過信してはいけない材料

2020.2.22
Share:

From:ウルフ村田
東京の自宅より、、、

おはようございます、
ウルフ村田です。

東京は2桁台の気温である日が
じわじわと増えてきており、

いよいよ本格的に
暖かくなってきたかなと
感じました。

今こそ外に出て、
存分にリフレッシュを
したいところですが…

お先に花粉のほうがのびのびと
外出を始めたため、存分にとは
いかない状況でございます…(笑)

明日はスクールで授業、
来週はセミナーがありますので、
しっかり予防したいと思います。

さて、皆さんは株式投資において、
ある銘柄の値動きを分析する際に、
何を参考にしていますか?

日経平均やニュース、
ブログ、SNSなど…

ひいてはインターネットで
情報を集めている方が
現代では一般的だと思いますが、

初心者の方に
気をつけていただきたいものが
ひとつあります。

それは「目標株価です。

目標株価は、アナリストが
銘柄ごとに出している
予想株価レポートを指しますが、

これが「なかなか当たらない!」と、
もっぱらの評判(?)なんですね…(^^;)

心づもりで上げたものの、
いざその時になったら
下がるケースがよくあるのです。

もはやいつもの風景と
言ってもいいかもしれません。

実際にこれを目の当たりにした方には、
なんでこんなことに~、と
質問をいただくことがあるのですが、

それもそのはず、
結局は「目標」だからです。

「現時点では、今後は
 こう動くと予想しています」

と言っているだけであって、
本当にその通りになったら、
誰も苦労はしません。

プロのアナリストであっても、
各銘柄の行く先は
断定できないのです。

ひとつの目安にはなりますが、
過信は禁物ということですね。

では、どうして
目標株価があるの?と
いうところですが、

それは、チャートに
値幅を作りたいという
意図があるためです。

要は、私たち投資家に
株を買ってほしいから
情報を公表しているんですね。

これを「レーティング」といいまして、
買い・中立・売りという具合に
設定されます。

レーティングは状況に応じて
変化するものですが、場合によって
株価が大きく動くことがあります。

以上の点を踏まえると、

値動きの方向は
あまり参考にならないけれど、

ボラティリティを予想する資料としては、
時に強力なものになると
考えることができますね。

実際に確認をする時は、
やはりチャートと一緒に見るのが
最善だと思います。

目標株価とチャートを同時に見て、
「あれ?」となる瞬間があったら、
それが大発見に繋がるかもしれません。

目標株価が見られるサイトを
載せておきますので、興味の出た方は
ぜひチェックしてみてください。

→目標株価まとめ

それでは、また来週
お会いしましょう(*^-^*)

ウルフ村田

P.S.
今年はうるう年ということで、
2/28(金)と2/29(土)に
セミナーを開催します!

損小利大を実現するための
テクニックを詳しくお伝えしますので、

この日を特別な日にしたい!という方は、
ぜひご参加くださいね♪

http://japan-i-school.jp/jim/wseminar_2002/

関連記事

Pick Up!

One thought on “過信してはいけない材料

  1. これは元から鼻っかし信用していません!金融業界の作為的なものを感じていたからです。あと、会社の次期決算予想もほとんど信用していません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です