003年に起こったSARS騒動ですが
MSCI中国株価指数は世界の指数に比べて
大きく下落したものの、

わずか6カ月で失われた分を戻しています。

とは言え、気温が暖かくなってくるまで
ウイルスは猛威を奮いそうですね。

日経平均やNYダウも乱高下していますが、
皆さんは投げ売りなどで損してませんか?

日経平均のチャート形状はダブルトップ完成

ダブルトップとは
株価が天井を付け下落した後に
一度は反発したものの、

上昇の勢いがないために
前回の高値を超えられず
2つ目の山を形成し再び下落する
チャートの形を指します。

M(エム)の字がチャート形状で
出来上がると下落のサイン。

反対にダブルボトムという形もあるので
よかったら調べてみてください。

一方、NYダウは上昇中の押目で
強気のアメリカと弱気の日本。

と考えることもできますが、
今年アメリカは大統領選。

株高に持っていきますので
日本株は出遅れているとも考えられます。

今回は中国政府が市場介入して
株価の下落や企業への経済ダメージを
抑える対策をしましたので、
一旦事態は収束へ、、、?

とも見る事ができます。

ヘッジファンドは警戒を
緩めていないとのことなので
不用意な株の買いすぎ持ちすぎに
注意していきましょう。

ところで、最近スーパーやコンビニでも
マスクが全然売っていません!

ただでさえ風邪に気をつけたいこの季節。

トレードにおいてもそうですが
風邪をひいたり体調が優れないときは
休んだ方が良いようです。

どうしても判断能力が
落ちてしまう時期に
大事なお金を運用するのは
得策ではありませんね。

トレードはやれば利益も出ますが
損失も出るリスクがあります。

できるだけ万全の状態で
挑む事を心がけると良いと思います。

年中風邪をひいている人は
体調管理から頑張りましょう!

谷口洋章

追伸:
世界の市場に目を向けると
日本株より効率よく資産をつくる
方法はたくさん見えてきます。

海外の良い部分だけ取り入れて
賢くお金を運用できる他では
聞けない方法をぜひ、知りに来てください。

http://japan-i-school.jp/jim/200223_seminar/

関連記事

Pick Up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です