「日中は時間がない!」という方へ

2020.2.15
Share:

From:ウルフ村田
都内のオフィスより、、、

おはようございます、
ウルフ村田です。

今日は神田でセミナーがありまして、
こちらに来ています。

「早起きは三文の徳」ということわざが
ある通り、早朝から活動すると
なんでもやれちゃう気になれます(笑)

まあ…本音を言うと
笑ってしまうくらい寒いのですが、
頑張っていきますよ!

今回は、夜間でも
株トレードができちゃう
「PTS」をご紹介します。

PTS(Proprietary Trading System)とは、
私設取引システムというもので、

証券取引所を経由せずに
トレードを行えるシステムです。

それの何が良いのか?と
いう話ですが、

普通、証券取引所の立会時間は
9:00~11:30、12:30~15:00ですので、
上記の時間外はトレードができません。

しかし、PTSを利用すれば、
この時間でなくともトレードが
できるようになるのです。

つまるところ、ビッグニュースが
出た際はすぐにトレードできるので、
翌日まで待つ必要がなくなります。

特に、値下がり材料が出たときなんかは
株をさっさと処分してしまえるため、
コレは大きなメリットでしょう。

何より、「日中は時間がない!」と
いう方でもゆっくりトレードできるのが
良いところかなと思います。

ですがデメリットもありまして、
ズバリ、通常の取引所と比べて
流動性が低いです。

つまり、日中にトレードできる方は、
いつも通りに証券所でしたほうが
基本的に良いということです。

あとは、PTSを利用できる
証券会社が少ないところと、

24時間ずっとトレードできるわけでは
ないところでしょうか。

先に証券会社について、
現在は、

・SBI証券
・楽天証券
・松井証券

以上の3社がサービスを
提供しています。

今年の4月にマネックス証券も
PTSを開始するとのことですので、
実質4社と考えても良いでしょう。

まあ、扱いが少ないということは、
それだけサービスを
吟味しやすいわけですから、

各証券会社の特徴を見て、
ゆっくり決めましょう。

何事もプラス思考です(笑)

お次は取引時間ですが、
PTSには以下のセッションがあります。

・デイタイムセッション
・ナイトタイムセッション

デイタイムは日中、
ナイトタイムは夜間を
意味しています。

証券会社によって
時間に細かな違いはありますが、

「23:59で終わり」という点は、
すべて共通しています。

つまり0時以降の深夜帯は、
さすがのPTSでも
対応していないのです。

ここだけはどうにもならないので、
用心しましょう…

さて、最後に
「PTS用のランキングはあるの?」と
いうところについてお話しします。

結論から言いますと、
もちろんあります。

たとえばGoogle Chromeなら、
「PTS」と打つだけで
ランキングが出てきます。

特定の銘柄だけ知りたい場合は、
「PTS ◯◯◯(銘柄名)」と入力することで、
こちらも簡単にチェックできます。

繰り返しますが、PTSは
取引時間に余裕が欲しい方の
強い味方になってくれるシステムです。

「日中にトレードはキツい…」と
お悩みでしたら、ぜひPTSを
検討してみてください。

コレを使いこなせば、
トレードの自由度が大幅に広がること
間違いナシですよ(*^^*)

ウルフ村田

P.S.
今回お話ししたPTSは便利ですが、
取引時間が伸びたから適当にやっても
良いというわけではありません。

PTS中の時間も含め、
トレードはいかなる場合でも
柔軟に対応できる人が勝ちます。

含み損を最小限に抑える
トレードテクニックを、
ここで学んでください。

http://japan-i-school.jp/jim/wseminar_2002/

関連記事

Pick Up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です