「数撃ちゃ当たる」は大間違い!

2020.3.21
Share:

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます、
ウルフ村田です。

日経平均は先週に17,000円を割り、
今は16,000円の半ばと
いったところですね。

ここだけはなんとしてでも
割るまいと言わんばかりの
動きを見せていますが、

はたして今後はどうなるのか、
まだまだ不安が残ります。

“15,XXX円”が見える可能性は
十二分にありますので、
油断はできません。

引き続き、注視してまいりましょう。

ところで、今の相場は
値幅が大きいですね。

そんな状況だからか、

「今なら大きく取れる!」

などと発言しておられる方を、
方々でお見受けします。

(まさか皆さんは、
ㅤ同じようなことを思っていたりは
ㅤしませんよね…?)

短期売買であれば、
たしかに大きな利益を
期待できるでしょうが…

よほど確実性の高いノウハウを
持ってでもいない限りは、

「絶対にやめたほうが良い」と、
ぶっとい釘を刺しておきます。

思うだけならまだしも、
実践までするのは推奨できません。

「そうは言うけど、
ㅤ有名なトレーダーはこういうところで
ㅤガッポリ稼いでるんでしょ?」

と思った方も
いるかもしれないですが、

現実、ほとんどの方は、
このような状況では
滅多にトレードしません。

チャンスはあるかもしれないけど、
ㅤそれ以上にリスクが高すぎる

このような判断を下し、
手を引いている場合が大半です。

では、どこで稼いでいるのかと
いうところですけれども…

それはもちろん、

“誰が見ても、明らかに良い時期”

ここで大きく獲っているんですね。

不慣れであるうちは、
攻めるより、まず守りを
徹底するべきなのですが、

初心者の方は、どうしても
目先の利益に目がくらんでしまう
ケースが多いです。

中でも、資金の少ない人ほど
それが顕著に見られますね。

短時間で売買を繰り返し、
あれよあれよという間に
資金をカラにしてしまう…

そうして悲鳴を挙げた方は、
もう何千と見てきました。

チャート監視については、
毎日できるのならば
それに越したことはありません。

しかし、トレードについては
必ずしもそうであるとは限らないのです。

資金が少ないからこそ、
トレードの一回一回を
丁寧に行うべきです。

相場の世界では、
「数撃ちゃ当たる」は
通用しません。

矢が限られている中で、
どれだけ多くのマトを射抜けるかを
熟考することが大切なのです。

ですので、
少資金で取り組んでいる方には、

今はむやみやたらに手を出さず、
監視を厚めにするのがベターだと
言わせてください。

手順を間違えなければ、
始めたときの元手がいくらであろうと、
着々と稼いでいけます。

やみくもにポチポチせず、
チャートの研究に徹して、
好転したらチャンスを狙いにいく…

そして利益を取れたら、
そのレベルアップ量は
計り知れないでしょう。

肝心の利益額ですが、その時点では
いくらであっても構いません。

真に大切なのは、チャート研究から
利益獲得までの流れを
実際につかむことですからね。

その経験は、きっと今後を
豊かにするための大きな道しるべに
なってくれるはずです。

一気にポンと取るのではなく、
じっくりじっくりと、成績を
伸ばしていただきたいと思います。

それでは、また来週(*^^*)

ウルフ村田

P.S.
継続的に稼ぎたいとあれば、
真っ先に知るべきは
「攻め方」より「守り方」です。

損失を限りなく抑えるテクニックを
まだ知らないという方がおりましたら、
ぜひ私のセミナーへお越しください。

http://japan-i-school.jp/jim/wseminar_2003/

関連記事

Pick Up!

「数撃ちゃ当たる」は大間違い!へのコメント

  1. 1月から始めたど素人サラリーマン。
    ワンチャン狙いで色々手を出して3月18日で-43万円、
    先生の今回のコメントが身にしみますわ。

  2. ソフトバンクG社債2回株が3日間さがっつたという電話で怖くなり
    大きな損で売ってしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です